ベン・カラザース

ベン・カラザースの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 荒野に生きる

    未開時代のアメリカ北西部を舞台に、瀕死の身を荒野に置き去りにされた男の生命力と復讐を描く。製作はサンフォード・ハワード、監督はリチャード・C・サラフィアン、1823年に実際にあった「アリカラ事件」をもとにジャック・デ・ウィットが脚本を執筆した。撮影はゲリー・フィッシャー、音楽はジョニー・ハリス、編集はジョフリー・フットが各々担当。出演はリチャード・ハリス、ジョン・ヒューストン、ジョン・ビンドン、ベン・カラザース、ジェームズ・ドゥーハンなど。
  • 暴動

    州立刑務所内に起った暴動を描くアクション編。監督はテレビ界出身のバズ・クリーク。フランク・エッリの原作を「野のユリ」のジェームズ・ポーが脚色。撮影は、ロバート・ハウザー、音楽は「ローズマリーの赤ちゃん」のクリストファー・コメダ、美術はポール・シルバート、編集をエドウィン・H・ブライアントが担当。製作は「ローズマリーの赤ちゃん」のウィリアム・キャッスル、ドナ・ホロウェイ。出演は「」のジム・ブラウン、「俺たちに明日はない」のジーン・ハックマン。その他、マイク・ケリン、ベン・カラザース、ジェラルド・オローリン、ビル・ウォーカー、それに実際の刑務所長のフランク・アイマンなど。テクニカラー、ビスタサイズ。1968年作品。
  • アメリカの影

    アメリカン・ニューウェーブの旗手、ジョン・カサヴェテスが台本なしで演出したセミ・ドキュメンタリー・ドラマ。撮影はエリック・コルマー、音楽はチャールズ・ミンガスが担当した。セリフは監督がその場面に応じて即興的な説明したものを語ったもの。出演はレリア・ゴルドーニ、ヒュー・ハード、ベン・カラザース、アンソニー・レイら無名の新人で、映画の中でも本名を用いてあるのは面白い試みといえる。ヒュー・ハードは大島渚の「飼育」に出演したことがある。