シドニー・エインスウォース

シドニー・エインスウォースの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 半分の機会

    ジェッス・ハムプトン氏がロバート・ソーンビー氏を監督として1年2本の特作品を撮させることになった。その第1回の作品がこれである。フレデリック・S・アイシャム氏の有名な小説をフレッド・マイトン氏が脚色せるもので、全篇壮快な活劇である。主役マーロン・ハミルトン氏は「情熱の審」その他で快男子振りを発揮せる人、相手のリリアン・リッチ嬢は「暁の前1時間」にも出演していたが、英国生れの喜歌劇の花形で、1917年ポーツマスで興行中、飛行家ニコルスン大尉と恋仲となり結婚したというロマンスを持った人。大尉が除隊になってから米国へ来て映画界の人となったのである。
  • 相照す肝膽

    アメリカの有名なユーモリストなるアーヴィン・S・コップ氏の原作をチャールズ・ケネディー氏が脚色し、「自然児」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏の監督、ウィル・ロジャース氏の主演になった人情劇で、「夜の狼」や「曠野の武人」等出演のアイリーン・リッチ嬢の共演である。ウォールド誌は『小説としては面白いが、劇としては興味のない筋で、充分な了解やユーモアの欠けた監督は殊にこの作品を退屈なものにしている。しかしロジャース氏の良く知られた性格描写は良い』と評している。
  • 金持の親類

    エドワード・E・キッダーの舞台劇に題材を採り、バーナード・マッコンヴィルが脚色し、「ジュビロー」「俺あジムさ」などと同じくクラレンス・G・バッジャーの監督でウィル・ロジャースの主演によって作られたもの。シルヴィア・ブリーマーとモリー・マローンとが相手役である。
  • 拳銃の刻印

    「とんとん拍子」「剣と薔薇」等と同様トム・ムーア氏主演のゴールドウィン映画で、アーチボールド・クラヴァリング・ガンター氏の舞台劇からジェラルド・C・ダフィー氏が脚色したもの。監督は「警鐘乱打」等多数ゴ社映画でお馴染みのヴィクター・シェルツィンゲル氏である。相手役は久し振りのナオミ・チルダース嬢、其他目下レクス・イングラム氏映画によって大なる人気者となったラモン・ナヴァロア氏や「夫の真相」「揺籃」等出演のアンナ・レアー嬢等が共演している。
  • 妻となりて

    ポーリン・フレデリックのゴールドウィン映画で、全く性質の反対な2人の女性の2役を演じている。原作はコスモ・ハミルトン、監督は「にこにこビル」などと同じくホバート・ヘンリーである。
  • 他所の娘

    有名なレックス・ビーチ氏の原作に成ったアラスカ劇で、監督は「砂漠の情火」の監督者レジナルド・バーカー氏。主役は無い。全出演俳優が同じ位の重要さの役を演じている。カレン・ランディス嬢の扮する「他所の娘」が主役と云えば云える。「五人の剽軽者」と呼ばれる五人の悪漢が、厳めしい筋に軽い気分を添えている。昨年11月16日発売された極めて新しい映画で、近く大正活動写真会社の手で公開されよう。
  • 赤熱の刻印

    キャスリン・ニューリン・バートの原作を「光明の氷原」などを監督したレジナルド・バーカーが監督した人情活劇で、主役は「暗黒時代」などで主役を演じたバーバラ・キャッスルトンと、新進のジェームズ・カークウッドで、そのほか老練ラッセル・シンプソンやアルバート・ロスコーも出演する。
  • 見えざる力(1921)

    「イソベル」「偽りの唇」など主演のハウス・ピータース主演のゴールドウィン、フランク・ロイド監督映画で「吹雪の道」「狼の心」など出演のアイリーン・リッチが相手役である。
  • 身代りロメオ

    ゴールドウィン社のウィル・ロジャース氏主演映画で、例の通りクラレンス・G・バッジャー氏監督である。原作はエルマー・ライス氏とロジャース氏。相手役は「日没の悲歌」「悪魔(1921)」等出演のシルヴィア・ブリーマー嬢でその他レイモンド・ハットン氏シドニー・エインスウォース氏等が出演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/1

ジェイソン・モモア(1979)

DUNE デューン 砂の惑星

アクアマン

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワンによる海中バトル・アクション。人間として育てられた海底王国アトランティスの末裔アクアマン。アトランティスが人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼は地上と海、どちらを守るのか……。出演は、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイソン・モモア、「リリーのすべて」のアンバー・ハード、「LION ライオン 25年目のただいま」のニコール・キッドマン。
ロバート・クレイ(1953)

チャック・ベリー ヘイル・ヘイル・ロックンロール

86年10月16日、セントルイスのフォックス・シアターで行なわれたチャック・ベリー“60歳バースデー・コンサート”の模様を中心に、インタヴュー、リハーサル風景などを盛り込んで“ロックンロールの王者”チャック・ベリーの姿を浮き彫りにするドキュメンタリー。製作はステファニー・ベネットとチャック・ベリー、監督は「ホワイトナイツ 白夜」のテイラー・ハックフォード、撮影は「プリック・アップ」のオリヴァー・ステイプルトン、音楽プロデュースはキース・リチャーズが担当。出演はメイン・バンドのベリーとリチャーズのほかに、ゲスト・ミュージシャンのエリック・クラプトン、リンダ・ロンシュタット、ジュリアン・レノン、コメンテイターのブルース・スプリングスティーンほか。

NEW今日命日の映画人 8/1

該当する人物がいません