イリーナ・ムラヴィヨワ

  • 出身地:ソ連、モスクワ
  • 生年月日:1949年2月8日

略歴 / Brief history

映画界では「モスクワは涙を信じない」(80)の準主役、シンデレラを夢みてボーイハントする現代娘の演技で人間味のあるコミカルな味わいが注目を集め、国際的にも有名になった。中央児童劇場の附属演劇教室をへて同劇場の児童劇で活躍した後、モスソヴィエト劇場に招かれ、『カラマーゾフの兄弟』ほかに出演する舞台女優である。同劇場の演出家レオニード・エイトリンとの間に息子がいる。82年にはミュージカル・コメディ“Karnaval(カーニバル)”に主演するなど、喜劇映画に出演作が多い。デビューは74年のTV映画“Chisto angliiskoe ubiistvo(イギリス式殺人)”。

イリーナ・ムラヴィヨワの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • モスクワは涙を信じない

    それぞれに夢と希望を抱いてモスクワに出てきた三人の娘の20年に亘る愛と苦悩、友情を描く。監督はウラジーミル・メニショフ、脚本はワレンチン・チェルヌィフ、撮影はイーゴリ・スラブネビッチ、音楽はセルゲイ・ニキーチンが各々担当。出演はヴェーラ・アレントワ、アレクセイ・バターロフ、イリーナ・ムラヴィヨワ、ライサ・リャザノワ、ナターリヤ・ワヴィーロワ、ユーリー・バシリエフ、ボリス・スモルチコフ、アレクザンドル・ファチューシンなど。