• TOP
  • 三浦貴大

三浦貴大 ミウラタカヒロ

  • 出身地:東京都国立市
  • 生年月日:1985/11/10

略歴 / Brief history

東京都国立市の生まれ。父は俳優の三浦友和、母は元歌手・女優の山口百恵。1歳上の兄・祐太朗は、“ユウ”の芸名でロックバンド“Peaky SALT”のヴォーカル、ギターを担当している。高校時代は水泳部に所属し、順天堂大学スポーツ健康科学部に進学後はライフセービング部でベーシックライフセーバーの資格を取得する。大学卒業後に役者の道を志し、2010年の錦織良成監督「RAILWAYS/49歳で電車の運転士になった男の物語」で俳優デビュー。大手企業の会社員から故郷・出雲のローカル鉄道の運転士となった中井貴一演じる主人公の同僚・宮田大吾役を演じる。素朴だが肩の故障でプロ野球選手の夢を断念した過去を持つ青年を好演し、同作で報知映画賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた。その後も、昭和から平成の各時代を生きた日本女性たちの姿を描く小泉徳宏監督「FLOWERS」10でヒロインのひとり、蒼井優の夫役をつとめるほか、山崎貴監督による往年の人気テレビアニメの実写化「SPACE BATTLESHIP ヤマト」10では、木村拓哉率いる宇宙戦闘機部隊のパイロット・古屋に扮し、お国訛りの抜けないムードメーカー的な存在を演じ、話題作への出演が続く。翌11年には、専修大学の設立者・相馬永胤の半生を描く神山征二郎監督「学校をつくろう」で映画初主演。激動の明治維新期に米国留学を経験し、武力ではなく学問で時代を変えようと奮闘するひたむきな青年を熱演する。続く、田中宏の人気漫画を映画化した窪田崇監督「BADBOYS」11では、広島最強の不良・段野のかつてのライバルで今は殺人犯として追われる伝説の不良・野村豊役を演じ、それまでの好青年のイメージを覆す迫力ある演技を見せる。三池崇史監督「忍たま乱太郎」11では、加藤清史郎演じる主人公らが通う忍術学園の教師・土井半助役。谷口正晃監督「乱反射」11では恋を知らない女子高生歌人のヒロインの幼なじみの大学生を演じる。12年も、阿部寛主演、土井裕泰監督の「麒麟の翼」、堤幸彦監督「SPEC/天」と、いずれも人気テレビドラマの劇場版となる2作が公開待機中。10年から、「ファイト、一発!」のコピーで長年愛されている大正製薬『リポビタンD』のCMにケイン・コスギの相手役で起用され、NHK『カレ、夫、男友達』11でドラマ初出演も果たすなど、活躍の場がテレビにも広がりつつある。

三浦貴大の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 空の瞳とカタツムリ

    TV『深夜食堂』シリーズを手がけた荒井美早によるオリジナル脚本を、父・荒井晴彦企画のもと映画化。不特定多数の男性と行きずりの行為を繰り返す夢鹿と、ある出来事がきっかけで潔癖症となった十百子が互いを求めながら傷つけ合う姿を繊細なタッチで映し出す。夢鹿役の縄田かのん、十百子役の中神円は本作が映画初主演。ほか出演は「栞」の三浦貴大、「兄友」の藤原隆介、「人魚の眠る家」の利重剛、「名前のない女たち うそつき女」のクノ真季子、「万引き家族」の柄本明。撮影を「スティルライフオブメモリーズ」の石井勲が担当。「空の瞳とカタツムリ」というタイトルは、故・相米慎二監督の遺作「風花」のタイトル変更案として最終候補まで残ったもので、相米監督の弟子筋である「なにもこわいことはない」の斎藤久志が監督を務める。第19回東京フィルメックス特別招待作品。
  • 3D彼女 リアルガール

    美女とオタクの純愛を描いた那波マオの人気コミックを映画化したラブコメディ。書店で万引きを疑われた学校一の美少女・五十嵐色葉は、窮地を救ってくれたオタク高校生、筒井光に愛を告白。周囲を巻き込みつつ、ありえないカップルの恋は進展するが……。出演は「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の中条あやみ、「羊と鋼の森」の佐野勇斗。監督は「未成年だけどコドモじゃない」の英勉。
  • 雨の首ふり坂

    時代劇専門チャンネル開局20周年記念として、池波正太郎が自身の短篇小説をベースに書いた戯曲を映像化。老いた渡世人・源七が、信州小諸の首ふり坂へ向かっている。殺しを請け負いながら諸国を渡り歩いてきた彼は、自身の因縁に決着をつけようとしていた。出演は、ドラマ『八代将軍吉宗』の中村梅雀、「ばぁちゃんロード」の三浦貴大、「今夜、ロマンス劇場で」の中尾明慶、ドラマ『三匹のおっさん』シリーズの泉谷しげる、「アウトレイジ 最終章」の大杉漣。監督は、「星になった少年 Shining Boy & Little Randy」の河毛俊作。
  • 四月の永い夢

    「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の中川龍太郎監督が心の再生を描き、第39回モスクワ国際映画祭2冠に輝いた人間ドラマ。元音楽教師の初海のもとに3年前に亡くなった恋人からの最後の手紙が届いたことから、彼女の中で止まっていた時間が動き始める。喪失感を抱えた初海を「かぐや姫の物語」の朝倉あきが、彼女に恋する青年・志熊を「世界は今日から君のもの」の三浦貴大が演じる。第39回モスクワ国際映画祭国際映画批評家連盟賞およびロシア映画批評家連盟特別表彰受賞作品。
  • ばぁちゃんロード

    映画美学校プロットコンペティション2016最優秀賞のプロットから生まれた脚本を「花戦さ」の篠原哲雄が映画化。高校時代からの友達・大和との結婚を決めた夏海は、足を骨折してから車椅子で生活する祖母に元気を取り戻してほしいと、あることを思いつく。出演は、「八重子のハミング」の文音、「殿、利息でござる!」の草笛光子、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の三浦貴大、「君の膵臓をたべたい」の桜田通、「ポエトリーエンジェル」の鶴見辰吾。