ダニエル・ウィット

ダニエル・ウィットの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 女奴隷の復讐

    悪の権化フー・マンチューの世界征服の野望を描くアクション・ミステリー。製作はハリー・アラン・タワーズ、監督は「美女の皮をはぐ男」のジェス・フランコ。脚本は「怪人フー・マンチュー」のピーター・ウェルベック、撮影は「カサ・グランデのガンファイター」のマヌエル・メリノ、音楽は「悲しい奴」のダニエル・ウィット、編集はアラン・モリソンがそれぞれ担当。出演は「悪徳の快楽」のクリストファー・リー、リチャード・グリーン、ハワード・マリオン・クロフォード、ゲッツ・ゲオルゲ、マリア・ローム、リカルド・パラシオス、ロニ・フォンフライドル、フランシス・カーン、ツァイ・チンなど。イーストマンカラー、メトロスコープ。
  • 悲しい奴

    デイヴィッド・キューヌの原作『死んだ男の手』をルネ・セビーユが脚色、TV出身のジェス・フランコが演出したサディスティック・スリラー・ドラマ。撮影はマルク・クレマン、音楽はダニエル・ウィットが担当した。出演者は「ビキニの裸女」のハワード・ヴェルノン、アンナ・アスター、ポーラ・マルテル、テュリア・ネルソンなど。
  • 正午に銃殺の鐘が鳴る

    ヘンリー・チャンプリーの小説「明日死ぬ男」を「その顔をかせ」のエドモン・T・グレヴィルが監督した映画。脚本はピエール・ガスパール・ユイ、台詞ソランジュ・テラック。撮影は「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」のレオンス・H・ビュレル、音楽をダニエル・ウィットが担当した。出演するのは「巴里野郎」のダニー・ロバン、「テオドラ」のジョルジュ・マルシャル、「そこを動くな」のパスカル・ロベール、ホセ・レーゴイ、マルセル・リュボビシ、ピエール・デュダン等。製作フレッド・ドレンジアニ。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?