ウラジミール・ヨルダノフ ウラジミールヨルダノフ

ウラジミール・ヨルダノフの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ミモザの島に消えた母

    「サラの鍵」の原作者として知られるタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。幼い頃に母を亡くしたアントワンは今でも喪失感を抱えているが、家族は何かを隠している様子。母が死んだ西仏の島を調べるうちに、彼は思わぬ真実にたどり着く。監督はフランス映画祭2004で上映された「彼女の人生の役割」のフランソワ・ファヴラ。過去と現在を行き来させながら、複雑な思いが絡む家族を描く。母の死の真相を追う男性を「アンタッチャブルズ」のロラン・ラフィットが、彼の妹を「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロランが演じる。
  • 恍惚(2003)

    セクシーな娼婦に夫を誘惑させ、情事の一部始終を報告させることで性的快感を得る妻が、いつしか娼婦と奇妙で危うい関係に陥る官能ドラマ。「ドライ・クリーニング」のアンヌ・フォンテーヌ監督作。ファニー・アルダンとエマニュエル・ベアールが、あやうい魅力を発揮する。
  • ムッシュ・カステラの恋

    会社社長の中年男の純情な恋を描くユーモラスなラヴ・ストーリー。監督・脚本・出演は「恋するシャンソン」の脚本・出演などで知られるアニエス・ジャウイで、監督はこれが初めて。脚本・主演は同じく「恋するシャンソン」の脚本・出演を担当したジャウイのパートナーで、「パリの確率」などの俳優としても知られるジャン=ピエール・バクリ。撮影は「ヴァンドーム広場」のロラン・ダイヤン。共演は「ダントン」のアンヌ・アルヴァロ、「ディディエ」のアラン・シャバ、「ジャンヌと素敵な男の子」のクリスティアーヌ・ミレ、「アンナ・オズ」のジェラール・ランヴァン、「家族の気分」のウラディミール・ヨルダノフほか。2000年モントリオール国際映画祭グランプリ、同年ヨーロピアン・フィルム・アワード脚本賞、2001年セザール賞作品賞、脚本賞、助演女優賞、助演男優賞受賞。
  • 家族の気分

    仲良し家族が毎週集まる食事会の中で起こった口喧嘩を描いたアイロニカルなコメディ。「猫が行方不明」「百科店大百科」のセドリック・クラピッシュ監督の長編第4作。パリで8ヶ月のロングランを記録した95年モリエール演劇賞で最優秀喜劇賞受賞した同名舞台劇の映画化で、クラピッシュにとって初の原作ものとなる。主演者もすべて舞台と同じ俳優で固められた。脚本は原作者のアニエス・ジャウイ、ジャン=ピエール・バクリにクラピッシュが参加。製作は「ボーマルシェ フィガロの誕生」のシャルル・ガッソ。部分的に撮影は「猫が行方不明」と並行して進められ、撮影のブノワ・ドゥロム、美術のフランソワ・エマニュエリ、録音のフランソワ・ヴァルディッシュ、編集のフランシーヌ・サンベールはいずれもそのスタッフ。音楽は「夏物語」のフィリップ・エデル。出演は原作者でもある「サブウェイ」のジャン=ピエール・バクリ、アニエス・ジャウイのほか、「私の男」のジャン=ピエール・ダルッサン、「トムとローラ」のカトリーヌ・フロ、「Mr.レディ Mr.マダム」のクレール・モーリエ、「めぐり逢ったが運のつき」のウラディミール・ヨルダノフなど。96年モントリオール世界映画祭審査員特別賞、観客最高人気賞、97年セザール賞助演男優賞(ダルッサン)、助演女優賞(フロ)、脚本賞受賞。
  • めぐり逢ったが運のつき

    エレガントでクールな殺し屋とその弟子の若者、そして彼らが命を狙う女詐欺師の奇妙な関係を、エスプリをたっぷり効かせて描くしゃれたコメディー。監督はフランスのTV界で無数の脚本を書き、本作の初の劇場用映画となるピエール・サルヴァドーリで、彼の原案をエレーヌ・スピョットが脚色。製作は、サルヴァドーリの短編映画『掃除』(日本未公開)も手掛けたフィリップ・マルタン。撮影はジル・アンリ、音楽はフィリップ・エデルが担当。主演は「髪結いの亭主」「タンゴ」のジャン・ロシュフォール、ジャン・ルイ・トランティニャンの娘で「主婦マリーがしたこと」「真夜中の恋愛論」のマリー・トランティニャン、ジェラール・ドパルデューの息子で「めぐり逢う朝」のギョーム・ドパルデュー。共演はパタシュウほか。
  • ゴッホ

    新印象派の画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホとその弟テオの受難の生と不思議な連帯を綴った伝記映画。当初TV用に製作されたが、その出来の良さにより本国で劇場公開された。監督は「ニューヨーカーの青い鳥」のロバート・アルトマン。脚本はジュリアン・ミッチェル、撮影はジャン・ルピーヌ、音楽はジャン・ジャック・ベネックス作品などでお馴染みのガブリエル・ヤーレが担当。出演はティム・ロス、ポール・リース、ウラジミール・ヨルダノフなど。
  • 悪霊(1987)

    ドストエフスキーの原作を基に、情熱と暴力によってひとつの答えを捜し求める若者たちの幻想と狂気、荒廃を描く。監督は「愛の記録」のアンジェイ・ワイダ、脚本は「蒼い衝動」のジャン・クロード・カリエール、撮影は、ヴィトルド・アダメク、音楽はジグムント・コニエチヌイが担当。出演はイェジー・ラジヴィオヴィッチ、ランベール・ウィルソン、ジャン・フィリップ・エコフェイほか。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません