• TOP
  • 野沢雅子 関連映画

野沢雅子 ノザワマサコ

野沢雅子の関連作品 / Related Work

1-80件表示/全80件
  • ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち

    『キノの旅 the Beautiful World』の中村隆太郎による初監督作品で、制作から約20年間ほとんど上映される機会がなかった幻の長編アニメ。人のような動物が住む地球を舞台に、猫の少年少女の冒険を描く。声の出演は、『デジモンアドベンチャー』の藤田淑子、「雲のように風のように」の佐野量子。2019年8月4日よりHDリマスター版が公開。
  • ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー

    人気TVアニメ『ドラゴンボール超』続編となる劇場版。力の大会後の平和な地球で、さらなる高みを目指して修行に明け暮れていた悟空とベジータの前に、見たことがないサイヤ人ブロリーが現れる。地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、壮絶な闘いが始まる。声の出演は、TV版に引き続き、野沢雅子、堀川りょう、中尾隆聖、「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」の島田敏。
  • 劇場版ポケットモンスター みんなの物語

    人気アニメ「ポケットモンスター」シリーズ劇場版第21弾。人々が風と共に暮らす街フウラシティでは、1年に1度の“風祭り”が開催されていた。それぞれの思いを抱えた人々が集まる中、サトシとピカチュウとの出会いをきっかけに、彼らの物語が動き出す。声の出演は「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」の松本梨香、「名探偵コナン ゼロの執行人」の大谷育江。
  • 映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

    『妖怪ウォッチ』の劇場版アニメーション第4弾。妖怪ウォッチが時空の彼方に葬り去られてから30年後の世界。穏やかな日常は終わり、妖怪ウイルス鬼まろの増殖によって人類滅亡の危機が訪れる。やがて、新たな妖怪ウォッチに選ばれし者が地球の命運を託される。過去作の主人公ケータから、主要人物がナツメ、トウマ、アキノリに一新。妖怪たちのキャラクターデザインも大幅変更され、妖怪はライトサイドとシャドウサイドの2つのモードを持つ妖怪として、これまでとは違った姿で登場する。監督は、「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」のウシロシンジ。
  • きみの声をとどけたい

    オーディションを勝ち抜いた新人声優6人で結成されたユニット“NOW ON AIR”が声の出演をした青春アニメーション。将来の夢が見つからずに焦る女子高生の行合なぎさが、何年も使われていないミニFM局に迷い込み、DJの真似事をしたところ……。「時をかける少女」、『ちはやふる』のマッドハウスが制作を担当し、『オーバーロード』の伊藤尚往が監督を務める。
  • みつばちマーヤの大冒険

    1912 年に出版されたワルデマル・ボンゼルスの児童文学をドイツでフルCG化した長編アニメーション。生まれたばかりのみつばちのマーヤは好奇心旺盛で、勝手に外の世界へ飛び出してしまう。そこでバッタのフィリップや、親友のウィリーと出会う。声の出演は、「SHORT PEACE」の春名風花、『ドラゴンボール』シリーズの野沢雅子、「KING OF PRISM by PrettyRhythm」の柿原徹也、『アルスラーン戦記』の小林裕介。
  • 風のように

    「あしたのジョー」で知られる漫画家ちばてつやが、人間と自然の共存をテーマに発表した1969年の短編をアニメーション映画化。養蜂家一家のトラックが谷底に転落し、ひとり生き残った三平は、蜂に刺されて倒れていた少女チヨと出会い、彼女の里で暮らし始める。制作費の一部をクラウドファンディングで資金調達して製作された。主人公・三平の声を「ドラゴンボール」シリーズの野沢雅子が演じている。
  • ドラゴンボールZ 復活の「F」

    1984年~1995年の11年間『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、熱狂的な人気を誇った漫画『ドラゴンボール』。世代や国境を超え今なお広く親しまれている同シリーズの劇場版第19作目。前作「神と神」の続編にあたり、復活を遂げ復讐を目論む悪の帝王フリーザと孫悟空たちとの死闘を、原作者の鳥山明が自ら脚本やキャラクターデザインを手がけ描く。監督は『ドラゴンボールGT』や『墓場鬼太郎』の総作画監督を務めた山室直儀。本作が初監督作品となる。『ゲゲゲの鬼太郎』の野沢雅子、『それいけ! アンパンマン』の中尾隆聖、「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY」の山寺宏一らが声の出演をしている。2D/3D同時公開。
  • 映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち

    10周年を迎えるアニメシリーズの劇場版。最新作『ハピネスチャージプリキュア!』を含む歴代36人のプリキュアたちの夢の世界での活躍を描く。監督は、「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」の小川孝治。声の出演は、「マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!」の中島愛。プリキュアシリーズ10周年記念作品。
  • 映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご

    原ゆたかの人気児童書『かいけつゾロリ』シリーズをもとにしたアニメ。本作では、海に投げ出されてしまった恐竜のたまごを探す冒険を描く。監督は前作「映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!」に引き続き岩崎知子。いたずらの王者を目指すゾロリの声を「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」『それいけ! アンパンマン』の山寺宏一が担当。ほか、『とっとこハム太郎』シリーズの愛河里花子、『スティッチ!』のくまいもとこ、『ハートキャッチプリキュア!』の水樹奈々、『DRAGON BALL ドラゴンボール』の野沢雅子らが声の出演をしている。アニメーション制作は「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」「機動戦士ガンダム」のサンライズ。
  • ドラゴンボールZ 神と神

    1984年~1995年の11年間『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、熱狂的な人気を誇った漫画『ドラゴンボール』。コミックスやアニメがリアルタイム世代だけでなくその下の世代、さらに世界的に今なお人気が広がっている伝説の漫画が、原作者の鳥山明が原作・ストーリー・キャラクターデザインを手がける完全オリジナルストーリーで映画化。魔人ブウとの死闘から数年後に繰り広げられる、破壊の神ビルスと悟空たちとの戦いを描く。監督は『デジモン』シリーズや『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』シリーズなどの演出を手がける細田雅弘。本作が初監督作品となる。「ゲゲゲの鬼太郎」の野沢雅子、「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY」の山寺宏一らが声の出演をしている。
  • ハルのふえ

    「それいけ!アンパンマン」シリーズで知られる絵本作家やなせたかしの同名作をアニメーション映画化。タヌキの母親と人間の子どもの愛情と絆を描く。声の出演は「ステキな金縛り」の戸田恵子、『ドラゴンボール改』の野沢雅子。「やなせたかしシアター」と題して、「アンパンマンが生まれた日」、「ロボくんとことり」と同時上映。
  • アシュラ(2012)

    有害図書として発禁問題を引き起こしたジョージ秋山の同名漫画を原作に、TVアニメ『TIGER&BUNNY』のさとうけいいち監督が劇場アニメ化。中世、農村の時代を舞台に、ケダモノとして生き抜く主人公アシュラの壮絶な運命を描く。声の出演は「ドラゴンボール」シリーズの野沢雅子、「火まつり」の北大路欣也、「ポケットモンスター」シリーズの林原めぐみ。
  • 映画ドラえもん のび太と奇跡の島  アニマル アドベンチャー

    映画ドラえもんシリーズ第32弾。絶滅した動物たちが保護されているベレーガモンド島を舞台に、ドラえもんとのび太たちが冒険を繰り広げる。声の出演はテレビシリーズ『ドラえもん』の水田わさび、大原めぐみたちレギュラー声優陣に加え、『ドラゴンボール改』の野沢雅子、「マジック・ツリーハウス」の水樹奈々がゲスト出演。
  • 神・ヴォイス THE VOICE MAKES A MIRACLE

    声優学校の講師を務めることになった人気声優を主人公に、声優業界の舞台裏を描いた物語。出演は『青の祓魔師』の梶裕貴、『機動戦士ガンダムAGE』の羽多野渉の人気声優2名を中心に、千葉繁、山寺宏一、小山力也、朴路美といった重鎮、ベテランも顔を揃える。劇中アニメーションはプロダクションI.G.が制作を担当。
  • ヘルズエンジェルス

    地獄の学校に迷い込んだヒロインが元の世界に戻る道を模索する姿を描くアニメーション。「時をかける少女」(2006)のマッドハウスが制作。監督・脚本は「Di Gi charat デ・ジ・キャラット 星の旅」でキャラクターデザインを担当した山川吉樹。声の出演は「劇場版 どうぶつの森」の福圓美里、「HIGHLANSER ハイランダー~ディレクターズカット版~」の朴[王路]美など。
  • ONE PIECE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜

    少年漫画誌で10年に渡って連載、TVアニメも放送9年目に突入した人気作品の映画版第9弾。原作中の人気エピソード“ドラム王国編”を映画用にスケールアップ。声の出演は主人公ルフィを「ピアノの森」の田中真弓、ナミを「紅の豚」の岡村明美のほか、ゲスト声優にみのもんた。
  • ねずみ物語 ジョージとジェラルドの冒険

    けんかばかりしながらも、仲の良い二匹のねずみが一族の後継者を決めるための試練に立ち向かう姿を通して勇気と仲間の大切さを説くアニメーション。原作は辻信太郎の『大切な仲間たち~ねずみ物語』。監督は「エルマーの冒険」の波多正美。声の出演に「魔女の宅急便」の高山みなみ、「パプリカ」の林原めぐみ。他に犬山イヌコ、山口勝平、菊地美香、内海賢二、野沢雅子ほか。「シナモン the Movie」と同時上映。
  • 銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

    アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。
  • オシャレ魔女 ラブandベリー しあわせのまほう

    オシャレ魔法学園に入学するための試練を課されたラブとベリーの友情や活躍を描く、同名ファンタジー・ゲームの映画化。監督は『しにがみのバラッド。』の望月智充。『ゲゲゲの鬼太郎』の今野宏美、『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』の野沢雅子、北陽の虻川美穂子と伊藤さおりらが声の出演を担当。
  • まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん

    「いたずらの王者になる」「自分のお城を建ててきれいなお姫様をお嫁さんにする」という2つの夢をかなえるため、修行の旅を続けるゾロリの冒険を描くアニメーション。
  • 映画 ふたりはプリキュア マックスハート

    中学生美少女戦士たちの活躍を描いた長篇アニメーション・シリーズの第1作。監督は「劇場版 金色のガッシュベル!!101番目の魔物」の志水淳児。東堂いずみと上北ふたごによる原作コミックを下敷きに、「パッチギ!」の羽原大介が脚本を執筆。デジタル撮影監督に「ONE PIECE めざせ!海賊野球王」の田代儀幸があたっている。声の出演は、「猫の恩返し」の本名陽子、「あずきちゃん」のゆかな、「あたしンち」の田中理恵ら。また、ゲスト出演に「それいけ!アンパンマン ルビーの願い」の工藤静香。
  • 映画ドラえもん のび太とロボット王国

    お馴染みドラえもんとのび太とその仲間たちが、ロボットと人間が共存する星を舞台に繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第23作。監督は「ドラえもん のび太と翼の勇者たち」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「~のび太と翼の勇者たち」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」の梅田俊之があたっている。声の出演は、「~のび太と翼の勇者たち」の大山のぶ代と小原乃梨子の他、「あずまんが大王」の桑島法子、「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」の新山千春、映画初出演のKONISHIKI、「transmission」の森山周一郎ら。
  • デジモンテイマーズ 暴走デジモン特急

    凶悪デジモンと戦うテイマーズたちの活躍を描いた中篇ジュヴナイル・アニメーションの新シリーズ第2作。監督は中村哲治。本郷あきよしによる原作キャラクターを基に、『稲川淳二の呪界』のまさきひろが脚本を執筆。デジタル撮影に「キン肉マンII世」の則友邦仁があたっている。声の出演は、「デジモンテイマーズ 冒険者たちの戦い」の野沢雅子、津村まことら。『2002春 東映アニメフェア』の一作として公開された。
  • デジモンテイマーズ 冒険者たちの戦い

    沖縄を舞台に、人類滅亡を企む凶悪デジモンとテイマーズの戦いを描いた短篇ジュヴナイル・アニメーションの新シリーズ第1弾。監督は「HERMES ヘルメス 愛は風の如く」の今沢哲男。本郷あきよしによる原案を基に、「遊★戯★王 YU~GI~OH!」の小林靖子が脚本を執筆。デジタル撮影に「ONE PIECE ねじまき島の冒険」の中得覚があたっている。声の出演に「ウルトラニャン 星から舞い降りたふしぎネコ」の津村まこと、「映画 おじゃる丸 約束の夏 おじゃるとせみら」の野沢雅子ら。『2001夏 東映アニメフェア』の中の一作として公開された。
  • 映画 おじゃる丸 約束の夏 おじゃるとせみら

    妖精の国ヘイアンチョウから、千年もの時を超え現代にタイムワープしてきたやんごとなき雅なお子さま・おじゃる丸と、彼の仲間たちが繰り広げる一夏の出来事を綴った、人気テレビ・アニメの映画化作品。監督は「忍タマ乱太郎」の大地丙太郎。犬丸りんによる原案を基に、「デジモンアドベンチャー02 前編 デジモンハリケーン上陸!! 後編 超絶進化!!黄金のデジメンタル」の吉田玲子が脚本を執筆。デジタル撮影監督に「明治剣客浪漫譚 るろうに剣心 維新志士への鎮魂歌」の枝光弘明があたっている。声の出演に「魔法学園ルナ 青い竜の秘密 すっぽこ魔法作戦」の小西寛子ら。尚、本作は「★とびだせ★2000年夏の角川まんが大行進」の中の一作として公開された。
  • ピカチュウたんけんたい

    おなじみの人気キャラクター、ピカチュウが、いなくなった仲間を探して仲間たちと冒険を繰り広げる、「劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕」の併映短篇アニメーション。監督は「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」の湯山邦彦。脚本は園田英樹。撮影を白井久男が担当している。声の出演に大谷育江。また、ゲスト・ナレーターにさとう玉緒。
  • 映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記

    ドラえもんやのび太たちが、宇宙人の侵略から地球を守る為に繰り広げる大冒険を描いたジュブナイル・アニメーションのシリーズ第20作。監督は「ドラえもん のび太の南海大冒険」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太の南海大冒険」の岸間信明が脚本を執筆。撮影を「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」の梅田俊之が担当している。声の出演は、「ザ★ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?」の大山のぶ代と「のび太の結婚前夜」の小原乃梨子ら。映画テレビ20周年記念作品。
  • 銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー

    前作の劇場公開から17年、鉄郎とメーテルを乗せた銀河鉄道999の新たなる旅を描く新シリーズの第1弾アニメーション。監督はテレビ版「ゲゲゲの鬼太郎」の宇田鋼之介で、これが劇場用映画初演出。脚色は「MUSASHI外伝」の武上純希。撮影を細田民男が担当している。声の出演に野沢雅子、池田昌子ら。
  • エルマーの冒険

    いじわるな動物たちに囚われた空飛ぶ竜の子を助け出す冒険の旅に出た少年の勇姿を描くアニメーション。監督は「ハローキティのみんなの森をまもれ!」の波多正美。ルース・ガネット親子による原作をもとに、「ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!」の寺田憲史が脚色。主人公エルマーの声には、TRFのボーカリストのYUKIがあたった。
  • ドラゴンボール 最強への道

    7つ集めれば何でも願いが叶うという伝説のドラゴンボールを探す少年・悟空たちの冒険を描いた長編アニメーション。東映アニメフェアの顔として10年もの間、人気を集めてきたヒット・シリーズの第17作で、これが最終作となった。原作は鳥山明の同名コミック。監督は「DRAGON BALL Z 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」の山内重保。“'96春東映アニメフェア”の中の1本。シリーズ10周年記念作品。
  • ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

    伝説の勇者とその体に封印された怪物を巡って、悟空たちの活躍を描くアクション・アニメーションのシリーズ第16弾。“95夏東映アニメフェア”の中の一本。監督は山内重保に代わって、橋本光夫が登板。劇場用オリジナル。
  • ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!! 悟空とベジータ

    死後の世界で大暴れするジャネンバと、孫悟空はじめおなじみのメンバーの戦いを描くシリーズ第15弾。“'95春東映アニメフェア”の一本で、劇場用オリジナル。監督は「DRAGON BALL Z 危険なふたり!超戦士はねむれない」の山内重保。
  • ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

    バイオ戦士になって蘇った最強の敵ブロリーと孫悟天たちとの戦いを描くアニメ。「週刊少年ジャンプ」(集英社・刊)に連載中の鳥山明の同名漫画が原作の人気アニメ・シリーズの劇場オリジナル第14作。監督は上田芳裕、脚本は小山高生が担当。「94夏東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

    蘇った伝説の超サイヤ人・ブロリーと孫悟飯たちとの戦いを描く人気アニメの映画化シリーズ第13作。「週刊少年ジャンプ」(集英社・刊)に連載中の鳥山明の同名漫画を原作に、山内重保が監督。脚本は前作に続き小山高生が担当。″94春東映アニメフェア″の一作として公開。
  • ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

    天下一大武道大会に出場した悟飯たちが、地球征服を狙う一味と戦う姿を描くアニメ。鳥山明原作による『ドラゴンボールZ』シリーズの映画化第十二作で、“39夏東映アニメフェア”の一本として公開。監督は上田芳裕。脚本は前作「DRAGON BALL Z 燃えつきろ!! 熱戦・烈戦・超激戦」の小山高生が担当。
  • ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

    新惑星ベジータを脅かすという伝説の超サイヤ人の謎と、悟空たちの戦いを描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第十一作で、監督は山内重保、脚本は前作に続き小山高生。九〇年夏の『鳥山明THE WORLD』の第二弾として、「Dr.スランプアラレちゃん んちゃ! ペンギン村はハレのち晴れ」と二本立てで公開。
  • ドラゴンボールZ 極限バトル 三大超サイヤ人

    孫悟空とドクター・ゲロが残した超人造人間との戦いを描くアニメ。鳥山明原作の同名コミックの映画化第10弾で、脚本は前作と同じく小山高生が担当。監督は「まじかるタルるートくん」の菊地一仁。作画監督は前作同様前田実が担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ぞう列車がやってきた

    戦争から象を守り抜き、平和の象徴として「ぞう列車」を走らすまでを描く、小出隆司原作のアニメ映画化。監督・脚本は「バッテンロボ丸 お化けを飼う少女」の加藤盟。作画監督は「伊勢湾台風物語」の北崎正浩が担当。
  • ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち

    よみがえった悪の戦士メタル・クウラと死闘を繰り広げる孫悟空の活躍を描いたアニメ。鳥山明原作の同名コミックの映画化第9弾で、脚本は前作と同じく小山高生が執筆。監督は第6作「DRAGON BALL Z 地球まるごと超決戦」の西尾大介。作画監督は前作と同じく前田実がそれぞれ担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ハックルベリィの冒険

    19世紀のアメリカを舞台に少年たちの冒険を描くアニメーション。1976年にフジテレビ系で放映された同名TVアニメの総集編。原作はマーク・トウェインの代表作「トム・ソーヤの冒険」の続編「ハックルベリー・フィンの冒険」。
  • ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強

    かつて父を倒したフリーザの兄クウラと対決する孫悟空の活躍を描くアニメ。鳥山明原作の同名コミックの映画化第8弾で、脚本は前作「DRAGON BALL Z 超サイヤ人だ孫悟空」の小山高生が執筆。監督は同作の橋本光夫。作画監督は同作の前田実かそれぞれ担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ガンバとカワウソの冒険

    野間児童文学賞を受賞した斎藤惇夫の原作を元にしたアニメ「グリックの冒険」「冒険者たち-ガンバと七匹のなかま」に続くシリーズ完結編として全国公開された劇場用長編アニメーション。ガンバなど6匹の個性的なネズミのほかに、新しいキャラクターとしてカワウソが登場。ガンバたちが、旅の途中で出会うカワウソたちを野犬から守りながら旅を続けるというストーリーで、カワウソという絶滅寸前の動物を通して環境問題を考えようという新しい視点が盛り込まれている。監督は「アンパンマン」「おむすびまん」の大賀俊二、脚本は岸間信明、作画監督は鈴木信一、美術監督は田村智揮、撮影監督は長谷川肇、音楽は近藤浩章がそれぞれ担当。75年に放映されたテレビシリーズ「ガンバの冒険」そのままの声優陣がメインキャラクターの声を担当している。
  • ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空

    全宇宙支配を企む超ナメック星人と対決する孫悟空たちの活躍を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第七弾で、脚本は前作に引き続き小山高生が執筆。監督は橋本光夫。作画監督は中鶴勝祥と佐藤正樹が共同でそれぞれ担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • うしろの正面だあれ

    東京大空襲によって家族を失った少女が自立していく姿を感動的に描くアニメ。海老名香葉子原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「火の雨がふる」の有原誠治。共同脚本は今泉俊昭。作画監督は小野隆哉がそれぞれ担当。
  • キムの十字架

    第二次大戦中、日本軍によって弾圧された朝鮮人の若者の眼を通して戦争の犠牲となった朝鮮の人々の姿を描くアニメ。和田登原作の同名小説の映画化で、脚本は「チスト みどりのおやゆび」の立原りゅうが執筆。監督は「死線を越えて 賀川豊彦物語」の山田典吾、アニメ監督は真下耕一がそれぞれ担当。
  • ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦

    宇宙の伝説の神木“神精樹”をめぐって、悟空とサイヤ人ターレスとの決戦を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第6弾で、脚本は前作「DRAGON BALL Z この世で一番強いヤツ」の小山高生が執筆。監督は同作の西尾大介、作画監督は同作の前田実がそれぞれ担当。「東映アニメフェア'90夏 鳥山明 THE WORLD」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ

    強敵Dr.ウィローと対決する悟空と悟飯親子の活躍を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第5作目で、脚本は小山高生が執筆、監督は西尾大介、作画監督は前田実がそれぞれ担当。「東映アニメまつり」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ(1989)

    ドラゴンボールを巡って宿敵ガーリックJrと対決する悟空の姿を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第4弾。脚本は小山高生、監督は一、二作の西尾大介がそれぞれ担当。主題歌は、影山ヒロノブ(「チャラ・ヘッチャラ」)。「東映まんがまつり」の1本として公開。ビデオタイトルは「オラの悟飯をかえせッ!!」。
  • ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険

    なんでも願いがかなうというドラゴンボールをめぐって争う悟空と鶴仙人一味とボラの姿を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化で、脚本は由木義文が執筆。監督は「Dr.スランプアラレちゃん ほよよ!夢の都メカポリス」の竹之内和久がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。
  • ウルトラB ブラックホールからの独裁者B・B

    不思議な力を持つベビー・ウルトラB(UB)の活躍を描く藤子不二雄原作の短編立体アニメ。。脚本は「オバケのQ太郎 とびだせ! 1/100大作戦」の桜井正明が執筆。総監督は同作の笹川ひろし、監督は「オバケのQ太郎 とびだせ!バケバケ大作戦」の原田益次がそれぞれ担当。立体映画。
  • ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

    謎の“ねむり姫”をめぐる孫悟空の活躍を描くTVアニメの劇場版第二作目。原作は鳥山明、脚本は「Dr.スランプアラレちゃん ほよよ!夢の都メカポリス」の照井啓司、監督は「DRAGON BALL ドラゴンボール」の西尾大介がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。
  • ドラゴンボール

    孫悟空とその仲間が、ドラゴンボールをめぐって活躍する冒険を描いた鳥山明原作の劇場版アニメ。脚本は「Dr.SLUMP ドクタースランプ」の井上敏樹、監督は西尾大介がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。ビデオタイトル「ドラゴンボール 神龍の伝説」。
  • 銀河漂流バイファム 消えた12人

    異星人の攻撃で全滅した地球コロニーに生き残った少年少女の姿を描いた「銀河漂流バイファム」のオリジナルエピソード。原作、監督は神田武幸。脚本は「メガゾーン23」の星山博之がそれぞれ担当。主題歌は、TAO(「HELLO VIFAM」)。
  • ウルトラマン物語

    戦士として成長した末っ子タロウが父や兄弟を倒した宇宙の悪魔と戦う姿を描く。脚本は「ウルトラの戦士VS大怪獣軍団 ウルトラマン ゾフィー ZOFFY」の平野靖士、監督も同作の高野宏一、撮影は山本武がそれぞれ担当。
  • 冒険者たち ガンバと7匹のなかま

    「あしたのジョー2」「ゴルゴ13(1983)」など数多くの魅惑的なアニメ作りを続けている出崎統監督の数多いTVシリーズの中でも名作のほまれ高い「ガンバの冒険」(75年)が、劇場用に再編集され、「冒険者たち ガンバと7匹のなかま」として、全国のホールを中心として上映された。ガンバというドブネズミと仲間たちの冒険行の中に、愛・友情・勇気をうたう。原作は、83年度野間児童文芸賞を受賞した斎藤惇夫。作画監督・椛島義夫、美術監督・小林七郎、音楽・山下毅雄による心あたたまるアニメ映画だ。声の出演は野沢雅子、水城蘭子、内海賢二、島田彰など。
  • 象のいない動物園

    第二次大戦中の昭和十八年、上野動物園の数多くの動物たちが殺された。やがて終戦を迎え、この事を知った子どもたちが、象を見たいと呼びかけ、インドからインディラという象を迎えるまでを描くアニメーション。脚本は「上海バンスキング(1984)」の斎藤憐、監督は「11ぴきのねこ」の前田庸生がそれぞれ担当。
  • 怪物くん デーモンの剣

    藤子不二雄原作のTVアニメの劇場版第二作目。脚本は松岡清治、監督は福富博、撮影は金子仁と角原幸枝がそれぞれ担当。
  • 新・ド根性ガエル ド根性・夢枕

    吉沢やすみ原作のTVアニメの劇場版。下町中学校・二年B組のひろしは、英語の時間に居眠りをしていた。頃は江戸時代、城下町でピョン吉とひろしが、かけ声もいさましく大福を売っていた。そこへ町人の娘姿をした京子姫がやって来るが、ひろしは食い逃げと間違えて大きな声を出してしまう。番所では京子姫が行方不明になられた、と大騒ぎをしている。それをよそにひろしと京子姫は結婚しようと話している。そこへ現われた新八に連れもどされる京子姫……。そこで目がさめた。ひろしは夢の話をしながら京子ちゃんとデートを楽しむ。ゴリライモにいじめられていた京子ちゃんを助けだしたひろしは、彼女にプロポーズする。五郎の助けもあって、教室で結婚式が行なわれることになる。しかし、校長先生が知って中学生同志の結婚などとんでもないと中止を申しわたす。南先生の気転で騒ぎはおさまるが京子ちゃんはこんなことはイヤダと逃げだしてしまう。
  • さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅

    機械化人間により占拠されつつある地球を救うため、再び999に乗って旅に出る星野鉄郎の活躍を描く。原作は松本零士、脚本は山浦弘靖、監督は「銀河鉄道999」のりんたろう、撮影は高梨洋一がそれぞれ担当。
  • 怪物くん 怪物ランドへの招待

    人間の世間に修業に来た怪物くんが、親友のヒロシを連れて怪物ランドへ里帰りする冒険旅行を描く。「ドラえもん」同様、「コロコロコミック」「てれびくん」に連載中でテレビ朝日にも放映中の人気漫画の映画化で、原作・脚本は藤子不二雄、監督は福富博、撮影は金子仁がそれぞれ担当。
  • ゲゲゲの鬼太郎(1980)

    金銀の鉱脈を見つけることができる「地相眼」という宝物を妖怪からだまし取り、金持ちになった男が、今度は妖怪に悩まされるはめになった。金持ちの息子は父親の強欲ぶりにあいそをつかし自分で「地相眼」になってしまう。オロオロする父親、中に入って事件を解決する鬼太郎。水木しげる原作のテレビアニメーションの劇場用再編集版で、脚本は柴田夏余、演出は笠井由勝がそれぞれ担当。
  • 銀河鉄道999

    全宇宙を覆う機械人間の猛威のさなか、殺された愛する父、母の復讐を遂げ、機械人間の絶滅を果たす少年の冒険を描くアニメーション。松本零士の同名のTVシリーズを母体に、新たに劇場用映画に構成したもので、脚本は「博多っ子純情」の石森史郎、監督は「宇宙海賊 キャプテンハーロック」のりんたろう。撮影は福井政利がそれぞれ担当。
  • 北極のムーシカ ミーシカ

    厳しい北極の自然を舞台に、双児の子熊が母親の手を離れ、成長していく姿を描くアニメーション。国際アンデルセン佳作賞を受賞したいぬいとみこの同名の原作をもとに、脚本は「黄金の犬」の加藤盟、監督はの勝井千賀雄、撮影は吉坂研一がそれぞれ担当。
  • 魔犬ライナー 0011変身せよ

    未来都市を舞台に、父の意志を継いで宇宙人と対決する少年と、彼を助けるサイボーグ犬の活躍を描くカラー長編漫画。
  • いなかっぺ大将(1971 陣野修脚本)

    TVで放映中の川崎のぼる原作の同名漫画の映画化。
  • タイガーマスク 黒い魔神

    「週刊ぼくらマガジン」に連載され、翌10月よりTV放映され人気を博した。
  • いなかっぺ大将(1971 城山昇・伊東恒久脚本)

    川崎のぼるの同名漫画の映画化。
  • 海底3万マイル

    東映動画の第十八作、神秘の謎につつまれた海底の世界と怪奇に富んだ地底の世界を舞台にしたSFおとぎ話。石森章太郎の原作を岡本克巳が脚本化、演出は田宮武、作画監督は奥多貞弘がそれぞれ担当。
  • タイガーマスク ふく面リーグ戦

    梶原一騎、辻なおきの同名原作を安藤豊弘、三芳加也、辻真先が脚本を共同執筆、演出は設楽博、田中亮三、黒田昌郎、白根徳重らの四名の共同。撮影は酒井寿一、細田民男、服部正行が担当。
  • タイガーマスク(1970)

    梶原一騎と辻なおきの原作を「空飛ぶゆうれい船」の辻真先が脚色し、「長靴をはいた猫」の矢吹公郎と勝間田具治が演出にあたった。作画監督は田島実が担当。
  • 空飛ぶゆうれい船

    石森章太郎の原作「ゆうれい船」を「ゲゲゲの鬼太郎(1968)」の辻真先が脚色し、「魔法使いサリー(1967)」の池田宏が演出したSF長編漫画、東映動画第十六作。
  • 魔法使いサリー(1968)

    NETをはじめ、全国十九局で放映中の、短篇漫画の劇場版。
  • ゲゲゲの鬼太郎(1968)

    フジテレビ系列十局で放映中。正邪の妖怪たちの他に、大海獣も加わって活躍する民話的な短篇漫画映画。
  • 宇宙パトロール・ホッパ

    「まんが大行進」の1編として上映された。
  • 狼少年ケン おく病なライオン

    大野寛夫の原作を、浜田稔が脚色「狼少年ケン アラビアの怪人 魔の岩の決闘」の芹川有吾が演出した狼少年シリーズ。作画監督は喜多真佐武。撮影は「狼少年ケン ジャングル最大の作戦 おばけ嫌い」の菅原英明と平尾三喜。
  • みつばちマーヤの大冒険2 ハニー・ゲーム

    ドイツで誕生し、日本でTVアニメ化され人気を集めた児童文学のフルCGアニメ第2弾。マーヤの巣にバズトロポリスから使者がやって来る。遂にグレートハニーゲームへの招待かと盛り上がるが…。春名風花、野沢雅子らが吹替えを担当。【スタッフ&キャスト】監督:ノエル・クリアリー/セルジオ・デルフィノ 脚本:ナーカス・ザウアーマン 原作:ワルデマル・ボンゼルス 出演(声):春名風花/野沢雅子/小林祐介/落合福嗣
  • サヨナラ、みどりが池 飛べ!凧グライダー

    日本アニメ業界の集積地である杉並区のアニメ会社が共同で制作したファミリーアニメ。杉並区の“みどりが池”で暮らすカエルのケロ吉くんは、ある日マンション建設のため池が埋め立てられることを知り、木の葉のグライダーで新しい住処を探す旅に出る。【スタッフ&キャスト】原案・総指揮:川本征平 監督:くずおかひろし シナリオ:早川啓二 出演(声):野沢雅子/滝口順平/子安武人/水樹奈々/中村大樹
  • 世界絵本箱DVDセレクション ごきげんならいおん

    “見る・聴く”を通じて“読む”興味を育てる「世界絵本箱」シリーズのデジタル・リマスター版第6弾。ごきげんなライオンがある街で引き起こす、ちょっと楽しい騒動を描いた「ごきげんなライオン」ほか、全4話のオムニバスストーリーを収録。
1-80件表示/全80件