ローザ・マリア・ペンナ ローザ・マリア・ペンナ

  • 出身地:ブラジル

ローザ・マリア・ペンナの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 切られた首

    仮想国(エルドラド)の権力者と成ることを夢見る男の狂宴をオール・スペインロケで描くドラマ。監督は「黒い神と白い悪魔」のグラウベル・ローシャ。2010年12月4日より渋谷シアター・イメージフォーラムにて開催された「シネマ・ノーヴォ特集」にて上映。
  • アントニオ・ダス・モルテス

    殺し屋アントニオの雄壮な冒険を軸に、宗教と集落民問題に起因する生々しい人間の確執を描いた作品。監督・脚本・美術を〈第三世界映画〉の旗手、「黒い神と白い悪魔」のグラウベル・ローシャ、撮影アルフォソン・ベアート、音楽マルロス・ノブレ、編集エドゥアルド・エスコレルが担当。主演はマウリシオ・ド・バーレ、オデッテ・ララ、オトン・バストス、ウーゴ・カルバーナ、ホフレ・ソアレス、ローザ・マリア・ペンナなど、なお、この映画はブラジルに古くから伝わる“聖ジョルジュ伝説”がもとになっており、原題は「邪悪のドラゴンと戦う聖者たち」。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません