滝沢敏文 タキザワトシフミ

  • 出身地:長野県松本市
  • 生年月日:1953年9月18日

略歴 / Brief history

(アニメーション作家)教師の家に生まれる。松本美須々ヶ丘高校在学中、ケン・ラッセル監督の「肉体の悪魔」を観て映像の魅力に目覚め、東京造形大学の映像専攻に進む。そこで75年に「カイト氏の鞄」、76年に「極彩色の物語」という16ミリの実写映画を自主制作。それを見た講師の紹介で撮影会社の東京アニメーションフィルムに入社。のちにシンエイ動画に移り演出助手となる。80年の『サイボーグ009』よりサンライズで演出を担当。『伝説巨神イデオン』『戦闘メカ・ザブングル』などで富野由悠季に師事し、82年の劇場版「伝説巨神イデオン」では富野総監督のもとで初の監督をつとめた。85年、TVシリーズ『ダーティペア』を監督。最近は中堅の演出家として主にビデオ用作品で活躍。絵コンテやオープニング演出を担当したアニメは数多い。84年結婚、一女がある。趣味は鉱物標本の採集と異色。現在フリー。

滝沢敏文の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 伝説巨神イデオン 接触篇・発動篇

    TVアニメ・シリーズを再編集した“接触篇”と新たに製作された“発動篇”の二部構成で、人間の生と死、運命、輪廻転生、そして“イデ”とは?!をSFアクションの形を借りて描くアニメーション。原作は矢立肇と富野喜幸、脚本は山浦弘靖、富田祐弘、渡辺由自、松崎健一が担当。監督は滝沢敏文、総監督に「機動戦士ガンダム」の富野喜幸があたった。
  • ダーティペア 謀略の005便

    90年に発表された高千穂遙原作による人気美少女SFアクションのOVA第2弾。星間旅客機DCL005の乗員、乗客がひとり残らず蒸発した。しかし被害者の家族からは何の保険請求もなく、不審に思った関係者はWWWAに提訴。ケイとユリは早速捜査に向かうが…。【スタッフ&キャスト】原作:高千穂遙 監督:滝沢敏文 キャラクターデザイン・作画監督:土器手司 脚本:五武冬史 出演(声):頓宮恭子/島津冴子/巻島直樹/沢木郁也
    70

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?