滝田洋二郎 タキタヨウジロウ

  • 出身地:富山県西砺波郡福岡町
  • 生年月日:1955/12/04

略歴 / Brief history

【シリアス、コメディ両面で才能が光るピンク出身の気鋭】富山県西砺波郡生まれ。県立高岡商業高校を卒業後に上京し、20歳の時に知人の紹介で向井寛が主宰する獅子プロダクションに入社。ピンク映画の助監督として向井のほか山本晋也、稲尾実、梅沢薫らについたのち、1981年、獅子プロ製作の「痴漢女教師」で監督デビューする。以後、新東宝の看板コメディ「痴漢電車」シリーズを中心にピンク映画を多数演出。滝田の「痴漢電車」は、満州の張作霖爆殺事件がモチーフの「下着検札」(84)、グリコ・森永事件を扱った「聖子のお尻」(85)、写真週刊誌ブームを皮肉った「あと奥まで1cm」(85)など奇想天外な着想のミステリーコメディが大半を占め、ピンク映画ファンの度肝を抜いた。一方、83年の「連続暴姦」、84年の「真昼の切り裂き魔」は一転してシリアスタッチのサスペンスで、この2作によりピンク映画の祭典・ズームアップ映画祭の作品賞と監督賞を連続受賞している。85年に獅子プロを退社。この頃すでにピンク映画界の新鋭・滝田の名は広く映画ファンの注目を集めていたが、それが決定的となったのが初の一般映画進出となった「コミック雑誌なんかいらない!」(86)である。内田裕也扮する芸能レポーターを主人公に、1985年の事件・事故や世相を大胆に物語に取り込んで、時代を鋭く斬った問題作。ピンク時代に培ったシリアス、コメディ両面の才能をここで一気に開花させ、それは滝田がこの後、一般映画を次々と連作していく過程においても常に発揮されていった。【米アカデミー賞受賞の快挙】88年には、お金がテーマのシニカルなコメディ「木村家の人びと」が単館系でスマッシュヒットとなった。以後もこの時の脚本家・一色伸幸と組んで、「病院へ行こう」2部作(90~92)、「僕らはみんな生きている」(93)、「熱帯楽園倶楽部」(94)と快作コメディを連発。大沢在昌原作のサスペンス「眠らない街・新宿鮫」(93)や東野圭吾原作の「秘密」(99)、平安の京が舞台のVFXアクション「陰陽師」(01)「陰陽師II」(03)、急逝した相米慎二の企画を引き継いだ時代劇「壬生義士伝」(03)など様々なジャンルの作品で堅実な手腕をふるい続けている。さらにその評価は08年、納棺師という職業にスポットを当てたヒューマンドラマ「おくりびと」で頂点に達した。国内でもすでに各映画賞を総なめにしてロングランヒットとなっていたが、年が明けた2009年になって、米アカデミー賞の外国語映画賞を見事受賞。滝田は一躍時の人となり、その演出手腕が改めて注目を集めている。

滝田洋二郎の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 北の桜守

    「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。
    50
  • ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

    田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。
    70
  • 天地明察

    「おくりびと」で第81回アカデミー賞外国語映画賞を獲得した滝田洋二郎監督が、第31回吉川英治文学新人賞および第7回本屋大賞を受賞した冲方丁による同名ベストセラー小説(角川書店刊)を映画化。江戸時代前期に星の観測をもとに膨大な計算をし、改暦の大事業に挑戦した安井算哲(後の渋川春海)の姿を描いた時代劇。脚本は滝田洋二郎監督と「クライマーズ・ハイ」の加藤正人。出演は「花よりもなほ」の岡田准一、「ツレがうつになりまして。」の宮崎あおい、「麒麟の翼~劇場版・新参者~」の中井貴一、「十三人の刺客」の松本幸四郎ほか。作曲家の久石譲が「おくりびと」に続いて再び滝田監督とタッグを組み音楽を担当している。
  • 釣りキチ三平

    「少年マガジン」で連載され、80年代にはテレビアニメ化もされた矢口高雄の伝説的な人気コミックをCGを駆使して実写映画化。原作の舞台である秋田でロケーション撮影が行われ、魚などのCGを「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの白組が担当している。 釣りの天才である三平三平を「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの須賀健太、三平の姉の愛子を香椎由宇、アメリカで活躍するバスプロの鮎川魚紳を塚本高史が演じている。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「キサラギ」の古沢良太、監督は「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎。講談社「少年マガジン」創刊50周年記念作品として製作された。
    70
  • おくりびと

    死者の遺体を棺に納める【納棺師】の職に就いた男が、仕事を通じ、様々な死に向き合いそこに息づく愛の姿と向き合う姿を描いたヒューマン・ドラマ。第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞するなど、世界的にも高い評価を得る。「シコふんじゃった。」の本木雅弘と、「秘密」の広末涼子が夫婦役を演じる。他出演者に山崎努、余貴美子、吉行和子など。監督は、「バッテリー」「秘密」の滝田洋二郎。
    92
    • 感動的な
    • 泣ける
    • 親子で楽しめそう
  • バッテリー

    少年野球を通じて友情と兄弟の絆を描き、累計380万部を突破したベストセラー小説を、「誘拐」「13階段」の森下直が脚色して「木村家の人々」「陰陽師」の滝田洋二郎が監督。自信にあふれる孤高の中学生ピッチャーの原田巧役には、3000人のオーディションを勝ち抜いた新人・林遺都が演じる。その同級生のヒロイン矢島繭は、2005年“ミス・フェニックス”でグランプリを受賞した蓮佛美沙子。
  • 阿修羅城の瞳

    鬼殺しと怖れられた男と、恋すると鬼になる宿命を背負った女の悲愛を描いた時代活劇。監督は「陰陽師II」の滝田洋二郎。中島かずきによる“劇団☆新感線”の戯曲を、「サトラレ」の戸田山雅司と、川口晴が共同で脚色。撮影を「座頭市」(北野武監督作)の柳島克己が担当している。主演は、舞台版でも主演を務めた「四月物語」の市川染五郎と、「トニー滝谷」の宮沢りえ。松竹百周年記念作品。
    70
  • 陰陽師II

    陰陽師・安倍清明の活躍を描くSF時代劇シリーズの第2作。監督は「壬生義士伝」の滝田洋二郎。夢枕漠の原作をベースに、「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXVII プライド」の江良至、「ぼくの孫悟空」の夢枕漠、滝田監督が共同で脚本を執筆。撮影を「壬生義士伝」の浜田毅が担当している。主演は、「陰陽師」の野村萬斎と「壬生義士伝」の伊藤英明。主演はほかに、「壬生義士伝」の中井貴一、「Dolls」の深田恭子、「偶然にも最悪な少年」の市原隼人ら。
  • 壬生義士伝

    新選組に参加した、名も無き武士のひたむきな生き様を描いた時代劇。監督は「陰陽師」の滝田洋二郎。浅田次郎の同名小説を基に、「あ、春」の中島丈博が脚色。撮影を「姐御 ANEGO」の浜田毅が担当している。主演は「竜馬の妻とその夫と愛人」の中井貴一と「うつつ UTUTU」の佐藤浩市。第15回東京国際映画祭特別招待、芸術文化振興基金助成事業作品。
    80
  • 陰陽師

    平安京を舞台に、陰陽師・安倍晴明の活躍を描く時代活劇。監督は「秘密」の滝田洋二郎。夢枕獏の原作を下敷きに、「催眠」の福田靖、夢枕獏、「難波金融伝ミナミの帝王 劇場版PARTXIV 借金極道」の江良至が共同で脚本を執筆。撮影を「ekiden」の栢野直樹が担当している。主演は、映画初出演の野村萬斎と「LOVE SONG」の伊藤英明。第56回毎日映画コンクール録音賞、第44回ブルーリボン賞主演男優賞(野村萬斎)、ゴールデングロス賞銀賞、第25回日本アカデミー賞最優秀録音賞&新人俳優賞(野村萬斎)ほか(優秀主演男優賞(野村萬斎)、優秀助演女優賞(小泉今日子)、優秀監督賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀編集賞、優秀美術賞、優秀音楽賞)受賞作品。
  • 秘密(1999)

    死んだ妻の人格を宿した娘と、彼女と夫婦生活を送ることになった中年男の愛の行方を描いたドラマ。監督は「お受験」の滝田洋二郎。99年度日本推理作家協会賞を受賞した東野圭吾による同名小説を、「SF サムライ・フィクション」の斉藤ひろしが脚色。撮影を「お受験」の栢野直樹が担当している。主演は、「鉄道員」の広末涼子と「洗濯機は俺にまかせろ」の小林薫。
  • お受験 OJUKEN

    娘の小学校受験と父親のリストラ、平和な家庭に起こった騒動をコミカルに描くファミリー・ドラマ。監督は「シャ乱Qの演歌の花道」の滝田洋二郎。脚本は「ショムニ」の一色伸幸。撮影を「しあわせになろうね」の栢野直樹が担当している。主演は、「RUN&RUN」の矢沢永吉と「大阪物語」の田中裕子、映画初出演の子役・大平奈津美。
  • シャ乱Qの演歌の花道

    色と欲に目がくらんで演歌の道に入ったロック・ヴォーカリストの男が繰り広げるハチャメチャな騒動を描いたナンセンス・コメディ。人気ロック・グループ“シャ乱Q”のヴォーカリスト・つんくが主役をつとめ、ほかのメンバーも総出演している。つんくのライバルとなる演歌歌手には、こちらもロック・ミュージシャン出身の陣内孝則がふんした。監督は「熱帯楽園倶楽部」の滝田洋二郎。「とられてたまるか!?」の斉藤ひろしによる原案をもとに、斉藤と「7月7日、晴れ」の戸田山雅司が共同で脚本を執筆。撮影を「いちご同盟」の栢野直樹が担当している。
  • 熱帯楽園倶楽部

    タイ・バンコクを舞台に、会社勤めに嫌気がさした女性添乗員が、詐欺師に仲間入りして巻き起こす騒動を描くコメディ。監督は滝田洋二郎、原案・脚本は一色伸幸という93年の「僕らはみんな生きている」に続く東南アジアを舞台にしたコンビ作で、「おこげ」の清水美砂が主演。撮影も「僕らはみんな生きている」の浜田毅が担当。
    80
  • 眠らない街・新宿鮫

    改造拳銃による連続警官殺人犯を追う、“鮫”と呼ばれる新宿署の一匹狼の刑事の戦いを描くアクション。大沢在昌による同名のベストセラー小説(光文社・刊)を原作に、「ありふれた愛に関する調査」の荒井晴彦が脚色、「僕らはみんな生きている」の滝田洋二郎が監督した。撮影は「いつかギラギラする日」の浜田毅。主演は「僕らはみんな生きている」に続いて滝田監督とコンビを組む真田広之。
  • 僕らはみんな生きている

    アジアの架空国タルキスタンのクーデターに巻き込まれた日本人商社員の姿を描くサバイバル・コメディ。「病院へ行こう」シリーズのヒット・コンビ、監督・滝田洋二郎、脚本・一色伸幸によるもので、撮影も同じく「病は気から 病院へ行こう2」の浜田毅。政情不安のタイで七五日間に渡る本格的長期ロケを敢行して完成した。キネマ旬報ベストテン第五位。
    90
  • 病は気から 病院へ行こう2

    ガンの末期患者のヒロインと彼を支える若い医師との恋を中心に、ホスピス(病名告知を前提に、末期ガン患者の身体的精神的苦痛緩和を専門とする病棟)の患者や医師たちの姿を描くヒューマン・コメディ。「病院へ行こう」(90)の続編で、監督・滝田洋二郎、原案・脚本・一色伸幸、撮影・浜田毅などスタッフはほぼ同じメンバー。
  • 病院へ行こう

    とある大学病院を舞台に、医者と患者やそこに携わる人々の姿をブラックユーモアに描く。脚本は「彼女が水着にきがえたら」の一色伸幸が執筆、監督は「木村家の人びと」の滝田洋二郎、撮影は「悲しきヒットマン」の浜田毅がそれぞれ担当。
    70
  • 木村家の人びと

    財テクに明け暮れるある家族の生活を描く。脚本は「山田村ワルツ」の一色伸幸が執筆。監督は「愛しのハーフ・ムーン」の滝田洋二郎、撮影は「四月怪談」の志賀葉一がそれぞれ担当。
  • 愛しのハーフ・ムーン

    結婚を目前に控え揺れ動く若い女性の心理を、彼女を取り巻く友人男女の青春群像を織りまぜなから描く。女優原田美枝子原作の同名小説の映画化で、脚本は「本場 ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇」の斎藤博、監督は「コミック雑誌なんかいらない!」の滝田洋二郎、撮影は同作の志賀洋一がそれぞれ担当。
    90
  • ザ・マニア 快感生体実験

    監督は「コミック雑誌なんかいらない!」の滝田洋二郎。脚本は「真昼の切り裂き魔」の夢野史郎。
  • コミック雑誌なんかいらない!

    聖子・正輝の結婚式、山口組と一和会の抗争、金の信用販売など85年の事件を追うテレビの人気突撃レポーターの姿を描く。脚本は「十階のモスキート」の内田裕也と高木功の共同、監督はピンク映画界の若手ホープと期待を集め、この作品が初の一般映画となる滝田洋二郎、撮影は志賀葉一がそれぞれ担当。
  • 痴漢通勤バス

    オサワリバスのバスガイドを中心に、三億円事件の犯人と刑事たちの繰り広げる騒動を描く。脚本は「痴漢保健室」の高木功、監督も同作の滝田洋二郎、撮影は志賀葉一がそれぞれ担当。
  • 桃色身体検査

    病院を舞台に繰り広げられるナースのドタバタを描いたエロティックコメディ。監督は滝田洋二郎。出演は滝川真子、真堂ありさほか。
  • 痴漢保健室

    巨大ダイヤを求め転校してきた少女が受ける痴態を描くロマンポルノ。監督は滝田洋二郎。出演は滝川真子、真堂ありさほか。
  • 下落合焼とりムービー

    大日本下落合大学を舞台に大学当局の不正を暴く主人公の活躍をスラップステイック・コメディで描く。脚本は「赤塚不二夫のギャグ・ポルノ 気分を出してもう一度」の高平哲郎と同作の赤塚不二夫、滝大作の共同執筆、監督も同作の山本晋也、撮影は「十代 恵子の場合」の鈴木史郎がそれぞれ担当。
    60
  • 赤塚不二夫のギャグ・ポルノ 気分を出してもう一度

    一組の離婚した夫婦がセックスを楽しもうとして繰り広げるギャグポルノ。原案は赤塚不二夫、脚本は高平哲郎と山田勉の共同執筆、監督は「愛染恭子の未亡人下宿」の山本晋也、撮影は鈴木史郎がそれぞれ担当。
  • 痴漢電車 下着検札

    滝田洋二郎監督によるエロティックサスペンス。
    50
  • 痴漢電車 あと奥まで1cm

    女性記者の潜入取材先での体験を描く成人映画。監督は滝田洋二郎。出演は蛍雪次郎、真堂ありさほか。後に「痴漢電車盗み撮り 上から下から」に改題し再上映。
  • グッバイボーイ

    田舎から東京に憧れて出てきた二人のゲイの青年が、ハチャメチャしながら、大騒動に巻き込まれていく様を描く、コメディ。滝田洋二郎監督の唯一のゲイポルノ。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?