クレイグ・フェアブラス クレイグフェアブラス

クレイグ・フェアブラスの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • キング・オブ・ギャングスター2

    実在のマフィアの壮絶で残酷な生き様を描くバイオレンスアクション。1988年、スペイン・マルベーリャ。麻薬の密売に奔走し、コカインを享受していたパット。邪魔者は容赦なく潰していたが、麻薬界で名を馳せていた男に裏切られ、刑務所生活を送ることに。出演は、「ヴァイキングダム」のクレイグ・フェアブラス、「グランド・エセックス・コネクション」のテリー・ストーン、「レイヤー・ケーキ」のジェイミー・フォアマン、「アベンジャーズ(1998)」のショーン・ライダー。監督は、「UKコネクション」のザッカリー・アドラー。【WACウェルカムアメイジングシネマ2018】で上映。
  • 傭兵奪還

    行方不明の娘を救うために、犯罪組織と戦う傭兵の姿を描くバイオレンス・アクション。出演は、「ライジング・サン 裏切りの代償」のクレイグ・フェアブラス、「告発のとき」のジェイソン・パトリック、「ゴッドファーザー」のジェームズ・カーン。監督は、「ライジング・サン 裏切りの代償」のブライアン・A・ミラー。
    50
  • ヴァイキングダム

    「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」のVFXスタッフによるアクション・アドベンチャー巨編。北欧を舞台に、古代の神と人類による壮絶な闘いを描く。監督は、「アレキサンダー・ソード 幻の勇者」のユースリー・アブドゥル・ハリム。出演は、ドラマ『プリズン・ブレイク』シリーズのドミニク・パーセル。
  • ライジング・サン 裏切りの代償

    プロレスの世界ヘビー級王者として人気を誇ったデビッド・バウティスタ(「奪還」)主演で贈るクライム・アクション。違法カジノの用心棒を務める元刑事が、強盗の濡れ衣を晴らすために、真犯人を追う。共演は「アドレナリン」のエイミー・スマート、「ブレイド3」のドミニク・パーセル、「マチェーテ」のダニー・トレホ。
  • スタークリスタル

    全ての生命の源たる宇宙の宝“クリスタル”をめぐり、美しき女戦士と悪の帝王が戦うSFアクション。監督・SFXは「ダークマン」など90年代ハリウッドのアクション大作の特殊視覚効果監督で知られるウィリアム・メサで本作は彼のデビュー作。製作はナイル・ニアミとパトリック・チョイ、エクゼクティヴ・プロデューサーはポール・L・ニューマン、バリー・コリエ、ユン・ピョウ・チョイ、脚本は「モノリス」のニック・デイヴィス、撮影は「グランド・ツアー」のロバート・C・ニュー、音楽はクリストファー・L・ストーン、編集はパトリック・ルシア、グレゴリー・ホブソンがそれぞれ担当。出演は「ビバリーヒルズ・コップ2」、『チェーンヒート2』(V)のブリジット・ニールセン、「マジック・クエスト 魔界の剣」のリチャード・モールほか。また、「ダークマン」でメサと組んだ「クイック&デッド」のサム・ライミ監督が姑息で神経質そうな士官役で顔をみせている。
  • ウルフ・オブ・リベンジ 復讐の狼

    『2バッドガイズ』のスタッフ&キャストによるリベンジアクション。闇組織のボスである兄の企みにより、イギリスで最も劣悪とされる刑務所に捕らわれているカイン。兄が放った殺し屋たちと戦い続ける中、遂に脱獄を果たした彼は、復讐を開始する。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジェシー・V・ジョンソン 脚本:ステュー・スモール 製作総指揮・出演:スコット・アドキンス 撮影:ジョナサン・ホール 出演:クレイグ・フェアブラス/ニック・モラン/トーマス・ターグーズ/カーストン・ウェアリング
  • ライズ・オブ・ザ・フットソルジャー

    実在のギャングスター、カールトン・リーチの波乱に満ちた人生を描いた衝撃作。1970年代後半のロンドン。酒と暴力とSEXに明け暮れていたカールトン・リーチは、裏社会の大物・トニーと出会い、全英で最も恐れられるマフィアへと上り詰めていく。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・編集:ジュリアン・ギルビー 脚本・編集:ウィリアム・ギルビー 撮影:アリ・アサド 美術:マシュー・バトン 出演:リッチ・ハーネット/クレイグ・フェアブラス/テリー・ストーン/ローランド・マヌーキアン
  • キラーエリート 暗殺者

    孤高の暗殺者の死闘を描いたクライムアクション。愛情深い父親であり、誠実な夫・アルフィー。その裏の顔は冷酷なプロの殺し屋だった。今まで殺してきた男たちの幻影に悩まされているアルフィーは、仕事をしくじり、ボスに足を洗いたいと願い出るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジョニー・マラチ 音楽:フィル・マウントフォード 撮影:ジェームス・フレンド 出演:クレイグ・フェアブラス/ジェームズ・コスモ/エメット・スキャンラン/メム・フェルダ/オリヴィア・グラント
    80
  • 処刑台の獣たち

    凄腕強盗と凶悪ギャングと悪徳刑事の死闘を描いたクライムアクション。刑務所帰りのワルばかりを束ねて銀行強盗を重ねるジャックは、次なる強奪計画を実行中に警察の襲撃を受ける。裏切り者がいるという勘に突き動かされた彼は復讐を誓うが…。【スタッフ&キャスト】監督:マーク・マックィーン 製作:ニック・ハンソン 撮影:デュエイン・マクルーニー 脚本・出演:クレイグ・フェアブラス 出演:ジェームズ・コスモ/ニック・モラン/ナタリー・コックス/ケイティ・クラークソン・ヒル
  • ブリティッシュ・ギャングスター 仁義なき抗争

    東欧マフィアと英国ギャングスターの抗争を描いたバイオレンスアクション。かつて裏社会の顔役だったゲイブは、堅気のビジネスで成功を収め、家族と幸せに暮らしていた。ところがある夜、娘・ジュリーの婚約者が東欧マフィアに連れ去られてしまう。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:スチュアート・セント・ポール 音楽:マーク・ブラックレッジ 撮影:カール・サマースケールス 編集:マシュー・ベイト 出演:ビリー・マーレイ/クレイグ・フェアブラス/ローラ・エイクマン/ダニー・ミッドウィンター
    50
  • サイレント・ノイズ リベレーション

    死者のメッセージを伝える怪現象“EVP”を題材にした新感覚サスペンススリラーの続編。愛する妻と子供を目の前で殺されたエイブは、薬物自殺を図るが奇跡的に一命を取り留める。しかし、その日から彼は超常現象に悩まされるようになり…。【スタッフ&キャスト】監督:パトリック・ルシエ 製作:ショーン・ウィリアムソン 脚本:マット・ヴァン 撮影:ブライアン・ピアソン 出演:ネイサン・フィリオン/ケイティー・サッコフ/クレイグ・フェアブラス/エイドリアン・ホームズ
  • UKギャングスター

    実在した伝説のマフィア、カールトン・リーチの半生を描いたハードボイルドアクション。70年代後半のロンドン。ウエストハムの凶暴なフーリガンとして知られていたカールトンは、やがてナイトクラブの用心棒から最強のマフィアへとのし上がっていく。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・編集:ジュリアン・ギルビー 脚本・編集:ウィリアム・ギルビー 撮影:アリ・アサド 美術:マシュー・バトン 出演:ニリッチ・ハーネット/クレイグ・フェアブラス/テリー・ストーン/ローランド・マヌーキアン
  • オープンウォーター・サスペクト

    実話に基づく海洋サスペンスミステリー。救命ボートに乗った親子3人が絶海を漂流し、ただひとり救出されたケイト。海岸に漂着した遺体の喉が切られていたことからケイトに殺人の容疑が掛けられるが、彼女は恐ろしくも悲しい真相を語り始める。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:エドゥアルド・ロソフ 製作:ジャン・リュック・ヴァン・ダム 原作:ルイーズ・ロンゴ 撮影:ガイ・マエツェラ 出演:カーストン・ウェアリング/クレイグ・フェアブラス/イザベラ・ブレイク・トーマス/サム・ローウィック
  • ゲット・ラッキー

    『アタック・ザ・ブロック』のルーク・トレッダウェイ主演のUK発クライムアクション。人生最大の強盗計画遂行のため、ロンドンの街をハイスピードで駆け抜ける個性豊かな登場人物たちが織り成すスタイリッシュでスリリングなストーリーが展開する。【スタッフ&キャスト】監督:サシャ・ベネット 脚本・出演:T・J・ラミニ 脚本:ウォルター・テイラー 製作総指揮:ウィリアム・グリーン/アーロン・ギンズバーグ 出演:ルーク・トレッダウェイ/クレイグ・フェアブラス/エミリー・アタック

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/24

ジェニファー・ロペス(1969)

ハスラーズ

ニューヨーク・マガジンに掲載された記事を原案に、ウォール街を震撼させた驚愕の実話を映画化。ストリップクラブで働くデスティニーとラモーナは、リーマン・ショックの影響で客の入りが激減するなか、薬物を入れた酒を客に飲ませて大金を奪う計画を企てる。出演は、「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウー、「PARKER パーカー」のジェニファー・ロペス、「ボーン」シリーズのジュリア・スタイルズ。監督は「エンド・オブ・ザ・ワールド」のローリーン・スカファリア。

PARKER パーカー

ドナルド・E・ウェストレイクの小説『悪党パーカー』の映画化。強盗の復讐劇を描く犯罪アクション。出演は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス。監督は「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード。脚本は「ブラック・スワン」のジョン・マクラフリン。
ガス・ヴァン・サント(1952)

ドント・ウォーリー

ガス・ヴァン・サント監督が風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化。酒浸りのジョンは自動車事故により胸より下が麻痺し車いす生活を余儀なくされる。ますます酒に溺れ荒れる彼だったが、やがて持ち前の辛辣なユーモアを活かして風刺漫画を描き始める。俳優ロビン・ウィリアムズがジョン・キャラハンの自伝『Don't Worry He Won't Get Far on Foot: The Autobiography of Dangerous Man』の映画化権を得ており、当初からガス・ヴァン・サントを監督にと相談を持ち掛けていた。不屈のジョン・キャラハンを「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが演じる。

追憶の森

富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を舞台に、ガス・ヴァン・サント監督が豪華スターを迎え紡いだミステリードラマ。死に場所を求めて樹海に入ったアメリカ人男性が、瀕死の男性を助けようと出口を探しさまよう中で、人生を見つめ直していく。絶望の淵に立つアメリカ人男性を「インターステラー」のマシュー・マコノヒーが、妻子の元に戻ろうとする男性を「硫黄島からの手紙」の渡辺謙が、アメリカ人男性の妻を「インポッシブル」のナオミ・ワッツが演じる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

NEW今日命日の映画人 7/24

イーゴリ・タランキン(2010)

セルギー神父

監督作「戦争と平和」で米アカデミー賞最優秀外国語映画賞を獲得、俳優としても活躍したセルゲイ・ボンダルチュクが主演したトルストイ原作の人間ドラマ。婚約者の裏切りを知った近衛士官スチェパン・カサツキーは修道僧になるが、女性地主に誘惑され……。監督は「チャイコフスキー」のイーゴリ・タランキン。2008年、トルストイ生誕180周年記念ロシア名画フェスティバルにて上映(上映タイトル「司祭セルギー(神父セルギー)」)。2020年9月18日より開催のセルゲイ・ボンダルチュク生誕100周年記念特集にて2Kデジタル版が劇場上映される。

チャイコフスキー

ロシアの大地が生んだ偉大な作曲家チャイコフスキーの愛と苦悩を掘りさげる感動の人間ドラマであり、ソビエトのベストメンバーをよりすぐった名演奏による不滅のメロディが奏でられる音楽映画。総指揮・音楽監督を「ハイヌーン」「アラモ」「OK牧場の決闘」のメロディで名高いディミトリ・ティオムキン、監督・脚本はイーゴリ・タランキン、撮影はおそく世界にただ一人の女性撮影監督であろう、マルガリータ・ピリーヒナ、ほかに来日したボリショイ・オペラ、ボリショイ・バレエのメンバー、レニングラード管弦楽団、ボリショイ劇場管弦楽団、至宝ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー等々ソビエト音楽界のベストメンバーが演奏・出演している。出演は「ハムレット(1964)」のインノケンティ・スモクトゥノフスキー、「戦争と平和」のアントニーナ・シュラーノワ、世界バレエ界のプリマ・バレリーナのマイヤ・プリセツカヤ、「戦争と平和」のウラジスラフ・ストルジェリチクなど。カラー、七〇ミリ。