ポール・カデアック ポール・カデアック

ポール・カデアックの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 別れの朝(1971)

    ドイツ青年将校に思いをよせるフランス娘の禁断の恋を描いた作品。製作はポール・カデアック、監督は「さすらいの青春」のジャン・ガブリエル・アルビコッコ、クリスティーヌ・ド・リボワールの小説「夜明け」をアルビコッコとピエール・カストが共同脚色、撮影はキント・アルビコッコ、音楽は「栗色のマッドレー」のフランシス・レイ、編集はジョルジュ・コルシが各々担当。出演は「ふたりだけの夜明け」のカトリーヌ・ジュールダン、「風の季節」のマチュー・カリエール、マドレーヌ・ロバンソン、ジャン・ヴィラール、クリスチャン・バルトース、ジャン・ジャック・リュスダールなど。
  • 黒豹は死なず

    金に目がない男たちが激突するサスペンスたっぷりのギャング・アクション。製作はポール・カデアック、監督はジャン・ピエール・デザニャ、アンドレ・レイの原作を、ジャン・ピエール・デザニャとパスカル・ジャルダンが共同で、脚本化、撮影は「パリは燃えているか」のマルセル・グリニョン、音楽は「冒険者たち」「さらば友よ」のフランソワ・ド・レーベが各々担当。出演は「ギャング」のミシェル・コンスタンタン、「悪魔のようなあなた」のセンタ・バーガー、「続 荒野の七人」のフリアン・マテオフ、「冒険者たち」のハンス・メイヤーなど。
  • O・S・S・117

    ジャン・ブリュースの原作『O・S・S・117コルシカに行く』をアンドレ・ユヌベル、ピエール・フーコー、レイモン・ボレル、リシャール・カロン、パトリス・ロンダールが共同で脚色、「城塞の決斗」のアンドレ・ユヌベルが演出したアクション・ドラマ。撮影はダニエル・ディオ、音楽は「地下室のメロディー」のミシェル・マーニュが担当した。出演は「惨殺!」のカーウィン・マシューズ、「史上最大の作戦」のイリーナ・デミック、ほかにナディア・サンデル、ジャック・アルダンなど。製作はポール・カデアック。黒白・メトロスコープ、一九六四年作品。
  • パリの秘密

    パリのスラム街を舞台に、若き公爵がうら若き娘を救おうと奔走する活劇。監督はアンドレ・ユヌベル。原作はウジェーヌ・シュー。出演はジャン・マレー、ダニー・ロバン、ジル・ハワースほか。1971年9月20日、TBS「月曜ロードショー」にて放映。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?