• TOP
  • 稲垣吾郎

稲垣吾郎 イナガキゴロウ

  • 出身地:東京都板橋区
  • 生年月日:1973/12/08

略歴 / Brief history

東京都板橋区の生まれ。姉が応募したジャニーズ事務所のオーディションを機に、1987年に結成された“SMAP”のメンバーに選ばれ、芸能活動を開始する。89年、NHK連続テレビ小説『青春家族』では、当時はまだ珍しかったパソコン好きなヒロインの弟を初々しく好演。90年の和泉聖治監督「さらば愛しのやくざ」では、物語の鍵を握る薬物中毒の少年を鮮烈に演じた。91年、SMAPは『Can't Stop(Loving)』でCDデビュー。以降『$10』『がんばりましょう』『夜空ノムコウ』『世界に一つだけの花』などのヒット曲を次々と放つ国民的グループに成長し、メンバー個々の活動で切磋琢磨しつつ、96年より放送中のフジテレビのバラエティ『SMAP×SMAP』など、グループでも多方面で活躍する。また、早くから俳優としての個人活動が多く、和泉監督「プライベート・レッスン」93で映画初主演。メンバー勢揃いの大森一樹監督「シュート!」94を経て、岡村俊一監督「スーパー・スキャンダル」96では、芸能界を飄々とのし上がる青年を快演した。テレビドラマでも、フジテレビ『二十歳の約束』92、『ソムリエ』98、『ブスの瞳に恋してる』06、テレビ朝日『東京大学物語』94、『最高の恋人』95、NHK『陰陽師』01、『Mの悲劇』05、『佐々木夫妻の仁義なき戦い』08など多数に主演。シリアスからコメディまで多彩な役柄をこなし、テレビ朝日で『名探偵明智小五郎シリーズ』98~00、フジテレビで『金田一耕助シリーズ』04~09と、日本を代表する二大名探偵を両方演じた希有な存在ともなった。2004年、三谷幸喜が自作戯曲を脚色した星護監督「笑の大学」に喜劇作家役で主演。戦争へと突き進む時代を背景に、笑わぬ検閲官役で立ちはだかる役所広司を相手に“笑い”をめぐる激しい攻防を展開した。さらに10年、三池崇史監督「十三人の刺客」では、役所率いる刺客たちが命を懸けるに値する冷血な暴君をニヒルかつ妖艶に怪演し、毎日映画コンクールの男優助演賞を受賞。同年のフジテレビ『流れ星』の妹をねじれた愛で縛る病的な兄役も好評を得た。『広島に原爆を落とす日』97、『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』06、『象』10、『泣き虫なまいき石川啄木』11など、舞台での評価も高い。

稲垣吾郎の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 海獣の子供

    第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた五十嵐大介の同名漫画をアニメ化した海洋冒険ミステリー。家にも学校にも居場所のない琉花は、ジュゴンに育てられた海と空の兄弟と出会い、不思議な世界に触れていく。監督は、「帰ってきたドラえもん」などのドラえもん映画や「宇宙兄弟#0」を手がけた渡辺歩。気持ちを言葉にするのが苦手な14歳の琉花の声を「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」の芦田愛菜が、彼女が出会う二人の少年・海と空の声をそれぞれ「リメンバー・ミー」で主人公の吹替を務めた石橋陽彩と「トモダチゲーム」の浦上晟周が担当する。
  • 半世界

    「エルネスト」の阪本順治が、地方都市を舞台に39歳の男3人の友情物語を綴る人間ドラマ。紘は妻子とともに、父から受け継いだ山中の炭焼き窯で製炭をして暮らしている。ある日、中学からの旧友で、自衛隊員として海外派遣されていた瑛介が町に帰ってくる。出演は、「クソ野郎と美しき世界」の稲垣吾郎、「シン・ゴジラ」の長谷川博己、「きらきら眼鏡」の池脇千鶴、「泣き虫しょったんの奇跡」の渋川清彦。
    80
    • 感動的な
    • 泣ける
    • かっこいい
  • クソ野郎と美しき世界

    “新しい地図”の稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛と、園子温ら4人の監督のコラボで贈る全4話のオムニバス。全力で走る女フジコ。彼女を追う極悪人マッドドッグ。さらに歌を食べて生きる少女“歌喰い”も登場し、クソ野郎たちが集うショーが繰り広げられる。共演は「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信、「散歩する侵略者」の満島真之介、「劇場版 お前はまだグンマを知らない」の馬場ふみか、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の尾野真千子。
  • 少女(2016)

    湊かなえ原作のベストセラー小説を映画化。親友の死体を見たという転校生の話を聞いて以来、人が死ぬ瞬間を見たいと思うようになった由紀は小児科病棟でボランティアを始める。一方、陰湿ないじめに遭っている敦子も老人ホームのボランティアに出かけていた。出演は、「アオハライド」の本田翼、「貞子vs伽椰子」の山本美月。監督は、「繕い裁つ人」の三島有紀子。
  • おしん(2013)

    1983~84年にNHK連続テレビ小説として放送され、平均視聴率52.6%という大記録を樹立した橋田壽賀子原作のドラマ「おしん」を、新たなスタッフ、キャストで映画化。おしんの少女時代に焦点を当て、ひたむきに家族を思い、成長する姿を描く。おしん役はオーディションで選出された新人子役の濱田ここねが務め、母・ふじ役を上戸彩、父・作造役を稲垣吾郎、おしんの奉公先・加賀屋のくに役を泉ピン子が演じる。明治40年、不作のため困窮を極めた谷村家は、7歳のおしんを奉公に出す。奉公先の材木問屋で働きづめの毎日を送るおしんは、雪が溶けたら家に帰れると信じて、つらい日々を乗り切っていく。しかしある時、店の財布から50銭銀貨がなくなる事件が発生。濡れ衣を着せられたおしんは、店を飛び出してしまう。撮影は、舞台となる山形県でオールロケを敢行。監督も同県出身者で、「あの空をおぼえてる」「星に願いを。」などで知られる冨樫森が務めた。
  • 桜、ふたたびの加奈子

    数多くのサスペンス小説を生み出してきた作家・新津きよみの『ふたたびの加奈子』(ハルキ・ホラー文庫、ハルキ文庫・刊)を映画化。幼くして事故で亡くなった娘が生まれ変わってくると訴える妻と、そんな妻を支えようとしながらも見守ることしかできない夫の再生への道のりを描く。監督・脚本は「飯と乙女」の栗村実。亡き娘を思うあまり予期せぬ行動に出る妻を「鍵泥棒のメソッド」「おくりびと」の広末涼子が、現実を受け止めない妻を支えたいと願う夫を「十三人の刺客」「笑の大学」の稲垣吾郎が演じる。ほか、「Little DJ~小さな恋の物語」の福田麻由子、テレビドラマ『バッテリー』の高田翔、「行きずりの街」の江波杏子らが出演。