ヘレン・リンチ

ヘレン・リンチの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 燻ゆる情炎

    セイダ・コウアン女史とハワード・ヒギン氏とが特に書卸した脚本で、これを「信号塔」「バタフライ」等と同じくクラレンス・ブラウン氏が監督したもの。主役は久しく映画界を遠ざかっていた性格女優ポーリン・フレデリック嬢で、「バタフライ」「大速力王」等出演のローラ・ラ・プラント嬢、「男子怒れば」「永遠の嘆き」等出演のマルコーム・マッグレゴアー氏、「ストレインジャー」「離婚希望」等出演のタリー・マーシャル氏等が相手役として出演している。
  • 危険期

    フランセス・アイリーン・リールス女史の原作に成る社会劇で、J・G・ホークス氏が脚色し、ジョン・M・スタール氏が監督した。主役は「世界の喝采」「ゼンダ城の虜(1922)」等主演のルイス・ストーン氏、それにクレオ・マディソン嬢、エディス・ロバーツ嬢、ルース・クリフォード嬢などと云う前ユ社のスター連が出るほか、ジェームズ・モリソン氏マートル・ステッドマン嬢も出演すると云うオール・スター・キャストである。
  • 楽屋行進曲

    米国で有名な二人組の寄席芸人チャールズ・エメット・マック氏とジョージ・モラン氏とが主演する全発声映画でオタヴァス・ローイ・コーン氏が書卸した原作をヘクター・ターンブル氏が改作し、「ブロードウェイ(1929)」の原作者でパ社東部撮影所で短編発声映画の監督をしていたジョージ・アボット氏が脚色並びに監督したもの。助演者は「女性の罠」「ブロードウェイ(1929)」のイヴリン・ブレント嬢、「恋愛行進曲」「君恋し」のハリー・グリーン氏で、フリーマン・ウッド氏、ヘレン・リンチ嬢、バート・スワー氏等も出演している。撮影は「恋愛行進曲」「踊る人生」のジェー・ローイ・ハント氏が担任した。
  • ミニー

    主役は「屠殺者(1922)」「異郷の露」等に出演したリートリス・ジョーイで、対手役は「女は真平(1924)」「妖雲渦巻く」等出演のマット・ムーアである。
  • ショウ・ダウン

    「暗黒街」「決死隊」等に出演して抜群の演技を見せたジョージ・バンクロフト氏のスター昇進第1回作品で、ハウストン・ブランチ氏作の舞台劇をホープ・ロアリング女史が改作し、更にエセル・ドハーティー女史と共同して脚色し、「明け行く魂」「大山鳴動」等と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督したものである。助演者は「暗黒街」「最後の命令」出演のイヴリン・ブレント嬢を始め、「脚光の影」「悲恋の楽聖」出演のニール・ハミルトン氏、「暗黒街」「肉体の道」のフレッド・コーラー氏、レスリー・フェントン氏、アーノルド・ケント氏及びヘレン・リンチ嬢である。
  • 暗黒街(1927)

    ベン・ヘクトが書きおろした物語を、チャールズ・ファースマンとロバート・N・リーが脚色。監督は「救いを求むる人々」の製作者ジョセフ・フォン・スタンバーグ。主演は「決死隊」「戦艦くろがね号」のジョージ・バンクロフト、共演に「鉄條網」「フラ」のクライヴ・ブルック及び「百貨店」「錯覚恋愛」のイヴリン・ブレント、フレッド・コーラー、ラリー・シーモン、ヘレン・リンチなど。因みに本篇は「人罠」と同じくヘクター・ターンブルの総指揮の下に製作された映画である。
  • 曠原の覇者(1925)

    チャールズ・ローグ氏の原作に基づき、「鬼神も怒る」「威風堂々」等と同じくク リフォード・スミス氏が監督し「悍馬は猛る」「西部征服」等主演のフート・ギブスン氏が主役を演じ、相手役は新進のヘレン・リンチ嬢でフィロマッカール氏が助演している。
  • 暗黒街の女(1928)

    「赤い髪」に次ぐクララ・ボウ主演映画で、カリフォルニア州フォルサム刑務所に服役中の無期徒刑囚アーネスト・ブースが執筆した暗黒街の娘の物語を映画化した、従来のクララ・ボウ映画とは異なった作品。オリヴァー・H・P・ギャレットが脚色、ジョン・ファーロウが脚本化し、「つばさ」「空行かば」の2作をもって名を挙げたウィリアム・A・ウェルマンが監督。共演は「つばさ」「砂金地獄」「姿は偽らず」のリチャード・アーレンを始め、「ショウ・ダウン」のヘレン・リンチ、メアリー・アルデン、ボディル・ロージング等。
  • 暗黒街のローマンス

    アーヴィング・カミングスが「闇より光へ」の姉妹篇として作った映画で、ポール・アームストロングの舞台劇に基づき、シドニー・ランフィールドとダグラス・Z・ドーティーが脚本を書き下ろした。主演は「闇より光へ」のメアリー・アスターで、共演は「新人の天地輝く」のジョン・ボールズ、「愛はひとすじ」のベン・バード、「乙女よ純なれ」のロバート・エリオット、「ショウ・ダウン」のヘレン・リンチ、それに監督として知られているオスカー・アッフェル。
  • シンギング・フール

    米国で最も人気のある歌い手アル・ジョルソン氏の第2回主演映画で、レスリー・バロウズ氏作の舞台劇を「空中サーカス」「指紋名探偵」のシー・グレアム・ベイカー氏が脚色「珍雄凱旋」「指紋名探偵」のロイド・ベイコン氏が監督したものである。ジョルソン氏を助けて「哀調の小道」「錯覚恋愛」のジョセフィン・ダン嬢、「ベン・ハー(1926)」「猫の寝巻」のベティー・ブロンソン嬢。「乱暴ロージー」のリード・ハウズ氏、「ブロード・ウェイ」のアーサー・ハウスマン氏、エドワード・マーティンデル氏、ヘレン・リンチ嬢及び少年名優のデーヴィー・リー君が出演している。撮影は「ニューヨーク狂想曲」「マノン・レスコオ」のバイロン・ハスキン氏が担当したパート・トーキーである。
  • 女難の相

    エミル・ナイトレイとフランク・マンデル共作の舞台劇をレックス・テイラーが脚色し、ロイド・イングレアムが監督した人情喜劇で、カーター・デ・ヘブン夫妻の共演である。
  • 五番街のモデル

    「ロジタ(1923)」のセットを設計したデンマークの美術家スヴェンド・ガーダ氏(ユ社の通信によるとガーデでなくガーダと発音するのだそうである)がユ社に監督として入社した第一回作品。原作はミュリエル・ハイン女史の小説で、これをオルガ・プリンツロウ女史が脚色した。主役は「パリの薔薇」「ゲイティーの踊子」等主演のメアリー・フィルビン嬢、「バタフライ」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のノーマン・ケリー氏である。五番街とはニューヨーク市の流行の中心地の名である。
  • アメリカ式(1924)

    リチャード・タルマッジのエフ・ピー・オーに於ける第一回作品で、「突貫突貫」と同じくフランク・ハワード・クラークの原作、ジェームズ・W・ホーン監督作。主演はリチャード・タルマッジ。共演は「燻ゆる情炎」「ミニー」で端役を演じたヘレン・リンチで、その他マーク・フェントン、リー・シャムウェイ。
  • 恋してぞ知る

    「モダン十戒」「脚光の影」等と同じくエスター・ラルストン嬢主演映画で、「モダン十戒」「勇肌美人女給」の脚色者ドリス・アンダーソン女史の原作をフローレンス・ライアソン女史が改作し、ルイズ・ロング女史が脚色し、「脚光の影」「女から女へ」「百貨店」をものしたフランク・タトル氏が監督した。相手役は西部劇に出演していたレーン・チャンドラー氏が勤め、ヘレン・リンチ嬢、ヘッダ・ホッパー嬢、等が助演している。
  • 名誉の絆

    「空中の脅威」等の監督者ジャック・ジャッカード氏が自ら執筆及び監督した熱帯情話で、フランク・メイオ氏とダマール・ゴドウスキー嬢の共演である。その他エドワード・コクソン氏が敵役として立派な手腕を振っている。ニュース誌は『フランク・メイオ氏が今までユ社に於いて製作せる最も優秀なる映画の一つ』と褒めている。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/24

ジェニファー・ロペス(1969)

ハスラーズ

ニューヨーク・マガジンに掲載された記事を原案に、ウォール街を震撼させた驚愕の実話を映画化。ストリップクラブで働くデスティニーとラモーナは、リーマン・ショックの影響で客の入りが激減するなか、薬物を入れた酒を客に飲ませて大金を奪う計画を企てる。出演は、「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウー、「PARKER パーカー」のジェニファー・ロペス、「ボーン」シリーズのジュリア・スタイルズ。監督は「エンド・オブ・ザ・ワールド」のローリーン・スカファリア。

PARKER パーカー

ドナルド・E・ウェストレイクの小説『悪党パーカー』の映画化。強盗の復讐劇を描く犯罪アクション。出演は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス。監督は「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード。脚本は「ブラック・スワン」のジョン・マクラフリン。
ガス・ヴァン・サント(1952)

ドント・ウォーリー

ガス・ヴァン・サント監督が風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化。酒浸りのジョンは自動車事故により胸より下が麻痺し車いす生活を余儀なくされる。ますます酒に溺れ荒れる彼だったが、やがて持ち前の辛辣なユーモアを活かして風刺漫画を描き始める。俳優ロビン・ウィリアムズがジョン・キャラハンの自伝『Don't Worry He Won't Get Far on Foot: The Autobiography of Dangerous Man』の映画化権を得ており、当初からガス・ヴァン・サントを監督にと相談を持ち掛けていた。不屈のジョン・キャラハンを「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが演じる。

追憶の森

富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を舞台に、ガス・ヴァン・サント監督が豪華スターを迎え紡いだミステリードラマ。死に場所を求めて樹海に入ったアメリカ人男性が、瀕死の男性を助けようと出口を探しさまよう中で、人生を見つめ直していく。絶望の淵に立つアメリカ人男性を「インターステラー」のマシュー・マコノヒーが、妻子の元に戻ろうとする男性を「硫黄島からの手紙」の渡辺謙が、アメリカ人男性の妻を「インポッシブル」のナオミ・ワッツが演じる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

NEW今日命日の映画人 7/24

イーゴリ・タランキン(2010)

セルギー神父

監督作「戦争と平和」で米アカデミー賞最優秀外国語映画賞を獲得、俳優としても活躍したセルゲイ・ボンダルチュクが主演したトルストイ原作の人間ドラマ。婚約者の裏切りを知った近衛士官スチェパン・カサツキーは修道僧になるが、女性地主に誘惑され……。監督は「チャイコフスキー」のイーゴリ・タランキン。2008年、トルストイ生誕180周年記念ロシア名画フェスティバルにて上映(上映タイトル「司祭セルギー(神父セルギー)」)。2020年9月18日より開催のセルゲイ・ボンダルチュク生誕100周年記念特集にて2Kデジタル版が劇場上映される。

チャイコフスキー

ロシアの大地が生んだ偉大な作曲家チャイコフスキーの愛と苦悩を掘りさげる感動の人間ドラマであり、ソビエトのベストメンバーをよりすぐった名演奏による不滅のメロディが奏でられる音楽映画。総指揮・音楽監督を「ハイヌーン」「アラモ」「OK牧場の決闘」のメロディで名高いディミトリ・ティオムキン、監督・脚本はイーゴリ・タランキン、撮影はおそく世界にただ一人の女性撮影監督であろう、マルガリータ・ピリーヒナ、ほかに来日したボリショイ・オペラ、ボリショイ・バレエのメンバー、レニングラード管弦楽団、ボリショイ劇場管弦楽団、至宝ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー等々ソビエト音楽界のベストメンバーが演奏・出演している。出演は「ハムレット(1964)」のインノケンティ・スモクトゥノフスキー、「戦争と平和」のアントニーナ・シュラーノワ、世界バレエ界のプリマ・バレリーナのマイヤ・プリセツカヤ、「戦争と平和」のウラジスラフ・ストルジェリチクなど。カラー、七〇ミリ。