• TOP
  • リチャード・ハリス

リチャード・ハリス

  • 出身地:アイルランドのライムリック生まれ
  • 生年月日:1933年10月1日
  • 没年月日:2002/10/25

略歴 / Brief history

8歳でロンドンへ移り、イエズス派のカレッジを出たのち王立演劇学校に入って俳優を志し、すぐロンドン・アカデミー・オヴ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アーツに転じた。在学中からクリフォード・オデッツの『喝采』をひとりで演出・主演する試みを実行してみごとに失敗したり、積極的な青年だった。卒業とほぼ同時にウエスト・エンド(ロンドンの演劇街)の舞台に立ち、とくに『ジンジャー・マン』(59)で当てた。アソシエイテッド・ブリティッシュ社が注目して7年契約を結び、『活発で反抗的』にデビューしたが、彼は翌年気が変わって契約を廃棄してもらった。映画界で注目をひいたのは、クーパー、ヘストンが共演した「メリーディア号の難破」の1等運転士である。アソシエイテッド・ブリティッシュと再び本数契約を結んだうちの1本、63年の「孤独の報酬」で演じたラグビー選手は世界各国の評論家から高い評価をうけ、カンヌ映画祭で男優賞を受けた。芸域は広いが、とくにコスチューム・プレイと、もうひとつは自分から苦難に立ち向かってゆき、自滅しかかる役を得意とする。ちょうど「荒野に生きる」の主役ザカリーのように、俗社会の雰囲気、とくにパーティさわぎなど大嫌いでひとり気ままに生きてゆくことを好む。アカデミー時代のクラスメイトで伯爵の令嬢エリザベス・リース・ウィリアムズと57年に結婚、3人の息子をもうけたが69年に離婚、彼女はレックス・ハリスンと再婚した。74年6月アン・ターケルと再婚。185.5cm、88kg。髪はレッド・イエロー、瞳はブルー。

リチャード・ハリスの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • アメリカンレガシー

    「マイ・ブラザー」の俳優サム・シェパードの監督2作目となる異色のアート西部劇。ネイティブ・インディアンの血を引く嫁の亡霊に苦しめられる牧場主一家を描く。出演は、「ハリー・ポッター」シリーズのリチャード・ハリス、「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックス。第6回東京国際映画祭正式上映作品。
  • ケイナ

    ヨーロッパ初のフルCGで手掛けられたフランス産SFアドベンチャー・アニメ。一人の少女が自分の星と人々の生命を救うために奮闘する姿を、精緻な描写と独特の世界観で描く。監督はジャパニメーションの影響を受けたと言うクリス・デラポートとパスカル・ピノン。
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋

    幼い頃に謎を持つ、人間界で育ったみなしごの少年が、魔法使いたちの世界で魔法魔術学校を冒険する人気ファンタジーの第2弾。スタッフとキャストは前作「ハリー・ポッターと賢者の石」から多数引き続いている。監督・製作総指揮はクリス・コロンバス、脚本はスティーヴ・クローヴス、音楽はジョン・ウィリアムズ、美術はスチュアート・クレイグ。撮影は「ショコラ」のロジャー・プラット。編集は「ワイルド・スピード」のピーター・ホーンズ。出演は前作に続きダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、リチャード・ハリスほか。新キャストは「恋の骨折り損」のケネス・ブラナー、「ラットレース」のジョン・クリース、「ウインドトーカーズ」のジェイソン・アイザックス、「ブリジット・ジョーンズの日記」のジェマ・ジョーンズほか。
  • モンテ・クリスト伯

    無実の罪で幽閉された男が、復讐のためパリ社交界に乗り込む波瀾万丈の大河ロマン。19世紀のフランスの文豪、アレクサンドル・デュマの代表小説の映画化。監督は「187」のケヴィン・レイノルズ。撮影は「ゴスフォード・パーク」のアンドリュー・ダン。音楽は「チャーリーズ・エンジェル」のエドワード・シェアマー。美術は「ウェルカム・トゥ・サラエボ」のマーク・ジェラーティ。衣裳は「トスカニーニ」のトム・ランド。出演は「ハイ・クライムズ」のジム・カヴィーゼル、「タイムマシン」のガイ・ピアース、「ロック・スター」のダグマーラ・ドミンスク、「ハリー・ポッターと賢者の石」のリチャード・ハリス、「トラフィック」のルイス・ガスマン、「あなたのために」のジェームズ・フレインほか。
  • ハリー・ポッターと賢者の石

    孤児の少年が魔法使いとして成長していく様を描くファンタジー。監督・製作総指揮は「アンドリューNDR114」のクリス・ コロンバス。脚本は「ワンダー・ボーイズ」のスティーヴ・クローヴス。原作はJ・K・ローリングの大ベストセラー小説。撮影は「リプリー」のジョン・シール。音楽は「A.I.」のジョン・ウィリアムス。美術は「バガー・バンスの伝説」のスチュアート・クレイグ。出演は「テイラー・オブ・パナマ」のダニエル・ラドクリフ、オーディションで選ばれたルパート・グリント、エマ・ワトソン、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」のロビー・コルトレーン、「グラディエーター」のリチャード・ハリス、「ギャラクシー・クエスト」のアラン・リックマン、「ムッソリーニとお茶を」のマギー・スミス、「スリーピー・ホロウ」のリチャード・グリフィス、「ことの終わり」のイアン・ハート、「コレリ大尉のマンドリン」のジョン・ハートほか。
  • シベリアの理髪師

    アメリカ人女性がロシアの大地で経験した、最初で最後の真実の愛。監督は「太陽に灼かれて」のニキータ・ミハルコフ。脚本は「太陽に灼かれて」のルスタム・イブラギムベコフ、ミハルコフが担当。撮影は「コーカサスの虜」のパーヴェル・レベシェフ。音楽は「太陽に灼かれて」のエドワルド・アルテミエフ。出演は「陰謀のシナリオ」のジュリア・オーモンド、「太陽に灼かれて」のオレグ・メンシコフほか。