モーリス・ブラックバーン モーリスブラックバーン

モーリス・ブラックバーンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 山村浩二 右目と左目でみる夢

    「頭山」がアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされるなど国内外で高い評価を受けるアニメーション作家・山村浩二の短編集。バレエ・リュスのパリ初演100年を記念した「サティの『パラード』」をはじめ2006~2017年制作の9本を上映。「サティの『パラード』」(2016)のほか、絵本化もされた「怪物学抄」(2016)、オムニバス・アニメーション「TOKYO LOOP」の一篇「Fig(無花果)」(2006)、2011年にテレビ番組『極上美の饗宴 シリーズ琳派・華麗なる革命(1)究極の躍動美~俵屋宗達 鶴下絵和歌巻~』にて放映された「鶴下絵和歌巻」(2011)、2013年に『古事記ガール 日向路を旅する』にて放映された「古事記 日向篇」(2013)、トロント・リールアジアン国際映画祭20周年を記念した「干支1/3」(2016)、アプリのデモンストレーション用に即興的に制作された「five fire fish」(2013)、ノーマン・マクラレンの1949年の作品「色彩幻想」の抜粋を用いた「鐘声色彩幻想」(2014)、舞台用に制作している全4章作品の劇場試作版第1章にあたる「水の夢」(2017)を収録。
  • いたずら椅子

    次々に斬新な技法で実験的な作品を生み出したアニメーション作家ノーマン・マクラレンが、クロード・ジュトラとともに制作し第30回アカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされたコメディ。『ノーマン・マクラレン作品集 カンヌ国際映画祭セレクション』として、「郵便はお早めに」「星とストライプ」「めんどりの踊り」「灰色めんどり」「色彩幻想-過去のつまらぬ気がかり」「隣人」「線と色の即興詩」「つぐみ-小鳥のファンタジー」「マクラレン開会の辞」「水平線」「パ・ド・ドゥ」「シンクロミー」とともに、2008年10月25日よりシアター・イメージフォーラムをはじめ各地で順次上映された。
  • パ・ド・ドゥ

    次々に斬新な技法で実験的な作品を生み出したアニメーション作家ノーマン・マクラレンが、男女ペアになったバレエダンサーの姿を捉えた作品。ダンサーの輪郭を照明で浮かび上がらせ、フィルム上で同じコマを約10コマ焼き付けてダンサーの動きを流れるように描いていく。1969年の英国アカデミー賞アニメ映画賞を受賞。第41回アカデミー賞短編実写映画賞ノミネート。『ノーマン・マクラレン作品集 カンヌ国際映画祭セレクション』として、「郵便はお早めに」「星とストライプ」「めんどりの踊り」「灰色めんどり」「色彩幻想-過去のつまらぬ気がかり」「隣人」「線と色の即興詩」「いたずら椅子」「つぐみ-小鳥のファンタジー」「マクラレン開会の辞」「水平線」「シンクロミー」とともに、2008年10月25日よりシアター・イメージフォーラムをはじめ各地で順次上映された。
  • 声なき叫び

    強姦の被害者を中心にニュースフィルムを挿入したり監督と編集者の対話などを盛り込んで、強姦の深刻さを訴えかける。アンドレ・ネジャーの書いた実話ドキュメント『スザンヌの物語』を基にしている。製作はアンヌ・クレール・ポワリエとジャック・ガニエ、製作指揮はローレンス・ペール。監督は女性のアンヌ・クレール・ポワリエ。脚本はポワリエとマルト・ブラックバーン、撮影はミシェル・ブロー、音楽はモーリス・ブラックバーンが担当している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません