スティーヴ・マーティン スティーヴ・マーティン

  • 生年月日:1945年8月14日

略歴 / Brief history

アメリカ・テキサス州ウェーコ生まれ。幼少期にディズニーランドの近くに引っ越したことから、ショービジネスの世界に憧れ、大学を中退してUCLAで脚本を学びつつ(69年にはテレビ脚本でエミー賞受賞)、スタンダップ・コメディアンとして活動。やがてTV『サタデー・ナイト・ライヴ』に招かれ、お茶の間で大きな反響を呼ぶようになる。77、78年とグラミー賞コメディ・レコード部門賞を受賞。70年代末より映画出演をはじめ、「天国から落ちた男」(79)「サボテン・ブラザーズ」(86)などカルト・コメディを連打し、映画スターとしての地位を築いた。2001、03、10年のアカデミー賞授賞式では司会も務めている。

スティーヴ・マーティンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して

    発見した野鳥の数を競う記録会“ザ・ビッグイヤー”に参加する男たちの姿を描くハートフル・コメディ。監督は「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のデイビッド・フランケル。出演は「ガリバー旅行記」のジャック・ブラック、「幸せの始まりは」のオーウェン・ウィルソン、「ピンクパンサー2(2009)」のスティーヴ・マーティン。
    80
  • 恋するベーカリー

    人気ベーカリーの女性経営者が予期せぬ出会いに心を揺さぶられながら、自分らしい幸せな人生を手に入れるまでを描くヒューマン・ドラマ。監督は、「恋愛適齢期」のナンシー・マイヤーズ。出演は、「マンマ・ミーア!」のメリル・ストリープ。2009年ナショナル・ボード・オブ・レビューでアンサンブル演技賞受賞。
    80
  • ピンクパンサー2(2009)

    カリスマ迷警部が大騒動を巻き起こしながら事件の解決に挑む、コメディ・シリーズ2作目。監督は「エージェント・コーディ」のハラルド・ズワルト。出演は、「花嫁のパパ」シリーズのスティーヴ・マーティン、「スパイダーマン2」のアルフレッド・モリーナ、「ダヴィンチ・コード」のジャン・レノほか。
  • ピンクパンサー

    無能なフランス人警部が、ダイヤモンド盗難事件をめぐって奮闘するコメディ。1963年から始まったシリーズ作品のリメイク。監督は『12人のパパ』シリーズ(V)、「ジャスト・マリッジ」のショーン・レヴィ。脚本・主演は『12人のパパ』シリーズ(V)、「ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション」(出演のみ)のスティーヴ・マーティン。共同脚本は「プライベート・パーツ」のレン・ブラムほか。撮影は「トレジャー・ハンターズ」のジョナサン・ブラウン。音楽は「トレジャー・ハンターズ」「エレクトラ」のクリストフ・ベック(テーマ曲はオリジナルのヘンリー・マンシーニ)。美術は「ラスト サムライ」のリリー・キルヴァート。衣裳は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのジョセフ・G・オーリシ。共演は「五線譜のラブレター」のケヴィン・クライン、「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」のジャン・レノ、「ファイティング・テンプテーションズ」のビヨンセ・ノウルズ、「奥さまは魔女」のクリスティン・チェノウィス、「Dear フランキー」のエミリー・モーティマー、「エミリー・ローズ」のヘンリー・ツェーニー。
  • ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション

    バッグス・バニーやダフィ・ダックといったワーナーが誇る“ルーニー・テューンズ”の人気キャラクターたちが多数出演したファミリー・コメディ。アニメと実写を組み合わせた一大騒動をギャグとパロディ満載で描く。共演は「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」のブレンダン・フレイザー。監督は「スモール・ソルジャーズ」のジョー・ダンテ。
    80
  • 女神が家にやってきた

    「ウェディング・プランナー」「ウォーク・トゥ・リメンバー」のアダム・シャンクマン監督が贈るハートフル・コメディ。主演はスティーブ・マーティンと、「シカゴ」でアカデミー賞にノミネートされたクイーン・ラティファ。
  • ノボケイン 局部麻酔の罠

    コメディアン、スティーヴ・マーティン主演のスリリングで予想不可能なサスペンス。共演は「鳩の翼」のヘレナ・ボナム=カーターと「ジュラシック・パーク」のローラ・ダーン。監督は、これが初作品となるデヴィッド・アトキンス。
  • アウト・オブ・タウナーズ

    オハイオ州からN.Y.に出てきた中年夫婦の災難続きの旅を描いたコメディ。ニール・サイモンの「おかしな夫婦」のリメイクで、監督は「ジャングル・ジョージ」のサム・ワイズマンがあたった。原作脚本は「おかしな二人2」のニール・サイモン。脚本は「恋は嵐のように」のマーク・ローレンス。撮影は「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」のジョン・ベイリー。音楽は「イン&アウト」のマーク・シャイン。出演は「ファースト・ワイフ・クラブ」のゴールディ・ホーン、「ファンタジア2000」のスティーヴ・マーティンほか。
  • ファンタジア2000

    音楽とアニメーションの融合によるファンタジー・アニメ大作。40年の名作『ファンタジア』を最新技術でリメイク。世界各国のアイマックスのジャイアント・スクリーン版と通常劇場版(35ミリ)の2種類のフォーマットで公開される(日本では35ミリ版は夏に公開予定)。製作総指揮はウォルト・ディズニーの甥で同カンパニー副会長のロイ・E・ディズニー。製作はドナルド・W・エルンスト。総監督はヘンデル・ブトイ。プログラムは8部構成。「交響曲第5番」(ベートーヴェン作曲:監督はビショーテ・ハント)、「交響詩 ローマの松」(レスピーギ作曲:監督はヘンデル・ブトイ、案内役は「花嫁のパパ」のスティーヴ・マーティン)、「ラプソディー・イン・ブルー」(ガーシュイン作曲:監督はエリック・ゴールドバーグ、案内役はクインシー・ジョーンズ)、「ピアノ協奏曲第2番」(ショスタコーヴィッチ作曲:監督はヘンデル・ブトイ、案内役は「フォー・ザ・ボーイズ」のベット・ミドラー)、「動物の謝肉祭」(サン=サーンス作曲:エリック・ゴールドバーグ、案内役は「今そこにある危機」のジェームズ・アール・ジョーンズ)、「魔法使いの弟子」(デュカ作曲:監督はジェームズ・アルガー、案内役はマジシャンのベン&テーラー)、「威風堂々」(エルガー作曲:監督はフランシス・グレイバス、案内役は本作の“3大テノール競演”指揮者ジェームズ・レヴァイン)、「火の鳥」(ストラヴィンスキー作曲:監督はポール&ゲイトン・ブリッツィ、案内役は「狼の血族」のアンジェラ・ランズベリー)。
    80
  • プリンス・オブ・エジプト

    古代エジプトを舞台に、旧約聖書で名高い救世主モーセ(モーゼ)の伝説を描いたアニメーション大作。監督は本作がデビューとなる新鋭ブレンダ・チャップマン、スティーヴ・ヒックナーと「バルト」のサイモン・ウェルズ。ストーリー監修はケリー・アズベリーとローナ・クック。製作は「アンツ」(製作総指揮)のペニー・フィンケルマン・コックスとサンドラ・ラビンス。製作総指揮は「アラジン」のジェフリー・カッツェンバーグ。音楽は「ライオン・キング」「ピースメーカー」のハンス・ヅィマー。オリジナル・ソングは「ノートルダムの鐘」のスティーヴン・シュワルツで、主題歌はホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーのデュエットによる『When You Believe』で、98年度アカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞。視覚効果監修は「アラジン」のドン・ポール、ダン・フィリップス。声の出演は「セイント」のヴァル・キルマー、「アベンジャーズ」のレイフ・ファインズ、「シークレット 嵐の夜に」のミシェル・ファイファー、「プラクティカル・マジック」のサンドラ・ブロック、「インデペンデンス・デイ」のジェフ・ゴールドブラム、「リーサル・ウェポン4」のダニー・グローヴァー、「新スター・トレック」シリーズのパトリック・スチュワート、「英国万歳!」のヘレン・ミレン、「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のジェフ・ゴールドブラム、「スパニッシュ・プリズナー」のスティーヴ・マーティン、「マーズ・アタック!」のマーティン・ショートほか多彩な顔触れ。
    90
  • スパニッシュ・プリズナー

    詐欺師たちの罠に巻き込まれたエリート会社員の苦闘を描くサスペンス。題名は古典的な詐欺の手口で、「自称亡命貴族の男が“国に財産と妹を置いてきた残してきた”と言って美しい妹の肖像を見せ、成功したら妹と財産をやろうと救出資金を頼む」というもの。監督・脚本は現代アメリカ演劇を代表する劇作家デイヴィッド・マメットで、『スリル・オブ・ゲーム』(V)『週末はマフィアと!』(V)「殺人課」『Oleana』に続く監督第5作。製作は「世界中がアイ・ラブ・ユー」はじめウディ・アレン作品で知られるのジーン・ドゥメイニアンで、製作総指揮も同作のJ・E・ボーケーア。撮影は「黙秘」のガブリエル・ベリステイン。音楽は「ビッグ・リボウスキ」はじめコーエン兄弟作品の常連のカーター・バーウェル。美術はティム・ガルヴィン。編集はバーバラ・タリヴァー。衣裳はスーザン・ライオール。出演は「ミセス・パーカー ジャズ・エイジの華」のキャンベル・スコット、「花嫁のパパ1、2」のスティーヴ・マーティン、監督夫人でもある「殺人課」のレベッカ・ピジョン、「ビッグ・リボウスキ」のベン・ギャザラほか。
  • 花嫁のパパ2

    “娘の結婚”をユーモアとペーソスあふれるタッチで描いたヒューマン・コメディ「花嫁のパパ」(92)の続編。前作はスペンサー・トレイシーとエリザベス・テイラーがそれぞれ父と娘を演じた「花嫁の父」(50)のリメイクだったが、本作もオリジナル版の続編「可愛い配当」(51)を下敷きに、バンクス家の“ダブル出産”騒動を描いている。「プライベート・ベンジャミン」「アイ・ラブ・トラブル」などこの種のジャンルを得意とする、監督・脚本のチャールズ・シャイヤーと製作・脚本のナンシー・マイヤーズのおしどりコンビは、前作と同じ。エグゼクティヴ・プロデューサーはサンディ・ガリンとキャロル・ボーム。撮影は「透明人間」のウィリアム・A・フレイカー、音楽は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のアラン・シルヴェストリ、美術はリンダ・デセンナ、編集はスティーヴン・A・ロッターが担当。父親役のスティーヴ・マーティン、母親役のダイアン・キートン、娘役のキンバリー・ウィリアムズの主演トリオも前作同様。「3人の逃亡者」のマーティン・ショート、「ジュラシック・パーク」のB・D・ウォンらの再登場もお楽しみ。
  • ハウスシッター 結婚願望

    家主の妻と嘘をついて勝手に空家に住み込んだ女と、家主の男が巻き起こす恋の騒動を描いたコメディ。監督は「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」のフランク・オズ、製作は「遥かなる大地へ」のブライアン・グレイザー、エグゼティヴ・プロデューサーは「ウイズダム 夢のかけら」のバーニー・ウィリアムズ、原案はマーク・ステインとブライアン・グレイザー、脚本はマーク・ステイン、撮影は「マグノリアの花たち」のジョン・A・アロンゾ、音楽はマイルス・グッドマンが担当。
    70
  • 花嫁のパパ

    娘を嫁がせる父の心情をユーモラスに描いたヒューマン・コメディ「花嫁の父」(1950)のリメイク。監督は「赤ちゃんはトップレディがお好き」のチャールズ・シャイアー、製作は同作のナンシー・マイヤーズ、「戦慄の絆」のキャロル・バウム、「メーン・イベント」のハワード・ローゼンマンの共同、エグゼクティヴ・プロデューサーはサンディ・ガリン、ジェームズ・オア、ジム・クラックシャンク、脚本はフランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケットとマイヤーズ、シャイヤーの共同、撮影は「愛がこわれるとき」のジョン・リンドレイ、音楽は「プラスティック・ナイトメア 仮面の情事」のアラン・シルヴェストリが担当。
    70
  • わが街(1991)

    犯罪と荒廃にむしばまれた大都会ロサンゼルスに生きる6人の男女の生活を描く。監督・脚本・製作は「偶然の旅行者」のローレンス・カスダン、彼の夫人メグ・カスダンが共同脚本、共同製作はチャールズ・オークン、マイケル・グリロ、撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽はジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。
  • L.A.ストーリー 恋が降る街

    愛することに臆病になってしまった大人たちの一風変わったファンタスティックなラヴ・ストーリー。監督はイギリス出身で、初めてのハリウッド映画になるミック・ジャクソン、製作はダニエル・メルニックとマイケル・ラックミル、エグゼクティブ・プロデューサーはマリオ・カサールと脚本と主演も務めたスティーヴ・マーティン、撮影はアンドリュー・ダン、音楽はピーター・メルニックが担当。
  • マイ・ブルー・ヘブン

    カリフォルニアの架空の田舎町に、FBI捜査官に連れられてイタリアンギャングがやってきたことから巻き起こる大騒動を描くコメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはゴールディ・ホーン、ノーラ・エフロンとアンドリュー・ストーン、監督は「マグノリアの花たち」のハーバート・ロス、彼がアンシア・シルバートと共に製作を兼ね、撮影はジョン・ベイリー音楽はアイラ・ニューボーンが担当。出演はスティーヴ・マーティン、リック・モラニスほか。
  • バックマン家の人々

    ある一族の4つの家族の生き方を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョセフ・M・カラチオロ、製作はブライアン・グレイザー、監督は「ウィロー」のロン・ハワード。ハワードとローウェル・ガンツ、ババルー・マンデルのストーリーを基に、脚本はガンツとマンデルの共同、撮影はドナルド・M・マッカルパイン、音楽はランディ・ニューマンが担当。出演はスティーヴ・マーティン、メアリー・スティーンバージェン、ダイアン・ウィーストほか。
    80
  • ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ

    南仏コート・ダジュールを舞台に、天才サギ師2人の縄張り争いにからんだ恋のかけひきを描く。「寝室ものがたり」(64)のリメイク版で、エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・ハーシュホーン、製作はバーナード・ウィリアムス、監督は「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のフランク・オズ、脚本は「殺したい女」のデール・ローナーとオリジナル版ライターのスタンリー・シャピロとポール・ヘニング、撮影は「ブロードキャスト・ニュース」のミハエル・バルハウス、音楽は「ラ・バンバ」のマイルス・グッドマンが担当。出演は「大災難P・T・A」のスティーヴ・マーティン、「ハーフムーン・ストリート」のマイケル・ケイン、グレン・ヘドリーほか。
  • 大災難P.T.A.

    感謝祭を家族と一緒に過ごそうと、ニューヨークからシカゴに向かう男が数々の災難に遭遇する姿を描くコメディ。監督は「フェリスはある朝突然に」のジョン・ヒューズで、製作、脚本と一人三役をこなしている。撮影はドナルド・ピーターマン、音楽はアイラ・ニューボーンが担当。出演はスティーヴ・マーティンほか。
    90
  • 愛しのロクサーヌ

    人並はずれた大きな鼻をもつ消防署長が美人天文学者に恋をするというラヴ・ストーリー。製作はマイケル・ラックミルとダニエル・メルニック、エグゼクテイヴ・プロデューサーは主演・脚本も兼ねるスティーヴ・マーティン、監督は「プレンティ」のフレッド・スケピシ。原作はエドモンド・ロスタン(「シラノ・ド・ベルジュラック」)、撮影はイアン・べーカー、音楽はブルース・スミートン、編集はジョン・スコットが担当。出演はスティーヴ・マーティンとダリル・ハンナほか。
  • リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1986)

    ニューヨークのダウンタウンに店を構える売れない花屋の店員と吸血植物の愛憎を描く。ロジャー・コーマン監督の未公開作品“The Little Shop of Horrors(61)のミュージカル舞台劇版の映画化作品。監督は「ダーク・クリスタル」の共同監督でマペット作家のフランク・オズ、製作はデイヴィッド・ゲフィン、脚本・作曲はハワード・アシュマン、撮影はロバート・ペインター、プロダクション・デザインはロイ・ウォーカー、特殊視覚効果はブラン・フェエレン、“オードリー2”デザイン・創造はライル・コンウェイ、音楽はマイルス・グッドマン、作曲はアラン・メンケン、編集はジョン・ジンプソンが担当。出演はリック・モラニス、エレン・グリーンほか。
    90
  • サボテン・ブラザース

    1916年のメキシコのとある村を舞台に、悪党一味から人々を助ける“サボテン・ブラザース”の活躍を描く。製作はローン・マイケルズとジョージ・フォルシー・ジュニア、エグゼクティヴ・プロデューサーは、スティーヴ・マーティン、監督は「スパイ・ライク・アス」のジョン・ランディス、脚本はスティーヴ・マーティン、ローン・マイケルズ、ランディ・ニューマン、撮影はロナルド・W・ブラウン、音楽はエルマー・バーンステインが担当。出演はスティーヴ・マーティンほか。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は菊地浩司。テクニカラー、ビスタサイズ。1986年作品。
  • 天国から落ちた男

    しがない根なし草の若者がふとしたことから会社の社長に成り上がり、アッという間に再び無一文になるという人生の浮き沈みをユーモラスに描いたコメディ映画。製作はディビッド・V・ピッカーとウィリアム・E・マッキーアン、監督は「オー! ゴッド」のカール・ライナー。スティーブ・マーティン、カール・ゴットリーブの原案を基にスティーヴ・マーティン、カール・ゴットリーブとマイケル・エライアスが脚色。撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽はジャック・エリオットが各々担当。出演はスティーヴ・マーティン、バーナデット・ピータース、カトリン・アダムス、メイベル・キング、リチャード・ワード、ビルメイシー、モーリス・エヴァンスなど。日本語版監督は金田文夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1979年作品。
    87
    • 泣ける
    • 笑える
  • サージャント・ペッパー

    1967年に、ビートルズが発表したアルバムサージャント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドを基に、若者たちの恋と冒険を描く音楽映画。製作は「グリース」のロバート・スティグウッド、監督は「カー・ウォッシュ」のマイケル・シュルツ。ビートルズの同名のアルバムを基にへンリー・エドワーズが脚色。撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽監督はジョージ・マーティン、音楽作詞・作曲はジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソン、編集はクリストファー・ホームズ、製作デザインはブライアン・イートウェルが各々担当。出演はピーター・フランプトン、ビー・ジーズ」のバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟、フランキー・ハワード、ポール・ニコラス、ドナルド・プレザンス、サンディ・ファリーナ、ダイアン・スタンバーグ、スティーブ・マーティン、エアロスミス、アリス・クーパー、アース・ウインド&ファイアー、ビリー・プレストン、スタガード、ジョージ・バーンズなど。
  • ビリー・リンの永遠の一日

    ベン・ファウンテンの小説をアン・リー監督が映画化。イラク戦争での勇姿がメディアに取り上げられ一躍“英雄”となった19歳のビリー。凱旋ツアーのため一時帰国、アメフトのハーフタイムイベントに参加した彼は、現実と戦争の記憶が交差する感覚に陥る。主人公ビリー役に新人のジョー・アルウィンが抜擢。共演は「アクトレス 女たちの舞台」のクリステン・スチュワート、「世界にひとつのプレイブック」のクリス・タッカー、「PAN ネバーランド、夢のはじまり」のギャレット・ヘドランド、「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼル、「ピンクパンサー」シリーズのスティーヴ・マーティン。
    89
    • おしゃれな
    • かっこいい
  • 12人のパパ

    『女神が家にやってきた』のスティーブ・マーティン主演によるドタバタコメディ。12人の子供で賑わう大家族のベーカー家。妻のN.Y.への単身赴任が決定したことから、一家の大黒柱・トムはひとりで子供たちの面倒を見ることになるが…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・レヴィ 脚本:サム・ハーパー 製作:マイケル・バーナサン 音楽:クリストフ・ベック 出演:スティーブ・マーティン/ボニー・ハント/パイパー・ペラーボ/ヒラリー・ダフ
    70
  • 12人のパパ2

    12人の子供を抱えるベーカー家の騒動を描いた、スティーブ・マーティン主演によるドタバタコメディの続編。子供たちが成長するに従い、どこか寂しさを感じるトムは久しぶりに家族全員で旅行に出る。しかしそこで永遠のライバル・ジミー一家に遭遇し…。【スタッフ&キャスト】監督:アダム・シャンクマン 製作:ショーン・レヴィ 脚本:サム・ハーパー 音楽:ジョン・デブニー 出演:スティーブ・マーティン/ユージン・レヴィ/ボニー・ハント/ヒラリー・ダフ
    80
  • オール・オブ・ミー 突然半身が女に!

    楽団のギタリストとの二足わらじの弁護士ロジャーは、死にかけた大富豪の女主人の遺言の件を請け負うことになり、死んだ彼女の魂がロジャーの右半身に乗り移ってしまう。ワガママ女と無責任男が同じ身体を使いながら、妙な友情が芽生えていく…。【スタッフ&キャスト】製作:スティーヴン・フリードマン 原作:エド・ディヴィス 監督:カール・ライナー 脚本:フィル・アンデン・ロビンソン 出演:スティーヴ・マーティン/リリー・トムリン/ヴィクトリア・テナント/マドリン・スミス=オズボーン
  • Shopgirl 恋の商品価値

    スティーブ・マーティンのベストセラーを、本人、クレア・デーンズ、ジェイソン・シュワルツマン共演で映画化。デパートで働く孤独なミラベルは、若い貧乏ミュージシャンと年嵩の金持ちというふたりの異なる男性に出会い…。※一般告知解禁日:6月20日【スタッフ&キャスト】監督:アナンド・タッカー 製作総指揮:アンドリュー・シュガーマン 原作・脚本・出演:スティーブ・マーティン 出演:クレア・デーンズ/ジェイソン・シュワルツマン
    70
  • ベイビーママ

    『オースティン・パワーズ:デラックス』のマイケル・マッカラーズが監督・脚本を務めたハートフルコメディ。結婚相手はいないが子供が欲しい37歳のケイト。年齢的にもシングルマザーしかないと考えた彼女は、ある日アンジーという代理母を紹介される。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:マイケル・マッカラーズ 製作:ローン・マイケルズ/ジョン・ゴールドウィン 製作総指揮:ジル・メシック 出演:ティナ・フェイ/エイミー・ポーラ/シガニー・ウィーバー/スティーブ・マーチン
    80
  • トレイター

    『ホテル・ルワンダ』のドン・チードルがテロリストを演じるサスペンスアクション。イエメンで爆弾を輸送中に逮捕されたサミールは、仲間と共に脱走し新たなテロ計画を企てる。サミールを尋問したFBIのクレイトンは、彼の過去を調べ始めて…。【スタッフ&キャスト】監督:ジェフリー・ナチマノッフ 製作総指揮:スティーブ・マーチン/アショク・アムリトラジ 製作:トッド・リッパーマン 出演・製作:ドン・チードル 出演:ガイ・ピアース/ジェフ・ダニエルズ/サイード・タグマウイ
  • トレイター 大国の敵

    『ホテル・ルワンダ』のドン・チードルがテロリストを演じるサスペンスアクション。イエメンで爆弾を輸送中に逮捕されたサミールは、仲間と共に脱走し新たなテロ計画を企てる。サミールを尋問したFBIのクレイトンは、彼の過去を調べ始めて…。【スタッフ&キャスト】監督:ジェフリー・ナチマノッフ 製作総指揮:スティーブ・マーチン/アショク・アムリトラジ 製作:トッド・リッパーマン 出演・製作:ドン・チードル 出演:ガイ・ピアース/ジェフ・ダニエルズ/サイード・タグマウイ
  • 2つの頭脳を持つ男

    スティーブ・マーチンとキャスリーン・ターナーが共演したスリラーコメディー。ドクター・ハフハールは、世界的な脳外科手術の権威。悪妻に心乱される彼の唯一の支えは、生きてる脳“アン・マールメヘイト”との会話だけだった。※11/2より発売日変更【スタッフ&キャスト】監督・脚本:カール・ライナー 脚本・出演:スティーブ・マーチン 脚本:ジョージ・ガイプ 製作:デビッド・V・ピッカー/ウィリアム・E・マキューエン 出演:キャスリーン・ターナー/デビッド・ワーナー/ジェフリー・コムズ
    90
  • パパとマチルダ

    コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』へのゲスト出演で人気に火が付き「花嫁のパパ」などに出演したスティーヴ・マーティンが主演・製作総指揮・脚本を手がけたハートウォーミング・ドラマ。
  • ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険

    ダメダメ宇宙人と人間の少女の友情を描いたアドベンチャーアニメ。失敗をして仲間から追われる宇宙人・ブーヴのオウは、人間の少女・チップと遭遇。ふたりは行方不明のチップの母親を捜す旅に出るが…。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。【スタッフ&キャスト】監督:ティム・ジョンソン 脚本:トム・J・アッスル/マット・エンバー 音楽:ローン・バルフェ 出演(声):ジム・パーソンズ/リアーナ/スティーブ・マーティン/ジェニファー・ロペス
    100
  • スティーブ・マーティンのSgt.ビルコ

    コメディ俳優、スティーブ・マーティン主演によるコメディドラマ。軍から盗み出した金で基地内にカジノを建設し、そこからお金を巻き上げていたビルコ軍曹の大奮闘を描く。“年末特別プライスキャンペーン”。※受注締切後は、従来価格に戻ります【スタッフ&キャスト】監督:ジョナサン・リン 製作:ブライアン・グレイザー 脚本:アンディ・ブレックマン 音楽:アラン・シルヴェストリ 出演:スティーヴ・マーティン/ダン・エイクロイド/フィル・ハートマン/グレン・ヘドリー
    80
  • スティーブ・マーティンの四つ数えろ

    S・マーティン主演によるコメディサスペンス。ドジな私立探偵・リグビーは、ある日、ジュリエットと名乗る女性から父の死の謎を探って欲しいと依頼を受ける。女性に弱いリグビーは無能ながら捜査に乗り出す。“Universal シネマ コレクション”で登場。【スタッフ&キャスト】監督:カール・ライナー 製作:デヴィッド・V・ピッカー 脚本:ジョージ・ガイプ 音楽:ミクロス・ローザ 出演:スティーブ・マーティン/レイチェル・ウォード/レニ・サントーニ/ハンフリー・ボガート
  • スティーブ・マーティンのロンリー・ガイ

    スティーブ・マーティン主演による都会派コメディ。ニューヨークを舞台に誰からも愛されない孤独な男の生活をコミカルに描く。“春の特別プライスキャンペーン2006”。※2回目発売日:4月28日 締切日:3月15日※キャンペーン終了後は4,500円【スタッフ&キャスト】監督・製作:アーサー・ヒラー 脚本:エド・ワインバーガー/スタン・ダニエルズ/ニール・サイモン 撮影:ヴィクター・J・ケンパー 出演:スティーブ・マーティン/チャールズ・グローディン/ジュディス・アイヴィ
  • 運命の瞬間・そしてエイズは蔓延した

    世界中で問題となっているエイズに関して取り組んだ、マシュー・モディーン主演の衝撃作。
  • ビッグムービー

    「イン&アウト」のフランク・オズ監督による映画業界を舞台にしたコメディ。脚本と主演をスティーヴ・マーティンが務める。その他、エディ・マーフィー、ヘザー・グラハム共演。日本劇場未公開。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません