• TOP
  • 細谷佳正

細谷佳正 ホソヤヨシマサ

細谷佳正の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • この世界の(さらにいくつもの)片隅に

    2016年に公開され、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第一位を受賞した「この世界の片隅に」に約30分の新規シーンを追加した別バージョン。主人公すずとリンとの交流、妹すみを案じて過ごすなかで迎える昭和20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加された。新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描かれ、すずたちの心の奥底で揺れ動く複雑な想いを映し出す。前作に引き続き、主人公すずをのんが演じるほか、すずの夫・周作を細谷佳正、周作の姪・晴美を稲葉菜月、周作の姉・径子を尾身美詞、すずの旧友・哲を小野大輔、すずの妹・すみを潘めぐみ、すずと仲良くなる女性リンを岩井七世といったボイスキャストも続投。監督・脚本は、前作で第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞を受賞した片渕須直。
  • 歎異抄をひらく

    古典『歎異抄』の著者と言われる唯円が、親鸞聖人と出会い、成長していく姿を描いたアニメーション。鎌倉時代。貧しい農家に生まれながらも賢く利発に育った平次郎は、親鸞聖人から“唯円”の名を授かり、仏教を学ぶが、やがて友人の苦境を知って苦悩する。声の出演はドラマ『やすらぎの刻~道』の石坂浩二、「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の増田俊樹、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の細谷佳正。
  • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星篇」

    TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編として1978年に公開された映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を再構築したシリーズ最終章。最後の戦いが始まり、ヤマトはガトランティスを滅ぼす力“ゴレム”を奪うため、都市帝国中枢へと突撃する。声の出演は、『おそ松さん』の小野大輔、「リズと青い鳥」の桑島法子、「Free!」シリーズの鈴村健一。
  • 劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢

    同名ライトノベルが原作のテレビアニメの劇場版。神時代以前より受け継がれている神月祭に沸き立つ迷宮都市・オラリオ。リトル・ルーキーとして都市を賑わせた冒険者ベル・クラネルと主神ヘスティアもその喧騒の中にいたが、新たな冒険が始まろうとしていた。声の出演は、「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」の水瀬いのり、「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」の松岡禎丞、「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の坂本真綾。監督は、「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」演出の桜美かつし。脚本は、原作も手掛けている大森藤ノ。
  • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」

    『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編として「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を新たな解釈で蘇らせたシリーズの第6章。ヤマトが沈み、強大なガトランティスを前に為す術をなくしたかに見えた地球。だがそこに、ヤマトの意志を受け継ぐ艦“銀河”が出撃する。監督の羽原信義、シリーズ構成の福井晴敏、音楽の宮川彬良、ボイスキャストの小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠といったシリーズを支える面々が顔を揃える。