ヴェラ・バラノフスカヤ

ヴェラ・バラノフスカヤの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 母(1926)

    帝政ロシアの圧政の下で革命の一翼を担ったひとりの母の人間的成長とその革命を描いた作品。製作は一九二六年にサイレント版でメジュラブ・ルーシ・プロダクション。サウンド版は一九六八年モス・フィルムによる。原作はマクシム・ゴーリキーの同名小説。監督は「アジアの嵐」のフセヴォロド・プドフキン、脚色をナターン・ザルヒ、撮影はアナトリー・ゴロブニヤ、美術はセルゲイ・コズロフスキー、音楽はチーホン・フレンニコフがそれぞれ担当。出演はヴェラ・バラノフスカヤ、ニコライ・バターロフ、アレクサンドル・チスチャコフ、アンナ・ゼムツォワなど、プドフキンも警官役で出ている。
  • 毒瓦斯

    ペーター・マーティン・ランベルズ氏の戯曲『伯林を蔽う毒瓦斯』から、プドフキン氏附きの脚色者として知られているN・ザルヒ氏が脚色し、ミハエル・ドウブスン氏が監督に当たった映画で、主なる出演者は「美はしの人生」「若き日の恋」のハンス・ステューヴェ氏、「メトロポリス」「金」のアルフレッド・アベル氏、「死の花嫁」「パンドラの箱」のフリッツ・コルトナー氏、「母(1926)」のヴェラ・バラノフスカヤ嬢、リッシー・アルナ嬢、ゲルハルト・ダンマン氏等である。(無声)

Blu-ray/DVDで観る