桑名正博 クワナマサヒロ

  • 出身地:大阪府大阪市天王寺区
  • 生年月日:1953年8月7日

桑名正博の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • Oh!マイブラザー 誰の心に届く…

    「ありがとう」の赤井英和主演で兄弟の絆を描いたドラマ。正反対の人生を過ごしてきた刑事の兄と犯罪に手を染めた弟が年月を経て再会、社会から追われ、病魔に侵された弟を兄が救おうとする。「神様ヘルプ!」など数々の作品で助監督としてキャリアを積んできた長尾久美子の劇場用映画監督デビュー作。「IZO」の安岡力也が共演。オムニバスムービーシリーズ「TWILIGHT FILE VII」の1本として上映。
  • 特命係長 只野仁 最後の劇場版

    連続ドラマ3シーズン、スペシャル版4作が放送された人気TVシリーズの劇場版。昼はダメ社員だが、夜は一転、会長直々の指令を受けて会社のトラブルを解決する特命係長・只野仁の活躍を描くお色気とユーモア、アクションが満載の娯楽作。主演は「サラリーマン金太郎」の高橋克典。監督は同TVシリーズを多く手がけている植田尚。人気格闘技選手チェ・ホンマンが敵役として登場。
    60
  • AIKI

    デンマークの実在の車椅子武術家、オーレ・キングストン・イェンセンをモデルに、下半身麻痺となった青年が合気柔術を通して再び生きる力を取り戻していく姿を描いた人間ドラマ。監督は「無敵のハンディキャップ」の天願大介で、脚色も担当。撮影に『アジアンビート5 台湾篇シャドー・オブ・ノクターン』の李以須があたっている。主演は「回路」の加藤晴彦。第59回ヴェネチア国際映画祭出品、第27回報知映画賞助演男優賞(石橋凌)受賞、日活創立90周年記念、平成14年度文化庁映画芸術振興事業、文部科学省選定(青年向、成人向)、厚生労働省推薦、東京都知事推奨作品。
  • RED HARP BLUES

    大阪を舞台に、伝説のブルースハープを追い求める青年を描いた青春ドラマ。主演は若手実力派の鳥羽潤。ミッキーカーチスをはじめ、多くのミュージシャンが出演する。
  • 復讐の帝王

    最愛の家族や婚約者を殺された男たちが、殺しのプロフェッショナルとなって復讐を果たす姿を描いたアクション。監督は「六本木バナナ・ボーイズ」の成田裕介。原作は桑原譲太郎の同名小説。主演は「レッスン Lesson」の渡部篤郎と「人造人間ハカイダー」の岸本祐二。
  • 風、スローダウン

    大阪を舞台に、それぞれ違った青春を送る三人の若者と、東京から来たひとりの女との夢とロマン、そして挫折を描く青春映画。脚本・監督は本作が第一回作品となるタレントの島田紳助。監修は「宇宙の法則」の井筒和幸。撮影は「バカヤロー!2 「幸せになりたい。」」の栢野直樹がそれぞれ担当。
  • 風の国(1991)

    大自然にロマンを抱く七人の若者達が、そこを破壊しようと企む地上げ屋を相手に戦いを挑んでいく姿を描く。脚本・監督は本作が第一回作品となる戸井十月。撮影は「就職戦線異状なし」の高間賢治がそれぞれ担当。
  • 新・極道の妻たち

    ある極道一家の跡目争いの中で母子の絆に苦悩しながらも迫りくる大組織と闘う極道の妻の姿を描くシリーズ第5弾。家田荘子原作の同名ノンフィクションを基に、脚本は「右曲がりのダンディー」の那須真知子が執筆。監督は「激動の1750日」の中島貞夫。撮影は「遺産相続」の木村大作がそれぞれ担当。
    80
  • フライング 飛翔

    モーターボート選手志望の少女の青春を描く。脚本・監督は「不倫(1986)」(監督のみ)の曽根中生、撮影は「半熟マドンナ おいしい太股」の伊藤昭裕がそれぞれ担当。
  • BE FREE!

    ドジで助平な数学教師が繰りひろげる学園ドラマ。「コミック・モーニング」連載中の江川達也原作の同名漫画の映画化で、脚本は一色伸幸、監督は「ドン松五郎の生活」の中田新一、撮影は「パンツの穴 花柄畑でインプット」の奥村正祐がそれぞれ担当。
  • コミック雑誌なんかいらない!

    聖子・正輝の結婚式、山口組と一和会の抗争、金の信用販売など85年の事件を追うテレビの人気突撃レポーターの姿を描く。脚本は「十階のモスキート」の内田裕也と高木功の共同、監督はピンク映画界の若手ホープと期待を集め、この作品が初の一般映画となる滝田洋二郎、撮影は志賀葉一がそれぞれ担当。
  • 唐獅子株式会社

    組長の命令で新人歌手売り出しに狂奔するやくざの姿を描く。小林信彦原作の同名小説の映画化で、脚本は「アイコ十六歳」の内藤誠と桂千穂の共同執筆、監督は「“BLOW THE NIGHT!” 夜をぶっとばせ」の曽根中生、撮影は「のぞき」の鈴木耕一がそれぞれ担当。
    60
  • ションベン・ライダー

    いつもいじめられているガキ大将が誘拐され、彼を追う三人の少年少女と中年男のヤクザの姿を描く。脚本は「丑三つの村」の西岡琢也とチエコ・シュレイダーの共同執筆、監督は「セーラー服と機関銃」の相米慎二、撮影は「さらば愛しき大地」の田村正毅と伊藤昭裕の共同でそれぞれ担当。
  • HOT JAM’80 我ラガ熱キ日々

    今年の夏、静岡県、日本平で催された、ニューミューシック系の十三アーチスト・グループのコンサートフィルム。二日間、四十時間以上に渡るコンサートをVTRに収録、それをECGシステム(エレクトロニクス変換システム)を使用してフィルムにしたものを劇場用に再編集。
  • 実録 悪漢 完結編

    ヤンキー映画ブームの立役者・波岡一喜の実録モノ主演作第2弾。山路組に簡単に屈服した明仁会に見切りをつけたアッカンこと中村篤志は、兄貴分の洲崎と共に侠仁会を立ち上げる。拳ひとつで突き進み、名を挙げていくが、極道社会は変革期を迎え…。【スタッフ&キャスト】原案:中村正司 監督・編集:山村淳史 脚本:松平章全 撮影:田中一成 出演:波岡一喜/羽田昌義/桑名正博/松方弘樹
    80
  • 極道(やくざ)の紋章(だいもん) 総集編

    白竜や小沢仁志をはじめとするOV界のスター俳優が共演する人気シリーズの総集編。度量と侠気で一目置かれる川谷組若頭・津浪祐史が、命よりも重い盃のために戦い続ける。修羅の道を突き進む熱き男たちの名場面・名台詞が凝縮された1枚。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 原案:山本ほうゆう 製作:伊藤元昭 撮影:林健作 出演:白竜/松田一三/小沢和義/桑名正博
  • 極道(やくざ)の紋章(だいもん) 第十一章

    白竜や小沢仁志をはじめとするOV界のスター俳優が共演する人気シリーズの第11弾。関東進出の拠点を横浜に作った川谷組は、横浜を縄張りにする関東親睦組・目黒組とのいさかいが絶えない日々を送っていた。そんな折、ついに前崎組の組員が殺され…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 原案:山本ほうゆう 製作:山田浩貴 撮影:今泉尚亮 出演:白竜/松田一三/小沢仁志/桑名正博
  • 極道(やくざ)の紋章(だいもん) 第十五章

    白竜をはじめとするOV界のスター俳優が共演する人気シリーズの第15弾。関東睦会の北陸侵攻を阻み、北陸を制圧した川谷組だったが、東京では新興勢力が台頭しつつあった。そんな中、津浪は天竜会の後ろ盾に関東睦会の存在を感じ始め…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 企画・原案:山本ほうゆう 撮影監督:小山田勝治 プロデューサー:渋谷正一 出演:白竜/松田一三/安岡力也/桑名正博
  • 極道(やくざ)の紋章(だいもん) 第十二章

    白竜や小沢仁志をはじめとするOV界のスター俳優が共演する人気シリーズの第12弾。2代目が暗殺された川谷組の関東進出に関東睦会は危機感を深めていた。そんな中、関東睦会と対立する新興勢力・源誠会が津浪たちに接触しようとしてくるが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 原案:山本ほうゆう 製作:山田浩貴 撮影:今泉尚亮 出演:白竜/松田一三/小沢仁志/桑名正博
  • 極道(やくざ)の紋章(だいもん) 第十七章

    白竜主演による人気任侠シリーズ第17弾。前崎を頂に、ついに関西を統一した関西共友会。総裁に風間、理事長に津浪と、沖田連合と川谷組が上手く融合した磐石の旅立ちに見えたが、相反する関東睦会は牙を剥く機会を虎視眈々と窺っていた。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 企画・原案:山本ほうゆう 撮影監督:下元哲 プロデューサー:渋谷正一 出演:白竜/松田一三/小沢仁志/桑名正博
  • 難波金融伝 ミナミの帝王 V版28 恐喝(おどし)のサイト

    竹内力主演、大阪ミナミの高利貸し・銀次郎の活躍を描くOVシリーズ第28弾。人気を独り占めするお笑い芸人・後藤に対し、人の良いその相方・吉田はバイトをしながらネタ作りをする毎日。銀次郎への借金を抱える吉田は、ある日詐欺集団の話に乗ってしまう。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません