フランク・クラーク

フランク・クラークの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 怒りの標的

    ある宇宙からの生命物体をめぐる人々の騒動を描く。製作はジョルジョ・サルヴィオーニ、監督・原案はマーティン・ハーバート、脚本はフランク・クラークとフランク・ワーラー、撮影はラリー・バトルとポール・ドティ、音楽はドナルド・マーケルが担当。出演はデイヴィッド・ウォーベックほか。
  • リヴァプールから 手紙

    ソ連の船員と愛しあったイギリス娘が、帰国した彼に会いたい一心でブレジネス書記長に手紙を書くというラヴ・ストーリー。製作はジャネット・ゴダード、監督はクリス・バーナード、脚本はフランク・クラーク、撮影はブルース・マッゴーワン、音楽はアラン・ギル、編集はレスリー・ウォーカーが担当。出演はピーター・ファース、アルフレッド・モリーナ、アレクサンドラ・ピッグほか。
  • ビッグ・マグナム77

    毒殺された妹の真犯人を執拗に追う刑事の姿を描くアクション映画。製作はエドモンド・アマティ、監督はマーティン・ハーバート、脚本はヴィンセント・マンとフランク・クラーク、撮影はアントニー・フォード、音楽はアルマンド・トロバヨーリが各々担当。出演はスチュアート・ホイットマン、ジョン・サクソン、マーティン・ランドー、キャロル・ロール、ティサ・ファロー、ゲイル・ハニカットなど。
  • 愛国の唄

    ディオン・ブーシコールト氏の舞台劇「浮浪者」 The ShaunghraunをC・グレアム・ベイカー、ハリー・ディットマー両氏が脚色し、「霧深き倫敦」「良心の呵責」等同様デイヴィッド・スミス氏が監督したヴァクタグラフ映画である。主役はエドワード・セシル氏パット・トマレー氏、ポーリン・スターク嬢等である。
  • 無人の都

    「真鍮の砲弾」等の主役ファニタ・ハンセン嬢と、「幽霊騎手」等の主人公ジョージ・チースブロー氏とが共演した猛獣応用の大活劇で、ロスアンゼルス市のシーリッグ撮影場に於いてE・A・マーティン氏の監督の下に制作されたもの。ワーナー兄弟商会で発売を取り扱った。(全15篇)
  • 乱射乱撃(1923)

    「虹の山道」「男の意地」等の原作者ゼーン・グレイの原作で、かつてウィリアム・ファーナム主演で製作され、日活の手で公開されたことがある。これはランバート・ヒルヤーが脚色及び監督をしたもので、対手役は「若人よ永遠に」出演のビリー・ダヴである。
  • 蛮勇ダイナマイト

    「猛犬ダイナマイト」と同じく警察犬ダイナマイトが主役を演じ、スチュアート・ペイトン氏が監督した映画である。原作と脚色とはポール・ブライアン氏の手になったもので、助演者は「猛犬ダイナマイト」と同じくエドモンド・コッブ氏で、そのほか映画界の古参者の一人フランシス・フォード氏やマージョリー・ボナー嬢などが助演している。
  • 帰り新参

    現代的「妾のアングル」等と同様ドグラス・マックリーン氏ドリス・メイ嬢共演のインス作品で、M・マクマッキン氏の原作をやはりマックリーン氏の「逆夢の吉兆」「万病即治療」等を監督したジャック・ネルソン氏の監督で映画化したものである。レオ・ホワイト氏、エリノア・ハンコック夫人、ウォーレス・ビアリー氏等頗る達者な所が揃っている。
  • 霊魂の競売

    オーロラ・マルディガニアンが親しく身に受けた暴虐を基として書かれた「汚されしアルメニア」をフレデリック・チャピン氏が脚色し、オスカー・アッフェル氏が監督して完成した映画で、徹頭徹尾土耳古人の惨虐を描き、憐むべきアルメニア人を救って呉れと叫んで居る。オーロラ・マルディガニアン嬢自らが主役を勤め、アンナ・Q・ニルソン嬢及アーヴィング・カミングス氏が対手を演じて居る。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/27

清水崇(1972)

ホムンクルス

山本英夫原作の同名コミックを実写映画化。記憶も感情も失くしたホームレスの名越の前に医学生・伊藤が現れ、第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開ける手術を受けることに。手術を受けた名越が右目を瞑って左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになる。出演は、「ヤクザと家族 The Family」の綾野剛、「カツベン!」の成田凌、「空に住む」の岸井ゆきの、「記憶の技法」の石井杏奈、「海難1890」の内野聖陽。監督は、「呪怨」シリーズの清水崇。

樹海村 じゅかいむら

2020年に大ヒットした「犬鳴村」に続く“恐怖の村”シリーズ第2弾。古くから人々を戦慄させてきた禍々しい呪いが、不気味で壮大な樹海の奥深くに封印されてから13年。響と鳴の姉妹の前に、“あれ”が出現。そして、樹海で行方不明者が続出する……。出演は「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈、「太陽の家」の山口まゆ。監督は「犬鳴村」に続き、清水崇が務める。
ドニー・イェン(1963)

燃えよデブゴン TOKYO MISSION

「るろうに剣心」などのアクション監督、谷垣健治が監督したドニー・イェン主演のアクション。ある事件がきっかけで閑職に異動させられ、婚約者とも別れた刑事のファーロンは、暴飲暴食がたたって“デブゴン”化。そんな彼が、日本で巨大な陰謀に立ち向かう。「カツベン!」の竹中直人、「孤狼の血」の丞威、「星屑の町」の渡辺哲、「事故物件 恐い間取り」のバービーらが共演。

追龍 ついりゅう

「イップ・マン」シリーズのドニー・イェンと「グレート・アドベンチャー」のアンディ・ラウが共演、香港警察と黒社会の関係を活写した実録犯罪ドラマ。1960年代。警察署長ロックに助けられたホーは、黒社会でのし上がり、ロックと友情を結んでいくが……。監督は、「ゴッド・ギャンブラー」シリーズのバリー・ウォンと、「コールド・ウォー」シリーズや「ラスト・シャンハイ」など数々の作品の撮影を手がけてきたジェイソン・クワン。汚職が蔓延し黒社会と繋がっている警察が市民を恐怖に陥れていた時代に実在した黒社会(香港マフィア)のボス、ン・シックホーと警察署長ルイ・ロックをモデルにしている。