グレッグ・キニア グレッグキニア

グレッグ・キニアの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ポルトガル、夏の終わり

    イザベル・ユペールが「人生は小説よりも奇なり」のアイラ・サックスとタッグを組んだドラマ。ポルトガルの避暑地シントラ。欧州を代表する女優フランキーは、自らの余命が長くないと知り、密かに最愛の人々の人生を演出しようと、家族や友人を呼び集める。共演は「パディントン2」のブレンダン・グリーソン、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のマリサ・トメイ、「2重螺旋の恋人」のジェレミー・レニエ。
  • ストレンジ・アフェア

    「ラ・ラ・ランド」のスタッフ製作による異色スリラー。フィリップの兄ロニーの事故死から5年が経過、彼は母シャーリーンと暮らしている。そんなある日、ロニーの元恋人メリッサが妊娠して家族の前に現れるが、彼女はロニーの子供を授かったと信じていた……。出演は「フィフス・ウェイブ」のニック・ロビンソン、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のマーガレット・クアリー。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2020 延長戦』にて上映。
  • ブリグズビー・ベア

    コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のディレクター、デイヴ・マッカリーが監督したドラマ。誘拐され、偽の両親が制作した教育番組『ブリグズビー・ベア』を見て育ったジェームス。犯人逮捕により突如外界に放り出された彼は、周囲を騒動に巻き込む。デイヴ・マッカリーとともにコメディユニットGOOD NEIGHBORのメンバーで『サタデー・ナイト・ライブ』にも出演するカイル・ムーニーが、外の世界に踏み出していく純粋な青年ジェームスを演じる。ほか、「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル、「いつか眠りにつく前に」のクレア・デインズらが出演。また、ベック・ベネット、アンディ・サムバーグといった『サタデー・ナイト・ライブ』に出演するコメディ俳優たちがカメオ出演している。
    80
  • ハッピーエンドが書けるまで

    「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニア、「あと1センチの恋」のリリー・コリンズ、「ウォールフラワー」のローガン・ラーマンが共演したラブストーリー。離婚した父親を中心に、愛に関する様々な悩みを抱えた家族が、新しい一歩を踏み出してゆく姿を描く。監督は「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン。
    80
  • 天国は、ほんとうにある

    病のため生死の境をさまよっていたときに天国を旅してきたという少年の実話を描き、全世界で900万部以上も売り上げた大ベストセラー作品『天国は、ほんとうにある』を映画化。監督は「ワンス・アンド・フォーエバー」「仮面の男」のランドール・ウォレス。不思議な体験を話す少年を本作が映画初出演作品となるコナール・コラムが、少年の話を正面から受け止めようとする父親を「リトル・ミス・サンシャイン」「恋愛小説家」のグレッグ・キニアが、母親を「フライト」「ロシアン・ドールズ」のケリー・ライリーが演じる。ほか、「8月の家族たち」のマーゴ・マーティンデイル、「サイドウェイ」のトーマス・ヘイデン・チャーチらが出演。
    80
  • ムービー43

    弟とともに「メリーに首ったけ」を監督したピーター・ファレリーが企画、「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー、「スーパー!」のジェームズ・ガン、「ドクター・ドリトル2」のスティーヴ・カーら総勢10人の監督が集結したオムニバス・コメディ。「タイタニック」のケイト・ウィンスレットとデートする「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマンの首に信じられないものが現れ、「クラウド・アトラス」のハル・ベリーが意地の張り合いの果てに容貌を一変させ、「HACHI 約束の犬」のリチャード・ギアが等身大女性型音楽プレイヤーを開発する企業のお気楽なCEOを演じるなど、豪華キャストが下劣で下品、下衆なコメディに挑戦している。
    70
  • ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

    ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
  • ラスト・ソング

    『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』でブレイクした全米のアイドル、マイリー・サイラス主演の青春映画。都会育ちの少女が夏休みに訪れた海辺の町で、疎遠になっていた父との再会や、初恋の経験を経て成長する姿を描く。原作は「きみに読む物語」のニコラス・スパークス。「グリーン・ゾーン」のグレッグ・キニア共演。
    100
  • グリーン・ゾーン

    「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」に続く、ポール・グリーングラス監督とマット・デイモン主演によるサスペンス・アクション。イラク中心部にある米軍駐留地域で巨大な陰謀に立ち向かう男の戦いを、臨場感溢れる手持ちカメラの映像で描く。共演は、「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニア。
    70
  • ファーストフード・ネイション

    エリック・シュローサーの著書『ファストフードが世界を食いつくす』を原作に、ファーストフードに潜む現代社会の病巣を炙り出す。監督は「ビフォア・サンセット」のリチャード・リンクレイター。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニア、「キング 罪の王」のポール・ダノ、「トレーニング・デイ」のイーサン・ホーク、他。
  • リトル・ミス・サンシャイン

    ビューティー・クィーンを夢見る末娘が参加するコンテストに出場するため、崩壊寸前の家族がミニバスに乗ってカリフォルニアを目指す一風変わった家族ドラマ。監督は、夫婦でもあるジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス。出演は「unknown アンノウン」のグレッグ・キニア、「イン・ハー・シューズ」のトニ・コレット、「40歳の童貞男」のスティーヴ・カレル。2006年アカデミー賞助演男優賞(アラン・アーキン)、オリジナル脚本賞(マイケル・アーント)を受賞。
    80
  • unknown アンノウン(2006)

    記憶を失った5人の男が疑心暗鬼に駆られながら、生き延びるために駆け引きを繰り広げる密室スリラー。監督はこれがデビューとなるサイモン・ブランド。出演は「パッション」のジム・カヴィーゼル、「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」のバリー・ペッパー。
  • アダム 神の使い 悪魔の子

    クローン人間を巡る現代的な問題をテーマに、その恐ろしさと罪深さをを描いたサイコドラマ。悪魔に魂を売った遺伝子学者を演じるのは、二度のアカデミー賞に輝く名優・ロバート・デ・ニーロ、彼に翻弄される夫婦には、グレッグ・キニア(「恋愛小説家」)、レベッカ・ローミン(「X-MEN」シリーズ)が扮している。監督は「穴」でサスペンス・スリラー演出に冴えを見せたニック・ハム。
  • がんばれ!ベアーズ/ニュー・シーズン

    落ちこぼれぞろいの少年野球チームがリーグ優勝を目指すハートウォーミング・コメディ。1976年作品「がんばれ!ベアーズ」のリメイク。監督・製作は「スクール・オブ・ロック」「ビフォア・サンセット」のリチャード・リンクレイター。オリジナル脚本は故ビル・ランカスター。脚色は「バッドサンタ」のグレン・フィカーラ&ジョン・レクア。撮影は「スクール・オブ・ロック」のロジェ・ストファーズ。音楽は「デンジャラス・ビューティー」シリーズのエドワード・シェアマー。衣裳は「スクール・オブ・ロック」のカレン・パッチ。出演は「バッドサンタ」「プライド/栄光への絆」のビリー・ボブ・ソーントン、「ふたりにクギづけ」のグレッグ・キニア、「ミスティック・リバー」のマーシャ・ゲイ・ハーデン、新人のサミー・ケイン・クラフトやジェフリー・デイヴィス、「チャーリーと14人のキッズ」のティミー・ディターズほか。
    80
  • ふたりにクギづけ

    結合双生児の絆を描いたハートウォーミング・コメディ。監督・製作・脚本は「愛しのローズマリー」のボビー&ピーター・ファレリー。撮影は「スパイ・ゲーム」のダン・ミンデル。編集は「愛しのローズマリー」のクリストファー・グリーンバリーほか。衣裳は「オースティン・パワーズ」シリーズや「タイムマシン」のディーナ・アッペル。出演は「ボーン・アイデンティティー」のマット・デイモン、「ボブ・クレイン/快楽を知ったTVスター」のグレッグ・キニア、「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」のエヴァ・メンデス、これが本格映画デビューとなるウェン・ヤン・シー、「ムッソリーニとお茶を」のシェール、「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のセイモア・カッセルほか。
    90
  • ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター

    実在のTVスター、ボブ・クレインの波乱に満ちた生涯を、「白い刻印」のポール・シュレイダーが映画化。ロバート・グレイスミスのノンフィクションを元に、そのスキャンダラスな死の謎に迫る。
  • ワンス・アンド・フォーエバー

    ベトナム戦争のもう一つの側面にある真実を描いた感動のノンフィクション。監督・脚本・製作は「パール・ハーバー」のランドール・ウォレス。製作は「ハート・オブ・ウーマン」のブルース・デイヴィとスティーヴン・マケヴィティ。原作はジョー・ギャロウェイとハル・ムーア。撮影は「ハートブレイカー」のディーン・セムラー。音楽は「仮面の男」のニック・グレニー=スミス。出演は、「パトリオット」のメル・ギブソン、「クローン」のマデリーン・ストウほか。
  • 恋する遺伝子

    運命の人を探すヒロインの奮闘を描いたロマンティック・コメディ。監督は『オーバー・ザ・ムーン』(V)のトニー・ゴールドウィン。脚本は「リトル・プリンセス」のエリザベス・チャンドラー。撮影は「ザ・ダイバー」のアンソニー・R・リッチモンド。音楽は「ベティ・サイズモア」のロルフ・ケント。衣裳は「小説家を見つけたら」のアン・ロスほか。出演は「あなたのために」のアシュレー・ジャド、「ベティ・サイズモア」のグレッグ・キニア、「X-メン」のヒュー・ジャックマン、「ハート・オブ・ウーマン」のマリサ・トメイ、「私が美しくなった100の秘密」のエレン・バーキンほか。
  • 恋は負けない

    「初体験/リッジモント・ハイ」をはじめ、学園ものを得意とする女流監督にして脚本家エイミー・ヘッカリングが描く青春恋愛映画。出演は「アメリカン・パイ」のジェイソン・ビッグスと「アメリカン・ビューティー」のミーナ・スヴァーリ。
    90
  • ギフト(2000)

    不思議な霊感を持つ女性が殺人事件に巻き込まれていくスリラー。監督は「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」のサム・ライミ。脚本は俳優としても知られる「スリング・ブレイド」のビリー・ボブ・ソーントンと、トム・エパーソン。撮影は「フリントストーン2」のジェイミー・アンダーソン。音楽は「ワンダー・ボーイズ」のクリストファー・ヤング。出演は「リプリー」のケイト・ブランシェット、「ザ・ウォッチャー」のキアヌ・リーヴス、「ボーイズ・ドント・クライ」のヒラリー・スワンク、「ベティ・サイズモア」のグレッグ・キニア、「60セカンズ」のジョヴァンニ・リビシー、「ワンダー・ボーイズ」のケイティ・ホームズ、「インビジブル」のキム・ディケンズ、「シンプル・プラン」のゲイリー・コールほか。
  • ベティ・サイズモア

    メロドラマの主人公を追いかける女性を描く、空想と現実がブレンドされたドラマ。監督はニール・ラビュート。脚本はジョン・C・リチャーズとジェームズ・フランバーグ。撮影は「クレイドル・ウィル・ロック」のジャン・イヴ・エスコフィエ。出演は「ふたりの男とひとりの女」のレニー・ゼルウィガー、「ディープ・インパクト」のモーガン・フリーマン、「ドグマ」のクリス・ロック、「ユー・ガット・メール」のグレッグ・キニア、「エリン・ブロコビッチ」のアーロン・エックハート、「チャーリーズ・エンジェル」のクリスピン・グローヴァーほか。2000年ゴールデン・グローヴ賞ミュージカル・コメディ部門最優秀主演女優賞、同年カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞受賞。
  • ユー・ガット・メール

    インターネットで知り合った男女の運命的な恋を描いたラブ・ストーリー。「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロン監督、主演のトム・ハンクスとメグ・ライアンが再び顔を合わせた作品。監督は「マイケル」のノーラ・エフロンで、脚本は同作に続いて姉デリア・エフロンとの共同。製作はノーラ、「ボルケーノ」のローレン・シュラー・ドナー。製作総指揮はデリア、「陰謀のセオリー」のジュリー・ダーク、「マイケル」のG・マクブラウン。撮影も同作のジョン・リンドレイ、音楽は「カルラの歌」のジョージ・フェントン、美術は「マイケル」のダン・デイヴィス、編集は「恋愛小説家」のリチャード・マクス、衣裳は「ジャッカル」のアルバート・ウォルスキー。主演は「プライベート・ライアン」のトム・ハンクスと「シティ・オブ・エンジェル」のメグ・ライアン。共演は「フラート」のパーカー・ポージー、「マイケル」のジーン・ステイプルトン、「恋愛小説家」のグレッグ・キニアほか。
    90
  • 恋愛小説家

    潔癖家で毒舌の変人小説家が、なじみのウェイトレスや隣人との交流を通して人並みの愛を知るまでを描いたラヴ・ロマンス。主演のジャック・ニコルソン(「ブラッド&ワイン」など)、ヘレン・ハント(「ツイスター」)がそれぞれ97年度(第70回)アカデミー賞で最優秀主演男優賞・同女優賞を受賞したことでも話題に。監督は「愛と追憶の日々」でニコルソンと組んだ「ブロードキャスト・ニュース」のジェームズ・L・ブルックス。脚本は「レイト・フォー・ディナー」のマーク・アンドラスの原案を基に、アンドラスとブルックスが執筆。製作はブルックスと、「ザ・エージェント」のブリジット・ジョンソン、「ブロード~」「スリーパーズ」のクリスティン・ズィー。製作総指揮は「ザ・エージェント」のリチャード・サカイとローレンス・マーク、「靴をなくした天使」のローラ・ズィスキン。撮影は「ボディ・バンク」のジョン・ベイリー。音楽は「草の上の月」のハンス・ズィマー。美術のビル・プルゼスキ(「マチルダ」)、編集のリチャード・マークス(「愛と追憶の日々」)、衣裳のモリー・マギニス(「ジキル&ハイド」)は「ブロードキャスト・ニュース」でもブルックスと組んだスタッフ。共演は「ザ・エージェント」のキューバ・グッディング・Jr.、「TOUCH タッチ」のスキート・ウールリッチ、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイトほか。特別出演で監督のハロルド・ライミス、ローレンス・カスダンが顔を見せる。
    90
  • サブリナ

    オードリー・ヘップバーン主演、ビリー・ワイルダー監督の名作「麗しのサブリナ」(54)を現代的にアレンジして再映画化したロマンティックなラヴストーリー。監督は「ザ・ファーム 法律事務所」のシドニー・ポラックで、製作も同作のスコット・ルーディンとポラックの共同。サム・テイラーの戯曲を基にした前作の脚本をベースに、バーバラ・ベネデクと「ザ・ファーム」のデイヴィッド・レイフィールが脚色。ロングアイランドの町並みからパリの街頭までロケーションが効果的な撮影は、フェデリコ・フェリーニやルキノ・ヴィスコンティ監督らのコンビで知られる名匠ジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽は「シンドラーのリスト」の巨匠ジョン・ウィリアムス(2)、美術はブライアン・モリスが担当。主演は「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のジュリア・オーモンド、「今そこにある危機」のハリソン・フォード、NBCテレビの人気トーク番組のホストを務め、本作が初の映画出演となるグレッグ・キニア。「カイロの紫のバラ」のジョン・ウッド、「冷たい夜は死の匂い」のアンジー・ディッキンソン、「ランボー」シリーズのリチャード・クレンナ、「日曜日が待ち遠しい!」のファニー・アルダンらベテラン勢が脇を固めている。
    70
  • マーダー・オブ・キャット

    「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が製作に参加したサスペンスコメディ。監督のジリアン・グリーンはサム・ライミの妻で、本作が初監督作。出演は「セッション」のJ・K・シモンズほか。
  • オー!マイ・ゴースト

    『天使と悪魔』の脚本家、デヴィッド・コープ監督によるハートフルコメディ。極度の人間嫌いの歯科医・ピンカスは、医療ミスで心肺停止状態に陥ったのを機に、現世に未練を残した幽霊たちが見えるようになり、以来幽霊たちの操り言を聞き続けるハメに。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:デヴィッド・コープ 製作総指揮:ゲーリー・バーバー 製作:ギャヴィン・ポローン 撮影:フレッド・マーフィ 音楽:ジェフ・ザネリ 出演:リッキー・ジャーヴェイス/グレッグ・キニア/ティア・レオーニ
  • ラブ・アペタイザー

    モーガン・フリーマンほか豪華キャストの共演で贈る大人のラブドラマ。不良息子との折り合いに悩む哲学教授を軸に、9人の男女が織り成すさまざまな人生模様と恋の行方を描く。“CINE STYLE @ SONY PICTURES ラブ&ロマンス・セレクション第1弾”。【スタッフ&キャスト】監督:ロバート・ベントン 脚本:アリソン・バーネット 製作:ゲイリー・ルチェッシ/トム・ローゼンバーグ 出演:モーガン・フリーマン/グレッグ・キニア/ビリー・バーク/セルマ・ブレア
    80
  • 幸せのきずな

    『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア主演、平凡な男が大手自動車メーカーを相手に立ち向かう実話ドラマ。デトロイトに住む発明家・ボブはひょんなことから画期的な発明をする。しかし、その発明をフォード社に横取りされてしまう。【スタッフ&キャスト】監督:マーク・エイブラハム 脚本:フィリップ・レイルズバック 製作総指揮:ジョナサン・グリッグマン 製作:ゲイリー・バーバー 出演:グレッグ・キニア/ローレン・グレアム/ダーモット・マローニー/アラン・アルダ
  • 奇跡の絆

    レニー・ゼルウィガー主演、実話を元に描くドラマ。妻・デビーに不倫がばれたアートディーラーのロンは、罰としてボランティアに同行する。ふたりはそこでホームレスのデンバーに出会うが、デビーは彼が自分の夢に何度も現れる男だと気付き…。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮・脚本:マイケル・カーニー 原作・脚本:ロン・ホール 脚本:アレクサンダー・フォアード 撮影:ドン・バージェス 出演:レニー・ゼルウィガー/グレッグ・キニア/ジャイモン・フンスー/ジョン・ヴォイト
    80
  • ゴッド・エージェント

    「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督、「サブリナ」のグレッグ・キニア主演で贈る、ハートフルなコメディ・ドラマ。日本劇場未公開。
  • ザ・スナイパー(2005)

    5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナン主演によるアクション。出張先でジュリアンという男と知り合ったダニー。翌日、ジュリアンに誘われて闘牛を観に行ったダニーは、ジュリアンがある組織の下で仕事をする暗殺者であることを告白される。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:リチャード・シェパード 製作総指揮:ボブ・ヤーリ 撮影:デヴィッド・タッターサル 編集:キャロル・クラヴェッツ=エイカニアン 製作・出演:ピアース・ブロスナン 出演:グレッグ・キニア/ホープ・デイヴィス/フィリップ・ベイカー・ホール
    60
  • ピアース・ブロスナン サルベーション

    『ゴーストライター』のピアース・ブロスナン主演で贈るクライムアクション。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジョージ・ラトリフ 製作:キャシー・シュルマン 撮影:ティム・オアー 音楽:ジョージ・S・クリントン 出演:ピアース・ブロスナン/ジェニファー・コネリー/エド・ハリス/グレッグ・キニア
  • 2999年異性への旅

    『バグジー』のA・ベニング主演によるSFセックスコメディ。男しか存在しないとある星。彼らはクローン増殖を繰り返し、生殖器が退化していた。そんな中、彼らは子孫繁栄と宇宙征服の野望を抱き、ハロルドに地球人との子作り任務を任せるが・・・。【スタッフ&キャスト】監督・製作:マイク・ニコルズ 製作・脚本・出演:ギャリー・シャンドリング 脚本:マイケル・レッスン 出演:アネット・ベニング/ジョン・グッドマン/グレッグ・キニア/ベン・キングズレー
    80
  • インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン

    30歳でNFLにプロのフットボールプレイヤーとしてデビューを果たしたヴィンス・パパーリの人生を描く感動ドラマ。仲間とアメリカンフットボールをすることが唯一の楽しみだった臨時教師・パパーリに、地元チームの公開オーディションの話が舞い込む。【スタッフ&キャスト】監督:エリクソン・コア 製作:マーク・シアーディ 脚本:ブラッド・ガン 製作総指揮:エズラ・スワードロウ 出演:マーク・ウォールバーグ/グレッグ・キニア/エリザベス・バンクス/マイケル・リスポリ
  • ミステリー・メン

    『ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター』のグレッグ・キニア主演によるSFコメディ。未来都市“チャンピオン・シティ”でヒーローを目指す男たち“ミステリー・メン”の活躍をコミカルに描く。※プライスキャンペーンあり【スタッフ&キャスト】監督:キンカ・ユーシャー 製作:ローレンス・ゴードン 原作:ボブ・バーデン 脚本:ニール・カスバート 出演:グレッグ・キニア/クレア・フォーラニ/ジェフリー・ラッシュ/ベン・スティラー
  • パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画

    小さな犯罪計画が思わぬ大事件へと発展していくクライムサスペンス。保険のセールスマン・ミッキーは、新しく契約した老人が持つ高価なバイオリンを盗もうとする。だが計画は失敗し、事態は急激に悪い方へと転がり始める。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジル・シュプレッヒャー 脚本:カレン・L・シュプレッヒャー 製作:エリザベス・レッドリーフ 撮影:ディック・ポープ 出演:グレッグ・キニア/アラン・アーキン/ビリー・クラダップ/リー・トンプソン
    70
  • 俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク

    ハチャメチャなニュースキャスターたちが大騒動を巻き起こす爆笑コメディ第2弾。ニューヨークのニュース局に誘われ深夜枠を担当することになったロンたちは、スターキャスター・ジャックに対抗し視聴率の競争を申し込む。監督はアダム・マッケイ。出演はウィル・フェレル、スティーヴ・カレル、ポール・ラッドほか。
    70

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません