ジェニファー・ロペス ジェニファーロペス

  • 出身地:ニューヨーク市ブロンクス
  • 生年月日:1969/07/24

ジェニファー・ロペスの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ハスラーズ

    ニューヨーク・マガジンに掲載された記事を原案に、ウォール街を震撼させた驚愕の実話を映画化。ストリップクラブで働くデスティニーとラモーナは、リーマン・ショックの影響で客の入りが激減するなか、薬物を入れた酒を客に飲ませて大金を奪う計画を企てる。出演は、「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウー、「PARKER パーカー」のジェニファー・ロペス、「ボーン」シリーズのジュリア・スタイルズ。監督は「エンド・オブ・ザ・ワールド」のローリーン・スカファリア。
    81
    • 怖い
    • セクシーな
  • PARKER パーカー

    ドナルド・E・ウェストレイクの小説『悪党パーカー』の映画化。強盗の復讐劇を描く犯罪アクション。出演は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス。監督は「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード。脚本は「ブラック・スワン」のジョン・マクラフリン。
    80
  • 恋愛だけじゃダメかしら?

    ハイディ・マーコフによる妊娠・出産の実用書を原案に「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」のカーク・ジョーンズ監督が映画化。親になるという難題に取り組む5組のカップルの戸惑いや不安を描く。出演は「メリーに首ったけ」のキャメロン・ディアス、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス、「ハンガー・ゲーム」のエリザベス・バンクス。
    70
  • エル・カンタンテ

    伝説のサルサシンガー、エクトル・ラボーの生涯を「ピニェロ」のレオン・イチャソ監督が映画化。主演は、サルサ歌手であり「マイ・ボディガード」など俳優としても活躍するマーク・アンソニー。彼の妻には、実生活でもパートナーであり本作のプロデューサーも務める「ボーダータウン 報道されない殺人者」のジェニファー・ロペスが扮している。
    90
  • ボーダータウン 報道されない殺人者

    実際にメキシコで起きた連続女性殺害事件を基に「エル・ノルテ/約束の地」のグレゴリー・ナヴァ監督が映画化したサスペンス。出演は「Shall We Dance? シャル・ウィ・ダンス?」のジェニファー・ロペス、「レジェンド・オブ・ゾロ」のアントニオ・バンデラスら。
  • Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?(2004)

    弁護士の中年男性が社交ダンスを通して、生きる情熱を再生させていく様を描いたハートウォーミング・ストーリー。1996年の日本映画「Shall we ダンス?」(周防正行監督)のリメイク。監督は「フォルテ」「セレンディピティ」のピーター・チェルソム。脚本は「トスカーナの休日」のオードリー・ウェルズ。撮影は「セレンディピティ」のジョン・デ・ボーマン。美術はチェルソム監督作品をすべて担当しているキャロライン・ハナニア。編集は「ハッピー・フライト」のチャールズ・アイアランド。衣裳は「キューティ・ブロンド」シリーズのソフィー・デラコフ。振付は「ムーラン・ルージュ」のジョン・オコネル。出演は「シカゴ」「運命の女」のリチャード・ギア、「世界で一番パパが好き!」のジェニファー・ロペス、「17歳の処方箋」のスーザン・サランドン、「ターミナル」のスタンリー・トゥッチ、「ボーン・コレクター」のボビー・カナヴェイル、「ブルース・オールマイティ」のリサ・アン・ウォルター、「8Mile」のオマー・ミラー、「小さな贈り物」のアニタ・ジレット、「ディボース・ショウ」のリチャード・ジェンキンスほか。
  • 世界で一番パパが好き!

    「チェイシング・エイミー」のケヴィン・スミス監督が盟友ベン・アフレックを主演に迎え、子育てに奮闘するパパと7歳の娘の絆を温かなまなざしでみつめた感動作。共演はリヴ・タイラー、ウィル・スミス、マット・デイモン。ベン・アフレックの元婚約者ジェニファー・ロペスが、主人公の亡き妻役で出演している。
  • メイド・イン・マンハッタン

    シングル・マザーの客室係がひょんなことから未来の大統領候補と出会い、恋に落ちていく姿をロマンティックに描く。出演は「ザ・セル」のジェニファー・ロペスと「シンドラーのリスト」のレイフ・ファインズ。監督は「スモーク」の才人ウェイン・ワン。
  • イナフ

    幸せな結婚生活から一転、変貌した夫の暴力から逃れ、愛する娘のため強くあろうと決意するヒロインをジェニファー・ロペスが演じるサスペンス・スリラー。監督は「ワールド・イズ・ノット・イナフ」のマイケル・アプテッド。
    80
  • エンジェル・アイズ

    過去を閉ざした男女が愛を通じて人生を取り戻そうとする姿を描く、都会派ラブストーリー。監督は「男が女を愛する時 」「メッセージ・イン・ア・ボトル」のルイス・マンドーキ。主演は「ザ・セル」のジェニファー・ロペス。
  • ウェディング・プランナー

    結婚式を演出する仕事、ウェディング・プランナーの女性を主人公にした恋愛映画。監督はこれがデビューのアダム・シャンクマン。撮影は「ホーム・アローン」シリーズのジュリオ・マカット。出演は「ザ・セル」のジェニファー・ロペス、「U-571」のマシュー・マコナヘイ、「リアル・ブロンド」のブリジット・ウィルソン=サンプラス、これがデビューのジャスティン・チェインバース、「すべてをあなたに」のアレックス・ロッソ、「スリー・キングス」のジュディー・グリア、「エンド・オブ・デイズ」のケヴィン・ポラック、「デッドエンド」のジョアンナ・グリーソン、「情熱の代償」のチャールズ・キンブローほか。
  • ザ・セル

    異常殺人犯の脳内世界に入り込む奇想天外なサイコ・スリラー。監督はこれがデビューとなるターセム。脚本・共同製作はマーク・プロトセヴィッチ。撮影はポール・ローファー。音楽は「アナライズ・ミー」のハワード・ショア。衣裳はエイプリル・ネイピアと、「ドラキュラ」の石岡瑛子。出演は「アウト・オブ・サイト」のジェニファー・ロペス、「ファイナル・デスティネーション」のヴィンス・ヴォーン、「メン・イン・ブラック」のヴィンセント・ドノフリオ、「Uー571」のジェイク・ウェバー、「秘密と嘘」のマリアンヌ・ジャン・バプティスト、「ハピネス」のディラン・ベイカーほか。
    70
  • アウト・オブ・サイト

    プロの銀行強盗と女連邦保安官の恋愛をスタイリッシュに描いたラヴ・サスペンス。「ジャッキー・ブラウン」の原作者エルモア・レナードの同名小説を「セックスと嘘とビデオテープ」「蒼い記憶」のスティーヴン・ソダーバーグ監督が映画化。脚本は「ゲット・ショーティ」に次いでレナード作品を脚色したスコット・フランク。製作は「ゲット・ショーティ」のダニー・デヴィート、「フィーリング・ミネソタ」のマイケル・シャンバーグ、「マチルダ」のステイシー・シェール。製作総指揮は「メン・イン・ブラック」の監督バリー・ソネンフェルドと「セックスと嘘とビデオテープ」のジョン・ハーディ。撮影は「蒼い記憶」のエリオット・デイヴィス。音楽はベルファスト出身のDJデイヴィッド・ホルムズ。編集は「シークレット・サービス」のアン・V・コーツ。出演は「ピースメーカー」『ER 緊急救命室』(TV)のジョージ・クルーニー、「Uターン」のジェニファー・ロペス、「ボディ・カウント ヤバい奴ら」のヴィング・レイムス、「ゲット・ショーティ」のデニス・ファリーナ、「ブギーナイツ」のドン・チードルほか。
    80
  • アンツ

    フル3DCGアニメーションで描く昆虫のアリが活躍する冒険ファンタジー。監督はMTVやCMで活躍したエリック・ダーネルと、「シンプソンズ Homer3」のティム・ジョンソン。脚本は「カーテン・コール」のトッド・アルコットとクリス・ウェイツ、ポール・ウェイツ。音楽は「ザ・ロック」のハリー・グレッグソン=ウィリアムスと「フェイス/オフ」のジョン・パウエル。声の出演は「地球は女で回っている」「ワイルドマン・ブルース」のウディ・アレン、「スフィア」のシャロン・ストーン、「クリムゾン・タイド」のジーン・ハックマン、「大いなる遺産」のアン・バンクロフト、「コップランド」のシルヴェスター・スタローン、「マウス・ハント」のクリストファー・ウォーケンほか。
    60
  • Uターン

    マフィアに追われる男が砂漠の町で奇妙な人間関係に巻き込まれていくサスペンス。監督は「ニクソン」のオリバー・ストーン。製作総指揮・脚本・原案はジョン・リドリー。製作は「ブラックアウト」のクレイトン・タウンゼントと「復讐のハイウェイ」で製作総指揮を務めたダン・ハルステッド。撮影は「カジノ」のロバート・リチャードソン。音楽は「記憶の扉」のエンニオ・モリコーネ。出演は「シーズ・ソー・ラブリー」のショーン・ペン、「アナコンダ」のジェニファー・ロペスほか。
  • ブラッド&ワイン

    美しい海辺の町を舞台に、父と義息の葛藤を超えた男と男の戦いを描いたヒューマン・サスペンス。「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(81)などの監督ボブ・ラフェルソン、主演ジャック・ニコルソンの5年ぶり、5度目のコンビ作。ニック・ヴィリヤーズとラフェルソンの原案を基に、ヴィリヤーズとアリソン・クロスが脚本を執筆。製作は「魅せられて」のジェレミー・トーマスとエルキュール・ベルヴィル、ノア・ゴールデンの共同。製作総指揮はクリス・オーティとバーニー・ウィリアムズ。サウス・フロリダの美しい風景を見事にとらえた撮影は「ユージュアル・サスペクツ」のニュートン・トーマス・シーゲル、音楽はマイケル・ロレンツ、美術はリチャード・シルバート、編集はスティーヴン・コーエン、衣裳はリンディ・ヘミングが担当。共演は「I SHOT ANDY WAHOL」のスティーヴン・ドーフ、「アナコンダ」のジェニファー・ロペス、「目撃」のジュディ・デイヴィス、「沈黙の要塞」のマイケル・ケインほか。
  • アナコンダ

    南米アマゾンの奥地に潜む巨大な人食い蛇の恐怖を描いた秘境パニック冒険映画。「アビス」「フリー・ウィリー」など“水もの”を多く手掛けてきたウォルト・コンティのアニマトロニック効果と、「スピード」「コンタクト」のソニー・ピクチャーズ・イメージワークスによるCGIが融合した見事なSFXが見どころ。監督は「山猫は眠らない」など3本のジャングル映画を撮ったルイス・ロッサ。ハンス・バウアーの原案を、彼と「トップガン」「天使にラブ・ソングを…」のジム・キャッシュとジャック・エップス・Jr.のコンビで脚色。撮影は「ホット★ショット」のビル・バトラー、音楽は「デイライト」のランディ・エデルマン、美術は「告発」のカーク・M・ペトラッチェリ、編集は「ボーイズ・オン・ザ・サイド」のマイケル・R・ミラー。出演は「ジャック」のジェニファー・ロペス、「Friday」のアイス・キューブ、「ミッション:インポッシブル」のジョン・ヴォイト、「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のエリック・ストルツ、「ジュマンジ」のジョナサン・ハイド、「痩せゆく男」のカリ・ウーラー、「ケーブルガイ」のオーウェン・ウィルソン、「ザ・クロウ」のヴィンセント・カステラノスほか。
  • ジャック

    普通の4倍の速さで成長する少年と彼を取り巻く人々の姿を通して、はかない人生を精一杯生きることの大切さを描いたヒューマン・ファンタジー。監督は、前作「ドラキュラ」から4年ぶりにメガホンをとったフランシス・フォード・コッポラ。脚本はジェームズ・デ・モナコとゲイリー・マデューのオリジナル。製作はコッポラ、リカルド・メストレス、フレッド・フックス。撮影はコッポラの「ペギー・スーの結婚」や「ブレイブハート」のジョン・トール。音楽は「陽のあたる教室」のマイケル・ケイメン。美術は「ゴッドファーザー」以来のコッポラ作品の常連ディーン・タヴォラリス。主演は「バードケージ」のロビン・ウィリアムズ。共演はコッポラの「アウトサイダー」、「ジャッジ・ドレッド」のダイアン・レイン、TV『ザ・コスビー・ショー』のビル・コスビーほか。
    90
  • ミ・ファミリア

    アメリカン・ドリームを求めるあるメキシコ系アメリカ人一家の三世代、60年にわたる家族史を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、やはり移民を題材にした「エル・ノルテ 約束の地」でアカデミー賞にノミネートされたグレゴリー・ナヴァ。製作は、彼の夫人のアンナ・トーマスで、脚本は2人の共同。エグセクティヴ・プロデューサーは、「ドンファン」のフランシス・フォード・コッポラと、トム・ラディ、ガイ・イースト、リンゼイ・ロウの共同。撮影はエドワード・ラックマン、音楽は民族音楽の部分をペペ・アヴィラ、オーケストラ部分をマーク・マッケンジーが担当。美術はN.Y.のメトロポリタン・オペラほかの舞台美術を手掛けるバリー・ロビンソン、編集はナンシー・リチャードソン、衣裳はトレイシー・タイナン。出演は、メキシコを代表する俳優エドゥアルド・ロペス・ロハス、「私を愛したグリンゴ」のジミー・スミッツ、「ラ・バンバ」のイーサイ・モラレス、「ブレードランナー」のエドワード・ジェームズ・オルモスほか。
  • マネートレイン

    2人の鉄道公安官が様々な事情やはずみから、N.Y.地下鉄の売上金を運ぶ列車=マネートレインを強奪するに到るまでを描いたサスペンス・アクション。監督は「愛がこわれるとき」「危険な遊び」とサスペンスものを得意とするジョゼフ・ルーベン。脚本は「ダイ・ハード2」のダグ・リチャードソンと「パッセンジャー57」のデイヴィッド・ローリーのオリジナル。製作は「レインマン」「バットマン(1989)」など数々のヒット作を放ったジョン・ピータースと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや「ジェロニモ」のニール・カントン。エグゼクティヴ・プロデューサーは、フレデリック・ピアース、トレイシー・バロン、アダム・フィールズ。撮影は「スニーカーズ」のジョン・リンドレイ。音楽は「スピード」「バッドボーイズ(1995)」のマーク・マンシーナ、美術はビル・グルーム、編集はジョージ・ボワーズとビル・パンコウ。主演は「シュガー・ヒル」のウェズリー・スナイプスと「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のウディ・ハレルソン。「ハード・プレイ」に続く共演作となる2人の、息の合った掛け合いも見どころ。共演は「ミ・ファミリア」の新星ジェニファー・ロペス、「冷血」のベテラン、ロバート・ブレークほか。
    60
  • ウエディング宣言

    『キューティ・ブロンド』のロバ-ト・ルケティック監督、ジェニファー・ロペス、ジェーン・フォンダ共演のセクシーなドタバタラブコメディ。チャーリーは運命的に出会った理想の男性・ケビンにプロポーズされ大喜びするが、彼の母親に気に入られず…。【スタッフ&キャスト】監督:ロバ-ト・ルケティック 原作:アーニャ・コショフ 製作:クリス・ベンダー/J・C・スピンク 出演:ジェニファー・ロペス/ジェーン・フォンダ/マイケル・ヴァルタン/ワンダ・サイクス
  • ジェニファー・ロペス  DANCE AGAIN

    ジェニファー・ロペスが2012年に行った大規模なワールド・アリーナ・ツアーの公式ドキュメンタリーフィルム。「Get Right」「On the Floor」「Dance Again」といった彼女のヒット曲のライブ映像をはじめ、ツアー中の彼女やスタッフの密着映像を収める。
  • アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険

    氷河期に生きる動物たちの冒険を描いたファミリーアニメ第4弾。マンモスのマニーは思春期になった娘のピーチに手を焼きながらも毎日を楽しく過ごしていた。そんなある日、地殻変動が起きて大陸がバラバラに…。太田光や山寺宏一が日本語吹替を担当。【スタッフ&キャスト】監督:スティーヴ・マーティノ/マイケル・サーマイヤー 製作総指揮:カルロス・サルダーニャ 出演(声):ジョン・レグイザモ/レイ・ロマーノ/デニス・リアリー/クイーン・ラティファ/ジェニファー・ロペス
    80
  • アイス・エイジ5 止めろ!惑星大衝突

    氷河期に生きる動物たちの冒険を描いたファミリーアニメ第5弾。巨大惑星が地球に接近していることが発覚する。惑星がいつも同じ山の麓に衝突している原因を突き止めたバックの考えを元に、マニーら仲間たちの生き残りを懸けた大作戦が始まる。【スタッフ&キャスト】監督:マイケル・サーマイヤー 製作総指揮:クリス・ウェッジ/カルロス・サルダーニャ 出演(声):太田光/山寺宏一/石塚運昇/豊口めぐみ/杉村理加
    80
  • 救命看護

    「デスパレートな妻たち」のラリー・ショウ監督と『ザ・セル』のジェニファー・ロペスが贈る医療ドラマ。医療の整っていないメキシコ近隣のジャングルへ医師と数人の看護学生が現地住民の救命活動のため、ジェット機で飛び立つ。※販売:シービー/AISC【スタッフ&キャスト】監督:ラリー・ショウ 出演:ジェニファー・ロペス/リンゼイ・ワグナー/ポーラ・マーシャル
  • アンフィニッシュ・ライフ

    『シッピング・ニュース』のラッセ・ハルストレム監督、J・ロペスとロバート・レッドフォード共演による人間ドラマ。夫を自らの過失で死なせてしまった女と、死んだ夫の父。心に深い傷を抱えたふたりが、次第に心を通わせていく様を描いた感動作。【スタッフ&キャスト】監督:ラッセ・ハルストレム 原作・脚本:マーク・スプラッグ 音楽:デボラ・ルーリー 撮影:オリヴァー・ステイプルトン 出演:ジェニファー・ロペス/ロバート・レッドフォード/モーガン・フリーマン/ジョシュ・ルーカス
  • ジーリ

    ハリウッドの2大スター、ベン・アフレックとジェニファー・ロペスが共演を果たしたラブロマンス。犯罪組織の一員であるラリーは、誘拐した少年・ブライアンを自宅に連れて行く。そこに突然、謎の女・リッキーが現れ、3人は奇妙な共同生活を始める。
  • カレには言えない私のケイカク

    ジェニファー・ロペス主演で贈るロマンティックコメディ。ニューヨークでペットショップを経営するゾーイは運命の男性が現れることを諦め、人工授精で未婚の母になることを決意。しかし人工妊娠に成功した夜、彼女は運命の男性とめぐり逢い…。【スタッフ&キャスト】監督:アラン・プール 製作:トッド・ブラック/ジェイソン・ブルメンタル 脚本:ケイト・アンジェロ 出演:ジェニファー・ロペス/アレックス・オロックリン/エリック・クリスチャン・オルセン/ミカエラ・ワトキンス
    80
  • ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険

    ダメダメ宇宙人と人間の少女の友情を描いたアドベンチャーアニメ。失敗をして仲間から追われる宇宙人・ブーヴのオウは、人間の少女・チップと遭遇。ふたりは行方不明のチップの母親を捜す旅に出るが…。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。【スタッフ&キャスト】監督:ティム・ジョンソン 脚本:トム・J・アッスル/マット・エンバー 音楽:ローン・バルフェ 出演(声):ジム・パーソンズ/リアーナ/スティーブ・マーティン/ジェニファー・ロペス
    100
  • セレナ

    『ザ・セル』のジェニファー・ロペス主演の感動サクセスストーリー。第2のマドンナと称されながらも24歳の若さでこの世を去ったラテンポップス界の歌姫セレナ。実在した、彼女のトップシンガーへの道程をドラマチックに描いた作品。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:グレゴリー・ナバ 製作総指揮:アブラハム・クィンタニーヤ 製作:モクスーマ・エスパルザ/ロバート・ケイツ 出演:ジェニファー・ロペス/エドワード・ジェームズ・オルモス/ジョン・セダ/コンスタンス・マリー
    90
  • ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑

    『ワイルド・スピード』のロブ・コーエン監督がジェニファー・ロペス主演で描くサイコスリラー。息子とふたり暮らしの高校教師・クレアは、隣に越して来た年下の青年・ノアと関係を持ってしまう。だが、その日からノアの異常な行動が始まり…。【スタッフ&キャスト】監督:ロブ・コーエン 製作:ジェイソン・ブラム 共同製作:ジョン・ジェイコブス/エレイン・ゴールドスミス=トーマス 共同製作・出演:ジェニファー・ロペス 出演:ライアン・グズマン/ジョン・コーベット/イアン・ネルソン
    60