ティモシー・オリファント ティモシーオリファント

  • 出身地:アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル
  • 生年月日:1968/05/20

ティモシー・オリファントの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

    「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

    レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。
    97
    • おしゃれな
    • かっこいい
    • スカッとする
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

    レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。
    99
    • かっこいい
    • スカッとする
  • ランゴ(2011)

    「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキー監督とジョニー・デップによるCGアニメーション映画。自分探しの旅に出る主人公のカメレオンの声を、ジョニー・デップが担当する。共演は、「お買いもの中毒な私!」のアイラ・フィッシャー、「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。
  • アイ・アム・ナンバー4

    「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイ製作、「イーグル・アイ」のD・J・カルーソ監督で贈るSFアクション。自らの特殊能力ゆえに何者かに追われる超能力者ナンバー4の戦いを、VFXを駆使して描く。出演は「アレックス・ライダー」のアレックス・ペティファー、「ダイ・ハード4.0」のティモシー・オリファント。
    70
  • クレイジーズ

    ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロが73年に発表したホラー「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」を、「ダイ・ハード4.0」のティモシー・オリファント主演でリメイク。墜落した飛行機から流出した細菌によって人々が狂暴化、平和な田舎町がパニックに陥る。監督は「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のブレック・アイズナー。
    70
  • パーフェクト・ゲッタウェイ

    「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ主演のサスペンス・アクション。ハワイのジャングルでトレッキングをしていた新婚カップルが、他のカップルと出会い、ともに旅を進めるが、殺人犯が逃走中というニュースを耳にして疑心暗鬼に陥っていく。共演は「ダイ・ハード4.0」のティモシー・オリファント。
    70
  • 幸せのセラピー

    冴えない男が妻の浮気をきっかけに発奮し、自分らしさを取り戻していくヒューマン・ドラマ。「ダークナイト」のアーロン・エッカートが体重を増やして三枚目役に挑んだ。共演は「アイズ」のジェシカ・アルバ。脚本家メリッサ・ウォーラックと「300<スリーハンドレッド>」製作のバーニー・ゴールドマンの共同監督作品。
  • ヒットマン(2007)

    シリーズ4本が発売されているアメリカで人気のアクションゲームを映画化。“47”と呼ばれる殺し屋が、陰謀に巻き込まれながら一人の女性を守って戦う。出演は「ダイ・ハード4.0」のティモシー・オリファントと、「薬指の標本」オルガ・キュリレンコ。
    80
  • ダイ・ハード4.0

    ニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事の超人的な活躍を描く人気シリーズ「ダイ・ハード」の12年ぶりに製作された第4作。全米を襲うサイバーテロ集団にジョン・マクレーン刑事が立ち向かうアクション巨編。「アンダーワールド」のレン・ワイズマンが監督。出演は当たり役となったブルース・ウィリス、「スクリーム2」のティモシー・オリフォアント、「ドッジボール」のジャスティン・ロング他。
    80
  • ブルドッグ

    「ワイルド・スピード」「トリプルX」のヴィン・ディーゼルが、復讐に燃える麻薬捜査官を演じるアクション映画。監督は「交渉人」「ミニミニ大作戦」のF・ゲイリー・グレイ。
    70
  • ドリームキャッチャー

    スティーヴン・キングの原作を「白いドレスの女」「わが街」の巨匠ローレンス・カスダンの手により映画化。少年の頃に同じ秘密を共有した4人の男たちが、次々と起こる不吉な出来事に見舞われながら人類の運命をかけて謎の存在に立ち向かう。
    70
  • ロック・スター

    「陽のあたる教室」のスティーブン・ヘレク監督が、人生とサクセスと幸福について描いたホロ苦系ロック・ムービー。アメリカン・ドリーム。出演は「スリー・キングス」のマーク・ウォルバーグと、テレビドラマ『フレンズ』のジェニファー・アニストン。
    90
  • スクリーム2

    謎の殺人鬼による連続殺人事件の顛末を描いたホラー「スクリーム」の続編。前作に続き、監督はウェス・クレイヴン、脚本はケヴィン・ウィリアムソン(「ラストサマー」、製作総指揮も)が登板。製作のキャシー・コンラッドとマリアンヌ・マッダレーナ、製作総指揮のボブ・ワインスタインとハーヴェイ・ワインスタイン、音楽のマルコ・ベルトラミも続いて参加。撮影は「さまよう魂たち」のピーター・デミング。美術はボブ・ズィームビッキ。編集はパトリック・ラッシャ。衣裳はキャスリーン・ディトロ。出演は前作に続いてネーヴ・キャンベル、コートニー・コックス、デイヴィッド・アークェット、ジェイミー・ケネディらが参加。出演は他に「ザ・エージェント」のジェリー・オコネル、「セット・イット・オフ」のジェイダ・ピンケットほか。
    70
  • go(1999)

    人気テレビシリーズ「ドーソンズ・クリーク」のケイティ・ホルムズ主演、L.A.とラスベガスを舞台にズレた3人が繰り広げるクライムムービー。監督はダグ・ライマン(ダグ・リーマン)。共演はサラ・ポーリー、ティモシー・オリファントほか。
    80
  • ガール・ネクスト・ドア

    『24 -TWENTY FOUR-』のエリシャ・カスバート主演によるコメディ。真面目人間のマシューは、隣に越してきた元ポルノ女優にひと目惚れするが…。“FOX75周年記念 ブルーレイ特別セール”。【スタッフ&キャスト】監督:ルーク・グリーンフィールド 脚本:スチュアート・ブルームバーグ 製作総指揮:アーノン・ミルチャン 製作:チャールズ・ゴ-ドン 出演:エリシャ・カスバート/エミール・ハーシュ/ティモシー・オリファント
  • ブロークン・ハーツ・クラブ

    2001年、第10回東京国際ゲイ&レズビアン映画祭にて、上映された感動ドラマ。ゲイ草野球チームを結成している同性愛者仲間たちの友情や愛、葛藤を描く。
  • 恋は突然に。

    『イン・ハー・シューズ』のスザンナ・グラント監督、『エレクトラ』のジェニファー・ガーナー主演によるラブコメディ。結婚式当日に突然フィアンセを失ったグレイ。ところが、死んだフィアンセの秘密が次々と発覚し、彼女は男性不信に陥ってしまう。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:スザンナ・グラント 製作:ジェンノ・トッピング 製作総指揮:B・ケイシー・グラント/ライアン・カヴァノー 出演:ジェニファー・ガーナー/ティモシー・オリファント/サム・ジェーガー/ケヴィン・スミス
    70



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ