深津絵里 フカツエリ

  • 出身地:大分県大分市
  • 生年月日:1973/01/11

略歴 / Brief history

大分県大分市の生まれ。1986年、“ミス原宿コンテスト”でグランプリを受賞したのを機に芸能界入り。萩尾望都のコミック『トーマの心臓』をモチーフに、金子修介監督が映像化した「1999年の夏休み」88に“水原里絵”の芸名で出演して、女優デビューする。4人の少女俳優たちが少年役に扮したこの作品で、同性の先輩に憧れを抱く美少年のひとり・則夫を瑞々しく演じ、鮮烈なデビューを飾った。この年は、親友の自殺を発端に友情のもろさとかけがえのなさを描いた村上修監督「ステイ・ゴールド」にも出演。さらにJR東海『クリスマスエクスプレス'88』のCMにも起用され、不貞腐れた顔でホームに佇みながら、列車から降りてくるはずの恋人を待ち続ける少女の役で、一気にお茶の間の注目を集める。翌89年、役名と同じ“高原里絵”名義で主演した金田龍監督の幻想ホラー「満月のくちづけ」では、ローマ国際ファンタスティック映画祭最優秀主演女優賞を受賞。この時期、歌手としては本名の“深津絵里”で、女優としては“高原里絵”の芸名で活動するとされていたが、結局“高原”名義で出演した作品はこの「満月のくちづけ」一作きりで、歌手活動もそれほど長くは行なわれず、ドラマ初出演作のTBS『予備校ブギ』90から芸名も“深津絵里”に一本化されて今日に至る。91年には再び村上監督と組んだ「真夏の地球」で、モテモテの姉とは対照的な妹の役でボーイッシュな魅力を振りまいた。以後はテレビドラマを中心に活躍。フジテレビ『愛という名のもとに』『二十歳の約束』92、『悪魔のKISS』93、『この愛に生きて』『若者のすべて』94、日本テレビ『大人のキス』93、『ベストフレンド』95など話題のドラマに立て続けに出演し、着実に演技力に磨きをかけていく。連ドラ初主演作となったフジテレビ『最高の片想い』94や、光野道夫監督「バースデイプレゼント」95の助演などを経て、96年、見ず知らずの男女がパソコン通信でメールのやり取りを交わすうちに、少しずつ心を通わせ合う姿を丹念に描いた森田芳光監督「(ハル)」で映画初主演。極端に台詞が削ぎ落とされた中、恋人を亡くした悲しみや、新たな伴侶を得たときめきや戸惑い、ささやかな誤解が生む嫉妬などを、細やかな表情の変化のみで繊細に演じきり、さらなる評価を得る。続いて97年には、織田裕二主演のフジテレビ『踊る大捜査線』に出演。現実的でクールだが、過去にまつわるトラウマを抱えた正義感あふれる女刑事・恩田すみれ役を溌剌と好演し、のちに映画化もされメガヒットとなるシリーズの成功に大きく貢献した。98年の同局『きらきらひかる』では、個性あふれる顔ぶれの共演陣に囲まれ、一般人の目線を忘れずに遺体や事件と向き合う新人監察医役で堂々と主演。こちらも、のちにスペシャル版が何度も制作される好評を得て、人気・実力ともにトップクラスの女優のひとりとなる。2000年代に入ってからは映画の活躍も顕著になり、『踊る大捜査線』シリーズを手がけた本広克行監督の「スペーストラベラーズ」00では、強盗に押し入られた銀行で人質になり、事態をややこしく引っかき回す行員役でアンサンブルの一角を担ったあと、森田監督と久々にタッグを組んだ「阿修羅のごとく」03に出演。向田邦子脚本のテレビドラマをベースに、四姉妹の悲喜こもごもをコミカルかつシニカルに綴った本作において、鋭い洞察眼を持ちながらも恋には不器用な三女を巧演し、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に輝いた。06年の小泉堯史監督「博士の愛した数式」では、80分しか記憶がもたない“博士”に日々接するうちに、愛情にも似た不思議な絆で結ばれていくシングルマザーを好演。三谷幸喜監督「ザ・マジックアワー」08では、ふたりの男を手玉に取りつつ、作品の鍵を握る魔性の女を、上品な色気を醸し出しながら演じた。09年、西原理恵子のコミックを森岡利行監督が映画化した「女の子ものがたり」では、自身の過去を振り返りながら再起のきっかけを掴む、スランプに陥った漫画家の心の機微を体現した。そして10年の李相日監督「悪人」では、魅力のひとつでもあった年齢不相応の若々しいキュートさを完全に封印し、適齢期を過ぎた若くはない女の虚無や孤独をにじませつつ、恋に落ちてしまった殺人犯との行くあてのない逃避行の過程で、たくましくも美しく変貌を遂げていくヒロインに肉迫し、モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞に輝いたほか、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞している。テレビドラマはほかに、フジテレビ『彼女たちの時代』99、『天気予報の恋人』00、『カバチタレ!』01、『恋ノチカラ』『空から降る一億の星』02、『スローダンス』05、『西遊記』06、『CHANGE』08、TBS『末っ子長男姉三人』03、NHK『川、いつか海へ・6つの愛の物語』03など多数。舞台活動にも意欲的で、『陽だまりの樹』95、『キル』97、『半神』99、『農業少女』00、『贋作・桜の森の満開の下』01、『走れメルス・少女の唇からはダイナマイト!』04、『あわれ彼女は娼婦』06など、野田秀樹ら名演出家からの信頼も厚い。イギリスのサイモン・マクバーニーが谷崎潤一郎の世界に挑んだ『春琴』08の演技で、紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞し、同作は09年にロンドンのバービカン・センターでも再演された。

深津絵里の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • サバイバルファミリー(2017)

    すべての電気が止まった危機的状況を活写する、「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督による異色ドラマ。ある日突如電気がなくなり、電気で動くものすべてが止まったため都市機能が麻痺。混乱が広がる中、鈴木一家は東京脱出を図り、生き残りをかけ奮闘する。亭主関白な父を「アウトレイジ ビヨンド」の小日向文世が、とぼけたところのある母を「ステキな金縛り」の深津絵里が演じるほか、「ハッピーフライト」の時任三郎、「病院へ行こう」の大地康雄らが出演。
    70
  • 永い言い訳

    「夢売るふたり」の西川美和が直木賞候補となった自らの書き下ろし小説を映画化。交通事故で妻が他界したものの悲しみを表せない小説家の衣笠幸夫。そんな中、同じ事故の犠牲となった妻の親友の遺児たちと交流を深める幸夫は亡き妻とも再び向き合い始めてゆく。出演は「天空の蜂」の本木雅弘、「私の男」の竹原ピストル、「高台家の人々」の堀内敬子、「セトウツミ」の池松壮亮、「母と暮せば」の黒木華、「岸辺の旅」の深津絵里。
    90
  • 岸辺の旅

    「トウキョウソナタ」で第61回カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した黒沢清監督が、湯本香樹実が2010年に発表した同名小説を映画化。3年前に失踪し死んだ夫と彼を見送ることができなかった妻が、彼の最期の時間を辿りながら彼岸と此岸の間を行く旅を描いた本作は、第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を獲得した。脚本には「海炭市叙景」の宇治田隆史も参加している。主演は「悪人」で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞した深津絵里と、「私の男」で第36回モスクワ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した浅野忠信。ほか「フラガール」の蒼井優、バレエ・ダンサーの首藤康之、「カンゾー先生」の柄本明らが出演。
    60
  • 寄生獣 完結編

    人間とは一体何か鋭く突き第27回星雲賞コミック部門を受賞した岩明均の世界的SF漫画を、「永遠の0」「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が二部構成で映画化したうちの完結編。人間に寄生し身体を乗っ取り捕食する謎の新生物パラサイトとのますます激化する戦いの行方を、VFXを駆使し描く。脚本には山崎監督のほか、テレビドラマ『リーガルハイ』の古沢良太が参加している。右手に寄生したパラサイトと奇妙な友情を持つ高校生を「ヒミズ」で第68回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した染谷将太が演じるほか、「悪人」の深津絵里、「桐島、部活やめるってよ」の橋本愛、「私の男」の浅野忠信ら豪華俳優陣が集結。
    70
  • 寄生獣

    人間とは一体何か鋭く突き第27回星雲賞コミック部門を受賞した岩明均の世界的SF漫画を、「永遠の0」「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が映画化。人間に寄生し身体を乗っ取り捕食する謎の新生物パラサイトとの戦いを、VFXを駆使し描く。脚本には山崎監督に加え、テレビドラマ『リーガルハイ』の古沢良太が参加している。右手に寄生した謎の生物と奇妙な友情を持つ高校生を「ヒミズ」で第68回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した染谷将太が演じるほか、「悪人」の深津絵里、「桐島、部活やめるってよ」の橋本愛、「私の男」の浅野忠信ら豪華俳優陣が集結。2015年には完結編が公開される。
    70
  • 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

    1997年のテレビ放送開始以来圧倒的な人気を博しこれまでに3度の劇場版公開、2本のスピンオフ映画を輩出した刑事ドラマ『踊る大捜査線』シリーズ完結編。前作「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」で係長に昇進した青島に降りかかる最後の事件を描く。「アマルフィ 女神の報酬」の織田裕二、「ステキな金縛り」の深津絵里、「日輪の遺産」のユースケ・サンタマリア、「聯合艦隊司令長官 山本五十六」の柳葉敏郎らが出演。監督は、同ドラマテレビシリーズ演出や劇場版の監督を務めてきた「サマータイムマシン・ブルース」の本広克行。脚本は同シリーズスピンオフ映画「容疑者 室井慎次」ではメガホンを取った君塚良一。
    60
  • ステキな金縛り

    殺人事件の証人として呼び出された落ち武者の幽霊と三流弁護士が繰り広げる騒動を描くコメディ。「悪人」の深津絵里、「星守る犬」の西田敏行、「奇跡」の阿部寛、「プリンセス トヨトミ」の中井貴一、「はやぶさ HAYABUSA」の竹内結子など、豪華俳優陣の共演も見どころ。監督は「ザ・マジックアワー」の三谷幸喜。
    90
  • 悪人

    吉田修一の同名小説を「フラガール」の李相日監督が映画化。ある殺人事件の犯人と彼を愛する女の逃避行、引き裂かれていく家族の姿を描く。音楽を「おくりびと」の久石譲が担当。出演は「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」の妻夫木聡、「女の子ものがたり」の深津絵里、「瞬 またたき」の岡田将生、「川の底からこんにちは」の満島ひかり、「歩いても 歩いても」の樹木希林など。
    70
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

    「踊る大捜査線」シリーズの第3弾。強行犯係係長に昇進した青島が新湾岸署への引越しを一任されるが、その最中に8つの事件が発生する。監督は「曲がれ!スプーン」の本広克行。出演は「アマルフィ 女神の報酬」の織田裕二、「女の子ものがたり」の深津絵里、「鈍獣」のユースケ・サンタマリア、「TAJOMARU」の小栗旬など。
    60
  • 女の子ものがたり

    西原理恵子の同名漫画を原作に「子猫の涙」の森岡利行が脚本・監督を手がけたドラマ。スランプ中の漫画家が少女時代の友だちを思い出し、前向きな気持ちを取り戻していく姿を描く。出演は「ザ・マジックアワー」の深津絵里、「おっぱいバレー」の大後寿々花、「群青 愛が沈んだ海の色」の福士誠治、「イキガミ」の風吹ジュンなど。
    70
  • ホノカアボーイ

    ハワイ島のホノカアを舞台に、島を訪れた日本人学生と町の人々の交流を優しいタッチで描く。「天然コケッコー」の岡田将生が主演。「男はつらいよ」シリーズの倍賞千恵子、大河ドラマ『篤姫』の松坂慶子、「フラガール」の蒼井優、「ザ・マジックアワー」の深津絵里など豪華キャストが華を添える。原作は吉田玲雄の同名小説。
    80
  • ザ・マジックアワー

    とある港町で、街のボスの愛人に手を出してしまった男が仕掛ける大芝居と、それに乗せられた売れない役者のとんちんかんな勘違いが繰り広げられる。劇作家やテレビドラマの脚本家として活躍する三谷幸喜が「ラヂオの時間」「みんなのいえ」「THE有頂天ホテル」に続いて贈る脚本・監督作の4作目は、映画への愛情とオマージュが限りなく込められた大型エンターテインメント・コメディ。佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行といったメイン・キャストに加え、唐沢寿明や鈴木京香などの豪華なゲスト出演者が華を添える。
    80
  • 西遊記(2007)

    2006年に放映されて高視聴率を記録した香取慎吾主演のテレビドラマ『西遊記』を、オリジナルキャストで映画化したアドベンチャー・エンターテインメント大作。テレビ版でもメインディレクターを務め、『踊る大捜査線』など多くのドラマを演出してきた澤田鎌作が映画を初監督。中国全土でも大規模なロケ撮影が敢行されている。
  • 博士の愛した数式

    記憶を80分しか維持出来ない数学博士と若い家政婦母子の心の交流を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「阿弥陀堂だより」の小泉堯史。第1回本屋大賞に選ばれた小川洋子による同名小説を基に、小泉監督自身が脚色。撮影を「わらびのこう 蕨野行」の上田正治と、北澤弘之が担当している。主演は、「亡国のイージス AEGIS」の寺尾聰と「踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2」の深津絵里。第18回東京国際映画祭 特別招待作品出品、芸術文化振興基金助成事業作品。
    90
  • 踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2

    1997年にTVドラマとして誕生し、翌年映画化されるや空前の大ヒットを記録した織田裕二主演の人気刑事ドラマが、5年ぶりに映画化。これまでのオリジナル・メンバーに、真矢みきら新キャラクターたちが加わり、一大観光地と化したお台場を舞台に繰り広げられる凶悪な連続猟奇事件に挑む。本作は、インターナショナルバージョンとして未公開シーンを加えた再編集版。
    70
  • 阿修羅のごとく

    昭和を代表する名シナリオライターにして直木賞作家・向田邦子の代表作を、「模倣犯」の森田芳光が映画化。長女・綱子には大竹しのぶ。次女・巻子には黒木瞳。三女・滝子には深津絵里、四女・咲子には深田恭子が扮する。脚本は、向田邦子賞受賞作家で監督とは「それから」「失楽園」でコンビを組んだ筒井ともみ。
    70
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

    1997年にTVドラマとして誕生し、翌年映画化されるや空前の大ヒットを記録した織田裕二主演の人気刑事ドラマが、5年ぶりに映画化。これまでのオリジナル・メンバーに、真矢みきら新キャラクターたちが加わり、一大観光地と化したお台場を舞台に繰り広げられる凶悪な連続猟奇事件に挑む。監督は「サトラレ sato;ra-re TRIBUTE to a SAD GENIUS」の本広克行。
    70
  • スペーストラベラーズ

    人質と共に銀行に立てこもった3人組の強盗が巻き起こす騒動を描いた青春コメディ。監督は「踊る大捜査線 THE MOVIE」の本広克行。人気お笑い集団・ジョビジョバの舞台劇を基に、「ときめきメモリアル」の岡田惠和が脚色。撮影監督に「催眠」の藤石修があたっている。主な出演者は、「君のいた永遠」の金城武、「アドレナリンドライブ」の安藤政信、「カリスマ」の池内博之ら。
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE

    猟奇殺人、警視庁副総監誘拐、署内窃盗という同時に発生した3つの事件に挑む湾岸署捜査陣の活躍を描く、テレビ・シリーズから映画へ進出したポリス・コメディ。監督は「友子の場合」の本広克行。脚本は「パラサイト・イヴ」の君塚良一。撮影は「TOKYO BEAST」の藤石修。出演は、「きけ、わだつみの声」の織田裕二をはじめ、テレビのレギュラー陣が顔を揃え、「虹をつかむ男/南国奮斗篇」の小泉今日子がゲスト出演。
    90
  • アトランタ・ブギ

    同じ町内でありながら仲の悪い1丁目と3丁目の住人たちが、私利私欲を賭けて運動会に情熱を燃やす姿を描いた多国籍ナンセンス・コメディ。監督・脚本は「てなもんやコネクション」の山本政志で、「熊楠/KUMAGUSU」の製作中断中にこの作品を企画し、完成させた。撮影を、エドワード・ヤン監督の「カップルズ」などで知られる台湾の李以須が担当している。主演は映画初出演となるロック・シンガーの鈴木彩子と、「トキワ荘の青春」の古田新太、“サザンオールスターズ”の野沢秀行。ソウルオリンピック男子100メートルの幻の金メダリスト、ベン・ジョンソンが自身の役で出演したのをはじめ、多国籍の異色キャスト、大量のゲストスター出演も話題となった。16ミリからのブローアップ。
  • (ハル)

    パソコン通信を通じて知り合った男女が、メールのやり取りをするうちに愛を育んでいく模様を描いた、新感覚の恋愛ドラマ。映画のかなりの部分をパソコン通信のディスプレイ上に打ち出されるメールによる文字=字幕が占めるという野心的な実験が試みられている。監督・脚本は「未来の想い出 Last_Christmas」の森田芳光。撮影は「とられてたまるか!?」の高瀬比呂志。主演は「バースデイプレゼント」の深津絵里と、これが映画デビューになる内野聖陽。96年度キネマ旬報ベストテン第4位、同・読者選出ベストテン第3位。
  • バースデイプレゼント

    東京とパリを舞台に、心に傷を負ったスチュワーデスとさえないツアーコンダクターが繰り広げるラブストーリー。監督は「ヒーローインタビュー」の光野道雄。フジのヒット・ドラマ『妹よ』で兄妹役を演じた岸谷五朗と和久井映見のコンビが、今回は恋人役を演じた。脚本はその『妹よ』を手掛けた水橋文美江。
  • 真夏の地球

    海沿いの田舎町を舞台に、ひょんなことからビーチバレーボール大会に出場することになる3人の高校生の奮闘をさわやかに描く青春映画。脚本は「東京上空いらっしゃいませ」の榎祐平が執筆。監督は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の村上修。撮影は「櫻の園」の藤沢順一がそれぞれ担当。
  • 満月のくちづけ

    恋のおまじないを誤って悪霊を呼び出してしまった女子高生たちの恐怖を描く。脚本・監督は新人の金田龍、共同脚本は福士俊哉、撮影は斎藤正広がそれぞれ担当。主題歌は、高原里絵(「マリオネット・ブルー」)。
  • STAY GOLD ステイ・ゴールド

    三人の少女が友人の自殺をきっかけに旅行へ出かけ、友情を知るまでを描く。原案・脚本は「マリリンに逢いたい」の野沢尚が執筆。監督は「ひぃ・ふぅ・みぃ」の村上修。撮影は「猫のように」の藤沢順一がそれぞれ担当。
  • 1999年の夏休み

    全寮制の学院に学ぶ美少年たちの愛と憎しみを描く。萩尾望都作の漫画『トーマの心臓』をモチーフに「ベッドタイムアイズ」の岸田理生が脚本を執筆。監督は「山田村ワルツ」の金子修介、撮影は「ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け」の高間賢治がそれぞれ担当。
  • カメレオンズ・リップ

    演劇界の鬼才、ケラリーノ・サンドロヴィッチが演出を手掛けた舞台の映像化。堤真一、深津絵里らが共演し、不条理でシリアスな心理劇が展開する。古びた豪邸を舞台に、稀代の詐欺師・ルーファスと謎の訪問者・セルマが奇妙な騙し合いを繰り広げる。【スタッフ&キャスト】作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演:堤真一/深津絵里/生瀬勝久/犬山イヌ子/山崎一/余貴美子/木村悟