アルフレッド・サンテル

アルフレッド・サンテルの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 運命(1928)

    「獄中日記」「感激の泉」に次ぐリチャード・バーセルメス氏主演映画で、「感激の泉」「熱血拳闘手」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもの。原作はファニー・ハースト女史の筆になり、ジェラルド・C・ダフィー氏が改作脚色した。助演者は「獄中日記」のリナ・バスケット嬢と「サンライズ」「アメリカ美人」のマーガレット・リヴィングストン嬢を始め、ボディル・ロージング嬢、ワーナー・オーランド氏等である。
  • これぞ天国

    「目覚め」と同じくサミュエル・ゴールドウィン提供のヴィルマ・バンキー嬢主演映画である。「デパート娘大学」「ショウ・ダウン」を脚色したホープ・ロアリング女史の脚本により「感激の泉」「運命(1928)」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督した。バンキー嬢の相手役は「女の一生」「カナリヤ殺人事件」のジェームズ・ホール氏であるが、そのほかに「恋と山羊との話」のルシアン・リトルフィールド氏、フリッツィ・リッジウェイ嬢等も出演している。キャメラは「港の女」「海のロマンス」「目覚め」と同じくジョージ・バーンズ氏。
  • アリゾナ怪盗異聞

    「情熱のメキシコ」「熱沙果つるところ」とワーナー・バクスターが主演する映画で「海の狼(1930)」に脚色者ラルフ・ブロックが書きおろした物語を自らジョゼフ・ライトと共同脚色し、「情熱のメキシコ」「これぞ天国」のアルフレッド・サンテルが監督し、「海の狼(1930)」「黒旋風」のグレン・マクウィリアムスが撮影したものである。助演者は「情熱のメキシコ」のモナ・マリス、「令嬢暴力団」のキャロル・ロンバード、「懐しのアリゾナ」のソレダッド・ヒメネス、「四枚の羽根」のセオドア・フォン・エルツ、ウィルフレッド・ルーカス、アーサー・ストーン等である。
  • 紐育の顔役

    「愛怨二重奏」「ガルシアの伝令」のバーバラ・スタンウィックと「この三人」「幸福は空から」のジョエル・マクリーが主演する映画で「目撃者(1936)」「ある女の一生」のアルフレッド・サンテルが監督したもの。マックス・ブランドの原作を「四十二番街」のライアン・ジェームズがセオドア・リーヴスと協力脚色した。助演者は「テキサス決死隊(1936)」「無法地獄」のロイド・ノーランを始め「生きているモレア」のスタンリー・リッジス、「壁の穴(1929)」のバリー・マッカラム、新顔のリー・ボウマン、「ガラスの鍵」のアーヴィング・ベーコンその他の面々で、撮影は「一九三七年度の大放送」「青春ホテル」のテオドル・スパークールが担当した。
  • 私のあなた

    「歓楽地帯」「恋と休暇」「楽天奇術師」等出演のジャック・マルホール氏のスター昇進第一回主演映画で、マーガレット・メイヨ女史とソールズベリー・フィールド氏とが合作した舞台喜劇に基いて「恋と休暇」「美人売約済」のユフ・マッグルー・ウィリス氏が脚色し「高速度娘」「熱血ボクシング手」のアルフレッド・サンテル氏が監督し、「愛欲の人魚」「真紅の海」のソル・ポリート氏が撮影した。助演者は「ニューヨーク狂想曲」「明日の結婚」のパッシー・ルス・ミラー嬢を始め、「私のパパさん」「断想悲曲」のアーマンド・カリス氏、「恋と休暇」「狂言成金」のガートルード・アスター嬢及び「ダミー」「結婚行進曲」ののザス・ピッツ嬢。
  • ある女の一生

    「泉」「晩春」のアン・ハーディングが「昨日」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズを相手に主演する映画で、ルイス・ブロムフィールドの原作を「泉」「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが脚色し、「農園のレベッカ」「嵐の国のテス(1932)」のアルフレッド・サンテルが監督に当たり、「紅雀」「宿命の窓」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「愛と光」のベティ・ファーネス、「乙女よ嘆くな」のフランク・アルバートソン、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「泉」のセーラ・ヘイドン、モリー・オディ、その他。
  • 目撃者(1936)

    マクスウェル・アンダースン作の舞台劇の映画化で、舞台と同じくバージェス・メレディス、「情熱なき犯罪」「ロビンフッドの復讐」のマーゴ、「ウィーンの再会」「生きているモレア」のエドワード・チアネーリの3人が主演する。脚色には「愛情無限」「女性の反逆」のアンソニー・ヴェイラーが当たり、「ある女の一生」「嵐の国テス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「愛の花篭」「三銃士(1935)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演俳優は「愛情無限」のエドワード・エリス、「特高警察のポール・ギルフォイル、舞台から来たモーリス・モスコヴィッチ、「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラディン、「生きているモレア」のスタンリー・リッジス等である。
  • 情怨

    「晩春」「ある女の一生」のアン・ハーディングが主演する映画で、原作はハンフリー・ピアソンとマイルリス・コノリーが共同で書き卸し、「歌の翼」のシドニー・バックマンとヘンリー・マッカーティーが協力脚色し、「ある女の一生」「嵐の国のテス(1932)」のアルフレッド・サンテルが監督したもの。助演者は「花嫁の感情」「野いばら」のロバート・ヤング、「恋のセレナーデ」「自由の翼」のニルス・アスター、「国際喜劇ホテル」のサリ・マリッツァ、「流線型超特急」のアーヴィング・ピチェル、「蛍の光」のヘレン・フリーマン等の面々である。カメラは「ある女の一生」「紅雀」のルシエン・アンドリオの担当である。
  • 高速度娘

    「トロイ情史」「紳士は金髪がお好き(1928)」等主演のアリス・ホワイト嬢がファースト・ナショナル社のスター昇進第一回主演映画で、ジェー・ピー・マッキヴォート氏作の小説をジェームス・T・オドノホー氏が脚色し、「運命(1928)」「ゴリラ(1927)」「熱血拳闘手」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したものである。助演者は「足で蹴る恋」「長屋騒動パリの巻」のチャールズ・デラニー氏を始め、リー・モーラン氏、ドナルド・リード氏、グウェン・リー嬢ケイト・プライス嬢等である。
  • 情熱のメキシコ

    キャスリン・フラートン・ジェロールド女史原作の小説から「クリスティナ」「街の天使」のマリオン・オース女史が脚色し「これぞ天国」「熱血拳闘手」のアルフレッド・サンテル氏が監督した映画で「熱沙果つるところ」「遥かなる叫び」のワーナー・バクスター氏が主演し「都会の女」「河(1928)」のメアリー・ダンカン嬢「あこがれ」「気まぐれ女優」のアントニオ・モレノ氏、モナ・マリス嬢、ロバート・エディソン氏その他が助演。キャメラは「薮睨みの世界」「娘乱暴記」のアーサー・エデソン氏担任。
  • 肉と霊

    「リリオム」「春ひらく(1930)」主演のチャールズ・ファーレルがフォックス新入社の舞台女優エリッサ・ランディと共演する映画でエリオット・ホワイト・スプリングスとA・E・トーマスの合作舞台劇を「泥人形」「叛逆者」のジュールス・ファースマンが脚色し「海の狼(1930)」「アリゾナ怪盗異聞」のアルフレッド・サンテルが監督、グレン・マクウィリアムスが撮影の任にあたった。助演者は「河上の別荘」「哄笑の世界」のハンフリー・ボガート、「叛逆者」「黒時計連体」のマーナ・ローイ、ドナルド・ディラウェイ、クローフォード・ケント、パット・サマーセット、アイアン・マクラレン等である。
  • 婦人記者

    ミルドレッド・ギルマン作の小説から「親爺は若い」「再生の港」のエドウィン・バークが脚色し、「肉と霊」「陽炎の春」のアルフレッド・サンテルが監督し、「海の狼(1930)」「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスが撮影した。主なる出演者は「バッド・ガール」のジェームズ・ダン、「金貨狂想曲」のリンダ・ワトキンス、「バッド・ガール」のミナ・ゴンベル、ハワード・フィリップス、ジョージ・E・ストーン、モリー・オディ、ウォーリ・オールブライトなどである。
  • 処女読本(1938)

    「ステージ・ドア」「踊らん哉」のジンジャー・ロジャースと「舞台裏の戦慄」「紳士渡世」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアが主演する映画で、アーサー・コーバー作の舞台喜劇を「頓間パルーカ」「1937年の大放送」と同じくコーバーが脚色し、「目撃者(1936)」「ニューヨークの顔役」アルフレッド・サンテルが監督に当り、「ステージ・ドア」「偽装の女」のロバート・デ・グラスが撮影した。助演者は「片道切符」「腕白時代」のペギー・コクリン、「世界の歌姫」「ステージ・ドア」のルシル・ボール、「ニューヨークの顔役」「パリで逢った彼」のリー・ボウマン「新妻はタイピストから」のドロシア・ケント、「靴を脱いだ女」のアン・ミラー等の面々である。
  • 下水道

    エミール・フォルスト氏の原作をフレッド・マイトン氏とドティー・ホバート女史が脚色し、「熱血拳闘手」「ゴリラ(1927)」「運命(1928)」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、「3悪人」「サイベリア」のルー・テリジェン氏と「ミシガン小僧」「神ぞ知る」のルネ・アドレー嬢と「救助信号」のエレン・ハンマーシュタイン嬢とが共演し、「甘い親爺」「ゴリラ(1927)」のガストン・グラス氏、ポリス・カーロフ氏等が助演している。
  • ゴリラ(1927)

    一昨年来ブロードウェイに於いて長期興行を続けたラルフ・スペンス氏原作の探偵喜活劇を映画化したもので、ジェームズ・T・オドノヒュー氏が改作し、アル・コーン氏及びヘンリー・マッカーティー氏が共同脚色し、「熱血挙闘手」「想ひ叶うて」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督した特作品である。出演俳優は「喧嘩友達」「与太奮戦記」のチャールズ・マレイ氏、警官役者として有名なフレッド・ケルシー氏を始め、「結ぶ縁恋の釣天井」のアリス・デイ嬢、「甘い親爺」のガストン・グラス氏、「ジョアンの嘆き」のウォルター・ピジョン氏、その他タリー・マーシャル氏、クロード・ギリングウォーター氏、ブルックス・ベネディクト氏等のオール・スター・キャストである。
  • 甘い親爺

    「自動車恋愛」と同じくアルフレッド・サンテル氏監督作品で台本はW・C・クリフォード氏が書き下ろしたもの、主役は「長屋騒動成金物語」と同じくチャーリー・マレイ氏とジョージ・シドニー氏及びヴェラ・ゴードン嬢で、ロイド喜劇の首脳女優だったジョビナ・ラルストン嬢と「自動車恋愛」等出演のジャック・マルホール氏とが共演しているほかガストン・グラス氏も出演している。
  • 熱血拳闘手

    「乗合馬車」以来プログラム・ピクチュアに主演するのみで余り振わなかったリチャード・バーセルメス氏が久々で主演した特作映画で、原作はルパート・ヒューズ氏が執筆し、アデラ・ロジャース・セントジョン女史が修訂。ウイニフレッド・ダン女史が脚色したものを「想い叶いって」「地下鉄サディー」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督した。バーセルメス氏の相手役はモリー・オデイ嬢が抜擢されて勤め、アーサー・ストーン氏、ロウフォード・デイヴィッドソン氏、マシュー・ベッツ氏等が助演している。
  • 世界の寵児

    ブランシュ・メリル女史とポール・ショーフィールド氏とが合作した台本によって、「甘い親爺」「自動車恋愛」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、「荒み行く女性」「動員日一下」等出演のベン・ライオン氏と「滅び行く民族」「ベラ・ドンナ」等出演のロイス・ウィルソン嬢とが出演し「動員一下」「海の洗礼」等出演のブランシュ・スウィード嬢、ルシー・フォックス嬢、ウィルフレッド・ライテル氏等が助演している。
  • 海の狼(1930)

    「彼の捕えし女」「煩悩」等に名技を残した故ミルトン・シルス氏の最後の主演映画で、かつて再度映画化されたことのあるジャック・ロンドン作の同名の小説を撮影マネージャーとして知られているラルフ・ブロック氏が脚色し「情熱のメキシコ」「これぞ天国」のアルフレッド・サンテル氏が監督し「デキシー歌舞曲」「黒旋風」のグレン・マクウィリアムス氏がウィリアム・アボット氏と共同して撮影した。助演者は新進のジェーン・キースリー嬢、「君知るやわが悩み」のレイモンド・ハケット氏、舞台俳優のミッチェル・ハリス氏、「笑う女」のナット・ペンドルトン氏、ジョン・ロジャース氏、ハリー・テルブルック氏等である。
  • 地獄のサーカス

    「恋愛古典風景」「恋愛戦線」のアリオン・デーヴィスが主演する映画で、「太平洋爆撃隊」「男性の血潮」のクラーク・ゲーブルが相手役を勤める。原作はマーガレット・メイヨの古い舞台劇で、「やくざ者(1930)」「彼の捕えし女」のケイリー・ウィルソンが脚色し、「陽炎の春」「肉と霊」のアルフレッド・サンテルが監督し、「国際盗賊ホテル」「天国の一夜」のジョージ・バーンズが撮影している。助演者は「類人猿ターザン」のC・オープリイ・スミス「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー、「砂漠の生霊」のレイモンド・ハットン、ルース・セルウィン、モード・エバーン、ギン・ウィリアム等である。
  • 夜の馬鹿

    パテー社の連続映画の原作を数多く書いて有名なバートラム・ミルハウザーの原作を、新進のアルフレッド・サンテルが監督した。主役は「女は真平(1924)」等出演のマット・ムーアと、「ノートルダムのせむし男(1923)」「わが恋せし乙女」等出演のパッシー・ルス・ミラーである。
  • 想い叶うて

    「霧の裏街」「恋は異なもの」などと同じくコリーン・ムーア嬢主演映画で、「地下鉄サディー」「世界の寵児」などと同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したものでケーリー・ウイスソン氏が原作並びに脚色の任に当たった。ムーア嬢の相手役は「地下鉄サディー」「甘い親爺」等出演のジャック・マルホール氏が勤めサム・ハーディー氏とグウェン・リー嬢とが重要な役を演じている。尚アルマ・ベネット嬢、ジェッド・ブラウテイー氏等も助演している。
  • 感激の泉

    「熱血拳闘手」「獄中日記」に次ぐリチャード・バーセルメス氏出演映画でジョン・フォックス・ジュニア氏原作の有名な物語をベス・メレディス女史が脚色脚本化し、「熱血拳闘手」「ゴリラ(1927)」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもの。助演者は「熱血拳闘手」にパーセルメス氏と共演「黎明の丘(1928)」に出演したモリー・オディ嬢を始め、新進のドリス・ドーソン嬢、クロード・ギリングウォーター氏、デイヴィッド・トーレンス氏、等である。ちなみに本映画の原作は全てジャック・ピックフォード氏を主役として映画化され、「輝く孤児」として上映された。
  • 嵐の国のテス(1932)

    「第一年」に次ぐ、そして最後のジャネット・ゲイナー、チャールズ・ファーレル共演映画で、すべてメリィ・ピックフォード主演映画として製作されたことのあるグレイス・ミラー・ホワイト作の小説と、ルパート・ヒューズ脚色の劇に基づき「農園のレベッカ」「脱走兵」と同じくS・N・ベールマンとソニア・レヴィーンが共同脚色し、「農園のレベッカ」「陽炎の春」のアルフレッド・サンテルが監督し、「第一年」のハル・モーアが撮影した。助演俳優は「第一年」「夫を殺すまで」のダッドリー・ディグス、「裏町」「監視装甲車」のジェーン・クライド、「第一年」「裏街」のジョージ・ミーカー、「陽炎の春」「征服群」のクロード・ギリングォーター、エドワード・ポーレー、マティー・ケンプ、ルイズ・カーター、デイヴィッド・ジェニングス等である。
  • 地下鉄サディー

    ミルドレッド・クラム女史作の小説をポール・ショーフィールド氏とアデール・コマンディニ女史とが脚色し、「甘い親爺」「自動車恋愛」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、主役は「憧れの水兵」「琴線の響」等出演のドロシー・マッケール嬢が演じ、「甘い親爺」「自動車恋愛」等出演のジャック・マルホール氏が対手役を勤めている。その他チャールズ・マレイ氏、ペギー・シヨウ嬢、ガストン・グラス氏、パーナード・ランドール氏等が重要な役を演じている。
  • 灯消えぬ

    ポール・ディッキーとマン・ペイジ合作の舞台劇に基づき、レックス・テイラーが脚色し、アルフレッド・サンテルが監督したもので、主役はかつてユ社青鳥時代のスターであったルース・ストンハウスで、「スザンナ」出演のウォルター・マッグレイルや、新進のマリー・アステアー、セオドア・フォン・エルツが対手役を演じている。
  • 自動車恋愛

    エドナ・フェーバー女史の原作に基づきジューン・メイシス女史が脚色し、「夜の馬鹿」「灯消えぬ」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、主役は「恋の荒野」「自由結婚」等主演のコリーヌ・グリフィス嬢で対手役は「ダルシー」「騒擾の巷」等出演のジャック・マルホール氏が勤め、ワード・クレーン氏を始め、ジョージ・シドニー氏、チャールズ・マレイ氏、エディス・チャプマン嬢等が助演している。
  • 農園のレベッカ

    「ほほえみの街」のマリアン・ニクソンと「真実の力」のラルフ・ベラミーが主演する映画で、ケイト・ダグラス・ウィギンとシャーロット・トンプソン合作の同名の舞台劇に基づいて「脱走兵」のS・N・ベールマンと「デリシャス」のソニア・レブィーンとが共同して脚色し「陽炎の春」「地獄のサーカス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスが撮影したもの。助演者は「オーバー・ザ・ヒル」のメイ・マーシュ、「ロイドの活動狂」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「母」のアラン・ヘール、「腕白大将」のシャーロット・ヘンリー、サラ・パッデン、ユーラ・ガイ、クレア・マクドウェル等。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/2

サム・ワーシントン(1976)

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より

自費出版から世界的ベストセラーとなった『神の小屋』をサム・ワーシントン主演で映画化。家族とのキャンプ中に末娘が誘拐され、悲しみに突き落とされたマック。長い間、立ち直れずにいた彼の元に、“あの小屋へ来い”と書かれた奇妙な招待状が届く……。「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」のすみれが、本作でハリウッドデビュー。「ドリーム」のオクタヴィア・スペンサーが共演。メガホンを取ったのは、「エグザム」のスチュアート・ヘイゼルダイン。
ジェフ・ラウ(1952)

カンフーリーグ

「チャイニーズ・オデッセイ」のジェフ・ラウによるアクションコメディ。漫画家志望のインションは、会社の社長に恋の邪魔をされ、追い出されてしまう。彼が自身の処女作に登場するカンフーマスターたちに助けを請うと、彼らが現代にタイムスリップしてくる。出演は、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」のチウ・マンチェク、「スペシャルID 特殊身分」のアンディ・オン、「イップ・マン 継承」のチャン・クォックワン、「イップ・マン 誕生」のデニス・トー。シネマート新宿・心斎橋『のむコレ3』で上映。

大英雄

金輪国を舞台に、王位を狙う男女とそれを阻止しようとする一団との対峙をスピーディーに描く香港スターが共演したアクションコメディ。2013年7月下旬より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催される「王家衛(ウォン・カーウァイ)監督 スペシャル上映」にて広東語版をデジタル上映。

NEW今日命日の映画人 8/2

該当する人物がいません