中野良子 ナカノリョウコ

  • 出身地:愛知県常滑市の生まれ
  • 生年月日:1951年3月18日

略歴 / Brief history

四人兄妹の長女。69年、県立常滑高校卒業と同時に上京、大映の演技研究所に入る。先輩に関根恵子、松坂慶子らがいる。翌70年、三船プロに入社。幸運にも三船プロには女優に有力な人材がなかったため、看板娘として売り出され、翌71年のNET『大忠臣蔵』に初出演したのち、NHKの人気時代劇『天下御免』に主演。平賀源内(山口崇)とその友人(林隆三)に愛される紅を演じて一躍、茶の間の人気者になる。美人ではないが、おちゃめで可愛らしく、清純と奔放をミックスしたユニークなキャラクターの持ち主で、いかにもテレビ的な存在といえる。映画にも71年の東宝「二人だけの朝」に岡田裕介の相手役でデビュー。ついで「無宿人御子神の丈吉」72に助演したのち、松竹「花心中」73(斎藤耕一監督)に初主演、スクリーンでその存在をはじめて強く印象づける。“同棲”ブームの次ぎは究極的な愛、つまり心中時代の到来とうたった上村一夫の人気劇画をベイスにしたこの作品で、彼女は心中した姉の心が分からず、生き残った男(近藤正臣)に近づく娘にふんし、不安で感性に富んだ青春像を巧みに表現して見せた。この撮影のとき「私は女優である前にひとりの女。裸にはならない」と言って監督の注文を拒否、勇名をはせた。いらい今井正監督「小林多喜二」74では多喜二(山本圭)が思慕の情を寄せる酌婦あがりの娘、斎藤耕一監督「竹久夢二物語・恋する」では夢二(北大路欣也)が芸術と愛の対象として求める女子学生、河崎義祐監督「青い山脈」75では進歩的な島崎先生、市村泰一監督「北の宿から」では天文学者(田村正和)と愛しあう大病院の令嬢、さらに永田雅一プロデューサーの再起第一作、佐藤純弥監督の「君よ憤怒の河を渉れ」76では無実の罪で警察に追われる元検事(高倉健)の逃亡の手助けをする北海道の牧場の娘など、いずれも準主演格で出演。続いて野村芳太郎監督の大作「八つ墓村」77で主人公・辰弥(萩原健一)の亡き母を助演したのち、熊井啓監督「お吟さま」では禁制のキリシタン大名・高山右近(中村吉右衛門)をひたむきに愛するヒロイン像を情感たっぷりに演じ、さらに佐藤純弥監督「野性の証明」78では暗い過去を持つ元・自衛隊員(高倉健)の恋人にふんするなど、大作、話題作にあい次いで出演。人気も大学生層を中心に根強いものがあるが、演技的にはいま一つ迫力に欠けるうらみが残る。しかし、歯に衣着せぬ発言はしばしばマスコミをにぎわし、「女優なんて商品よ」「映画もテレビも男優あっての女優。女優が真に主演できる作品に出たい」などとジェイン・フォンダばりの勇ましい発言もあった。近作は松竹の佐藤純弥監督「遥かなる走路」と野村芳太郎監督「震える舌」80。その間、テレビにはNHK『国盗り物語』73、『丼池太閤記』77、日本テレビ『さよなら今日は』74、『恋歌』77、TBS『地の果てまで』72、『白い影』73、『愛の殺意』79、『歴史の涙』80、フジ『光る海』72、『まひる野』77、NET『夜の学校』71、テレビ朝日『海峡物語』77、『風光る・亜紀子』79、など多数に出演。一方、舞台にも劇団青俳公演『罪と罰』73にソーニャにふんして初舞台を踏み、日生劇場『ロミオとジュリエット』74で市川染五郎と、帝劇『ハムレット』78で平幹二朗とそれぞれ共演。

中野良子の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 健さん

    2014年に他界した高倉健の人生哲学に迫るドキュメンタリー。マーティン・スコセッシやマイケル・ダグラス、山田洋次など国内外20人以上の名匠、名優の証言から、わずかな情報の中でしか明らかにされていない稀代の映画俳優の知られざる素顔を浮き彫りにする。監督は、ニューヨークを拠点に写真家としても活躍する日々遊一。ナレーションを「四十七人の刺客」「ホタル」で高倉健と共演した中井貴一が務める。
    90
  • いのちのコール ミセスインガを知っていますか

    子宮頸がん患者の女性を主人公に、患者が経験する肉体的、精神的な苦難を通して、病気への理解と生きることの素晴らしさを描いたドラマ。出演は「余命1ヶ月の花嫁」の安田美沙子、「小さいおうち」の室井滋、「ポールダンシングボーイ☆ず」の山口賢貴。自らも子宮頸がんを患った故・渡邉眞弓の企画により製作された。
    90
  • 女優(2010)

    日中国交正常化40周年記念作品として、寺西一浩の同名小説を著者自身が監督して映画化。上海に生まれ育った少女が、日本に渡って芸能界の荒波に揉まれながら、一人前の女優に成長してゆく姿を描く。出演は「交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦」の林丹丹、「君よ憤怒の河を渉れ」の中野良子、「篤姫ナンバー1」の秋本奈緒美。2012年7月8日、日経ホールにてプレミアム上映された。2012年11月3日からオーディトリウム渋谷より、全国公開される。
  • 孫文

    中国革命の父・孫文の生涯を描く伝記ドラマで、2時間50分のオリジナル版を日本公開に際し再編集したもの。監督は「逆光」の丁蔭楠、脚本は賀梦凡と張磊の共同、撮影は王亨里と候咏が担当。出演は劉文治、張燕など。
  • ヘッドフォン・ララバイ

    シブがき隊主演で高校駅伝をベースに三人の若者の友情と揺れ動く青春を描く。原作は窪田僚、脚本は「新宿酔いどれ番地 人斬り鉄」の小平裕と筒井ともみの共同執筆。監督は「五番町夕霧楼(1980)」の山根成之、撮影は「悪女かまきり」の奥村正祐がそれぞれ担当。主題歌は、シブがき隊(「ヘッドフォン・ララバイ」)。
  • 震える舌

    郊外の団地で平穏に暮す親娘の三人家族の娘が、テタナス(破傷風菌)に取りつかれ、伝染の恐怖におののく家族を描く。芥川賞作家、三木卓の同名の小説を映画化したもので脚本は「わるいやつら」の井手雅人、監督も同作の野村芳太郎、撮影も高作の川又昂がそれぞれ担当。
    80
  • 遙かなる走路

    現在のトヨタ自動車を築いた豊田喜一郎の自動車を作りだすまでの苦闘の人生を描く。木本正次の原作『夜明けへの挑戦』の映画化で、脚本は「地震列島」の新藤兼人、監督は「甦れ魔女」の佐藤純彌、撮影はの並木宏之がそれぞれ担当。
  • 野性の証明

    国家権力によって比類ない殺人技術を叩きこまれた男が、一人少女のなかに、自らの人間性の回復を託そうとする男の姿を描く森村誠一原作の映画化。角川映画第三弾。脚本は「日本の首領 完結篇」の高田宏治、監督は「人間の証明 Proof of the Man」の佐藤純彌、撮影は「順子わななく」の姫田真佐久がそれぞれ担当。
    79
    • 手に汗握る
    • かっこいい
  • お吟さま(1978)

    茶道の名匠・千利休の娘・吟の悲恋を描く、今東光原作の同題名小説の映画化。脚本は「京舞・四世井上八千代」の依田義賢、監督は「北の岬」の熊井啓、撮影は「ねむの木の詩がきこえる」の岡崎宏三がそれぞれ担当。
  • 八つ墓村(1977)

    数奇な運命に生まれた青年が、四百年にわたる怨念が息づく生地を訪れ、続発する血腥い殺人事件にまきこまれる姿を描くミステリー映画。原作は横溝正史の同名小説。脚本は「八甲田山」の橋本忍、監督は「昭和枯れすすき」の野村芳太郎、撮影は「錆びた炎」の川又昂がそれぞれ担当。
    70
  • 北の宿から

    都はるみの同名のヒット歌謡曲の映画化で、みちのくの北の宿を舞台に、三人の女の三様の女ごころの未練を描く。脚本は「パーマネント・ブルー 真夏の恋」のジェームス三木と篠崎好の共同、監督は「はだしの青春」の市村泰一、撮影は「反逆の旅」の小杉正雄がそれぞれ担当。
  • 君よ憤怒の河を渉れ

    無実の罪を着せられた現職の検事が、執拗な刑事の追跡をかわしながら真犯人を追っていくアクション映画。原作は西村寿行の同名小説。脚本は「金環蝕」の田坂啓、監督は脚本も執筆している「新幹線大爆破」の佐藤純彌、撮影は「金環蝕」の小林節雄がそれぞれ担当。
    70
  • 竹久夢二物語 恋する

    大正ロマンティシズムの代表的存在である竹久夢二が芸術に憑かれ、自ら傷つき、女性を遍歴する半生を描く。原作は夢二の自伝小説『出帆』。脚本は「日本侠花伝」の加藤泰、監督は「再会(1975)」の斎藤耕一、撮影は「ブロウアップ ヒデキ」の坂本典隆がそれぞれ担当。
  • 青い山脈(1975)

    石坂洋次郎原作の同名小説の四度目の映画化作品。昭和22年の静かな城下町にある女子高校を舞台にして、新旧の世代の対立と青春の歓びを描いた青春映画。脚本は「三婆」の井手俊郎と、剣持亘、監督は新人・河崎義祐、撮影は「青春の門(1975)」の村井博がそれぞれ担当。
  • 小林多喜二

    昭和初期の暗い時代に生きたプロレタリア作家・小林多喜二の愛と青春を描く、フィルムによるモニュメント。脚本は勝山俊介、監督は「海軍特別年少兵」の今井正、撮影は中尾駿一郎がそれぞれ担当。
  • 花心中

    姉と心中して生き残った男に、姉の心中にまで至った心情を理解しようと近ずいていく妹。それは、彼女自身の生き方を発見するための行動だった……。原作は阿久悠・作、上村一夫・画の同名劇画。脚本は福田陽一郎、監督は「喜劇 ここから始まる物語」の斎藤耕一、撮影も同作の坂本典隆がそれぞれ担当。
  • 無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた

    笹沢左保原作・小説の映画化二作目。妻と子を惨殺された無宿人御子神の丈吉が仇を求めて復讐の旅をつづける。脚本は「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」の石松愛弘、監督は脚本も執筆している同作の池広一夫、撮影も同作の宮川一夫。
  • 二人だけの朝

    「赤頭巾ちゃん気をつけて」でデビューした岡田裕介と「その人は女教師」の三船史郎、三船プロ専属の新人中野良子のトリオに加えて、他社初出演の江波杏子が共演する。脚本は「バツグン女子高校生 そっとしといて16才」の長野洋。監督も同作の松森健。撮影は「どですかでん」の斎藤孝雄がそれぞれ担当。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?