西城秀樹 サイジョウヒデキ

  • 出身地:広島県広島市
  • 生年月日:1955年4月13日
  • 没年月日:2018年5月16日

略歴 / Brief history

71年、二葉中学から山陽高校に進む。同年10月、上京して明治大学付属中野高校に転校し、76年に卒業。中学時代からエレキ・グループに所属してヴォーカルとドラムで活躍。72年3月、RCAレコードから『恋する季節』で歌手としてデビュー。『情熱の嵐』(73)、『傷だらけのローラ』(74)、『若き獅子たち』『君よ抱かれて熱くなれ』(76)などのヒット曲で郷ひろみ、野口五郎とともに新御三家として若者のアイドルとなり、ヒデキの愛称で幅広く支持される。映画は松竹「しあわせの一番星」(74)でデビューし、同名の人気劇画を原作にした「愛と誠」(74)で熱血あふれる不良高校生の役を初主演。「おれの行く道」では田中絹代のおばあちゃんと心をかよわす孫の現代青年を好演した。映画はほかに東映「あゝ決戦航空隊」(74)、松竹「ブロウアップヒデキ」(75)など。テレビはTBS『寺内貫太郎一家』(74)、『花吹雪はしご一家』(75)のほかゲスト出演多数。独身。

西城秀樹の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • コアラ課長

    漬物会社に勤める田村は、ごく普通のコアラ課長。やがて、田村の行くところ行くところ猟奇殺人事件が発生し、壮大なショックとナンセンスの波状攻撃が彼を襲う。監督は「いかレスラー」の河崎実。出演は、「学校の怪談」シリーズの野村宏伸、女性誌で活躍する人気モデル・エリローズ、黒田アーサー、西城秀樹など。
  • 現代仁侠伝

    かつてヤクザの世界に身をおいていた男が、恩義ある友人の仇のために全てを投げ打って復讐する姿を描いたハード・ボイルド。監督は「藏」の降旗康男。千寿操による原案を、「極道の妻たち 赫い絆」の塙五郎が脚本化した。撮影を水巻祐介が担当している。主演は「身も心も」の奥田瑛二。
  • 天使行動

    西城秀樹、大島由佳利のふたりの日本人が客演した香港の痛快バイオレンス・アクション。血に飢えた女ボスに率いられた国際犯罪シンジケートと、超法規活動でいかなる事件も解決する秘密諜報部隊“エンジェルス”の対決を描く。日本のみならず中国などのアジア全土で人気を誇る西城秀樹が海外映画初出演するほか、「蜀山 天空の剣」「霊幻道士」などの清純派ムーン・リー、「ドラゴンVS.7人の吸血鬼」「ソウル」などのベテラン、デイヴィッド・チャン、「ドランクモンキー 酔拳」「レイジング・サンダー」などの敵役のカンフー・スター、ウォン・チェン・リーなどが出演。さらに「上海エクスプレス」「妖魔伝」など、香港・台湾でアクション女優として活躍中の大島由佳利が、犯罪組織の冷酷な女ボスを演じている。監督は香港の女流監督として知られるテレサ・ウー。本作では女性とは思えない迫力の演出で見るものを圧倒する。西城を除く同じキャスト、スタッフで続編「天使行動2」と、第3作「天使行動3」も製作されている。
  • 傷だらけの勲章

    エジプトで起きた一流企業の社長暗殺事件を追う刑事の姿を描く。脚本は「カポネ大いに泣く」の大和屋竺、監督は「積木くずし」の斎藤光正、撮影は「夢千代日記」の安藤庄平がそれぞれ担当。主題歌は、国分友里恵(「流れるままに~落花流水~」)。
  • おれの行く道

    莫大な財産を持っているおばあちゃんと孫の現代青年との心のふれあいを描く。脚本は光英司、監督は脚本も執筆している「続 愛と誠」の山根成之、撮影は「スプーン一杯の幸せ」の竹村博がそれぞれ担当。
  • あゝ決戦航空隊

    かつて如何なる戦史にも類をみない“特攻戦術”の生みの親、大西滝治郎中将の生涯と、命令に服し散っていった特攻隊の全貌を描く。原作は草柳大蔵の『特攻の思想』。脚本は「仁義なき戦い 頂上作戦」の笠原和夫と「唐獅子警察」の野上龍雄、監督は「山口組外伝 九州進攻作戦」の山下耕作、特撮監督は本田達男、撮影は「激突!殺人拳」の塚越堅二がそれぞれ担当。
    80
  • 愛と誠(1974)

    少年雑誌に連載中の梶原一騎・作、ながやす巧・画の同名劇画の映画化で、不良学生と純真な少女の熱烈な愛を描く青春映画。脚本は「しあわせの一番星」の石森史郎、監督は脚本も執筆している同作の山根成之、撮影は「ムツゴロウの結婚記」の竹村博がそれぞれ担当。
  • しあわせの一番星

    可愛いお伝いの娘が、その底ぬけの天真欄漫さで明るくさわやかに生きていく姿を描く青春映画。脚本は「ひとつぶの涙」の石森史郎、監督は「新・同棲時代 -愛のくらし-」の山根成之、撮影は「ダメおやじ」の川又昂がそれぞれ担当。
  • ひとつぶの涙

    孤児園で育った明るく逞しい三人の青年と事故で失明した盲目の少女を中心に、働く若者たちの友情をさわやかに描く青春映画。脚本は「ときめき」の石森史郎、監督も同作の市村泰一、撮影も同作の小杉正雄がそれぞれ担当。
  • 恋は放課後

    気の荒い田舎町に転任して来た美人先生の悪童相手の活躍を描く。脚本は鎌田敏夫、監督は「愛ってなんだろ」の広瀬襄、撮影は「藍より青く」の竹村博がそれぞれ担当。
  • ザ・ヒットマン 血はバラの匂い

    『網走番外地』の巨匠・石井輝男が脚本・監督を務め、バイオレンスとエロス満載で描いたドラマ。ヤクザ抗争により恋人を殺された男が復讐に燃えるヒットマンと化し、殺戮ゲームを仕掛けていく。主演は西城秀樹。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:石井輝男 原作:仲村雅彦 出演:西城秀樹/七瀬なつみ/片桐竜次/中条きよし/丹波哲郎
  • 黒い雨にうたれて

    「はだしのゲン」の中沢啓治が原作・企画・脚本・制作などを担当し、西城秀樹が声優に挑戦したドラマアニメ。被爆直後、放射能をたっぷりと含んだ“黒い雨”が降りしきる広島。その死の灰の影響を受ける彼らは、さまざまな苦悩を抱えて暮らしていた…。【スタッフ&キャスト】原作・企画・脚本・制作:中沢啓治 監督:白土武 音楽:喜多郎 出演(声):西城秀樹/島村佳江/大林丈史/政宗一成/藩恵子

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。