杉井ギサブロー スギイギサブロー

  • 出身地:静岡県沼津市
  • 生年月日:1940年8月20日

略歴 / Brief history

(アニメーション作家)56年東京・渋谷の外苑中学卒業後、デパートの配達からキャバレーのボーイに至るまでさまざまな職業を経験しながら漫画を描き続ける。58年東映動画に入社。61年退社、創立したばかりの虫プロダクションに入社。多くの『鉄腕アトム』のシリーズを作画・演出。『アトム』終了後の67年退社、株式会社アートフレッシュを設立、虫プロの外注で『悟空の大冒険』の作画監督、『どろろ』の演出(総監督)に参加。69年同社を退き〈グループ・タック〉を友人達と結成。自主作品で初めての長編「ジャックと豆の木」を演出。85年退社、フリーに。85年、朝日新聞が初めてアニメ製作に参加して話題となった長編「銀河鉄道の夜」をひさびさに演出、毎日映画コンクール大藤賞に輝く。杉井ギサブローの名が最初にアニメ・ファンの印象に残ったのは、テレビ・シリーズの傑作『どろろ』の総監督としてであった。手塚治虫を慕ってかつての虫プロに集った人々は、それぞれに手塚治虫の何かに魅かれ、また手塚の何かを自分のカラーとして継承した、といえそうだが、杉井のそれは手塚の怪奇美だったようだ。虫プロのモノクロ・シリーズの最後を飾った陰惨かつダイナミックな戦国因果絵巻は、日本のテレビアニメ史に輝く異色作として記憶される。しかしこうした特色を生かす題材はふんだんには無い。グループ・タック結成後、初の長編「ジャックと豆の木」にもその片鱗を見せながら、題材と溶け合いきれなかった。その後長く決定打を欠き、一時はアニメの世界を離れる。その彼の持ち味をついに100%引き出したのが別役実と組んだ「銀河鉄道の夜」であった。有名すぎる宮沢賢治の最高傑作を、ますむらひろしの猫キャラクターによる漫画版をベースに映画化したこの長編は、幽明の境の旅路、科学と宗教のはざまを冥界へとひた走る幻想列車を、見事に画面に定着した。情景や光、音楽や雰囲気、つまりキャラクター以外の要素によって原作の語ろうとする深遠な想いを雄弁に表現するアニメであり、アニメ史のみならず日本映画史に残る傑作が生まれた(ただし原作ともども、万人に向くとは言いがたい)。この結果同作品は大藤賞を受け、その実績を買われて挑戦した「源氏物語」には大きな期待が寄せられた。こちらもキャラクター以外で表現した平安朝の空気や夜の暗さが出色だったものの、原作そのものの料理のしにくさと共に、作品の解釈がキャラクターデザインその他ちぐはぐな点が目立ち、文学史上の大作にアニメで挑戦したという意義のみにとどまった。その他杉井の仕事にはあだち充の人気青春漫画「タッチ」の映画化があり、これまたあまり動かしやすいとは言えないキャラクターながら原作の情感を生かした演出が好評であった。職人的な演出家とはいえ、持ち味とかけ離れた企画、アニメとして無理な材料では力量を発揮できない点、劇映画の演出と変りはない。この異色のアニメ演出家の魅力を理解し、生かしうる企画が待たれる。

杉井ギサブローの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • アニメ師・杉井ギサブロー

    「銀河鉄道の夜」や「グスコーブドリの伝記」など数々の名作を手掛け、日本のアニメーション史に大きな足跡を残したクリエイター、杉井ギサブロー。本人も含めた関係者たちへの取材により、草創期からアニメーションに携わってきたその人物像に迫るドキュメンタリー。監督は「YOYOCHU SEXと代々木忠の世界」の石岡正人。
  • グスコーブドリの伝記(2012)

    東北が生んだ国民的作家宮澤賢治は37年という短い人生の中で、三陸沖地震を含む大きな地震や大規模な冷害に何度も見舞われていた。それほど厳しい環境でも、賢治は故郷を愛し、作品中に登場する架空の理想郷に「岩手」をエスペランド語風にした<イーハトーヴ>と名付け、その美しいイーハトーヴの森を舞台に、困難に直面した故郷と大切な人たちを守る主人公の成長を描いたアニメーション。声のキャストは、主人公・グスコーブドリ役を「岳 ガク」の小栗旬、ブドリの妹・ネリ役を「マイ・バック・ページ」の忽那汐里、ブドリの父・ナドリ役を「エクレール・お菓子放浪記」の林隆三、ブドリの母親役は「ダンシング・チャップリン」草刈民代。原作発表から80年、名作映画「銀河鉄道の夜」のチームにより映画化。
  • 豆富小僧

    京極夏彦の小説『豆腐小僧双六道中ふりだし』を原作に、「シナモン ザ・ムービー」の杉井ギサブローが総監督、「ユメ十夜 第七夜」の河原真明が監督を担当しアニメ化。お盆に乗せた豆腐を持つことだけが取り柄の気弱な妖怪・豆富小僧が旅の道中、現代に迷い込む騒動を描く。声の出演は「恋愛戯曲 私と恋におちてください」の深田恭子、「私は貝になりたい」の武田鉄矢。
  • シナモン ザ・ムービー

    『ハローキティ』と並ぶサンリオの人気キャラクター『シナモロール』の世界を映画化したハートウォーミングな劇場用アニメーション作品。ゲスト声優として石原さとみ(「包帯クラブ」)、陣内智則(「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」)らが名を連ねている。監督は「あらしのよるに」のなど、多くのアニメーション作品を演出してきた杉井ギサブロー。
  • あらしのよるに

    ヤギとオオカミの間に芽生えた友情の行方を描くファンタジー長篇アニメーション。監督は「スーパードール リカちゃん リカちゃん絶体絶命!ドールナイツの奇跡」の杉井ギサブロー。きむらゆういちの連作絵本を基に、きむら自身が脚色。映像ディレクターに篠崎亨が、撮影に佐藤陽一郎がそれぞれあたっている。声の主演は、「隣人13号」の中村獅童と「探偵事務所”5 5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語」の成宮寛貴。芸術文化振興基金助成事業、文部科学省選定作品。
    80
  • スーパードールリカちゃん リカちゃん絶体絶命!ドールナイツの奇跡

    人形の国の王女・リカちゃんを、悪魔の魔手から守るべく戦いを繰り広げるドールナイツたちの活躍を描いたジュブナイル・アニメーション。監督は「ストリートファイターII」の杉井ギサブロー。脚本は水上清資。撮影を藤倉直人が担当している。声の出演に「マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!」の櫻井智ほか。尚、本作は「'99夏 東映アニメフェア」の中の一作として公開された。
  • ストリートファイターII

    世界征服を企む犯罪組織と戦う、リュウらストリートファイターたちの姿を描く長編アニメ。ゲームセンターやファミコンで人気の同名のバトルゲームシリーズのアニメ化で、おなじみのキャラクターたちがバトルを展開する。監督は杉井ギサブロー、脚本は杉井と今井賢一の共同。
  • 陽あたり良好! 夢の中に君がいた

    女子高生とプロのライダーとカメラマン志望の高校生の三角関係を描く。あだち充原作の同名漫画の映画化で、脚本はTV「陽あたり良好!」の並木敏と荻田寛子が執筆。監督は同作の小熊公晴、監修は「紫式部 源氏物語」の杉井ギザブローがそれぞれ担当。
  • 紫式部 源氏物語

    紫式部原作の「源氏物語」全五十四帖のうち、夕顔との出会いから須磨までを描くアニメーション。脚本は「微熱少年」の筒井ともみが執筆。監督は「銀河鉄道の夜」の杉井ギサブロー、撮影監督は「マップス 伝説のさまよえる星人たち」の杉村重郎がそれぞれ担当。
  • タッチ3 君が通り過ぎたあとに

    甲子園出場をめざしていた亡き弟の遺志を継いだ双生児の兄の地区予選での活躍を描く「タッチ」シリーズの第3作目。あだち充原作の同名漫画のアニメ化で、脚本は「みゆき」の高星由美子と杉井ギサブローの共同執筆。総監督は「タッチ2 さよならの贈り物」の杉井ギサブロー、監督は永丘昭典がそれぞれ担当。
    60
  • タッチ2 さよならの贈り物

    夏の甲子園をめざす少年と新体操のチャンピオンを目ざす少女の戦いと友情を描いた「タッチ」の第二弾。週刊『少年サンデー』に連載されたあだち充原作の漫画「タッチ」のアニメ化で、脚本は「るーみっくわーるど 炎トリッパー」の金春智子、総監督は「タッチ 背番号のないエース」の杉井ギサブロー、監督ははしもとなおとがそれぞれ担当。
    70
  • タッチ 背番号のないエース

    双生児の兄弟と幼なじみの少女の青春を描くアニメ。『週刊少年サンデー』に連載中のあだら充原作の同名漫画の映画化で、脚本は原田遊人、並木敏、杉井ギサブローの共同執筆。監督は「銀河鉄道の夜」の杉井ギサブローが担当。主題歌は、ラフ&レディ(「背番号のないエース」)。
    70
  • 銀河鉄道の夜

    星祭りの夜、銀河鉄道の列車に乗って、親友と一緒に広大な銀河宇宙の旅に出かける少年の姿を描く。宮澤賢治原作の同名小説のアニメ化で、脚本は劇作家の別役実、監督は「ナイン」の杉井ギサブローがそれぞれ担当。
  • ナイン(1983)

    高校野球をテーマに、高校生の友情や初恋の甘美な青春を描く。『少年サンデー』に連載されたあだち充の同名漫画のアニメ化で、脚本は「白鳥の湖」の布勢博一、監督は「ジャックと豆の木」の鈴木ギサブローがそれぞれ担当。主題歌は、倉田まり子(「青いフォトグラム」「真夏のランナー」)。
  • ジャックと豆の木(1974)

    イギリスの民話「ジャックと豆の木」を動画化したミュージカル・ファンタジーで、スタッフは「クレオパトラ」など、元虫プロで活躍していた人々で、杉井ギサブローが監督している。
  • 哀しみのベラドンナ

    「千夜一夜物語」「クレオパトラ」に続く虫プロ=ヘラルド映画提携のアニメラマ第三作目。フランスの歴史家ジュール・ミシュレの『魔女』を原作に、ローマ教会によって迫害された“魔女”と呼ばれた特異な女たちが、実は暗黒からの人間の解放を最初に謡った女だという視点で描いた長編アニメーション。脚本は福田善之、監督は脚本も執筆している「クレオパトラ」の山本暎一がそれぞれ担当。ラストの異なる複数バージョンあり。また森山大道撮影実写シーンは公開時カットされた。
  • ナイン2 恋人宣言

    あだち充の青春野球漫画『ナイン』の劇場アニメ版の続編、テレビアニメ。1983年、フジテレビの日生ファミリースペシャルにて放送された。
  • ナイン 完結編

    あだち充の青春野球漫画『ナイン』の劇場アニメ版の完結編テレビアニメ。1984年、フジテレビの日生ファミリースペシャルにて放送された。
  • ルパン三世 トワイライト・ジェミニの秘密

    モンキー・パンチ原作の人気TVアニメシリーズ『ルパン三世』テレビスペシャル第8作。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません