ジャック・ボイル

ジャック・ボイルの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 猛犬は裁く

    ボストン・ブラッキー譚で有名なジャック・ボイル氏の原作をチェスター・M・フランクリン氏とフランク・オコンナー氏とが脚色し、「恋の睡蓮」と同じくチェスター・M・フランクリン氏が監督したもので、「売られ行く魂」出演のエリナー・ボードマン嬢、「十番目の女」等出演のレイモンド・マッキー氏が主演し、名犬ピーターが主要な役を演じている。
  • 闇黒

    ボストン・ブラッキー譚の原作者として有名なジャック・ボイル原作の小説『マッギン婆さんの娘』“The Daughter of Mother McGinn”に基づき、フランシス・マリオン女史が脚色し、助監督から監督に昇進したジョージ・ヒルの第一回作品である。主役は「恋と食慾」「汝犯す勿れ」のコリーン・ムーア、「武士道華かなりし頃」のフォレスト・スタンレーで、共演はホバート・ボスウォース、マーガレット・セドン。ボストン・ブラッキーを主人公にした物語の一つである。
  • 霧の中の顔(1922)

    ジャック・ボイル氏原作になる「ボストン・ブラッキー物語」中の1説をボイル氏自身及びジョン・リンチ氏が脚色したものをアラン・クロスランド氏が監督したコスモポリタン映画である。主役は「浮世を茶にして」「魂を追う影」等のライオネル・バリモア氏、其多「ヴィクトリイ」「神の変えし女」等のシーナ・オウエン嬢、「雁」「大陸突破」等のメアリー・マクラレン嬢、「愛は奪う」等ローウェル・シャーマン氏等のお馴染が出演し、尚紐育劇壇で異常人気を博した名優ルイス・ウォルハイム氏も出演している。
  • 唱女の夫

    ジャック・ボイル氏の原作で、C・ガードナー・サリヴァン氏脚色、ウィリアム・S・ハート氏、ランバート・ヒルヤー氏共同監督という珍らしい顔振れで製作されたこの映画は、筋も今までのハート劇とはだいぶ趣きを異にしている。相手役の不貞な妻を演ずるのはファニタ・ハンセン嬢である。ニュース誌は「ハート氏はこの作品を発表したことを誇って良い」と激賞している。
  • 拾われた母

    「特急二十世紀」「紅蘭」のキャロル・ロンバードと「一日だけの淑女」「紅蘭」のメ イ・ロブスンが主演する映画で、ドワイト・テイラーの原作を「ますらを」「青空天国」のジョー・スワーリングが脚色し、「恋をしましょう(1933)」「月光瞑想曲」のデヴィッド・バートンが監督に当たり、「国境飛行隊」「光は野より」のデッド・テヅラフが撮影した。助演は「激浪」「紅蘭」のウォルター・コノリー、「罪じゃないわよ」「月の宮殿」のロージャ・プライアを始め、「青空天国」のアーサー・ホール、舞台から来たレイモンド・ウォルバーン、ジェームズ・バーク等である。
  • ボストン・ブラッキー

    ジャック・ボイル氏原作の怪盗ボストン・ブラッキー譚の一を映画化したもので、かつて女優たりしリー・ベイアード女史が脚色し「ロスト・ワールド」の監督者で最近では「ワシントン街十三番地」「バラウー」等の脚色者として知られているハリー・オー・ホイト氏が監督した。主役はレイモンド・グレン氏と「ある男の過去」出演のコーリス・パーマー嬢で、ストロングハート(犬)が活躍し、コイト・アルバートソン氏、ウィリアム・ウォーシントン氏、ローズメリー・クーパー嬢等が助演している。主任撮影技師は「炭坑」「男装女キャプテン」のアーネスト・ミラー氏である。
  • 歩み疲れて

    「愛を盗む男」「霧の中の顔」等の原作者なるジャック・ボイルの原作を、「神の変えし女」と同じくドティー・ホバートが脚色し、「死人無言」「喇叭島」等と同じくトム・テリスが監督した。主役は「魂を追う影」「霧の中の顔」等に主演したライオネル・バリモアで対手役には「法に直面して」等出演のマーゲリット・マーシュ。その他「改造」「血涙に咽ぶ人々」等出演のマーガレット・セッドンや「ユーモレスク(1920)」に出た子役のミリアム・バティスタ等が共演する。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/28

ジョン・デヴィッド・ワシントン(1984)

TENET テネット

「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督によるSFスリラー。ある男に、現在から未来に進むという時間のルールから脱出するミッションが課せられる。時間に隠された秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるミッションのキーワードは『TENET』だった。突如一大任務に巻き込まれた男を「ブラック・クランズマン」のジョン・デヴィッド・ワシントンが、相棒を「ハイ・ライフ」のロバート・パティンソンが演じる。

ブラック・クランズマン

鬼才スパイク・リー監督が手がけた第71回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKKに潜入捜査する顛末を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、デンゼル・ワシントンを父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン主演で映画化。共演は「パターソン」のアダム・ドライバー、「スパイダーマン:ホームカミング」のローラ・ハリアー、「アンダー・ザ・シルバー・レイク」のトファー・グレイス、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のアレック・ボールドウィン。音楽は「マルコムX」「25時」「セントアンナの奇跡」など、スパイク・リー作品を数多く手がけてきたテレンス・ブランチャード。
チョ・インソン(1981)

安市城 グレート・バトル

唐の侵略に立ち向かった高句麗の武将ヤン・マンチュンの戦いを描く歴史アクション。西暦645年。唐の太宗皇帝は20万を超える大軍を率いて高句麗への進撃を開始。各地で敗走が続く中、安市城城主ヤン・マンチュンは、わずか五千の兵と共に戦いを決意する。出演は「ザ・キング」のチョ・インソン、『ハベクの新婦』のナム・ジュヒョク、「スウィンダラーズ」のパク・ソンウン。

ザ・キング

韓国の賞レースを席巻したクライム・エンタテインメント。地方都市の新人検事テスは、ソウル中央地検のエリート部長ガンシクと出会う。他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだガンシクの正体を知ったテスは、悪の魅力に染まっていく。出演は、ドラマ『大丈夫、愛だ』のチョ・インソン、「アシュラ」のチョン・ウソン、「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ、ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のリュ・ジュンヨル。監督は、「観相師 かんそうし」のハン・ジェリム。第53回百想芸術大賞助演女優賞(キム・ソジン)、新人男優賞(リュ・ジュンヨル)受賞。第54回大鐘賞助演男優賞(ペ・ソンウ)、助演女優賞(キム・ソジン)、シナリオ賞、編集賞受賞。