ケン・チョン ケンチョン

  • 出身地:アメリカ合衆国 ミシガン州 デトロイト
  • 生年月日:1969/07/03

ケン・チョンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • コンティニュー

    フランク・グリロ&メル・ギブソン&ナオミ・ワッツ共演のSFアクション。元特殊部隊のロイはある日突然、謎の殺し屋集団に襲われる。だが、何度殺されても生き返り、同じ1日を繰り返す死のループに陥った彼は、元妻の協力を得て、その真相に迫っていく。監督は「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のジョー・カーナハン。
  • トムとジェリー(2021)

    誕生80周年を迎えた「トムとジェリー」を実写化。多才だがお調子者の猫・トムと、見た目は可愛いがずる賢いネズミのジェリー。いつものケンカが原因で世界中が注目するパーティーが台無しになり、大失敗を挽回しようと犬猿の仲の2人は遂にタッグを組むが……。出演は「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ、「アントマン」のマイケル・ペーニャ。監督を「ファンタスティック・フォー」シリーズのティム・ストーリーが務める。
  • マイ・スパイ

    デイヴ・バウティスタ主演のアクションコメディ。CIAの豪腕エージェントJJは、あるミッションでの行動が問題となり、地味な監視任務に廻される。だが、監視対象の9歳の少女ソフィに見つかり、スパイのレッスンや学校のイベントに参加する羽目に……。監督は「ゲット スマート」「リベンジ・マッチ」のピーター・シーガル。「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。
    80
    • 手に汗握る
    • 考えさせられる
  • クレイジー・リッチ!

    アメリカのベストセラー小説を基に、華麗な世界で繰り広げられる女のバトルを活写したラブコメディ。恋人ニックに同行しシンガポールに向かったレイチェル。ニックは実は大富豪の御曹司であり、レイチェルは彼の家族や親戚、嫉妬深い元恋人の間で苦境に立つ。監督は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」のジョン・M・チュウ。海外ドラマ『フアン家のアメリカ開拓記』のコンスタンス・ウーが、ゴージャスな世界での試練を経て本当の幸せを見つける等身大の主人公を演じる。
    80
  • ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー

    「マダガスカル」シリーズに登場する“ペンギンズ”が活躍するアドベンチャーアニメ。エリート・スパイ集団である4匹のペンギンたちが、世界中のペンギンに復讐を果たそうとする邪悪なタコに立ち向かう姿を描く。監督は「マダガスカル」シリーズのエリック・ダーネルと「ビー・ムービー」のサイモン・J・スミス。「ターミネーター 新起動/ジェニシス」のローン・バルフェが音楽を担当する。
    90
  • ハングオーバー!!! 最後の反省会

    人気コメディシリーズの第3弾。ギャングに拉致された仲間を救うため、バンコクとラスベガスを舞台に、アジア系ギャング、チャウを探しておバカな男3人組が奔走する。出演は「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー、「ナイト ミュージアム2」のエド・ヘルムズ、「ザ・マペッツ」のザック・ガリフィアナキス。
    60
  • ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

    二日酔いで記憶を失った男4人組が、残された手掛かりを元に、前夜の行動を探ってゆくミステリータッチの内容が受けて大ヒット、ゴールデングローブ賞作品賞に輝いたコメディの続編。お馴染みのメンバーが国境を越え、タイを舞台に騒動を繰り広げる。出演は「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のブラッドリー・クーパー。
    80
  • ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える<R-18版>

    二日酔いで記憶を失った男4人組が、残された手掛かりを元に、前夜の行動を探ってゆくミステリータッチの内容が受けて大ヒット、ゴールデングローブ賞作品賞に輝いたコメディの続編。お馴染みのメンバーが国境を越え、タイを舞台に騒動を繰り広げる。出演は「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のブラッドリー・クーパー。モザイク無しのアメリカ公開バージョン。R-18。2011年7月1日より、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて公開。
    80
  • 怪盗グルーの月泥棒 3D

    月を盗もうと企てる怪盗グループが、やむを得ず孤児の三姉妹を引き取ったことから大きく人生が変わっていく姿を描く3Dアニメ。声の出演は「ゲット・スマート」のスティーヴ・カレル、「スクール・オブ・ロック」のミランダ・コスグローヴ、「ベッドタイム・ストーリー」のラッセル・ブランド、「寝取られ男のラブ・バカンス」のジェイソン・シーゲルなど。
    80
  • ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

    酔っ払った男たちの騒動を描き、全米コメディ映画史上最高額の興収を記録。ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門最優秀作品賞受賞作品。監督は、「スタスキー&ハッチ」のトッド・フィリップス。出演は、「ニューヨーク、アイラブユー」のブラッドリー・クーパー、「お買い物中毒な私!」のエド・ヘルムズ。
    80
  • グースバンプス 呪われたハロウィーン

    全米で人気の児童向け小説を実写化したファンタジーアドベンチャー第2弾。ハロウィーンシーズン、ソニーとサムはある屋敷で1冊の本と人形を見つける。本を開くと、中に書かれていたホラー小説の内容が現実になってしまい…。【スタッフ&キャスト】監督:アリ・サンデル 製作総指揮:ティモシー・M・バーン 脚本:ロブ・ライバー 原作:R・L・スタイン 出演:ジェレミー・レイ・テイラー/カリール・ハリス/マディソン・アイスマン/ジャック・ブラック
    100
  • ブラザー・ミッション ライド・アロング2

    アイス・キューブ、ケヴィン・ハート共演によるバディ・アクションコメディ第2弾。アトランタ市警のジェームズは、警察学校を卒業したばかりの妹の恋人・ベンを連れ、密輸組織を追ってマイアミに乗り込む。【スタッフ&キャスト】監督:ティム・ストーリー 脚本:フィル・ヘイ 製作総指揮:ニコラス・スターン 製作:ウィル・バッカー 製作・出演:アイス・キューブ 出演:ケヴィン・ハート/オリヴィア・マン/ブルース・マッギル
    70
  • ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金

    マーク・ウォールバーグ、ドウェイン・ジョンソン出演の実話を基にしたコメディ・クライムアクション。監督は「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイ。
    70
  • THE DUFF/ダメ・ガールが最高の彼女になる方法

    ★資料未着のため詳細不明【スタッフ&キャスト】
    80
  • アニマル・ウォーズ

    「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザー主演で贈る、動物たちとひとりのサラリーマンとのドタバタ大戦争を描いた痛快ファミリーコメディ。不動産業者のダンは、住宅地開発のため森林伐採を計画中。それを知った森に住むアライグマは…。【スタッフ&キャスト】監督:ロジャー・カンブル 製作:キース・ゴールドバーグ/ロバート・シモンズ 脚本:マイケル・カーンズ 出演:ブレンダン・フレイザー/ブルック・シールズ/マット・プロコップ/ケン・チョン
    60

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 08/09

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 08/09

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ

映画専門家レビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 08/09

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 08/09

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ