チェスター・モリス

チェスター・モリスの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 怪物の女性 海獣の霊を呼ぶ女

    リーインカーネーション(転生輪廻による生まれ変わり)をテーマに、太古の世界から甦った女半魚人の恐怖を描いたモンスター映画。SF・ホラーのプログラム・ピクチャー専門の映画会社AIP( American International Pictures )が配給・公開した1作で、ARC( American Releaseing Corporation )から社名変更した同社が「金星人地球を征服」と並行して製作した。監督は「暗闇の悪魔 大頭人の襲来」のエドワード・L・カーン。製作はアレックス・ゴードン、エグゼクティヴ・プロデューサーはAIP創設メンバーの1人、サミュエル・Z・アーコフ。撮影のフレデリック・E・ウェスト、音楽のロナルド・スタインは「金星人地球を征服」「暗闇の悪魔 大頭人の襲来」にも参加している。編集は「巨人獣」ほか同社の初期作品のほとんどを手掛けたロナルド・シンクレア。出演はマーラ・イングリッシュ、チェスター・モリス、ランス・フーラーほか。
  • 潜水艦SOS

    「悪魔の空襲」「アリゾニアン」のリチャード・ディックス、「ワンダー・バー」「カリアンテ」のドロレス・デル・リオ及び「舗道の青春」「男性No.1」のチェスター・モリス、が主演する映画で、「悪魔の空襲」「無法地獄」のアール・C・ケントンが監督に当たった。脚本はライアム・オフラーティー、ジェローム・チョドロフ、ダルトン・トランボが協力執筆したもの。助演者は「悪魔の空襲」のジョージ・マッケイ、「黄金の雨」のジョン・ガローデッド、「何が彼をそうさせたか」のピエール・ワトキンス、「嵐の戦捷旗」のワード・ボンド、「虎鮫島脱獄」のフランシス・マクドナルドその他である。カメラは「クレイグの妻」「罪と罰」のルシエン・バラードが担当した。
  • 大西洋撃滅隊

    「悪漢の町」「奴隷船」のウォーレス・ピアリーが主演する映画で、ラルフ・ウィールライトとハーヴェイ・ヘイスリップとの書卸しを「男性No.1」「仇敵」のウェルズ・ルートが原作者ヘイスリップと協力脚色「拾三番目の椅子(1937)」「春に背くもの」のジョージ・B・サイツが監督に当り、「群衆は叫ぶ」「海の若人」のジョン・サイツが撮影した。主演のピアリーを助けて「大空地獄」「舗道の青春」のチェスター・モリス、「海と青年」「テスト・パイロット」のヴァージニア・グレイが出演するほか、「乙女の曲」のダグラス・ダンブリル、「夕暮れの歌」のカール・エスンド、「大都会」のクレム・ビヴァンス、「生活の悦び」のジョン・クェーレン、レジス・トゥーミー等が助演している。
  • 大空地獄

    「鋪道の青春」のチェスター・モリスと「情熱なき犯罪」のウィットニー・バーンが「三銃士(1935)」のオンスロー・スチーブンス、「女性の反逆」のバン・ヘフリンと共演する映画。ロバート・ハーディ・アンドリュースの原作をデイヴィッド・シルバースタインとジョン・ツウィストが協力脚色し、リュウ・ランダースが監督に当たり、「大学の人気者」のニコラス・ミュスラカが撮影した。助演者は「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル、「ダアク・エンゼル(1935)」のダクラス・ウォルトンその他である。
  • 日向の罪人

    ミドルレッド・クラムの筆になる小説から「素晴らしき嘘」のヴィンセント・ローレンス、「少年世界」のワンデマー・ヤング、「アメリカの悲劇」のサミュエル・ホッフェンシュタインの三人が共力して脚色、新人アレクサンダー・ホールが感得にあたり、「恋愛即興詩」のレイ・ジューンが撮影した映画で出演者は「恋を喰べる女」のキャロル・ロンバート、「ミラクルマン(1932)」のチェスター・モリス、「待ちのおんな」のドリアン・エイムス、ウォルター・バイロンの面々である。
  • アリバイ(1929)

    「バット」「赤い鳩」と同じくローランド・ウェスト氏の監督作品で、ジョン・レイ氏、J・C・ニュージェント氏、エレイン・スターン・カリントン女史等三人の合作になる戯曲「警棒」をウェスト氏自らC・ガードナー・サリヴァン氏と共に脚色したものである。主役を演ずるのは「深夜の太陽」「愛の闇路」のパット・オマリー氏、「ファジル」のメイ・ブッシュ嬢、それと舞台俳優たるチェスター・モリス氏、エリナー・グリフィス嬢、等の人々である。この映画は無声、発声の両種が輸入せられたが、発声の方はオール・トーキーとなっている。
  • 舗道の青春

    「無法地獄」のチェスター・モリスと「奇傑パンチョ」のフェイ・レイと「オペラ・ハット」のライオネル・スタンダーが主演する映画で、オクタヴァス・ロイ・コーエンの原作を「夢の並木路」のハワード・J・グリーンが脚色し、「青春の抗議」「生活と恋愛」のアルフレッド・E・グリーンが監督、「脱線僧正」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。助演は「巌窟王(1934)」のレイモンド・ウォルバーン、「大陸間諜戦」のヘンリー・モリスン、ケネス・ハーラン等である。
  • 愛すればこそ(1929)

    「煩悩」「炭坑」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア、「情炎夜曲」「硝子箱の処女」のロレッタ・ヤング嬢及び「アリバイ」のチェスター・モーリス氏が共演し、サミュエル・シップマン氏ジョン・B・ハイマー氏合作の舞台劇に基いて「鉄腕の男」「決死隊」のジョン・グッドリッチ氏が脚色し、「歓楽地帯」のジョン・フランシス・ディロン氏が監督したものである。助演者は「ウイリー・リバー」のウィリアム・ホールデン氏を始め、フランク・シェリダン氏、レイ・ホーラー氏等である。
  • 水兵がんばれ

    「歓呼の夜」と同じくカート・ニューマンが監督し、チャールズ・ステューマーが撮影に当たったチェスター・モリス主演映画で、ドア・シャーリーとルイス・R・フォスターが共作し、「胡蝶となるまで」のジョン・ミーハンが脚色している。助演者は「宿命の窓」「スター悩殺」のメイ・クラーク、舞台俳優兼劇作家たるフランク・クレイヴィンを始め、「土曜日の大観衆」のアンディ・デヴァイン、「妾の弱点」のアイリーン・ウェーア、ラス・ブラウン、ジョン・ウォーバートン等である。
  • ミラクルマン(1932)

    かつてサイレント時代にも映画化されたことがあり、またジョージ・M・コーアンが舞台に上映して好評を博したことのあるフランク・L・パッカードおよびロバート・H・デビィス合作の物語を再び映画化したもので、「少年時代」「戦争」のウォルデマー・ヤングが脚色の筆をとり、同人と「アメリカの悲劇」「激流を横切る女」のサミュエル・ホッフェンシュタインが台詞を書き、「タッチダウン」「いんちき商売」のノーマン・Z・マクロードが監督にあたった。主なる出演者は「鉄窓と花束」「女学生の日記」のシルヴィア・シドニー、「海賊(1931)」「ビッグ・ハウス」のチェスター・モリス、「時計の殺人」「アメリカの悲劇」のアーヴィング・ピチュル、「西部戦線異常なし」のジョン・レイ、「スーキー」のロバート・クーガン、「フランケンシュタイン(1931)」のポリス・カーロフ、「燃ゆる海原」「大飛行船」のホバート・ボスウォース、「海の巨人(1930)」のロイド・ヒューズ、等でキャメラは「腕白大将」「鉄壁の男」のデイヴィッド・エーベルが担任。
  • 肉弾の男

    「明日は晴れ」「青空恋をのせて」のチェスター・モリスが主演する映画で、ウィリアム・アンソニー・マクガイアの原作を作者自らジャック・ソネドル及びスコット・ペンブロークと共同して脚色し、「ビック・ケージ」のカート・ニューマンが監督にあたり、撮影には「鉄血士官校」のチャールズ・ステューマーが任じている。相手役は「青春罪あり」「地方検事」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「駄々っこキャグニー」「豪華船」のアリス・ホワイトが勤め、「肉体」のジョン・ミルジャン、「四十二番街」のジョージ・E・ストーン、「裏町」のジョージ・ミーカー、「心の青空」のグランド・ミッチェル、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、「一千万ドルの醜聞」のウォーレン・ハイマーなどが助演している。
  • 高速度娘恋愛合戦

    「高速度尖端娘」に次ぐアリス・ホワイト嬢の主演映画でフランセス・ノードストローム女史及びヴィニャ・デルマー女史の原作から「激流恋をのせて」「某重大事件」のハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「万事圓満」「レヴュー時代」のマーヴィン・ルロイ氏が監督した。主演者の他に「男女の戦」「鉄假面」のウィリアム・ベイクウェル氏、「愛すればこそ(1929)」「女性の罠」のチェスター・モリス氏、「ラグビー時代」「レヴュー時代」のマリオン・バイロン嬢、リチャード・カーライル氏、モーリス・ブラック氏、ライオネル・ベルモア氏等が助演。キャメラは「魔の海」「巴里(1929)」のソル・ポリート氏が担任。
  • 麦畑を荒らす者

    「ビール万歳」「絶対の秘密」と同じラルフ・マーフィーが監督したチャールズ・R・ロジャース作品で、ニナ・ウイルコックス・プトナムの原作を先の2映画のケイシー・ロビンソンが脚色したもの。主なる出演者は「三角の月」「荒浪越えて」のリチャード・アーレン、「青空恋をのせて」「海賊(1931)」のチェスター・モリス、「君とひととき」「母性」のジュヌヴィエーヴ・トバンで、エリザベス・パターソン、ヘンリー・コルカー、チャールズ・セロン等が助演している。撮影は「暗夜行路」のミルトン・クラスナーの担当である。
  • 女性の罠

    「君恋し」「中華街の夜」と同じくウィリアム・A・ウェルマン氏の監督作品でエドウィン・バーク氏の原作をバートレット・コルマック氏が改作し、ルイズ・ロング女史が脚色したもの。主演者を演ずるのは「踊る人生」のハル・スケリイ氏、「アリバイ」のチェスター・モリス氏、「野球時代」「ブロードウェイ(1929)」のイブリン・ブレント嬢でその他にウィリアム・ダウィッドスン氏、レスリー・フェントン氏、ガイ・オリヴァー氏等が助演している。カメラは「サンダーボルト(1929)」「君恋し」のヘンリー・ジェラード氏が担任。
  • 海賊(1931)

    「ビッグ・ハウス」のチェスター・モリスが主演する映画で、ウォルトン・グリーン作の通俗小説に基づいて「船出の朝」のジョセフィン・ラヴェットが脚色し、ローランド・ウェストの助監督だったロロー・メロイドとロバート・ロスが共同監督し、「月世界征服(1931)」のレイ・ジューンが撮影した。助演者は「いんちき商売」「マルタの鷹(1931)」のセルマ・トッドがアリソン・ロイドと変名して相手女優を勤めるのを筆頭に、「青春来る(1931)」のウィリアム・オースティン、「新聞街の殺人」のフランク・マクヒュー、「アメリカの悲劇」のエメット・コリガン、「戦う隊商」のフレッド・コーラー、「電話の復讐」のネッド・スパークス、フランク・ライス等である。
  • 男性NO.1(1935)

    「小連隊長」「宝島(1934)」のライオネル・バリモア、「俺は善人だ」「ダイヤモンド」のジーン・アーサー、「麦畑を荒らす者」「スピード花嫁」のチェスター・モリス、ブロードウェイの舞台から来た映画初出演のジョセフ・カレイアが共演する映画で、「空軍の覇者」「原始人」のJ.ウォルター・ルーベンが監督に当たった。原作は監督者ルーベンがウェルズ・ルートと共作し、「南海の漁火」「霧笛の波止場」のウェルズ・ルートが脚色した。助演者は「深夜の星」のポール・ケリー、「宝島(1934)」のルイス・ストーン、ポール・ハースト等で、キャメラは「復活(1934)」のグレッグ・トーランドの担任。
  • 無法地獄

    「男性No.1」「ギャングの花嫁」のチェスター・モリスと「三銃士(1935)」「男の敵」のマーゴット・グラハムが主役を勤める映画で、ウィリアム・ランキンが自ら書き下ろした物語を「悪魔の空襲」のブルース・マニングと協力して脚色し、「悪魔の空襲」「黒潮に鳴る心」のアール・C・ケントンが監督にあたり「夢の並木路」「悪魔の空襲」のジョン・ステューマーが撮影した。助演者は「片道切符」「アメリカの恐怖」のロイド・ノーラン「罪と罰」「古城の扉」のマリアン・マーシュ、「片道切符」のジョージ・マッケイ、その他クロード・ギリングウォーター、ジョン・ガローデット等という顔ぶれである。
  • 機上射手

    太平洋戦争を舞台に、大空に生きた男たちを描くアクション満載の戦争ドラマ。地方検事・ジョンと幼馴染みのフォクシーは空軍に入隊し、別の部署に配属される。ふたりは射撃学校で再会するが、射撃が得意なフォクシーはそこで指導する立場にあり…。【スタッフ&キャスト】監督:ウイリアム・H・パイン 出演:リチャード・ア-レン/チェスター・モリス/ジミー・ライドン
  • ビッグ・ハウス

    「愛すればこそ(1929)」「アリバイ」のチェスター・モリス、「人生の乞食」「支那街の夜」のウォーレス・ビアリー、「マダムX」のルイス・ストーン、「キートンのエキストラ」のロバート・モントゴメリー、「キートンの結婚狂」のリーラ・ハイアムス「海魔」のジョージ・マリオン、J.C.ヌジェントの共演映画。「アンナ・カレニナ」「風」のフランセス・マリオンの原作台詞に基づき、「コサック(1928)」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、ハロルド・ウェンストロムが撮影した。助演者は、カール・デーン、デウィット・ジェニングスその他である。
  • 青空恋をのせて

    「地獄の天使(1930)」等の制作者ハワード・ヒューズが提供する映画で、「ミラクルマン(1932)」「海賊(1931)」のチェスター・モリスと「結婚解消記」「天才の妻」のビリー・ダヴが主演する。原作は「ウォタルウ橋」のロバート・E・シャーウッドとチャールズ・レデラーが書き卸したもので、昔フォックスで活劇を作っていたトム・バッギンガムが監督に当った。撮影は「南海の劫火(1932)」「陽炎の夢」のルシエン・アンドリオ。主役二人を助けて、「少年時代」のマット・ムーア、「犯罪都市(1931)」のウォルター・カトレットを始め、ルイ・アルバーニ、ヨーラ・ダヴリル等が出演している。
  • スピード花嫁

    「特急20世紀」「恋と胃袋」のキャロル・ロンバードと「水兵がんばれ」「麦畑を荒らす者」のチェスター・モリスが主演する映画で、チャールズ・フランシス・コー作の短編をベラ・スペワックとサミュエル・スペワックが共同脚色し、「奇傑パンチョ」「旅客機の怪盗」のジャック・コンウェイが監督に当たり「宝島(1934)」「台風」のレイ・ジューンが撮影した。助演は「キャベツ畑のおばさん」のザス・ピッツ、「男の世界」のレオ・カリーロ、「死の本塁打」のナット・ペンドルトン、「三角の月」のサム・ハーディ、ウォルター・ウォーカー等である。
  • 七時になると殺される

    「麦畑を奪う者」「歓呼の夜」のチェスター・モリスが「暁の砂漠」「水平さんはお人好し」のヴィヴィエン・オスボーンを相手に主演する映画で、「女性暴君」「快走艇」のラルフ・スペンスが書き下ろした台本により「劇場王ブラウン」のレイ・エンライトが監督し「武装ラグビー」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影にあたった。助演者は「流行の王様」のフランク・マクヒュー、「シナラ」のヘンリー・スティーブンソン、「失踪者三万人」のアレン・ジェンキンス、「晩餐八時」のグラント・ミッチェル、チャールズ・ミドルトン等である。
  • 闇夜の台風

    「潜水艦SOS」「舗道の青春」のチェスター・モリス、「歌へ陽気に」「夢の並木路」のレオ・カリーロ、「ポンペイ最後の日(1935)」のヘレン・マック、「花嫁凱旋」「間奏楽」のトーマス・ミッチェルが共演する映画で、脚本は「クレイグの妻」のメアリー・マッコール・ジュニアがライオネル・ハウザーと協力して書卸し、「からくり令嬢」のD・ロス・レダーマンが監督に当たり、「潜水艦SOS」のルシエン・バラードが撮影したもの。助演は「罪と罰」のサーストン・ホール、ジョン・ガローデット、パッシー・オコナーその他である。
  • 自殺合戦

    「歓呼の夜」「麦畑を荒らす者」のチェスター・モリスが主役を勤める映画で、ウィリアム・A.マクガイアが原作し、「幻の合唱」のグラディス・アンガーがチャールズ・ローグと共同脚色し、「テキサス無頼漢」のエドワード・レムルが監督し、「倫敦の人狼」のチャールズ・ステューマーが撮影した。助演者は「友情の曲線」のマリアン・ニクソン、「女難アパート」のウォルター・ウルフ、「虚栄の市(1935)」のアラン・モーブレイ、ジョン・レイ、ヘンリー・アーメッタ等である。
  • 結婚双紙

    「月光の曲」「天使の顔」と同じくロバート・Z・レナードの監督作品でウルスラ・パロットの小説から「有頂天時代(1930)」のニック・グラインドとゼルダ・シアースが脚色し、ジョン・ミーハンが撮影台本を作った。主演者は「天使の顔」「思い出」のノーマ・シアラー、「天性の罠」「アリバイ」のチェスター・モリス。助演者は「接吻」のコンラッド・ネーゲル、「スポーツ王国」のロバート・モントゴメアリー、ヘレン・ジョンソン、ヘレン・ミラードその他でカメラはノーバート・ブロディンの担当。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/26

サンドラ・ブロック(1964)

オーシャンズ8

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

ミニオンズ

ユニバーサル・スタジオとクリス・メレダンドリ率いるアニメーションスタジオ、イルミネーションが贈るアトラクション3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター、ミニオンズを主役に描いた作品。ミニオンたちが仕えるべき最強のボスを探す旅を描く。前2作のピエール・コフィンに加え、「ロラックスおじさんの秘密の種」のカイル・バルダが監督を務める。「スピード」のサンドラ・ブロック、「バットマン」のマイケル・キートンらが声の出演。日本語吹替版では「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希、「009 RE:CYBORG」の声優・宮野真守らが参加。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の主題歌『Happy』が第86回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスが引き続き音楽を担当している。
スーザン・ジョージ(1950)

J&S さすらいの逃亡者

かの『ボニー&クライド』に材をとり、腐れ縁で結ばれた男と女をめぐるマカロニ・ウェスタン風味のラブ・ストーリー。監督は「続荒野の用心棒」「情無用のジャンゴ」など、ひねりの効いたマカロニ・ウェスタンのほか、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」はじめ様々なジャンルの映画を手がけた名職人セルジオ・コルブッチ。製作はロバート・ロヨラ、脚本はコルブッチ、マリオ・アメンドラ、アドリアーノ・ボルツォーニ、ホセ・マリア・フォルケ、サバティーノ・チウフィーニの共同、撮影はルイス・カドラード、編集はユージェニオ・アラビソ、美術はピエトロ・フィリッポがそれぞれ担当。音楽は「荒野の用心棒」はじめマカロニ・ウェスタンのテーマ曲で名を高めた巨匠エンニオ・モリコーネ。主演はコルブッチとは「情無用のジャンゴ」でも組んだトマス・ミリアンと「わらの犬」「マンディンゴ」などのスーザン・ジョージ。共演はTV「刑事コジャック」でおなじみの「特攻大作戦」などのテリー・サヴァラス、ゲストとして「テオレマ」「1900年」のラウラ・ベッティほか。ちなみに、本作は〈マカロニ・ウェスタン復活祭〉と題して、監督を同じくコルブッチが手がけた問題作「殺しが静かにやってくる」と連続上映された。

タイガーシャーク(1978)

夏のバカンス・シーズンで賑わう中米カリブ海の保養地を舞台に、風俗と、男女の恋を描きながら、人食いザメと人間の戦いを促えたパニック映画。製作はジェラルド・グリーン、監督・脚本はルネ・カルドナ・ジュニア、音楽はバージル・ポルドゥーリスが各々担当。出演は「マンディンゴ」のスーザン・ジョージ、フィオナ・ルイス、ジェニファー・アシュレー、アンドレス・ガルシア、ヒューゴー・スティグリッツなど。