ハインツ・ヘルシャー

ハインツ・ヘルシャーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 恋のロックバルーン

    キュートな女子高生が2人の男の子をめぐってヴェニスまでかけ落ちの旅をするという青春映画。製作はぺーター・ゼンク。監督はヴォルフガング・ビュルト。脚本はビュルトとゲオルク・ザイツ、撮影はハインツ・ヘルシャーが担当。出演はネーナ、マルクス、モルゲンロット、カール・ダール、エクストラブレイトなど。英語サウンドトラック。
  • パトリシアの夏

    アテネのパルテノンを振り出しにエーゲ海への放浪の旅に出たひとりの娘の体験を描く青春映画。製作はエーリッヒ・トメック、監督はヅギ・ゲッツ、撮影はハインツ・ヘルシャー、音楽はゲルハルト・ハインツが各々担当。出演はベティ・ベルジェス、クラウス・リヒト、オリヴィア・パスカルなど。
  • 卒業試験(1974)

    性に眼ざめた十代の男女の性体験を描く。監督はウオルフガング・バウアー、撮影はハインツ・ヘルシャー、音楽はゲルハルト・ハインツが各々担当。出演はシルヴィア・クリステル、エッケハルト・ベレ、ジャン・クロード・ブイヨン、テリー・トルダイなど。
  • みどりの賛歌

    歌の大好きな孤独な少年の冒険旅行を描く。製作はハインツ・ヴィレッグ、監督はヴェルナー・ヤコブス、脚本はエバーハルド・カインドルフとヨアンナ・シベリウス、音楽はライモンド・ローゼンバーガー、撮影はハインツ・ヘルシャーが各々担当。出演はハインチェ、ハインツ・ラインケ、ガーリンデ・ロッカーなど。
  • 野獣兵団

    ヴォルフガング・アルテンドルフの原作をO・ウティグ、ミハエル・マンスフェルト、パウル・H・ラミュウの三人が脚色、西独の新進ユルゲン・ローランドが監督した戦争ドラマ。撮影はテッド・コーノウィッツとハインツ・ヘルシャーが担当した。出演は「大脱走」のハンネス・メッセマー、アルミン・ダーレン、ピーター・ヘルツォーク、インゲ・ランゲン、エヴァ・カサリナ・シュルツほか。製作はヘルマン・シュヴェリン。
  • アンクル・トム

    ハリエット・ビーチャー・ストウの『アンクル・トムス・ケビン』を、フレッド・デンジャーと「ヨーロッパの何処かで」の監督ゲザ・フォン・ラドヴァニが共同脚色、ゲザ・フォン・ラドヴァニが監督したアメリカ文学のヨーロッパでの映画化。撮影はハインツ・ヘルシャー、音楽はピーター・トーマスが担当した。出演は「平和に生きる」のジョン・キッツミラー、「大いなる不倫」のO・W・フィッシャーのほかにエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、ゲルトラウト・ミッテルマイヤー、ミレーヌ・ドモンジョ、ジュリエット・グレコなど。イーストマンカラー・70ミリ・スーパーパノラマ。
  • 壮烈!ブランデンブルグ師団

    ハラルト・フィリップが脚本を執筆、自ら演出した戦争ドラマ。撮影はハインツ・ヘルシャー、音楽はハンス・マルティン・マイエフスキーが担当した。製作はウィリー・ツァイン。出演はウォルフガング・ライヒマン、ピーター・ノイゼル、クラウス・キントラー、ハンス・E・イエーゲル、ヘルムート・エーサーほか。
  • 〇八/一五

    西独の作家ハンス・ヘルムート・キルシュトの小説をエルンスト・フォン・ザロモンが脚色、パウル・マイが監督、ハインツ・ヘルシャーが撮影、ロルフ・ヴィルヘルムが音楽を担当した。出演者は殆ど無名の俳優や新人である。題名の番号は当時の独軍で採用された新式自動銃のナンバーを示す。
  • 犯罪部隊999

    第二次大戦の末期、悲惨な最後をとげた独第999歩兵大隊(通称“犯罪部隊”)の実録(原作ハインツ・G・コンサリク)にもとづき、新進監督ハラルト・フィリップが原作者及びヴォルフガング・メンゲの協力で脚本を書いた。ユーゴでロケが行われた。撮影はハインツ・ヘルシャー、音楽はウィリー・マテス。出演は「最後の戦線」のソニア・ツィーマンのほかは新人か舞台俳優で、ゲオルク・トーマス、ヴェルナー・ペータースら。製作ウィリー・ツァイン。