チョウ・ユンファ チョウユンファ

  • 生年月日:1955年5月18日

略歴 / Brief history

香港生まれ。高校卒業後の73年、友人の勧めにより俳優養成所に入学。修了後、テレビドラマや映画に出演し、80年の『上海灘』で人気に。「風の輝く朝に」(84)で金馬奨主演男優賞を受賞し、“亜洲影帝”と呼ばれる。さらに、ジョン・ウー監督と組んだ「男たちの挽歌」(86)が大ヒットしてシリーズ化されるとともに、金像奨主演男優賞を受賞。86~87年にかけては恋愛ものからアクションまで主演作17本が公開され、絶頂期を迎える。98年の「リプレイスメント・キラー」からはハリウッドにも進出。米中合作の主演作「グリーン・ディスティニー」(00)がアカデミー賞4部門を受賞するなど、世界的な活躍が続く。

チョウ・ユンファの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • プロジェクト・グーテンベルク 贋札王

    アジア映画界の帝王チョウ・ユンファと香港四大天王の一人アーロン・クォックがW主演した犯罪サスペンス。贋作に手を染めた画家志望のレイは、“画家”と呼ばれる男が率いる偽札組織にスカウトされ、才能を発揮。その一方で彼の冷酷な野望に翻弄され……。監督は、「インファナル・アフェア」シリーズの脚本を手がけ、「インターセプション -盗聴戦-」などでメガホンを取ったフェリックス・チョン。共演は「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」のチャン・ジンチューほか。第38回香港電影金像奨(香港アカデミー賞)にて最優秀作品賞など7部門を制した。第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品(上映タイトル「プロジェクト・グーテンベルク」)。
    46
    • 手に汗握る
    • 怖い
  • コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義

    「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」の続編となるサスペンスアクション。陣頭指揮を執って国家の存亡を揺るがす警官誘拐事件を解決したショーン・ラウは、警察署長に出世。だが、逃亡中の犯人は彼の妻を誘拐し、主犯の解放を要求してくる……。出演は「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」のアーロン・クォック、「孫文の義士団」のレオン・カーフェイ。
    80
  • 香港、華麗なるオフィス・ライフ

    女優だけでなく映画監督や歌手としても活躍するシルヴィアチャンが脚本・演出を手がけた舞台を、「ドラッグ・ウォー 毒戦」のジョニー・トー監督がミュージカル映画化。第16回東京フィルメックス特別招待作品として上映(上映日2015年11月23日、26日/映画祭タイトル:「華麗上班族」)。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。
    0
  • モンキー・マジック 孫悟空誕生

    「孫文の義士団」のドニー・イェン、「グリーン・デスティニー」のチョウ・ユンファ、「極限探偵」シリーズのアーロン・クォック、「着信あり2」のピーター・ホー、「インファナル・アフェア」のケリー・チャンらが共演するファンタジーアクション。天界と魔界の戦い後、天界を補修した欠片から生まれた孫悟空が、五行山に閉じ込められるまでを描く。監督は「アクシデント」のソイ・チェン。
    70
  • ゴッド・ギャンブラー レジェンド

    マカオを舞台に、チョウ・ユンファ(「シャンハイ」)演じる伝説のギャンブラーが、裏で犯罪に手を染める国際企業とギャンブルで対決する姿をコメディタッチで描く。共演は「ブラッド・ウェポン」のニコラス・ツェー。「ラスト・シャンハイ」のバリー・ウォンと「恋する花火」のビリー・チュンが共同で監督を務める。
  • 曹操暗殺 三国志外伝

    中国の後漢~三国時代を舞台に権謀術数や戦いを描き、今でもなお愛され続けている『三国志演義』。この中でもキーパーソンである魏の曹操の最期を描いた歴史スペクタクル。専断政治を行う曹操を快く思わない献帝が、彼の暗殺を図る。曹操を「グリーン・デスティニー」「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファが、曹操暗殺の密命を受ける刺客を「ドラゴン・キングダム」「五月の恋」のリウ・イーフェイと「のだめカンタービレ」シリーズや「ただ、君を愛してる」の玉木宏が演じる。ほか、日本でも放映された台湾のドラマ『エーゲ海の恋』のアレック・スー、「狙った恋の落とし方。」「フラワーズ・オブ・シャンハイ」の伊能静らが出演。
  • ラスト・シャンハイ

    主人公の青年期を「イップ・マン 葉問」のホアン・シャオミン、中年期以降を「シャンハイ」のチョウ・ユンファが演じてダブル主演した犯罪ドラマ。1930年代の上海を舞台に、裏社会でのし上がって行く男の姿を描く。共演は「イップ・マン 葉問」のサモ・ハン、「レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳」の倉田保昭。
    80
  • さらば復讐の狼たちよ

    1920年代の中国の地方都市を舞台に、冷徹な支配者に挑む義に厚い盗賊団のリーダーの姿を描くアクション大作。「鬼が来た!」のチアン・ウェンが監督・脚本・出演を担当。共演は、「シャンハイ」のチョウ・ユンファ、「運命の子」のグォ・ヨウ、「2046」のカリーナ・ラウ、「レッドクリフ」シリーズのフー・ジュン。
  • プリズン・オン・ファイアー2

    リンゴ・ラム監督、チョウ・ユンファ主演による監獄アクションの続編。2012年5月19日より、東京・シネマート六本木にて開催された「香港電影天堂2012 Part1」にてデジタル上映。
    90
  • プリズン・オン・ファイアー

    『友は風の彼方に』の監督・主演コンビ、リンゴ・ラムとチョウ・ユンファが贈る監獄アクション。2012年5月19日より、東京・シネマート六本木にて開催された「香港電影天堂2012 Part1」にてデジタル上映。
    90
  • 孔子の教え

    『論語』で知られる孔子の半生を描く伝記映画。陰謀により国を追われ、14年にも及ぶ旅に出た孔子の姿を描く。出演は、「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」のチョウ・ユンファ、「ウィンター・ソング」のジョウ・シュン、「四川のうた」のチェン・ジェンビン。監督は、「愛にかける橋」のフー・メイ。
  • シャンハイ

    世界の列強がしのぎを削っていた太平洋戦争開戦直前の上海を舞台に繰り広げられるサスペンス大作。「2012」のジョン・キューザック、「王妃の紋章」のコン・リー、「DRAGONBALL EVOLUTION」のチョウ・ユンファ、「ノルウェイの森」の菊池凛子、「インセプション」の渡辺謙など、豪華キャストが共演。
    60
  • DRAGONBALL EVOLUTION

    世界的に人気を集める鳥山明原作のマンガ『ドラゴンボール』を、オリジナル・ストーリーと最新VFXで初実写化。世界征服を企むピッコロ大魔王に立ち向かう孫悟空の活躍を描く。監督は「ザ・ワン」のジェームズ・ワン。出演は、「宇宙戦争」のジャスティン・チャットウィン、「オペラ座の怪人」のエミィ・ロッサム。
    40
  • 王妃の紋章

    中国史上、最も栄華を極めた唐王朝滅亡後の時代を舞台に、宮廷で繰り広げられる愛憎劇を描いた歴史絵巻。監督は「単騎、千里を走る」のチャン・イーモウ。出演は「グリーン・デスティニー」のチョウ・ユンファ、「さらば、わが愛 覇王別姫」のコン・リー、「頭文字D THE MOVIE」のジェイ・チョウほか。
    70
  • パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

    個性豊かな海賊たちが海を舞台に活躍する「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの完結編。生死不明となったジャック・スパロウが帰還し、世界制覇を目論むベケット卿の陰謀に立ち向かう。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイらレギュラー陣に加え、チョウ・ユンファが新たに登場する。監督は同シリーズのゴア・ヴァービンスキー。
    80
  • バレット モンク

    超人的な力を持つチベット僧が、ニューヨークで後継者探しをするヒーロー・アクション。“亜州影帝”の異名をとるチョウ・ユンファの、「グリーン・デスティニー」後初の主演作。「男たちの挽歌」シリーズでユンファと組んだジョン・ウーがプロデュース。共演に「アメリカン・パイ」のショーン・ウィリアム・スコット。
  • グリーン・デスティニー

    19世紀始めの中国を舞台にしたファンタジー・アクション・ラヴストーリー。監督・製作は「アイス・ストーム」のアン・リー。原作は上海の作家ワン・ドウルーによる武侠小説。撮影は「アンナ・マデリーナ」のピーター・パウ。アクション監督は「マトリックス」のユエン・ウーピン。音楽はタン・ドゥン。チェロ演奏はヨーヨー・マ。美術・衣装はティン・イップ。出演は「アンナと王様」のチョウ・ユンファ、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のミシェル・ヨー、「初恋のきた道」のチャン・ツィイー、「ブエノスアイレス」のチャン・チェンほか。
    80
  • NYPD15分署

    チャイナタウンに巣食う悪に挑む刑事たちの姿を描くサスペンス。監督は「摩天楼を夢見て」「天国の約束」のジェームズ・フォーリー。脚本は新鋭ロバート・プッチ。撮影のファン・ルイス・アンシアは「天国の約束」に続く参加。音楽は「スリー・キングス」のカーター・バーウェル。出演は「アンナと王様」のチョウ・ユンファ、「スリー・キングス」のマーク・ウォールバーグほか。
  • アンナと王様

    アジアの王国を舞台に、国王と家庭教師をめぐるドラマを描いたロマンス。監督は「エバー・アフター」のアンディ・テナント。原作は19世紀の英国人女性、アンナ・レオノーウェンズの手記。脚本は「ダブル・インパクト」のスティーヴ・ミアーソンとピーター・クライクス。撮影は「メッセージ・イン・ア・ボトル」のカレブ・デシャネル。音楽は「娼婦ベロニカ」のジョージ・フェントン。美術は「オスカーとルシンダ」のルチアーナ・アリジ。編集は「エバー・アフター」のロジャー・ボンデリ。衣裳は「エバー・アフター」のジェニー・ビーヴァン。出演は「コンタクト」のジョディ・フォスター、「リプレイスメント・キラー」のチョウ・ユンファ、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のバイ・リン、「リプレイスメント・キラー」のランダル・ダク・キムほか。
    70
  • リプレイスメント・キラー

    非情な組織に背いた殺し屋の死闘をスタイリッシュなタッチで描いたアクション。「男たちの挽歌」シリーズなど香港ノワールはじめ、亜州影帝と呼ばれた香港のトップスター、チョウ・ユンファのハリウッド主演第1作。94年の「大陸英雄伝」以来4年をへて、満を持しての銀幕復帰となる。監督はMTVの俊英アントン・フークァ。脚本は新鋭のケン・サンツェル。製作総指揮はチョウ・ユンファの盟友で本作の企画実現の立役者である「フェイス/オフ」のジョン・ウーと、彼のパートナーのテレンス・チャン、クリストファー・ゴシック、マシュー・ベアーの共同。製作はブラッド・グレイとバーニー・ブリルスタイン。撮影は「バッドボーイズ」のピーター・リオンズ・コリスター。音楽はスコアをバリー・グレッグソン・ウィリアムス、音楽総指揮をラルフ・サルがそれぞれ担当。美術は「フィーリング・ミネソタ」のナオミ・ショワーン。編集は「アルビノ・アリゲーター」のジェイ・キャシディ。共演は「ミミック」のミラ・ソルヴィーノ、「シャドウビルダー」のマイケル・ルーカー、チョウ・ユンファとは「男たちの挽歌」シリーズで共演作しているケネス・ツァン、「イングリッシュ・ペイシェント」のユルゲン・プロホノフほか。
    70
  • 大陸英雄伝

    かつて“殺人王”と呼ばれた過去を持つ男が、運命のいたずらで再び流血の世界へと戻るまでを描くアクションロマン。主演は“亜州影帝”こと香港一の大スター、「ゴッド・ギャンブラー 完結編」のチョウ・ユンファで、「男たちの挽歌」シリーズでコンビを組んだ、ジョン・ウーの製作のもと、今回は原案にも名を連ねた。監督・脚本・原案(ユンファと共同)はテレビ界出身で、映画は『アンディ・ラウ/獅子よ眠れ』(V)の脚本をつとめたワイ・カーファイで、本作が監督デビュー作となった。撮影は「ドラゴン・イン新龍門客棧」のウォン・ウィンハン、音楽はウォン・カーチンとヘルシー・プーン、美術は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のユー・チュンマンと「恋する惑星 CHUNGKING EXPRESS」のヤウ・ワンミン、編集は「悪漢探偵」のトニー・チョウと「君さえいれば 金枝玉葉」のチャン・キーポップ、アクション指導は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのマ・ヨクシン、衣装は「君さえいれば 金枝玉葉」のン・リローがそれぞれ担当。共演は「風の輝く朝に」「野獣特捜隊」のイップ・トン、「ラスト・ブラッド 修羅を追え」のチン・ホウのほか、「ゴッド・ギャンブラー 完結編」「恋人たちの食卓」のン・シンリンが友情出演。
  • ゴッド・ギャンブラー 完結編

    “亜州影帝”ことチョウ・ユンファ主演、バリー・ウォン監督のギャンブル・アクション「ゴッド・ギャンブラー」(90)の続編。前作は香港で大ヒットし、アンディ・ラウ主演の『ゴッド・ギャンブラーII』(V)、チャウ・シンチー主演の『ゴッド・ギャンブラー3』(V)をはじめ数々の番外編や亜流を生んだが、正統な続編は本作のみ。94年のクリスマス・シーズンに公開され、5000万HKドル以上の興収を記録した。監督・脚本は「ゴッド・ギャンブラー」「シティハンター」などで、笑いとアクション豊かな演出を披露したバリー・ウォン。製作は「愛と復讐の挽歌」「ゴッド・ギャンブラー」のジミー・ヒョン、撮影は「男たちの挽歌」のウォン・ウィンハン、音楽は「黒薔薇VS黒薔薇 kurobara tai kurobara」のローウェル・ロー、美術はジェーソン・マク、特殊効果はティン・ユンタイとタン・ワイヨクがそれぞれ担当。共演は「愛人 ラマン」のレオン・カーフェイ、「ゴッド・ギャンブラー」のチョン・マン、「シティハンター」のチンミー・ヤウ、「フル・ブラッド」のン・シンリンら。
  • フル・ブラッド

    「亜州影帝」ことチョウ・ユンファが「フル・コンタクト」以来、2年ぶりに主演したアクションもの。特命を帯びて中国奥地に潜入したCIAのエリート諜報員が、愛する女性のために任務も捨て、国際的な陰謀に立ち向かう姿を描く。時にコミカル、時にハードなアクションの見せ場以上に、ラブ・ストーリーとしての面が光る。監督・脚本は「黒薔薇VS黒薔薇 kurobara tai kurobara」のジェフ・ラウ。製作は「狼たちの絆」「ハード・ボイルド」でもユンファと組んだリンダ・クック、撮影は「ゴッド・ギャンブラー」のピーター・パウ。音楽はダニー・チャンで、主題歌はテレサ・テンの『月亮代表的我心』。「アンディ・ラウの 逃避行」でデビューしたン・シンリン、「ロアン・リンユィ 阮玲玉」のシン・ハンらが共演。
  • ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌

    巨人密輸組織を相手に闘う警官と裏刑事の姿を描くアクション。監督は「狼たちの絆」のジョン・ウー、製作はリンダ・クックとテレンス・チャン、脚本は本作が遺作となった「鬼喰う鬼」のバリー・ウォン、撮影は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のウォン・ウィン・ハン、音楽はマイケル・ギブスが担当。
  • 傾城之恋

    1940年の香港を舞台に、旧家の養女とプレイボーイとの真実の愛を描く。監督は「客途秋恨」のアン・ホイ、製作はローレンス・ウォン、エグゼクティヴ・プロデューサーはモナ・フォン、アイリーン・チャンの原作をもとにパン・ツォが脚本を執筆、撮影はアンソニー・ホープ、音楽はヴァイオレット・ラムが担当。ビデオタイトル「ラスト・ラブ/傾城の恋」。
  • パラダイス・パラダイス

    タクシーの運転手が、偶然知り会った少女を助けるため奮闘するうちに恋に落ちていくラヴ・コメディ。監督・脚本はウォン・チャン、製作は「スネーキーモンキー 蛇拳」のディーン・セキ、共同脚本はエドワード・リー、撮影はジェームズ・チャン、音楽はアントニオ・アレヴァロ・ジュニアが担当。
  • 僕たちは天使じゃない!

    性格の違う三人兄弟の恋愛模様を描いたラヴ・コメディ。監督は「過ぎゆく時の中で」のジョニー・トゥ、製作は、同じく「過ぎゆく時の中で」を製作し、本作品では脚本も兼ねているレイモンド・ウォン。脚本は他にエドワード・リー、ヤン・チェンユー、撮影はジョー・チャン、音楽はアントニオ・アレヴァロ・ジュニアが担当。
  • ゴールデン・ガイ

    花嫁探しの旅に出た大富豪の息子が、様々なアクシデントの果てに理想の女性と結ばれるまでを描いたラヴ・コメディ。監督は、「僕たちは天使じゃない!」のジョニー・トゥ、製作はキャサリン・ハン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「過ぎゆく時の中で」のレイモンド・ウォン。脚本はハイ・ディー、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽はロー・タウカウが担当。
  • 狼たちの絆

    絵画専門の泥棒コンビと幼なじみの美女の3人組を主人公に、アクションあり、ラブ・ロマンスありでおくる娯楽作。主演の泥棒コンビに、「男たちの挽歌」で香港のみならず日本でも一躍、注目を集めて“亜州影帝”の異名をとり、以後も「誰かがあなたを愛してる」「友は風の彼方に」「狼 男たちの挽歌・最終章」などで、アジアを代表するスターとなったチョウ・ユンファと、同じく「男たちの挽歌」でトップスターの仲間入りを果たし、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」でさらに人気を広げた香港映画界きってのアイドル、レスリー・チョン。ユンファはB型肝炎による1年間の休養からこの作品でカムバックを果たし、一方、レスリーはこの作品を最後に芸能界から引退すると宣言し、ふたりの最後の共演作として話題を呼んだ。なお、レスリーはのちに宣言を翻して復帰、「欲望の翼」「さらば、わが愛 霸王別姫」などで世界中から絶賛を浴びている。そのふたりを見守るヒロインに、「誰かがあなたを愛してる」のチェリー・チェン。監督は、「男たちの挽歌」「狼」「ワイルド・ブリット」のジョン・ウー。ウーはこの作品の後、同じユンファ主演で「ハード・ボイルド」を撮り終えてからハリウッドへ渡り、ジャン・クロード・ヴァン・ダム主演の「ハード・ターゲット」を手掛けている。この作品の香港原題の「縦横四海」はロベール・アンリコ監督の「冒険者たち」の香港公開題名で、英語題の「Once a Thief」はアラン・ドロン主演の「泥棒を消せ」の原題。主人公ふたりの役名は、フランソワ・トリュフォーの「突然炎のごとく」にちなんでいる。
    90
  • 過ぎゆく時の中で

    香港のスーパー・スター、チョウ・ユンファが共演のシルヴィア・チェンと共に原案・脚本(共同脚本は製作を兼ねるレイモンド・ウォン)を執筆し主演した、10年ぶりに再会した男女の恋のはざまに父子の愛情を絡ませたハート・ウォーミング・ストーリー。エグゼクティブ・プロデューサーはケン・ヌ、監督は「愛的世界」(90年/未公開)のジョニー・トゥ、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽をロー・ターヨウとリチャード・ローが担当。
    100
  • いつの日かこの愛を

    姉を失う事件をきっかけに刑事と結びつけられていく女性を描くラブ・ストーリー。エグゼキュティヴ・プロデューサーはトニー・チョウ、製作・監督は「友は風の彼方に」のリンゴ・ラム、脚本はナム・イン、撮影はアンドリュー・ラウ、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、チェリー・チェンほか。
  • 友は風の彼方に

    まわりから孤立している秘密捜査官の男と、彼がおとり捜査をしかけた宝石団の幹部との間に生まれた固い友情と戦いを描く、香港ノワールの先駆けとなった作品。製作総指揮はカール・マッカ、製作・監督・脚本は「いつの日かこの愛を」のリンゴ・ラム、撮影はアンドリュー・ラウ、音楽はテディ・ロビンが担当。出演はチョウ・ユンファ、ダニー・リーほか。
    80
  • セブンス・カース

    タイの山中の部族が呪術師に率いられて勢力を伸ばし、ヒーローが彼らを退治するというアドベンチャー映画。ニーク・ワンの小説の映画化。マギー・チャン、チョウ・ユンファは後から僅かばかり出演するだけの助演役である。
  • 男たちの挽歌III アゲイン/明日への誓い

    ベトナム戦争末期のサイゴンを舞台に、運命の糸に繰られる三人の男女の愛と死を描く、「男たちの挽歌」シリーズ完結篇。製作・監督は「上海ブルース」のツイ・ハーク、脚本はタイ・フーホー、ルン・ユー・ミン、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、アニタ・ムイほか。
    80
  • ゴッド・ギャンブラー

    事故によって記憶を失なった天才的ギャンブラーが再び大勝負に挑むまでを描くアクション・ドラマ。製作はジミー・ヒョン、チャールズ・ヒョン、監督・脚本は「至尊無上」('89)のバリー・ウォン、撮影はチュン・チーマンとパウ・ヘイマン、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、アンディ・ラウほか。
  • 黒社会

    組織の頂点に立ったことから血で血を洗う抗争に巻き込まれてゆく男の姿を描いた香港ノワール。製作はチェン・クェン、監督は「愛と復讐の挽歌」のテイラー・ウォン、脚本はナム・ヤン、撮影は邸禮涛、音楽はロー・ターヨウが担当。出演はチョウ・ユンファ、ロイ・チュンほか。
    80
  • 風の輝く朝に

    日本軍侵攻下の香港を舞台に、3人の男女の愛と友情を描くドラマ。監督はレオン・ポーチ、脚本はチェン・カンチャン、撮影はブライアン・ライとデイヴィッド・チャンが担当。主演はチョウ・ユンファ、イップ・トンほか。
    80
  • 狼 男たちの挽歌・最終章

    ひとりの女性を傷つけたことで、本来の人間性に目覚めてゆくある殺し屋の姿を描いた香港ノワール。製作はツイ・ハーク、監督・脚本は「男たちの挽歌II」のジョン・ウー、撮影はウォン・ウィン・ハンとピーター・パオ、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、ダニー・リーほか。
    80
  • 誰かがあなたを愛してる

    ニューヨークに住む三人の香港人の愛の行方を描く。監督は本作が日本での一般公開第一作になるメーベル・チャン、脚本はアレックス・ロウ、撮影はジェームズ・ヘイマンとデイヴィッド・チャン、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、チェリー・チェン、ダニー・チャンほか。
    80
  • 男たちの挽歌II

    国際ニセ札組織をめぐって兄弟とその仲間たちの友情と絆を描くシリーズ第二作。製作はツイ・ハーク、監督は「男たちの挽歌」のジョン・ウー、脚本はハークとウーの共同、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽はジョゼフ・クーが担当。出演はチョウ・ユンファ、ティ・ロンほか。
    80
  • 大丈夫日記

    同時に二人の女性を愛してしまったある男の騒動を描くコメディ映画。製作はツイ・ハーク、監督はチョー・イエン、脚本はン・マーファイとフィリップ・チャンが担当。出演はチョウ・ユンファほか。
  • 愛と復讐の挽歌

    愛する者を失った2人の男がかつての仲間を敵に回して繰り広げる戦いを描く香港ノワール。エクゼキュティヴ・プロデューサー・製作はジョニー・マック、共同製作にヒョン・ワセン。監督は本作品がデビューのテイラー・ウォン。脚本は蕭若元と文雋、撮影は林亞杜と古國華、音楽は陳永亮が担当。出演は「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファ、アレックス・マン、アンディ・ラウ、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のカリーナ・ラウなど。
  • 男たちの挽歌

    香港警察と国際ニセ札組織の対決を兄弟の反目と絆を背景に描くアクション。製作はツイ・ハーク、監督・脚本はジョン・ウー、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽はジョゼフ・クー、編集はカム・マー、美術はベニー・リウが担当。出演はチョウ・ユンファ、ティ・ロンほか。
    80
  • チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道

    30年代の終わり、日中戦争の戦火が迫る黄石から中国人孤児60人を連れてシルクロードを横断する逃避行を繰り広げたイギリス人ジャーナリスト、ジョージ・ホッグの実話を映画化した感動作。ジョナサン・リス=マイヤーズほか、演技派スターが多数共演。【スタッフ&キャスト】監督:ロジャー・スポティスウッド 脚本:ジェームズ・マクマナス 撮影:ザオ・シャオディン 製作:アーサー・コーン 出演:ジョナサン・リス=マイヤーズ/ラダ・ミッチェル/チョウ・ユンファ/ミシェル・ヨー
  • 殺したい妻たちへ

    世界の大スター、チョウ・ユンファ主演、ジョイ・ウォン、アニタ・ムイなど豪華キャストで贈る傑作都会派コメディ映画。サッカー選手、ファーとロベルトが、全く性格の違うお互いの妻を交換殺人してしまおうとする、コミカルかつシリアスなストーリー。【スタッフ&キャスト】監督・音楽・出演:ケニー・ビー 製作:モナ・ファン 脚本:アレックス・ロー 出演:チョウ・ユンファ/ジョイ・ウォン/アニタ・ムイ/バリー・ウォン/カン・チャンユー
    20
  • タイガー・オン・ザ・ビート

    C・ユンファ主演による刑事アクション。日本未公開。VHS、DVD発売。
  • 香港極道 狼仁義

    闇社会に生きる男たちの血で血を洗う戦いの日々を描いた香港ノワールアクション。裏切り者は情け容赦なく始末される非情な香港黒社会に身を置く男たちの、極道仁義を賭けた復讐をハードに綴る。香港映画界の大スター、チョウ・ユンファが特別出演。【スタッフ&キャスト】監督:ビリー・チャン 出演:ホー・チョンフォン/ラム・ウェイ/ディック・ウェイ/チョウ・ユンファ/ダニー・リー
  • ゴッド・ギャンブラー PARTII

    バリー・ウォン監督が、チョウ・ユンファに変わりチョウ・シンチーを主演に、“賭神”と呼ばれた実在のギャンブラーを主人公にアクションとギャグ満載でユニークに描いた人気シリーズ第2弾。賭神の弟子“賭侠”の前に弟子入り志願の“星”が現れる。【スタッフ&キャスト】監督・製作:バリー・ウォン 音楽:ローウェル・ロー 出演:アンディ・ラウ/チャウ・シンチー/シン・フイウォン/チョウ・ユンファ/チョン・マン
  • 終わらない愛を探して

    チョウ・ユンファ主演によるラブロマンス。友人の結婚式に参列するためにパリを訪れた夏菁。バイオリニストの廣平と知り合い愛し合うようになった彼女は、自由気儘な廣平と別れようとするが別れられない。やがて、夏菁の夫がパリにやって来て…。【スタッフ&キャスト】監督:トニー・オウ 出演:チョウ・ユンファ/ドゥドゥ・チェン/パット・ハー
  • 相続ゲーム

    チョウ・ユンファがコミカルな探偵に扮して笑いを誘うコメディ。敏腕探偵のアレックスは、弟に会社乗っ取りを画策されている友人を助ける仕事を引き受ける。しかしその背後で糸を引く黒幕のウォン女史は、かつてのアレックスの恋人で…。【スタッフ&キャスト】製作・脚本:アンジェラ・ファン 監督:ジャミー・ルー 脚本:ステファン・イップ 出演:チョウ・ユンファ/ドゥ・ドゥ・チェン
  • 真夜中のヘッドハンター 殺人の報酬

    『グリーン・デスティニー』のC・ユンファ主演のハードボイルド。香港映画界が誇る大スター、チョウ・ユンファと美人女優、ロザムンド・クワンの共演で贈るクライムアクション。巨大秘密組織のボスのボディガード兼殺し屋を務めるアディは、ある日偶然出逢った女性と恋に落ちるが、彼女はアディが殺した男の娘だった。【スタッフ&キャスト】監督:リョウ・チン・ハン 脚本:ス・ドゥ・ツォハン 音楽:トン・ショリン 出演:チョウ・ユンファ/ロザマンド・クワン/チャン・テン・アイ/ハン・ジンエン
  • サイキックSFX 魔界戦士

    『どろろ』のアクション監督を手掛けたチン・シウトンが、チョウ・ユンファ主演で描いたSFアクションファンタジー。ヒマラヤ山脈の奥地に住む部族の巫女・シーラは、部族の指導者となり得る超能力を秘めた男・ジョーと出会い悪魔に戦いを挑む。【スタッフ&キャスト】監督:チン・シウトン 出演:チョウ・ユンファ/エミリー・チュウ/ディック・ウェイ
    100
  • フル・コンタクト

    仲間の裏切りにあい、右手の自由を失った男の復讐を描いたチョウ・ユンファ主演のサスペンスアクション。
  • 恋のトラブルメーカー

    都会で暮らす女性と彼女を追ってきた片田舎の村長という対照的な二人のラブ・コメディ。
  • 男たちのバッカ野郎

    自らの出世作『男たちの挽歌』を、主演のチョウ・ユンファ自身が徹底的にパロディにした異色アクションコメディ。男仲間と4人でペナン旅行に出掛けたリューハとチョンボは、お金持ちの令嬢・リンリンとロンロンと出会い、早速アプローチを試みるが…。【スタッフ&キャスト】監督:バリー・ウォン 出演:チョウ・ユンファ/マギー・チャン/エリック・ツァン/アンソニー・チャン/チャン・パクチョン/ドゥー・ドゥー・チェン
  • 獣たちの熱い夜 ある帰還兵の記録

    香港映画界の大スター、チョウ・ユンファの出世作となったアクションドラマ。文通相手の女性を訪ねて香港にやって来たベトナム帰還兵のウは、トラブルに巻き込まれ急遽渡米を余儀なくされる。そこで彼は美しい女性、シャムと出会い恋に落ちるが…。【スタッフ&キャスト】監督:アン・ホイ 脚本:アルフレッド・チョン 撮影:ビル・ウォン 音楽:ヴァイオレット・ラム 出演:チョウ・ユンファ/チェリー・チェン/ロー・リエ/コラ・ミャオ
  • チェリー・ブラッサム

    『グリーン・デスティニー』のチョウ・ユンファが出演した、作家イク・ダッフの青年時代を友情と愛を織り交ぜて描くシリアスドラマ。日華事変下、中国から日本へ留学してきた17歳のダッフは差別を受ける。その傷ついた心を癒したのは美少女ランだった。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:エディ・フォン 製作総指揮:レナード・ホー 製作:チャイ・ラン 出演:チョウ・ユンファ/板倉睦/中村幸子/金興賢/エディ・フォン
  • 愛と復讐の挽歌・野望編

    チョウ・ユンファが「男たちの挽歌」シリーズと併行して主演した傑作ノワールシリーズ第2弾。マフィアのボス・チューの金に手をつけた義兄弟のユンとクォは、窮地を救ってくれたライバルのボス・サイの下で働くことになるが、我儘なユンは冷遇され…。【スタッフ&キャスト】監督:テイラー・ウォン 脚本:スティーブン・シュウ/マンフレッド・ウォン 撮影:ジョニー・クー 出演:チョウ・ユンファ/アンディ・ラウ/アレックス・マン/カリーナ・ラウ
  • ポストマン・ファイツ・バック 巡城馬

    チョウ・ユンファと香港映画界の巨匠、レイモンド・チョウがコンビを組んだアクションドラマが、デジタル・リマスター版で登場。明の時代に郵便配達の役割をしていた“巡城馬”の男・マーとその仲間たちが、山賊のボスの誕生日プレゼントを運ぶ。【スタッフ&キャスト】監督:ロニー・ユー 製作:レイモンド・チョウ 出演:チョウ・ユンファ/リャン・カーヤン/チェリー・チャン
  • 密会(1986)

    香港映画界のトップスター、チョウ・ユンファ主演で贈るラブストーリー。美しい人妻のメイは、仕事で多忙な夫に相手にされない寂しさをエアロビやショッピングで紛らわしていたが、ある日テニス場で知り合ったインストラクターのイップに心を惹かれ…。【スタッフ&キャスト】製作:アンジェラ・ファン 監督・脚本:テレサ・ウー 出演:チョウ・ユンファ/ポーリン・ウォン
  • ストーリー・ローズ 恋を追いかけて

    香港映画界を代表するスター、チョウ・ユンファとマギー・チャンの共演で贈るラブロマンス。最愛の兄を亡くし意気消沈するローズの下に、ある日兄に瓜ふたつの青年・ガミンが現れる。ローズは困惑を覚えながらも、次第に彼に心惹かれていくが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ヨン・ファン 出演:マギー・チャン/チョウ・ユンファ/ロイ・チョン
  • チョウ・ユンファの悪霊退治 デビル・バスターズ

    『白髪魔女伝』のロニー・ユー監督と『男たちの挽歌 』主演のチョウ・ユンファが組んだファンタジック・コメディ。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。