メルボーン・マクドウェル

メルボーン・マクドウェルの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 娘十八冒険時代

    「娘十八泳げや泳げ」「女シーク」に次ぐビービー・ダニエルス嬢主演喜劇で本年度第1回の作品である。「神ぞ知る」「カナディアン」等の脚色家ハワード・エメット・ロジャース氏が執筆した物語をキーン・トンプソン氏とニック・バロウズ氏とが改訂脚色し、「チョビ髭成功美談」「好いて好かれて」等をものしたグレゴリー・ラ・カヴァ氏が監督したもの。相手役は、「つばさ」「女シーク」等出演のリチャード・アーレン氏が勤め、「女シーク」「男装女剣客」にもダニエルス嬢と共演したウィリアム・パウエル氏が悪役を演じ、チャールズ・セロン氏、ハイニー・コンクリン氏、ジョージ・アーヴィング氏等も出演している。(六巻)
  • 法の外(1921)

    「スタムブールの處女」を完成して以来約1個年を費やしプリシラ・ディーン嬢を主役として製作されたトッド・ブラウニング氏の監督映画で、製作に25万ドルを要したと伝えられる。最近「宝島(1920)」「ヴィクトリー」等でめきめきとその悪役振りを認められたロン・チャニー氏がブラック・マイク・シルヴァという暗黒街の頭分と、ジョー・ワングと言う中国人の下男の2役を、実に明確に演じ分けている。ディーン嬢の相手は夫君ウィーラー・オークマン氏で、最後の辺りの猛烈な格闘は「スタムブールの處女」以上遥かに凄いものであった。壮麗な舞台装置と巧妙を極めた光線の使用は緊張した筋をより以上に引き立たしめている。中華街に用いてある淡紅色の染色が美しい印象を残した。中華街内部のセットにも他の映画に見たようなグロテスクな滑稽味はほとんど見られず、真実味が漂っていた。原作者であり監督者であるトッド・ブラウニング氏の頭の緻密さが全編に見られる。8巻の長尺を息も継がせない。
  • ノルマの飛躍

    バーリスケール嬢出演劇としては格別の奇もない劇でタマス・エッジロウ氏の原作、夫君ヒックマン氏の監督で、対手は「路傍の花」等と同じくメルボーン・マクドウェル氏と、新顔のアルバート・コルビー氏である。
  • 人生の岐路

    ホーリー・アーミニー・ライヴス氏の原作をE・マグナス・イングルトン氏が脚色し、「女曲馬師」「恋の手招き」等の監督者ルイ・ウィリアム・ショーデ氏の監督で製作された。「目醒めた心」に次ぐヘンリー・B・ウォルソール氏出演劇である。相手としてはメアリー・チャールソン嬢、ジャック・リチャードソン氏、ジョセフ・J・ダウリング氏、メルボーン・マクドウェル氏等が出演している。米誌は此映画を評して筋は有り得べからざることであるが、ウォルソール氏の立派な演技を見るべきであると言っている。
  • 追放の女

    「ブロークン・ロー」「南北珍雄腕比べ」出演のヴァージニア・リー・コーピン嬢が主演するもので、ハル・リード氏原作の舞台劇を「恐怖街」「瞳を刺す足」のエニッド・ヒバード女史がエセル・ヒル女史と共同で脚色し、「深夜の薔薇」「ベルス(1926)」と同じくジェームズ・ヤング氏が監督した。助演者は「悪の港」「スピード花嫁」のレイ・ホーラー氏、「ミスター・ウー」「中華街見物」のアンナ・メイ・ウォン嬢、「海のロマンス」「中華街見物」の上山草人氏、エリック・メイン氏、メルポルン・マクドウェル氏、シェルドン・ルイス氏等でキャメラは「虹晴」「明日の結婚」のアーネスト・ミラー氏担当である。
  • 女性の力

    C・ガードナー・サリヴァン氏原作の人情喜劇で、チャールズ・レイ氏の「最後の本塁打」の監督者ジェローム・ストーム氏の監督である。インス映画のスターなるダグラス・マックリーン氏が嬢の対手。その他悪役で有名なロバート・マッキム氏やメルボーン・マクドウェル氏も出演している。
  • ジョーンズの大事件

    ジョージ・ブロードハースト氏原作の舞台劇に基づき、メル・ブラウン氏が脚色し、「加州目指して」「女難襲来」等と同じくウィリアム・A・サイター氏の監督したもの。主役は上記二映画と同じくジノールド・デニー氏、相手には「スポーツ生活」「女難襲来」等出演のマリアン・ニクソン嬢で、その他にメルボーン・マクドウェル氏、ザス・ピッツ嬢、マーガレット・クィンビー嬢、オーティス・ハーラン氏等が出演している。因みにこれと同じ原作は甞てパラマウント・ウォッシュバーン氏が主演し、我国にも「禁酒御免」として紹介されたことがある。
  • 情愛の泉

    「熱国の薔薇」「深紅の挑戦」等の最近作品が盛んに公開されたドロシー・ダルトン嬢のインス映画時代の作品で「拗ね者サリー」等の頃のパラマンウト映画。お馴染みのC・ガードナー・サリヴァン氏原作でロイ・ウィリアム・ニール氏の監督。相手役はこれも最近「北国の雄叫」「黎明の大河」等主演映画の公開されたジャック・ホルト氏其他インス映画になくてはならぬロバート・マッキム氏、ウィリアム・コンクリン氏、メルボーン・マクドウェル氏等出演。
  • 不信仰者

    前期パテー連続の原作者として知られているチャールズ・ローグの原作で「黄泉の国」等を監督した名監督ジェームズ・ヤングが監督したもの。主役は「身替り花形」「妻を信ぜよ」等と同じくキャスリン・マクドナルドで、対手は「野に咲く花」等出演のロバート・エリス。その他ジョセフ・J・ダウリング、メルボーン・マクドウェル、バーバラ・テナントの腕達者も出る。南海を背景の人情活劇である。
  • 鉄石心

    「地獄船」と同じくフォックス社マドレイン・トラヴァース主演映画で、原作脚色は「地獄船」の原作者でまた「速力狂」そのほか多くのフォックスものを脚色したデニソン・クリフト。氏はポール・カゼノーヴとともに監督の掌にもあたっている。相手役として最近では「近代の夫」に出たメルボーン・マクドウェルや、ユ社の「女優の罪」「死の谷」メトロの「ロンバルジ」など出演のジョージ・マクダニエルらが出演している。
  • リチャード獅子王

    ウォルター・スコット卿の小説「護符」“The Talismanに基づいた歴史劇で、「ロビン・フッド(1922)」の続編と見られるべきもの。アソシエーテッド・オーサース社の第1回作品である。監督は「嵐は去れし」等と同じくチェスター・ワージー
  • 雨を呼ぶ男

    ジェラルド・ポーモン氏作の雑誌連載小説に基づいてホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「南北勇腕比べ」「黄金洪水」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもので、「漂白い人」「狂乱船」等出演のウィルアム・コリアー氏、「黄金狂時代」「救いを求むる人々」出演のジョージア・ヘール嬢、「漂白い人」「駅馬車(1925)」等出演のアーネスト・トーレンス氏等が主演し、プランドン・ハースト氏、トム・ウィルソン氏、マーサ・トマック嬢が助演している。
  • 近代の夫

    フランシス・J・グランドンの監督した社会劇で、性格俳優ヘンリー・B・ウォルソールが主役を演じ、エセル・フレミング、クレア・デュブレイらが相手役を演じる。
  • 憤怒の時

    フランク・メイオ氏主演のユ社映画でリリアン・チェスター女史の原作をジョージ・チェスター氏が「ファントマ」等で腕をみせたエドワード・セジウィック氏が監督した。相手役はヘレン・ファーグス嬢である。
  • 曲馬団の名花

    「家庭の罪」「女性の力」等以来のエニッド・ベネット嬢主演劇で、前の数作品と同じくジェローム・ストーム氏の監督である。対手は今クリスチー喜劇の花形となっているアール・ロドネー氏で、その他喜劇女優のエセル・リン嬢や、性格俳優メルボーン・マクドウェル氏なども出演する。人情劇としてインス映画独特の味のある作品である。
  • 黄金の罠

    「氷原の彼方へ」「大北の生」「ふさと」「雪国の掟」などの原作者ジェームズ・オリヴァー・カーウッド原作の例によって雪の北国を題材とした物語で、カーウッドがファースト・ナショナルから発売した最後の作品である。「氷原の彼方へ」「大北の生」と同じくルイス・ストーンが乗馬警官隊レイニー部長に扮し、ウォーレス・ビアリー、メルボーン・マクドウィェルらが出演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/27

清水崇(1972)

ホムンクルス

山本英夫原作の同名コミックを実写映画化。記憶も感情も失くしたホームレスの名越の前に医学生・伊藤が現れ、第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開ける手術を受けることに。手術を受けた名越が右目を瞑って左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになる。出演は、「ヤクザと家族 The Family」の綾野剛、「カツベン!」の成田凌、「空に住む」の岸井ゆきの、「記憶の技法」の石井杏奈、「海難1890」の内野聖陽。監督は、「呪怨」シリーズの清水崇。

樹海村 じゅかいむら

2020年に大ヒットした「犬鳴村」に続く“恐怖の村”シリーズ第2弾。古くから人々を戦慄させてきた禍々しい呪いが、不気味で壮大な樹海の奥深くに封印されてから13年。響と鳴の姉妹の前に、“あれ”が出現。そして、樹海で行方不明者が続出する……。出演は「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈、「太陽の家」の山口まゆ。監督は「犬鳴村」に続き、清水崇が務める。
ドニー・イェン(1963)

燃えよデブゴン TOKYO MISSION

「るろうに剣心」などのアクション監督、谷垣健治が監督したドニー・イェン主演のアクション。ある事件がきっかけで閑職に異動させられ、婚約者とも別れた刑事のファーロンは、暴飲暴食がたたって“デブゴン”化。そんな彼が、日本で巨大な陰謀に立ち向かう。「カツベン!」の竹中直人、「孤狼の血」の丞威、「星屑の町」の渡辺哲、「事故物件 恐い間取り」のバービーらが共演。

追龍 ついりゅう

「イップ・マン」シリーズのドニー・イェンと「グレート・アドベンチャー」のアンディ・ラウが共演、香港警察と黒社会の関係を活写した実録犯罪ドラマ。1960年代。警察署長ロックに助けられたホーは、黒社会でのし上がり、ロックと友情を結んでいくが……。監督は、「ゴッド・ギャンブラー」シリーズのバリー・ウォンと、「コールド・ウォー」シリーズや「ラスト・シャンハイ」など数々の作品の撮影を手がけてきたジェイソン・クワン。汚職が蔓延し黒社会と繋がっている警察が市民を恐怖に陥れていた時代に実在した黒社会(香港マフィア)のボス、ン・シックホーと警察署長ルイ・ロックをモデルにしている。