マルキ・ド・サド

マルキ・ド・サドの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • マルキ・ド・サドの調教哲学

    淫蕩な侯爵夫人が無神論者の哲学らと結託し、18歳の処女を官能調教する二日間を描くエロティック文芸ドラマ。マルキ・ド・サドの『閨房哲学』を原作に、「肉屋」のアウレディオ・グリマルディが監督。
  • マルキ・ド・サド 第三の悪徳

    マルキ・ド・サド侯爵『ジュスティーヌあるいは美徳の不幸』のエロティックな映画化作品。主演は、「新・青い体験」にも出演し、英アンドリュー王子と浮き名を流したクー・スターク。
  • 悪徳の栄え(1988)

    犯罪者ばかりの劇団がマルキ・ド・サドの「悪徳の栄え」を演じる様子を虚構と現実を交錯させながら描く。マルキ・ド・サド原作の同名小説の映画化で、脚本は「1999年の夏休み」の岸田理生が執筆。監督は「帝都物語」の実相寺昭雄、撮影は同作の中堀正夫がそれぞれ担当。
  • ソドムの市(1975)

    1975年11月2日、不慮の死を遂げたピエル・パオロ・パゾリーニの遺作で、ナチズムに加担する4人のファシストが少年少女を集めて繰り展げる一大狂宴を描く。製作はアルベルト・グリマルディ、脚本はパゾリーニとセルジオ・チッティ、原作はマルキ・ド・サドの「ソドムの120日」、撮影はトニーノ・デリ・コリ、音楽はエンニオ・モリコーネ、衣裳はダニロ・ドナティ、編集はウンベルト・アンセルッチ、録音はドメニコ・パスクァディセグリィがそれぞれ担当。出演はパオロ・ボナチェリ、ジョルジョ・カタルディ、ユベルト・P・クィンタバル、アルド・ヴァレッティ、カテリーナ・ボラット、エルザ・ド・ジョルジ、ヘレン・サルジェール、ソニア・サビアンジュほか。
  • 淫蕩の沼

    マルキ・ド・サド原作の『閨房の哲学』を映画化。
  • 悪徳の栄え(1963)

    十八世紀フランスの作家マルキ・ド・サドの『ジュスティーヌまたは美徳の不幸』及び『ジュリエット物語または悪徳の栄え』の原作を、「戦士の休息」のロジェ・ヴァディムとロジェ・ヴァイヤンが脚色し、ヴァディムが監督したもの。撮影は「危険な関係」のマルセル・グリニョン、音楽はミシェル・マーニュ。出演者は「フランス女性と恋愛」(離婚篇)のアニー・ジラルド、「パリジェンヌ」第四話のカトリーヌ・ドヌーヴ、「戦士の休息」のロベール・オッセン、O・E・ハッセ、フィリップ・ルメールなど。製作はアラン・ポワレ。黒白・ディアリスコープ。
  • マルキ・ド・サドのジュスティーヌ

    禁断の作家マルキ・ド・サドの原作『ジュスティーヌ、または美徳の不幸』の映画化。ジュスティーヌには「イタリア式 愛のテクニック」で初登場のロミナ・パワー、サディズム教の教主には「ゲバラ!」のジャック・パランス、サドには「群盗荒野を裂く」のクラウス・キンスキーが、扮している。共演は「ボディガード」のシルヴァ・コシナ、「キャサリン大帝」のエイキム・タミロフ、ローズマリー・デクスター、マーセデス・マッケンブリッジ、マリア・ローム等。監督は西独のジェス・フランコ。脚色はピーター・ウェルベック、撮影はマヌエル・メリノ、音楽はブルーノ・ニコライが担当。製作はハリー・アラン・タワーズ。
  • 背徳の性書 ザ・ポルノグラフィ

    ラ・フォンテーヌを始め、世界の文豪達が書き綴ったエロティックな禁断の愛を美しく映像化。浮気を企む3人の若妻のアヴァンチュールを描いた「若妻」、女装の男と男装の女が繰り広げる異色の恋愛模様を描いた「仮面遊戯」と、「姪」の全3話を収録。【スタッフ&キャスト】監督:ミッシェル・ボアロン/ダレン・カロン/ジャン・ルイス・ブニュエル 原作:ラ・フォンティーヌ/マルキ・ド・サド/ミラボー 出演:ダイアン・ニーダマン/カトリーヌ・レプリンス

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?