バルタバス

バルタバスの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ジェリコー・マゼッパ伝説

    19世紀ロマン派を代表する画家テオドール・ジェリコー(1791-1824)の曲馬に魅せられた短くも美しい半生を描く芸術ロマン。騎馬オペラでヨーロッパの現代舞台美術の寵児となった“ジンガロ劇団”率いる座長バルタバスが監督・脚本・台詞・出演の四役をつとめ、彼の磨き抜かれた華麗なる馬術が披露されるのがみどころ。製作はフランス映画界の重鎮、「愛の地獄(1994)」のマラン・カルミッツ、エグゼクティヴ・プロデューサーはイヴォン・クレン、脚本はクロード・アンリ・ビュファールとバルタバス、原案はバルタバス、台詞はクロード・アンリ・ビュファールとバルタバス、オメリック、撮影は「愛の地獄(1994)」の名手ベルナール・ジツェルマン、音楽はジャン・ピエール・ドルエ、編集はジョゼフ・リシド、録音はローラン・ポワリエ、美術はエミール・ジゴ、衣装はクリスティーヌ・ゲガン、マリー・ロール・シャクムンデスがそれぞれ担当。出演は「王妃マルゴ」のミゲル・ボセ、バルタバスはじめジンガロ劇団のメンバーほか。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?