デイヴィッド・マナース

デイヴィッド・マナースの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 魔人ドラキュラ

    ハミルトン・ディーン及びジョン・L・ボルダーストン2人が脚本に組み立てたことにより舞台劇としても有名になっているブラム・ストーカー原作の小説を映画化したもので、「法の外(1930)」「鉄青年」の監督者トッド・ブラウニングが改作し、「河宿の夜」「法の外(1930)」のガレット・フォートが脚色し、ブローニング自身メガフォンをとった。主役を演ずるのは「心許すな殿方に」「反逆者」等に出演のベラ・ルゴシで助演者としては「ツェッペリン倫敦襲撃」「最敬礼」のヘレン・チャンドラー、「愛する権利(1930)」「摩天楼の銃声」のデイヴィッド・マナース、ドワイト・フライ、エドワード・ヴァン・スローン、「雷親爺」「怪紳士」のフランセス・デード、チャールズ・ジェラード、ジョーン・スタンディングその他が登場。撮影は「青春多恨」「姫君と武官」のカール・フロイントが担任。
  • 黒猫

    「フランケンシュタイン(1931)」「ミイラ再生」のボリス・カーロフと「モルグ街の殺人」「恐怖の夜」のベラ・ルゴシが共演する怪奇劇で、美術監督から昇進したエドガー・G・ウルマーが第1回作品として監督にあたった者である。エドガー・アラン・ポーの名作からヒントを得て監督者ウルマーがピーター・ルーリックと共同して書き下ろした脚本であるから原作とは甚だ相違がある。助演者は「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「国境隊」のジャクソン・ウェルズ、「土曜日の大観衆」のルシル・ランド、「最後の一人まで(1933)」のエゴン・ブレッチャー、「戦線の嵐」のハリー・コーディング等で、撮影は「摩天楼の悲劇」のジョン・J・メスコールが担当している。
  • ミイラ再生

    「フランケンシュタイン(1931)」「魔の家(1932)」のボリス・カーロフが主演する映画で、名キャメラマンとして世界的に知られているカール・フロイントが監督昇進第一回作品として監督したもの。「全米軍」「ボルネオの東」のリチャード・スカイヤーがニナ・ウィルコックス・ヴェトナム女史と共同して書き下ろしたストーリーをジョン・L・ボルダーストンが脚色した。撮影は「北海の漁火」「楽園の大河」のチャールズ・スティーマーの担当である。助演者は「虎鮫」のジタ・ジョハン、「最後の偵察」「魔人ドラキュラ」のデイヴィッド・マナース、「フランケンシュタイン(1931)」「魔人ドラキュラ」のエドワード・ヴァン・スローン、「龍の娘」「悪魔スヴェンガリ」のブラムウエル・フレッチャー等。
  • ブルースを唄う女

    「暴君ネロ(1932)」「三角の月」のクローデット・コルベールが主演する映画でグレイス・パーキンスの原作を「異国の母」のレイノーア・コッフィーと「シナラ」のリン・スターリングが共同脚色し、「419号室の女」「真夜の怪紳士」と同じくアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督し、「暴風と処女」のカール・ストラッスが撮影している。助演者は「肉体」のリカルド・コルテス、「お仰いましたわネ」のデビィッド・マナース、「三角の月」のリダ・ロバーティ、「坊やはお休み」のベビイ・レロイ、チャーリー・グレイプウィン、アルバート・コンティなどである。
  • 支配する声

    「都会の世紀末」「光に叛く者」のウォルター・ヒューストンが主演する映画で原作は「ワイオミングの男」「放浪船」の監督者ローランド・V・リーとが共力して書き、「繁昌娘」のロバート・ロードが脚色し、「特集社会面」のバイロン・モーガンが台詞を執筆、ローランド・V・リー自らメガフォンをとったもので助演者は「繁昌娘」「キスメット(1930)」のロレッタ・ヤング、「シンガポール航路」のドリス・ケミヨン、「愛する権利(1930)」のデイヴィッド・マナース、ジョン・ハリデイ等でキャメラは「特集社会面」「繁昌娘」のソル・ボリトが担当。
  • 愛する権利(1930)

    スーザン・グラスペルの小説「ブルック・エヴァンス」から「サラアと其の子」「夫無き妻」のゾー・エイキンスが脚色し「七日間の休暇」「ロマンスの河」のリチャード・ウォーレス、「アパートの殺人」「七日間の休暇」のチャールズ・ラングが撮影したもので、主役は「夫無き妻」「サラアと其の子」のルース・チャッタートン。助演者として「悪魔の日曜日」「若き翼」のポール・ルーカス、「恋愛戦線」のジョージ・バクスター、英国俳優のデイヴィッド・マナース、アーヴィング・ピチュルその他がつきあっている。
  • 競馬天国

    「獣人島」「謎の真空管」のアール・C・ケントンが監督した映画で、ローレンス・ハザード作の劇を「ジーキル博士とハイド氏(1932)」のパーシー・ヒースと「暴君ネロ(1932)」のシドニー・バックマンが共同脚色した。出演者は「心の青空」のキャロル・ロンバード、「拳骨大売出し」のジャック・オーキー、「謎の真空管」のエイドリアン・エイムス、「男子入用」のデイヴィッド・マナース、「あけぼの」のシドニー・ブラックマー、「裏町」のシャーリー・グレイ、新進のヴァーナ・ヒリー、「拳闘のキャグネー」のクラレンス・ミューズ、「二十四時間」のトーマス・ジャクソン、「密林の王者」のニディア・ウェストマン等で撮影は「拳骨大売出し」「七万人の目撃者」のヘンリー・シャープの担当。
  • 千万長者

    かつて「悪魔(1921)」「平民宰相」などにも出演して知られている舞台俳優ジョージ・アーリスが主演する映画で、原作は「七つの鍵」「熱砂果てるところ」のアール・ディア・ビッガース、それを「最後の栄冠」のジュリエン・ジョセフソンとモード・ハウエルが共同脚色し、ブース・ターキントンが台詞を付し、「男装女キャプテン」「親父どうした」のジョン・G・アドルフィが監督した。カメラは「某重大事件」「歓楽地帯」のジェームズ・ヴァン・ツリースが受持ちで助演者は「氷原の彼方」のエヴェリン・ナップ、「愛する権利(1930)」のデイヴィッド・マナース、ノア・ビアリーその他である。
  • キスメット(1930)

    かつて映画化されたことのあるエドワード・ノブロック作の同名の舞台劇のトーキー化で、キスメット俳優として名あるオーティス・スキナーが主演するもの。「恋の花園」「愛すればこそ(1929)」のジョン・フランシス・ディロンが監督、「命を賭ける男(1930)」「ヴァージニアン(1929)」のハワード・エスタブルックが脚色及び台詞、「噂の姫君」「猟奇ホテル」のジョン・サイツが撮影、に当たっている。助演者は「尖端一目惚れ」「ラグビー時代」のロレッタ・ヤング、「都会の女」「情熱のメキシコ」のメアリー・ダンカン、「摩天楼の銃声」のデイヴィッド・マナース、「猟奇ホテル」のシドニー・ブラックマー等で、フォード・スターリング、エドモンド・ブリーズ、モンタギュー・ラヴ等も出演している。
  • 奇跡の処女(1931)

    「希望の星」「夜の看護婦」と同じくバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、「結婚双紙」の脚色者ジョン・ミーハンとロバート・リスキンの合作の舞台劇を、「希望の星」のジョー・スワーリングが潤色し、「希望の星」「大飛行船」のフランク・キャプラが監督に当たった。主役を助けて、「男子入用」「キスメット(1930)」のデイヴィッド・マナース、「ハリウッドは大騒ぎ」のサム・ハーディ、「女性に捧ぐ」のベリル・マーサー、「死の拳銃狩」のラッセル・ホプトンが共演する。カメラは「海底二千尺」「大飛行船」のジョセフ・ウォーカーである。
  • 愛の鳴咽

    「トパーズ(1933)」「地方検事」と同じくジョン・バリモアが主演する映画で、イギリス劇作家クレネンス・デーン作の戯曲に基づいて「バワリイ」「暁の砂漠」のハワード・エスタブルックが劇作家・演出家のハリー・ワグスタフ・グリブルと共同して映画脚色し、「晩餐八時」「栄光のハリウッド」のジョージ・キューカーが監督にあたり、「笑う巨人」「女性二重奏」のシド・ヒコックスが撮影したもの。主演のバリモアを助けて「晩餐八時」「昨日」のビリー・バーク、映画初出演の舞台女優キャサリン・ヘップバーンが共演する他、「女性暴君」「暁の砂漠」のデイヴィッド・マナース、「シナラ」のヘンリー・スティーブンソン、「ケンネル殺人事件」のポール・カヴァナー、「暴風の処女」のエリザベス・パターソンが助演している。
  • 摩天街の銃声

    「ハリウッド盛衰記」「高速度娘恋愛合戦」と同じくアリス・ホワイト主演映画で、アール・ボールドウィンが自身執筆のストーリーから脚色及び、台詞を書き、「ラグビー時代」「僕の幸運日」のエドワード・クライン、デイヴィッド・マナース、「ハバナから来た女」「ブロードウェイ・メロディー」のケニス・トンプソン、「高速度尖端娘」のリタ・フリン、「ブロードウェイ黄金時代」「歓楽地帯」のリー・モーラン、「青春の幻想」のリチャード・クレイマー、「サンダーボルト(1929)」「暗黒街のローマンス」のロバート・エリオット、その他が助演、カメラは「君よ知るやわが悩み」「恋の走馬燈」のシド・ヒッコックスがクランクしている。
  • ローマ太平記

    「パーミー・ディス」「カンターの闘牛師」と同じくエディ・キャンターの出演するサミュエル・ゴールドウィン作品である。原作は「晩餐八時」のジョージ・カウフマンと「青空恋を乗せて」のロバート・E・シャーウッドとがキャンターのために書き下ろしたオリジナル・ストーリーで、「カンターの闘牛師」「鏡の前の接吻」のウィリアム・アンソニー・マクガイアが映画用に改作し、監督には物語場面を「ラジオは笑う」「頬は薔薇色」フランク・タイルが、舞踏場面を「四十二番街」「流行の王様」のバスビー・バークレイが、戦車場面をラルフ・シーダーが、それぞれ担任して監督した。キャンターを助けて出演する人々は、「青い部屋」「透明人間」のグロリア・スチュアート、「女性暴君」のデイヴィッド・マナース、「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール、「ジェニイの一生」のエドアード・アーノルド、それから人気歌手のルース・エティング、等である。撮影は「カンターの闘牛師」「仮面の男(1933)」のグレッグ・トーランドと「シナラ」「秘密」のレイ・ジューンとの協力になるもの。ただし戦場場面だけはジョン・W・ボイルがまわした。作曲作詞は「四十二番街」「ゴールド・ディガース」と同じくアル・ダビン、ハリー・ウォレンのコンビになった。
  • 女性の反逆

    「乙女よ嘆くな」「男装」のキャサリン・ヘップバーンと「愛情無限」「晩春」ハーバート・マーシャルが主演する映画で、ネッタ・サイレット作の小説を「一対二」「愛情無限」のアンソニー・ヴェイラーと「メリイ・ウイドウ(1934)」「白い蘭」のエルネスト・ヴァイダが協力脚色し、「トップ・ハット」「艦隊を追って」のマーク・サンドリッチが監督にあたり、「乙女よ嘆くな」「聖林裸道中」のロバート・デグラスが撮影した。音楽指揮は「有頂天時代」のナサニエル・シルクレットの担当である。助演者は「嵐の三色旗」のエリザベス・アラン、「支那ランプの石油」のドナルド・クリスプ、新人ドリス・ダッドリー、「幻の合唱」のデヴィット・マナース、新顔のヴァン・ヘフリン、「脱線僧正」のルシル・ワトスン等の面々である。
  • 女性暴君

    「ブダペストの動物園」と同じくラスキー作品で「地獄特急」「暴君ネロ(1932)」のエリッサ・ランディが、「闇の口笛」のアーネスト・トルエックス、「お仰いましたわネ」「ミイラ再生」の、デイヴィッド・マナース、「笑う罪人」「沈黙(1931)」のマージョリー・ランボーと共演するもの。ジュリアン・トンプソン作の舞台喜劇に基づいて「快走艇」「キートンの歌劇王」のラルフ・スペンスが脚色して台詞を書き添え、「嵐の国のテス(1932)」「あめりか祭」のソニア・レヴィーンが台本を作製し、ウォルター・ラングが監督に当たり、「嵐の国のテス(1932)」「あめりか祭」のハル・モーアが撮影した。助演者はオリンピック女流水泳選手ヘレン・マジソン、「第一年」のモード・エバーン、「六月十三日の夜」のヘレン・ウェーア、「暴君ネロ(1932)」のフェルディナンド・ゴットシャルク、タイニー・サンドフォード等。
  • 男子入用

    パラマウントからワーナー・ブラザースへ転社したケイ・フランシスの第二回主演映画で、ロバート・ロードが書卸した原作により「夜の看護婦」「オフィスワイフ」のチャールズ・ケニヨンが脚色、「最後の偵察」のウィリアム・ディーターレが監督、「国際盗賊ホテル」「天国の一夜」のグレッフ・トーランドが撮影した。助演者は「最後の偵察」「キスメット(1930)」のデヴィット・マナース、「琉球大学」のアンディ・デヴァイン、「陽炎の春」「マルタの鷹(1931)」のユーナ・マーケル、「ルンペン紳士」のガイ・キッピー、ケネス・トンプスン、ヴァージニア・セール、クレア・ドット等。
  • 幻の合唱

    「情熱なき犯罪」「透明人間」のクロード・レインズと「第三階級」「若草物語(1933)」のダグラス・モンゴメリーと共に主演する映画で、チャールズ・ディケンズの未完成小説に取材してレオポルド・アトラスとブラッドリー・キングが書き下ろし、「ミイラ再生」のジョン・L.ボルダーストンと「わがまま者」のグラディス・アンガーと共同脚色し、「鷲と鷹(1933)」「白い肉体」のスチュアート・ウォーカーが監督に当たり「百万ドル身代金」「ナガナ」のジョージ・ロビンソンが撮影した。助演者は「戦争と母性」のヘザー・エンジェル、「ブルースを唄う女」のデイヴィッド・マナース、新入社のヴァレリー・ホブスン、舞台から来たフランシス・L・サリヴァン、ウォルター・キングスフォード、E・E・クライヴ、ルイズ・カーター等である。
  • 雁(かりがね)

    マゾ・ドゥ・ラ・ローシュ作の1万弗懸賞当選小説の映画化で、「泉」「痴人の愛」のジョン・クロムウェルが監督に当たったもの「嫌疑者」のギャレット・フォートがラリー・バックマンと協力して改作し、「心の痛手」のアンソニー・ヴェイラーが脚色している。主なる主演者は「痴人の愛」のケイ・ジョンソン、「街の花嫁」のアイアン・ハンター、「十字軍」のC・オーブリー・スミス、「虚栄の市(1935)」のナイジェル・ブルース、「幻の合唱」のデヴィット・マナース、本邦では新顔のペギー・ウッド、「巴里も夜もすがら」のジェシー・ラルフ、英国映画界から来たモリー・ラモント、「今日の男性」のセオドア・ニュートン等で、撮影は「野いばら」のエドワード・クロンジェガーの担当。
  • 最後の偵察

    「無冠の帝王」に次ぐリチャード・バーセルメス主演映画で、「暁の偵察」と同じくジョン・モンク・ソーンダース氏が自作を脚色して台詞をつけ、「特集社会面」のバイロン・モーガンが台本を作り、かつて「裏町の怪老窟」「激流の哀曲」等に出演したウィリアム・ディーターレがワーナー社の監督者に招聘されて最初にものした映画である。助演者は「緑の処女地」のジョン・マック・ブラウン、「キスメット(1930)」のでデヴィッド・マナース、「スポーツ王国」のエリオット・ニュージェント、「目醒め」のウォルター・バイロン、「あけぼの」のヘレン・チャンドラーという錚々たる連中である。
  • 舞台に立つ妻

    「女難アパート」「冷蔵庫の赤ん坊」と同じくラルフ・マーフィーが監督に当たったチャールズ・R.ロジァース作品で、俳優グレゴリー・ラトフ作の小説を基として、ハンフリー・ピアソンが脚色したもの。出演者は「暴君ネロ(1932)」「女性暴君」のエリッサ・ランディ、「夫の日記」「可愛いマーカちゃん」のアドルフ・マンジュウ、「ブルースを唄う女」「カンターの闘牛師」のデヴィッド・マナース、「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、新人レイモンド・ウォルバーン、ポール・ポルカシ、ジュディス・ヴォセーリ等である。撮影は「麦畑を荒らす者」「冷蔵庫の赤ん坊」のミルトン・クラスナーの担当である。
  • 暁の砂漠

    「宝石泥棒」「風雲の国際連盟」のウィリアム・ディーターレが監督にあたった映画で「上海特急」「地獄特急」と同じくハリー・ハーヴェイが書き下ろし「奈落の青空」「仮面の男(1933)」のハワード・エスタブルックが脚色している。主演は「あめりか祭」「水兵上陸」のヴィクター・ジョリイ、「餓ゆるアメリカ」「生の創め」のロレッタ・ヤングの両優、「殺人魔の魂」のヴィヴィエン・オスボーン、「ブルースを唄う女」のデイヴィッド・マナース、「大帝国行進曲」のハーバート・マンディン、C・ヘンリー・ゴードン、J・キャロル・ナイシュが助演している。撮影は「あめりか祭」「嵐の国のテス(1932)」のハル・モーアの担当である。
  • 暁の総攻撃

    R・C・シェリフの名小説の映画化で、その舞台劇化に成功したジェームズ・ホエールが監督に当たったもの。脚色には「暗黒街全滅」のジョゼフ・モンキュア・マーチが任じた。主演は同舞台劇と同じくコリン・クライヴで、「愛の鳴咽」のデイヴィッド・マナース、「紅はこべ」のアンソニー・ブッシェル、「嵐の三色旗」のビリー・ビーヴァン、アイアン・マクラレン等が共演。撮影は「弓矢荘の惨劇」のベンジャミン・H・クラインの担当である。
  • 黄金に踊る

    「街の風景」「今宵ひととき」と同じくサミュエル・ゴールドウィン・プロダクションで、大当たりをとったゾー・エイキンス女史作の舞台喜劇に基いてロナルド・コールマン映画の脚色者たり戯曲家たるシドニー・ハワードが脚色し、俳優として古くから知られているローウェル・シャーマンが監督に当たり「街の風景」「国際盗賊ホテル」のジョージ・バーンズが撮影したもの。出演者は「名門芸術」のアイナ・クレア、「若き血に燃ゆる頃」「印度の寵児」のマッジ・エヴァンス、「群集の喚呼」「ルンペン紳士」のジョーン・ブロンデルの三金髪女優を始め、「男子入用」「最後の偵察」のデイヴィッド・マナース、「希望の星」「クラック将軍」のローウェル・シャーマン等である。
  • 419号室の女

    「明日は晴れ」のアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督した映画で、「上海特急」「ブロンド・ヴィナス」の脚色者ジュールス・ファースマンが書き下ろした物語を「七万人の目撃者」「爆走する悪魔」のP・J・ウルフソンおよびアレン・リヴキンの2人組がマヌエル・セフと共同して脚色に当たった。撮影は「暴君ネロ(1932)」「暴風の処女」のカール・ストラッスの担任。出演者は「ダンス・ティーム」「選手権目指して」のジェームズ・ダン、「魔の家(1932)」「全米軍」のグロリア・スチュアート、「競馬天国」「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「舗道」のウィリアム・ハリガン、「戦場よさらば」「暴風の処女」のジャック・ラルー、「恐怖の甲板」「競馬天国」のシャーリー・グレイ等で、その他ヴィンス・バーネット、ジョニイ・ハインズ、ガートルード・ショート、エフィー・エルスラー等助演。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/26

サンドラ・ブロック(1964)

オーシャンズ8

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

ミニオンズ

ユニバーサル・スタジオとクリス・メレダンドリ率いるアニメーションスタジオ、イルミネーションが贈るアトラクション3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター、ミニオンズを主役に描いた作品。ミニオンたちが仕えるべき最強のボスを探す旅を描く。前2作のピエール・コフィンに加え、「ロラックスおじさんの秘密の種」のカイル・バルダが監督を務める。「スピード」のサンドラ・ブロック、「バットマン」のマイケル・キートンらが声の出演。日本語吹替版では「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希、「009 RE:CYBORG」の声優・宮野真守らが参加。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の主題歌『Happy』が第86回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスが引き続き音楽を担当している。
スーザン・ジョージ(1950)

J&S さすらいの逃亡者

かの『ボニー&クライド』に材をとり、腐れ縁で結ばれた男と女をめぐるマカロニ・ウェスタン風味のラブ・ストーリー。監督は「続荒野の用心棒」「情無用のジャンゴ」など、ひねりの効いたマカロニ・ウェスタンのほか、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」はじめ様々なジャンルの映画を手がけた名職人セルジオ・コルブッチ。製作はロバート・ロヨラ、脚本はコルブッチ、マリオ・アメンドラ、アドリアーノ・ボルツォーニ、ホセ・マリア・フォルケ、サバティーノ・チウフィーニの共同、撮影はルイス・カドラード、編集はユージェニオ・アラビソ、美術はピエトロ・フィリッポがそれぞれ担当。音楽は「荒野の用心棒」はじめマカロニ・ウェスタンのテーマ曲で名を高めた巨匠エンニオ・モリコーネ。主演はコルブッチとは「情無用のジャンゴ」でも組んだトマス・ミリアンと「わらの犬」「マンディンゴ」などのスーザン・ジョージ。共演はTV「刑事コジャック」でおなじみの「特攻大作戦」などのテリー・サヴァラス、ゲストとして「テオレマ」「1900年」のラウラ・ベッティほか。ちなみに、本作は〈マカロニ・ウェスタン復活祭〉と題して、監督を同じくコルブッチが手がけた問題作「殺しが静かにやってくる」と連続上映された。

タイガーシャーク(1978)

夏のバカンス・シーズンで賑わう中米カリブ海の保養地を舞台に、風俗と、男女の恋を描きながら、人食いザメと人間の戦いを促えたパニック映画。製作はジェラルド・グリーン、監督・脚本はルネ・カルドナ・ジュニア、音楽はバージル・ポルドゥーリスが各々担当。出演は「マンディンゴ」のスーザン・ジョージ、フィオナ・ルイス、ジェニファー・アシュレー、アンドレス・ガルシア、ヒューゴー・スティグリッツなど。