西沢信孝 ニシザワノブタカ

  • 出身地:熊本県熊本市
  • 生年月日:1940年3月8日

略歴 / Brief history

(アニメーション作家)日本大学芸術学部映画科を63年卒業。東京放送ラジオ技術部、競馬予想記者を経て、東映動画に入社する。テレビの『少年忍者風のフジ丸』(64)の演出白川大作につき、演出を学ぶ。65年のテレビ『ハッスルパンチ』で演出デビュー。『魔法使いサリー』『ゲゲゲの鬼太郎』『もーれつア太郎』『キックの鬼』『新・ゲゲゲの鬼太郎』(66~71)とテレビ作品の演出を続けた。『デビルマン』『マジンガーZ』(72)を経て、初の劇場用作品になる「マジンガーZ対暗黒大将軍」(74)で劇場デビュー。迫力たっぷりのロボット戦を描き、子供達に強烈な印象を遺す作品となる。巨大感を出す構図の工夫も楽しく、東映動画のロボット・アニメの代表的な作品である。77年の「白鳥の王子」は、名作臭が強く個性を出せなかった。77年からは、テレビの『超人戦隊バラタック』『グランプリの鷹II』『銀河鉄道999』『1000年女王』『ぼくパタリロ!』(77~82)のチーフディレクターになる。『グランプリの鷹II』の大河ドラマ性、そして『銀河鉄道999』の第1話で見せた詩情と悲しみが漂う香りに独特の演出を見せた。「銀河鉄道999」のヒットは、このテレビ作品の印象も強いと思う。83年の劇場作品「パタリロ!スターダスト計画」は、小品ながら、劇場作品の風格を見せ、ファンの注目を集めた。東映動画とウルフキルの合作劇場アニメ「アメリカン・ラビット」(84)の監督、テレビの『イッキマン』『魅!!男塾』(88)等もあるが、近年の最大の収穫はビデオ用の作品『湘南暴走族』(86~88)で、ビデオ・アニメのヒット・シリーズとして4本が製作され、脚本、監督を担当、ドラマティックなもりあげが見事で、情感の見せ方のうまさを実証した。東映動画演出部に在職中で、ベテランならではのドラマティックな新作が期待される。67年に結婚、男子二人の子供がある。

西沢信孝の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 蓮如物語

    親鸞上人の直系として、本願寺に生まれた室町時代の高僧・蓮如の生涯を綴って伝記アニメーション。監督は葛西治。五木寛之の児童小説を、「極道の妻たち 決着」の監督・中島貞夫が脚色。撮影を「たまごっち ホントのはなし」の武井利晴が担当している。声の出演に「流れ板七人」の松方弘樹。文部省選定、優秀映画鑑賞会推薦作品。
  • 地獄先生ぬーべー 恐怖の夏休み!!妖しの海の伝説!

    恐ろしい伝説の残る島を舞台に、お馴染みぬ~べ~とその教え子たちが繰り広げる愛と友情の闘いを描いたアニメーションの第3弾。監督は劇場版第1作を手掛けた志水淳児。真倉翔と岡野剛による『週刊少年ジャンプ』連載の人気コミックをもとに、「地獄堂霊界通信」の菅良幸が脚本を執筆している。“'97夏・東映アニメフェア”の中の1本として公開された。
  • 地獄先生ぬーべー 午前0時ぬーべー死す!

    孤独な転校生の心の隙間に忍び込んだ妖怪に立ち向かっていく、ぬ~べ~とその教え子たちの活躍を描いたアニメーションの第2弾。監督は貝澤幸男。真倉翔と岡野剛による同名コミックをもとに、「DRAGON BALL Z 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」の小山高生が脚本を執筆している。“'97春・東映アニメフェア”の中の1本として公開された。
  • 地獄先生ぬーべー

    地獄から蘇った悪霊と、ぬ~べ~たちの壮絶な戦いを描いたゴースト・アニメーション。監督は志水淳児。“'96夏・東映アニメフェア”の中の1本で、劇場初登場。
  • SLAMDUNK 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏

    足の故障で一生バスケットがプレイ出来なくなってしまう青年と湘北ファイブの交流を描いた、熱血青春スポーツ・アニメーションの第4弾。監督は明比正行。“95夏東映アニメフェア”の1本で、劇場用オリジナル。
  • SLAMDUNK 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道

    湘北高校バスケットボール部のメンバーと、彼らに練習試合を申し込んで来た新進の高校との壮絶なプレイを描いたシリーズ第3弾。“'95春東映アニメフェア”の中の1本で、劇場用オリジナル。監督は角銅博之。
  • SLAMDUNK

    強豪・武園高校との練習試合に賭ける湘北高校バスケット部・桜木花道の活躍を描くアニメ。「週刊少年ジャンプ」(集英社・刊)に連載中の井上雅彦の同名漫画の初の劇場公開作で、監督は西沢信孝、脚本は菅良幸が担当。「94春東映アニメフェア」の一作として公開。
  • ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ 新生6大将軍

    アバンの使徒たちと新たなる邪悪の六芒星との死闘を描く。三条陸、稲田浩司原作の同名コミックの映画化第3弾で、脚本は前作につづき武上純希、監督は前作で監修の西沢信孝、作画監督は横山健次がそれぞれ担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ドラゴンクエスト ダイの大冒険 起きあがれ!!アバンの使徒

    魔王軍と戦いながら、パプニカ王国を目指す少年ダイの活躍を描いたアニメ。三条陸、稲田浩司原作の同名コミックの映画化第2弾で、脚本は「超高層ハンティング」の武上純希が執筆。監督は芝田浩樹。作画監督は新城真がそれぞれ担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • パタリロ! スターダスト計画

    世界征服を企むタランテラと戦うパタリロ等の姿を描くギャグアニメ。「花とゆめ」連載の魔夜峰央の同名漫画のアニメ化で、脚本は「プルメリアの伝説 天国のキッス」の田波靖男、監督は「世界名作童話 白鳥の王子」の西沢信孝がそれぞれ担当。主題歌は、魔夜峰央(「RUN・AWAY美少年達!」)。
    80
  • 世界名作童話 白鳥の王子

    グリム童話やアンデルセン童話で親しまれている同作をもとにした漫画映画。
  • もーれつア太郎

    赤塚不二夫の原作を、「ゲゲゲの鬼太郎(1968)」の辻真先が脚色し、演出には西沢信孝と岡崎稔があたったNETテレビ系列放映作品の第三、第九話。
  • 新・湘南爆走族 荒くれKNIGHT(1998・西沢信孝監督)

    「湘南爆走族」の連載終了の10年後に、吉田聡がファンの熱い要望を受けて描いた「荒くれKNIGHT」のオリジナルアニメ。圧倒的な強さと一際速い走りで、数多いる海岸線の荒くれ者たちの頂点に立つ不良グループ“輪蛇”の活躍を描く。全2話を収録。【スタッフ&キャスト】原作:吉田聡 総監督:西沢信孝 キャラクターデザイン:西城隆詞 作画監督:石川晋吾 出演(声):置鮎龍太郎/石田彰/笠原留美/野上ゆかな

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。