小林千登勢 コバヤシチトセ

  • 出身地:朝鮮・京城の生まれ
  • 生年月日:1937年2月13日

略歴 / Brief history

東京の共立女子学園高校を卒業した57年、文学座研究生となる。58年、NHK『ここに人あり』に端役で出演しているのが同局の畑中庸生プロデューサーの目にとまり、秋の芸術祭参加ドラマ『父』の主役に抜擢され、同年の芸術祭奨励賞を受賞、一躍、テレビ界の新星と話題になる。翌59年、NHK専属タレントとなり、同年の『輪唱』で共演した馬淵晴子、冨士真奈美とともに“NHK三人娘”と称され茶の間の人気を集める。大きな瞳と白い八重歯が視聴者にフレッシュな印象を与える彼女は、ブラウン管から誕生した最初のスターといってもよく、64年4月にフリーになるまで、NHKの秘蔵っ子として可愛がられ、多くのドラマに出演した。代表作には『日も月も』『最後の鎧武者』59、『X氏いわく』60、『伊豆の踊子』『放浪記』61、『この歳月』『雁』62など。フリーとなってからはフジ『芦屋川』、東京12『樅ノ木は残った』64をはじめとして民放各局に出演。彼女は年を経てもいつまでも初い初いしさの変らぬ持ち味のため、長年、娘役を演じ続けて難しい時期に遭遇したころもあったが、74年のNHK連続テレビ小説『鳩子の海』でヒロインの育ての親という老け役を巧演して一つの関を越えた。映画は川島雄三監督の「人も歩けば」60でドジばかり踏む義理の兄(フランキー堺)をあたたかくはげます妹にふんしてデビュー、以後「珍品堂主人」60で豊田四郎監督に、「江戸っ子繁盛記」61でマキノ雅弘監督にと、芸術派、大衆派の巨匠に鍛えられる。どこか哀愁のただよう美貌は、薄幸の女の役に似合い、「無頼無法の徒・さぶ」64の女中のぶ、「拳銃(コルト)は俺のパスポート」67の船員ホテルのメイド、「無頼・人斬り五郎」68の赤線に身を落とす五郎(渡哲也)の死んだ弟分の姉などは忘れられない。65年10月、俳優の山本耕一と結婚、71年末に出産と育児に備えて芸能界から身を引いたが、前記『鳩子の海』から復帰した。78年、渋谷の小劇場、猿楽町空間でハロルド・ピンター作『コレクション』の主役を演じ、またテレビでは79年、日本テレビ『太陽にほえろ!』で初の刑事ドラマに出演、幸福な家庭を破壊された主婦が復讐のために殺人を犯すという犯人役を演じるなど、意欲的なところを見せている。舞台は60年、菊田一夫に請われて芸術座『天皇のベッド』で初舞台を踏み、いらい『太宰治の生涯』『わてらの年輪』などに出演。フリー以後の主なテレビ出演はNHK『春の坂道』71、『ガラスのうさぎ』80、TBS『日高川』67、フジ『海は燃えていた』69、『孤島の太陽』70、『ガラスの動物園』80、NET『徳川家康』64。80年、久しぶりの映画「チャイナ・コネクション」(コスモ映画映像)に出演している。一女あり。

小林千登勢の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • お星さまのレール

    太平洋戦争の渦に巻き込まれた、旧満州の日本人少女の一家の姿を、戦争の悲劇を謳いながら描くアニメ。女優の小林千登勢が実体験を元に書いた同名の童話(金の星社・刊)の映画化で、監督は「カッパの三平」の平田敏夫。
  • おしん(1984)

    年期奉公に行かされ、苦労しながらも明るく、たくましく成長するおしんの少女時代を描く。橋田寿賀子原作の同名小説のアニメ化で、脚本も橋田、監督は山本暎一がそれぞれ担当。
  • 喜劇 ソレが男の生きる道

    敗戦の焼跡で青春時代をおくった二人の中年男の生き方をコミカルに描く。藤本義一の『骨までいただき』を藤本自身が脚色し、監督は「野獣都市」の福田純。撮影は「激動の昭和史 軍閥」の山田一夫がそれぞれ担当。
  • 無頼 人斬り五郎

    「昭和のいのち」の池上金男と小沢啓一が共同でシナリオを執筆し、「大幹部 無頼」の小沢啓一が監督した無頼シリーズ第四作。撮影は「ザ・スパイダースのバリ島珍道中」の高村倉太郎。
  • 花札渡世

    「赤い夜光虫」の成澤昌茂がシナリオを執筆し、監督したやくざもの。撮影は「残侠あばれ肌」の飯村雅彦。
    90
    • 手に汗握る
    • かっこいい
  • 拳銃は俺のパスポート

    藤原審爾の原作『逃亡者』を、「帰らざる波止場」の山田信夫と永原秀一が共同で脚色し、「暗黒航路」の野村孝が監督したアクションもの。撮影はコンビの峰重義。
    90
  • 孤独の賭け

    五味川純平の同名小説を「大捜査網」の長谷川公之が脚色「肉体の盛装」の村山新治が監督した風俗もの。撮影は「刑事 (デカ)」の坪井誠。
  • 赤い手裏剣

    大藪春彦の原作“掟被り”より「博徒ざむらい」の高岩肇と「日本侠客伝 浪花篇」の野上龍雄が共同で脚色「忍びの者 霧隠才蔵」の田中徳三が監督したアクションもの。撮影は「ど根性物語 銭の踊り」の宮川一夫。
  • 無頼無法の徒 さぶ

    山本周五郎の同名小説を「黒い太陽」の山田信夫が脚色「いつでも夢を」の野村孝が監督したアクションもの。撮影は「成熟する季節」の高村倉太郎。
  • はぐれ念仏 歓喜まんだら

    寺内大吉原作の『はぐれ念仏』を、「喜劇 駅前弁当」の長瀬喜伴が脚色。「河内風土記 続おいろけ説法」の佐伯幸三が監督したお色気もの。撮影は「喜劇 駅前弁当」の黒田徳三。
  • 寛美の我こそは一等社員

    「のれんと花嫁」の柳沢類寿と「二階の他人」の山田洋次が共同で脚本を執筆。「白い南風」の生駒千里が監督したサラリーマン喜劇。
  • 石松社員は男でござる

    「恋をするより得をしろ」の若井基成の脚本を「静かなるならず者」の飯塚増一が監督した“進藤の社長シリーズ”第四話。撮影は「宇宙快速船」の藤井静。
  • 江戸っ子繁昌記

    落語の「芝浜」から材をとり、「母と娘(1961)」の成澤昌茂の脚本を「東海一の若親分」のマキノ雅弘が監督したもので、撮影も同じく坪井誠の担当。
  • 金づくり無法時代

    菊島隆三のテレビ・ドラマ「人間動物園」の映画化で、原作者が脚色し、「筑豊のこどもたち」の内川清一郎が監督した。撮影は「若い狼」の逢沢譲。
  • 珍品堂主人

    中央公論に連載された井伏鱒二の同名小説の映画化。「女経」の八住利雄が脚色し「暗夜行路」の豊田四郎が監督した。撮影は「女が階段を上る時」の玉井正夫。
  • 人も歩けば

    梅崎春生の同名小説を映画化したコメディで、「貸間あり」の川島雄三が脚色、監督した。撮影は「夜霧の決闘」の岡崎宏三。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません