カール・ライナー カールライナー

  • 生年月日:1922/03/20
  • 没年月日:2020/06/29

カール・ライナーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • オーシャンズ13

    ラスベガスを舞台に、凄腕の犯罪チームが華麗な活躍を繰り広げる「オーシャンズ」シリーズの第三弾。今回は仲間の一人を罠に嵌めたホテル王へのリベンジ計画が展開する。出演はジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンといったレギュラー・メンバーのほか、「トゥー・フォー・ザ・マネー」のアル・パチーノ、「セレブの種」のエレン・バーキンが参加。監督はシリーズを通してスティーヴン・ソダーバーグ。
    60
  • オーシャンズ12

    ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、マット・デイモン…人気ハリウッド・スターが一同に結集し、全世界で大ヒットを放った「オーシャンズ11」の続編。ヨーロッパ全土を舞台に、犯罪のドリームチームが新たに一大計画を仕掛ける。監督も引き続きスティーヴン・ソダーバーグ。新たに加わるのは、アカデミー賞女優キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、フランス人俳優ヴァンサン・カッセル。
    60
  • オーシャンズ11

    11人のプロフェッショナルによる現金強奪作戦を描く小粋なクライム・ムーヴィー。1960年作「オーシャンと11人の仲間」のリメイク。監督は「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ。撮影もピーター・アンドリューズ名義で彼自身が担当。脚本は「完全犯罪」のテッド・グリフィン。音楽は「アウト・オブ・サイト」のデイヴィッド・ホルムズ。編集は「トラフィック」のスティーヴン・ミリオン。衣裳は「エリン・ブロコビッチ」のジェフリー・クアランド。出演は「オー・ブラザー!」のジョージ・クルーニー、「スパイ・ゲーム」のブラッド・ピット、「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツ、「すべての美しい馬」のマット・デイモン、「絶体×絶命」のアンディ・ガルシア、「200本のタバコ」のケイシー・アフレック、「60セカンズ」のスコット・カーン、「ソードフィッシュ」のドン・チードル、「アメリカン・ヒストリーX」のエリオット・グールドほか。
    60
  • マージョリーの告白

    平凡な主婦が不倫を経て新たな人生に目覚めていくハプニングコメディ映画。監督はロブ・ライナーの父で、「天国から落ちた男」のカール・ライナー、製作はデイヴィッド・レスター、ドン・ミラー、リズ・グロッツァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・ウェストとジョージ・シャピロ、脚本はマーサ・ゴールドハーシュ、撮影はレイナルド・ヴィラロボス、音楽はジャック・エリオットが担当。
    87
    • 笑える
    • 考えさせられる
  • 天国から落ちた男

    しがない根なし草の若者がふとしたことから会社の社長に成り上がり、アッという間に再び無一文になるという人生の浮き沈みをユーモラスに描いたコメディ映画。製作はディビッド・V・ピッカーとウィリアム・E・マッキーアン、監督は「オー! ゴッド」のカール・ライナー。スティーブ・マーティン、カール・ゴットリーブの原案を基にスティーヴ・マーティン、カール・ゴットリーブとマイケル・エライアスが脚色。撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽はジャック・エリオットが各々担当。出演はスティーヴ・マーティン、バーナデット・ピータース、カトリン・アダムス、メイベル・キング、リチャード・ワード、ビルメイシー、モーリス・エヴァンスなど。日本語版監督は金田文夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1979年作品。
    87
    • 泣ける
    • 笑える
  • オー!ゴッド

    20世紀のロサンゼルスに神様が現われるという奇想天外なコメディ。製作は「ナッシュビル」のジェリー・ワイントローブ、監督はTV界出身のカール・ライナー。アベリー・コーマンの原作をラリー・ゲルバートが脚色、撮影は「狼たちの午後」のヴィクター・J・ケンパー、編集はバッド・モーリン、美術はジャック・センター、音楽はジャック・エリオットが各々担当。出演は「サンシャイン・ボーイズ」のジョージ・バーンズ、ジョン・デンバー、テリー・ガー、ドナルド・プレザンス、ポール・ソルビノなど。
    87
    • 笑える
  • ゼネレーション

    今日の若者の生き方と親の考え方の断層をユーモラスに描いた作品。製作総指揮はレオナード・ライトストン、製作は原作戯曲の作者でもあるブロードウェイ出身のフレデリック・ブリッソン、監督は「ペンダラム」のジョージ・シェーファー。脚色はウィリアム・グッドハート、撮影はライオネル・リンドン、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はジェームズ・T・ヘッカートがそれぞれ担当。出演は「宇宙からの脱出」のデイヴィッド・ジャンセン、新人キム・ダービー、ほかにカール・ライナー、ピート・デュエル、アンドリュー・プラインなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。
  • アメリカ上陸作戦

    ナサニエル・ベンチレイの小説を原作にしてウィリアム・ローズが脚色し、「シンシナティキッド」のノーマン・ジュイソンが製作・監督したコメディー。撮影はジョセフ・バイロック、音楽はジョニー・マンデルが担当。出演はカール・ライナー、エヴァ・マリー・セイント、アラン・アーキン、ブライアン・キースほか。
    87
    • 手に汗握る
    • 感動的な
    • 考えさせられる
  • 恋するパリジェンヌ

    リチャード・アラン・シモンズとウィリアム・サックハイムのストーリーを、「スリルのすべて」のコンビ、カール・ライナーが脚色、ノーマン・ジュイソンが監督したコメディ。撮影はラッセル・メティ、音楽はサイ・コールマンが担当した。出演は「卑怯者の勲章」のジェームズ・ガーナー、「何という行き方!」のディック・ヴァン・ダイク、「暗闇でドッキリ」のエルケ・ソマー、「殺人者たち」のアンジー・ディッキンソンのほかにカール・ライナー、ピエール・オラフ、エセル・マーマンなど。製作はロス・ハンター。
  • ヤング・ハワイ

    フレデリック・コーナーの原作をルース・ブルークス・フリッペンが脚色、「ギジェット」シリーズ(サンドラ・ディーをスターダムに送った)で名をなしたポール・ウェンドコスが演出したアメリカ青春ドラマ。撮影は「ボーイハント(1961)」のロバート・ブロナー、音楽は「ピクニック」のジョージ・ダニングが担当した。製作はジェリー・ブレスラー。主題歌はフレッド・カーガーが作詞しスタンリー・スタインが作曲した。出演は「パリよこんにちは」のデボラ・ウォーリー、「ナバロンの要塞」のジェームズ・ダーレン、「勝利者(1963)」のマイケル・カラン、「ペペ」のヴィッキー・トリケット、ほかにカール・ライナー、ペギー・カスなど。
  • スリルのすべて

    マスコミの怪物TVを明るく風刺したロマンチック・コメディ。「タミーとドクター」のロス・ハンターとマーティン・メルチャーの製作、「40ポンドのトラブル」のテレビ出身ノーマン・ジュイソンが演出した。カール・ライナーが脚本、ラッセル・メティが撮影を、ジョセフ・ガーシェンソンが音楽を、夫々担当している。出演者は「先生のお気に入り」「ミンクの手ざわり」のドリス・デイ、「噂の二人」「大脱走」のジェームズ・ガーナー、ほかにザス・ピッツ、ルーシー・ランドウ、エリオット・リード、エドワード・アンドリュース、ブライアン・ナッシュなど、TV界の人気タレントの大挙出演。
  • 奥様の裸は高くつく

    アレック・コッペルの戯曲を「恋の売り込み作戦」のジョージ・ウェルズが脚色し、「野郎!拳銃で来い」のジョージ・マーシャルが監督したコメディ。撮影は「タイム・マシン」のポール・C・ヴォーゲル、音楽をジェフ・アレクサンダーが担当。出演は「それはキッスで始まった」のグレン・フォード、「ねずみの競争」のデビー・レイノルズ、ほかにカール・ライナー、ジョン・マクギバー、マーベル・アルバートソンら。製作ローレンス・ウェインガーテン。
  • オール・オブ・ミー 突然半身が女に!

    楽団のギタリストとの二足わらじの弁護士ロジャーは、死にかけた大富豪の女主人の遺言の件を請け負うことになり、死んだ彼女の魂がロジャーの右半身に乗り移ってしまう。ワガママ女と無責任男が同じ身体を使いながら、妙な友情が芽生えていく…。【スタッフ&キャスト】製作:スティーヴン・フリードマン 原作:エド・ディヴィス 監督:カール・ライナー 脚本:フィル・アンデン・ロビンソン 出演:スティーヴ・マーティン/リリー・トムリン/ヴィクトリア・テナント/マドリン・スミス=オズボーン
  • もう一度アイ・ラブ・ユー

    ベット・ミドラーとデニス・ファリナ共演によるラブコメディ。元夫婦が娘の婚約を機に激しい恋に落ちる。“「ユニバーサル・ベスト・ヒット・コレクション \980」キャンペーン”。※2006年1月31日までの期間限定出荷※一般告知解禁日:8月26日【スタッフ&キャスト】監督:カール・ライナー 製作・脚本:レスリー・ディクソン 撮影:スティーヴ・メイソン 音楽:パトリック・ウィリアムズ 出演:ベット・ミドラー/デニス・ファリナ/ポーラ・マーシャル/ゲイル・オグラディ
    80
  • 2つの頭脳を持つ男

    スティーブ・マーチンとキャスリーン・ターナーが共演したスリラーコメディー。ドクター・ハフハールは、世界的な脳外科手術の権威。悪妻に心乱される彼の唯一の支えは、生きてる脳“アン・マールメヘイト”との会話だけだった。※11/2より発売日変更【スタッフ&キャスト】監督・脚本:カール・ライナー 脚本・出演:スティーブ・マーチン 脚本:ジョージ・ガイプ 製作:デビッド・V・ピッカー/ウィリアム・E・マキューエン 出演:キャスリーン・ターナー/デビッド・ワーナー/ジェフリー・コムズ
    90
  • あかつき(1933)

    「桃源郷」「私は昼あなたは夜」のケーテ・フォン・ナギと「コスモポリス」「白日鬼」のハンス・アルバースが主演する映画で、「朝やけ」のグスタフ・ウツィツキが監督に当たった。「朝やけ」の原作者ゲルハルト・メンツェル作の小説「逃亡者」を作者自ら脚色したものである。撮影は「桃源郷」「真紅の恋(1933)」のフリッツ・アルノ・ワグナー、音楽は「朝やけ」のヘルバート・ヴィントが夫々担当している。助演者は「自殺倶楽部」のオイゲン・クレッパー、「薔薇の寝床」のイダ・ヴュスト、「朝やけ」のフリッツ・ゲンショウとフリードリッヒ・グナス、新進のフランツィスカ・キンツ、カール・ライナー等の面々である。
  • 不思議の国のアリス・イン・パリ

    「トムとジェリー」シリーズを手掛けたジーン・ダイチ監督のファンタジーアニメ。ある日、アリスは夢うつつの中で不思議なネズミ・フランソワと出会う。体が小さくなるキノコを食べた彼女は、パリの街を舞台にした新たな冒険へ出掛けることに。【スタッフ&キャスト】監督:ジーン・ダイチ 脚本:ルドウィッヒ・ベーメルマンス/クロケット・ジョンソン 製作:ウィリアム・L・スナイダー 出演(声):リュース・エニス/ノルマ・マクミラン/ハワード・モリス/カール・ライナー
  • スティーブ・マーティンの四つ数えろ

    S・マーティン主演によるコメディサスペンス。ドジな私立探偵・リグビーは、ある日、ジュリエットと名乗る女性から父の死の謎を探って欲しいと依頼を受ける。女性に弱いリグビーは無能ながら捜査に乗り出す。“Universal シネマ コレクション”で登場。【スタッフ&キャスト】監督:カール・ライナー 製作:デヴィッド・V・ピッカー 脚本:ジョージ・ガイプ 音楽:ミクロス・ローザ 出演:スティーブ・マーティン/レイチェル・ウォード/レニ・サントーニ/ハンフリー・ボガート
  • ブルー・エレファント

    「セサミストリート」のジム・ヘンソン・カンパニーが手掛ける、愛と勇気のファンタジーアニメ。父の顔を知らずに育った好奇心旺盛な子ゾウのカーン。父が人間に捕まったことを母に知らされたカーンは、父を助けたい一心で、群れをこっそり抜け出す。【スタッフ&キャスト】監督:コムピン・ケムガムヌート 脚本:エヴァン・スピリオトポウロス 製作総指揮:ジェレク・カルジャリアク 製作:オーケラ・キジカンジャナス 出演(声):ジェレミー・レッドリーフ/ミランダ・コスグローヴ/カール・ライナー/マーティン・ショート

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/29

十七代目中村勘三郎(1909)

シネマ歌舞伎クラシック 身替座禅

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1982年(昭和57年) 11月、上演劇場:歌舞伎座

シネマ歌舞伎クラシック 勧進帳

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1980年(昭和55年)11月、上演劇場:歌舞伎座
ケヴィン・チャップマン(1962)

アンストッパブル(2010)

2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテラン機関士と新米車掌のコンビが奮闘する。出演は「ザ・ウォーカー」のデンゼル・ワシントン、「スター・トレック」のクリス・パイン。

サンシャイン・クリーニング

「リトル・ミス・サンシャイン」のプロデュースチームが手がけた人間ドラマ。ある姉妹が始めた一風変わった仕事を通じて、家族が新たな希望を見いだしていく姿を綴る。監督は「シルヴィア」のクリスティン・ジェフズ。出演は「ダウト あるカトリック学校で」のエイミー・アダムス、「ジェイン・オースティンの読書会」のエミリー・ブラントなど。