トムアンドアンディ トムアンドアンディ

トムアンドアンディの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ウルフズ・コール

    フランスのセザール賞で3部門にノミネートされたサスペンスアクション。フランス軍の潜水艦で特殊分析官として活躍するシャンテレッドはある日、狼の呼び声のような正体不明のソナー音をキャッチ。だが、その識別に失敗し、艦に重大な危機を招いてしまう。出演は「私の知らないわたしの素顔」のフランソワ・シヴィル、「最強のふたり」のオマール・シー、「ハッピーエンド」のマチュー・カソヴィッツ。
  • 海底47m古代マヤの死の迷宮

    海洋パニックスリラー「海底47m」のシリーズ第2弾。気弱な女子高生ミアは、父の計らいで、父の再婚相手の娘サーシャと共にサメ鑑賞ツアーに参加。そこで友人に誘われた2人は、マヤ文明の遺跡が眠る海底洞窟を探索するケーブダイビングに挑戦するが……。主演は「ぼくたちのムッシュ・ラザール」のソフィー・ネリッセ。ジェイミー・フォックスの娘コリーヌ・フォックスとシルヴェスター・スタローンの娘システィーン・スタローンが、本作で映画初出演を飾っている。
  • ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷

    「クワイエット・プレイス」の脚本を手がけたスコット・ベックとブライアン・ウッズが監督、「ホステル」のイーライ・ロス監督がプロデュースするホラー。ハロウィンの夜に大学生たちは町外れのお化け屋敷に赴くが、そこは殺人鬼たちが作った惨劇の館だった。ドラマ『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』のケイティ・スティーブンスはじめ若手俳優が集結、殺人鬼たちが潜む迷宮のようなホラーハウスに足を踏み入れた若者たちを演じる。
  • ラバーボーイ

    マスクを被った殺人鬼がインターネットに現れる恐怖を映し出すホラー。学費を稼ぐため、ライブ配信サイトで仕事を始めた女子大生カイリー。だがそこへ不気味な仮面をつけ、ノコギリやハンマーを振り回すラバーボーイが侵入、配信状態のまま殺戮ショーを開始する。出演は「ネイバーズ(2014)」のアリ・コブリン、『ゾーイの秘密アプリ』のアダム・ディマルコ、「ザ・タウン」のスレイン。監督は『モンスターハンター』などで俳優としても活躍するトレバー・マシューズ。特集企画『WTC ワイルド・トラウマ・シネマ2019』にて上映。
    60
  • 海底47m

    水深47メートルの海でホオジロザメが姉妹を襲うスリラー。メキシコで休暇を過ごすケイトとリサの姉妹はホオジロザメを見ようと、シャークケージダイビングに参加する。しかし、保護用の檻と水上の船をつなぐケーブルが故障し、二人は檻ごと海底へ落下する。監督は、「ストレージ24」のヨハネス・ロバーツ。出演は、「ライセンス・トゥ・ウェディング」のマンディ・ムーア、「ミーン・ガールズ2」のクレア・ホルト、「スティーブ・ジョブズ」のマシュー・モディーン。
    60
  • ヒッティング・ジ・エイペックス

    ロードレース世界選手権MotoGPのドキュメンタリー。世界最速の男バレンティーノ・ロッシと、彼に挑む新世代トップライダーによるレースの世界を追う。MotoGPファンとして知られるブラッド・ピットが、ナレーションと共同プロデューサーを務めた。監督は、「FASTEST」のマーク・ニール。
  • キリング・ゾーイ ディレクターズ・カット版

    「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノが制作総指揮を務めたバイオレンス・アクション。監督・脚本は、「ルールズ・オブ・アトラクション」のロジャー・エイヴァリー。出演は、「アナコンダ」のエリック・ストルツ、「ビフォア・ミッドナイト」のジュリー・デルピー、「略奪者」のジャン=ユーグ・アングラード。未公開シーンを加えたディレクターズカット版。
  • FASTEST

    “史上最強のライダー”と呼ばれるバレンティーノ・ロッシを中心にMotoGPチャンピオンシップレースに挑むライダーたちの姿を追ったドキュメンタリー。監督は「FASTER」など、オートバイレースを扱ったドキュメンタリーを手掛けてきたマーク・ニール。ナレーションを「ゴーストライター」のユアン・マクレガーが担当。2012年10月12日~14日にツインリンクもてぎで開催されるMotoGP第15戦・AirAsia日本グランプリで先行公開。
    90
  • バイオハザードV リトリビューション

    ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人気アクション・シリーズ第5弾。アンデッドとの闘いが繰り広げられる中、ヒロインの謎めいた過去や衝撃の新事実が明らかになる。監督は前作に続き、ポール・W・S・アンダーソンが担当。共演は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のミシェル・ロドリゲス、「アイム・ヒア」のシエンナ・ギロリー、「1911」のリー・ビンビン、「バイオハザードIV アフターライフ」の中島美嘉。2D/3D同時公開。
    60
  • バイオハザードIV アフターライフ

    ミラ・ジョヴォヴィッチが主演する人気アクション・シリーズ第4弾。ウイルス感染によって荒廃した世界で悪と戦うヒロインを、シリーズ初の3Dで描く。監督はシリーズ1作目のポール・W・S・アンダーソン。共演は、ドラマ『プリズン・ブレイク』のウェントワース・ミラー、『HEROS/ヒーローズ』のアリ・ラーター。
    60
  • ストレンジャーズ/戦慄の訪問者

    仮面を被った3人組に突如理由もなく自宅を襲撃されたカップルが体験する恐怖を、実話を元に描くホラー。出演は「インクレディブル・ハルク」のリヴ・タイラー、「アンダーワールド」のスコット・スピードマン。ブライアン・ベルチノは、自身の執筆した脚本がメジャー会社の目にとまり、同時に本作で監督デビューとなった。
    60
  • P2

    実話を基に、地下駐車場で起こるストーキングの恐怖を描く。「ヒルズ・ハブ・アイズ」のアレクサンドル・アジャが製作・共同脚本を務め、MTVやCM監督のフランク・カルフーンが長編映画監督デビューを果たした。出演は、TV『エイリアス』のレイチェル・ニコルズ、「アメリカン・ビューティー」のウェス・ベントレー。
    70
  • ヒルズ・ハブ・アイズ

    砂漠で立ち往生した元警官の家族がそこに住む食人一家に襲われる恐怖を描いたショッキング・スリラー。ホラーの巨匠、ウェス・クレイヴン監督の名作「サランドラ」(1977)を、「ハイテンション」のアレクサンドル・アジャ監督が情け容赦ない残酷描写の連打でリメイク。その設定により日本公開が一時中止となった曰く付きの作品。製作はオリジナル版監督のウェス・クレイヴン。脚本はアレクサンドル・アジャと、「ハイテンション」でもコンビを組んだグレゴリー・ルヴァスール。「アポロ13」でアカデミー助演女優賞にノミネートのキャスリーン・クインランらが出演している。
  • Turn8 ラグナセカの青い空

    “コークスクリュー”と呼ばれる超難関コーナーを持つラグナセカ・サーキットで開催されたMotoGPの2005年アメリカ・グランプリレースを撮影したドキュメンタリー。監督はバイク・ドキュメンタリー「FASTER」のマーク・ニール。「FASTER」のナレーションを担当したユアン・マクレガーが、本作でもナレーターを務めている。
  • さよなら、僕らの夏

    オレゴン州の小さな町で、ある夏の午後、ボートに乗った少年少女6人に待ち受ける悲劇を描いた、青春映画。監督・脚本は本作がデビューとなるヤコブ・アーロン・エステス。出演は「サイン」のローリー・カルキン、「夏休みのレモネード」ノライアン・ケリー、「ユーロトリップ」のスコット・ミシュロウィック。サンダンス映画祭Humanitas賞、インディペンデント・スピリッチ・アワード(ジョンカサベデス賞・特別賞)受賞。
  • FASTER

    全世界で35億人以上の人々に楽しまれ、2005年には世界15ヶ国全17戦を争い、オートレーシング界の頂点を決めるハイテク/ハイスピードバトルMotoGP。そんな過酷な世界に初めて足を踏み入れたモータードキュメンタリー。ナレーションを、バイクフリークとして有名なユアン・マクレガーが担当。
  • ルールズ・オブ・アトラクション

    享楽的で虚無的な日々を送る大学生たちを描いた青春群像劇。監督・脚本は「キリング・ゾーイ」のロジャー・エイヴァリー。原作はブレット・イーストン・エリスの同名小説。撮影は「ケーブルガイ」のロバート・ブリンクマン。美術は「ノボケイン」のシャロン・シーモア。衣裳は「スパイ・ゲーム」のルイーズ・フロッグレー。出演は『恋する40days』(V)のシャニン・ソサモン、「テキサス・レンジャーズ」のジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、「海辺の家」のイアン・サマーホルダー、「ドリヴン」のキップ・パルデュー、「ブルークラッシュ」のケイト・ボズワース、「木漏れ日の中で」のジェシカ・ビール、「アメリカン・パイ」シリーズのトーマス・イアン・ニコラス、「コンフェッション」のフレッド・サヴェージ、「アナコンダ」のエリック・ストルツ、「ジャンヌ・ダルク」のフェイ・ダナウェイほか。
    60
  • プロフェシー

    米国で実際に起きた一連の不可解な事件に基づくサスペンス・ホラー。監督は、「隣人は静かに笑う」のマーク・ペリントン。主演は「真実の行方」のリチャード・ギア。
    70
  • キリング・ゾーイ

    破滅にむかって突っ走る男と、彼が呼び寄せた金庫破りの天才、そして娼婦と銀行員の2つの顔を持つ娘。3人の愛憎が交錯する銀行襲撃事件の顛末を描いたいたバイオレンスアクション。「レザボア・ドッグス」のクエンティン・タランティーノが製作総指揮を務め、彼の盟友のロジヤー・エイヴァリーが監督デビューを飾っている。製作は「トゥルー・ロマンス」のサミュエル・ハディダ、エグゼクティヴ・プロデューサーはタランティーノと「レザボア・ドッグス」のローレンス・ベンダー、ベッカ・ボス。撮影はトム・リッチモンド、音楽はトマンダンディ、美術は「ナイト・オブ・ザ・コメット」のデイヴィッド・ワスコが担当。主演は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」「ニキータ」のジャン・ユーグ・アングラード、「恋愛の法則」のエリック・ストルツ、「「彼女」の存在」のジュリー・デルピー。共演は「ボディガード(1992)」のゲイリー・ケンプら。
  • 7ミニッツ

    ルーク・ミッチェル主演によるクライムアクション。サム、マイク、オーウェンは幼馴染み。高校卒業後は工場勤めで、貧乏な生活の彼らは、ドラッグ・ディーラーの仕事に手を出してしまう。しかし、その仕事に失敗し、運んでいた薬を失ってしまい…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジェイ・ライド 製作:Jacob Estes 撮影:ノア・M・ローゼンタール 音楽:トムアンドアンディ 出演:ルーク・ミッチェル/ジェイソン・リッター/ゼイン・ホルツ/レヴェン・ランビン
    40
  • コベナント 幻魔降臨

    全米初登場No.1を記録した未公開作品をリリースする“「欧米か!」レーベル”第2弾となる、『クリフハンガー』のレニー・ハーリン監督によるサイキックバトルミステリー。生まれながらに超能力を持った4人の若者たちが、壮絶な戦いを繰り広げる。【スタッフ&キャスト】監督:レニー・ハーリン 製作総指揮・脚本:J.S.カーダン 音楽:トマンダンディ 出演:トビー・ヘミングウェイ/セバスチャン・スタン/スティーヴン・ストレイト/ローラ・ラムジー
  • クライシス

    クリス・ゴラックの初監督・脚本作品となるパニックスリラー。ロサンゼルス郊外で暮らすブラッドと妻・レクシィ。ある日、レクシィが出掛けた直後に複数の爆弾事件が起き、ロサンゼル市内にウィルスガスが充満。さらに“死の灰”まで降り始め…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クリス・ゴラック 製作:ジョナス・スミス 撮影:トム・リッチモンド 音楽:トマンダンディ 出演:ロリー・コクレイン/メアリー・マコーマック/トニー・ペレス
  • トビー・マグワイア スパイラル 危険な関係

    トビー・マグワイアほか演技派俳優が多数共演したサスペンス。
  • 519号室

    『父親たちの星条旗』のジェシー・ブラッドフォード主演によるホラーサスペンス。刑務所から仮出所し、服役中に死亡した母親のアパートで暮らし始めたボビー。孤独な毎日の中、彼は壁の中から響く異音、そしてピアノに残された血痕を発見する。【スタッフ&キャスト】監督・原作:ヤム・ララナス 脚本:エリック・バーント 撮影:マシュー・アーヴィング 音楽:トムアンドアンディ 出演:ジェシー・ブラッドフォード/ケヴィン・デュランド/アメリア・ワーナー/プルイット・テイラー・ヴィンス
  • インディアナ・ポリスの夏 青春の傷跡

    対照的なふたりの青年の青春群像を描いたドラマ。監督は「隣人は静かに笑う」のマーク・ペリントンで、彼の監督デビュー作。脚本・原作はジャーナリスト・小説家のダン・ウェイクフィールド。製作は『ファイブ・コーナーズ』(V)のトム・ゴレイ、シガージョン・サイヴァッソン。撮影は「サーチ&デストロイ」のボビー・ブコウスキー。音楽は「キリング・ゾーイ」のトマンダンディ。出演は「プライベート・ライアン」のジェレミー・デイヴィス、「恋におちたシェイクスピア」のベン・アフレック、「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」のレイチェル・ワイズほか。