オーケ・ファルク

  • 出身地:スウェーデン・ヨーテボリ
  • 生年月日:1925年4月3日

オーケ・ファルクの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • カラヤン フィルム・コンサート マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 カラヤンがみずから監督している。1870年ごろのカラブリアの町の色彩と活気を巧みにとらえ、山場ではクローズアップを使ってすぐれた効果をあげている。トニオ役には、はイギリスのバリトン、ピーター・グロソップがはじめて起用された。彼はトニオの一見ひとあたりのいい仮面の下にある情熱と怒りを見事に表現した。カニオはジョン・ヴィッカーズが演じた。性格描写は圧倒的で、道化師の苦悩が悲劇のなかに、人の心に深く刻まれるような印象を残し、それを支えるオーケストラも壮大で力強い。芝居小屋の見物人でカラヤン自身も登場している。 (作品資料より)
  • スエーデン物語

    スウェーデンの田園を背普に、赤裸々な性の問題をとらえた作品。監督は「禁断」のオーケ・ファルク。原作はアルトゥール・ルンドクビスト、脚色は「禁断」のラルス・ウィディングとオーケ・ファルクが担当。撮影は「蛇」のマック・アールベルイ、音楽は「禁断の夜」のゲオルク・リーデル、製作は「年上の肌」のトーレ・ショーベルイが当っている。出演は「恍惚の泉」のジオ・ペトレ、「夜のたわむれ」のケーベ・イエルム、「禁断の夜」のハンス・エルンバック、ディアナ・チャール、エリック・ヘル、ケイ・ボンド、マッツ・オーリンなど。
  • 禁断(1965)

    スティーグ・ダゲルマンの小説を、新人ラルス・ウィディングが脚色、TV出身の新人アーケ・ファルクが監督した風俗ドラマ。撮影は「歓び」のルネ・エリクソン、音楽はゲオルク・リーデルが担当した。出演は「歓び」のコンビ、ヤール・キューレとクリスティーナ・ショリン、「鏡の中にある如く」のラルス・パッスガルド、新人レナ・ハンソンほか。製作はトーレ・ショーベルイ。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません