スティーヴン・レイ

スティーヴン・レイの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • グレタ GRETA

    イザベル・ユペールとクロエ・グレース・モレッツがダブル主演を務めたスリラー。ニューヨークに暮らすフランシスは、忘れ物のバッグを届けたことから、未亡人グレタと親しく付き合うようになる。だが、次第にグレタの行為はエスカレートしていき……。監督は「ビザンチウム」のニール・ジョーダン。共演は「イット・フォローズ」のマイカ・モンロー。
    98
    • 手に汗握る
    • 怖い
    • 笑える
  • アンダーワールド 覚醒

    吸血鬼一族と狼男一族の戦いを描いたホラー・アクション「アンダーワールド」シリーズ第4弾。哀しき宿命を背負ったヴァンパイア処刑人の姿を描く。監督は「シェルター」のモンス・モーリンドとビョルン・スタイン。出演は「ホワイトアウト」のケイト・ベッキンセイル、「シスターズ」のスティーヴン・レイ、「テイカーズ」のマイケル・イーリー。2D/3D同時上映。
    80
  • シスターズ(2006)

    ブライアン・デ・パルマの「悪魔のシスター」を新たな解釈でリメイクしたサスペンス・スリラー。監督は、本作が長編映画デビューとなるダグラス・バック。出演はジェーン・バーキンとジャック・ドワイヨンの間に生まれたサラブレッド、ルー・ドワイヨン、「ボーイズ・ドント・クライ」のクロエ・セヴィニーほか。
    70
  • ディテクティヴ

    麻薬に溺れるダーティーな刑事が再起を賭けてマフィアと闘うアクション・ドラマ。出演は「レクイエム」のジャン=クロード・ヴァン・ダム、「Vフォー・ヴェンデッタ」のスティーヴン・レイ。監督は「7セカンズ」のサイモン・フェローズ。
  • プルートで朝食を

    1970年代のアイルランドを背景に、女性の心をもって生まれた一人の青年の成長を温かい視線で見つめる青春ドラマ。監督は「ことの終わり」のニール・ジョーダン。出演は「バットマン・ビギンズ」のキリアン・マーフィー。
  • Vフォー・ヴェンデッタ

    ファシズム国家になったイギリスに現れた謎の仮面の男と、彼に協力する若い女性の反政府活動を描いた異色エンタテインメント。出演は「スター・ウォーズ」最新三部作のナタリー・ポートマン、「マトリックス」三部作のヒューゴ・ウィーヴィング。監督はこれがデビューとなるジェイムズ・マクティーグ。製作・脚本を「マトリックス」三部作のウォシャウスキー兄弟が手掛けている。
    80
  • コントロール(2004)

    「ハンニバル」「アイデンティティー」のレイ・リオッタと、「スパイダーマン」のウィレム・デフォーが対決する新感覚サイコ・メディカル・サスペンス。共演に、「バイオハザード」のミシェル・ロドリゲス、「クライング・ゲーム」のスティーヴン・レイ。死刑を宣告された凶悪犯と、その凶悪犯をある薬の実験台として利用する医学博士が心理的駆け引きを繰り広げる。監督は「リバース・エッジ」のティム・ハンター。
  • Re:プレイ

    過去2年間の記憶を失い窮地に立たされた男が、過去と現在を行き来しながら真相を追究していくミステリー・サスペンス。「アイデンティティー」の脚本家マイケル・クーニーの舞台劇を映画化。監督は「トンネル」のローランド・ズゾ・リヒター。主演は「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップ。
  • フィアー・ドット・コム

    インターネット・サイトにアクセスした人間が次々と変死する謎の事件を追う刑事が遭遇する、戦慄の恐怖。監督は「TATARI」のウィリアム・マローン。主演は「セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ」のスティーヴン・ドーフ。
  • ヤング・ブラッド

    そびえたつ城壁での急降下バトル、アクロバティックなスーパー滑空など、オープニングからエンディングまで目を離せないスーパー・アクション「三銃士」。主役のダルタニアンは、新人のジャスティン・チャンバースを大抜擢。共演は、ミーナ・スヴァーリ、ティム・ロス、カトリーヌ・ドヌーヴほか。
  • 写真家の女たち

    「スウィート ヒアアフター」のサラ・ポーリーと「ことの終わり」のスティーブン・レイが共演。父親ほど歳の離れた男性との恋愛を通じて、少女から大人へと成長していくヒロインの姿を描いたドラマ。
  • フィオナが恋していた頃

    ジェームズ・カーン、エイダン・クイン出演。クイン3兄弟の監督・撮影・主演のヒューマンドラマ。
  • ことの終わり

    人目を忍んで愛し合う小説家と人妻の行方を描いたラヴ・ストーリー。英国文学の巨匠グレアム・グリーンの同名小説、二度目の映画化。監督・脚本は「マイケル・コリンズ」「ブッチャー・ボーイ」(日本ではVのみ)のニール・ジョーダン。音楽は「ひかりのまち」のマイケル・ナイマン。出演は「オネーギンの恋人」のレイフ・ファインズ、「マグノリア」のジュリアン・ムーア、「スティル・クレイジー」のスティーヴン・レイ、「ひかりのまち」のイアン・ハートほか。
    60
  • スティル・クレイジー

    中年に差しかかった伝説のB級ロック・バンドのメンバーが再起するまでを描く音楽ドラマ。監督は「陪審員」のブライアン・ギブソン。脚本・製作は「コミットメンツ」のディック・クレメントとイアン・ラ・フレネ。音楽はクライブ・ランガー。出演は「マイケル・コリンズ」のスティーヴン・レイ、「Queen Victria 至上の恋」のビリー・コノリーほか。
    90
  • ザ・ブレイク

    過去を捨て切れない元IRA闘士の宿命を描いたサスペンス。主演は「ザ・クリーナー」のアイルランド出身の俳優スティーヴン・レイで自身の原案を映画化。監督は「チキンハート・ブルース」のロバート・ドーンヘルム。脚本は北アイルランド出身のロナン・ベネット。製作はクリス・カーリング。製作総指揮はウルリッヒ・フェルスベルグ、ロッド・ストーンマン、吉崎道代。撮影は「パルプ・フィクション」「ボディ・ランゲージ」のアンジェイ・セクラ。音楽はジョン・キーン。共演は「判決前夜ビフォア・アンド・アフター」のアルフレッド・モリーナ、「大地と自由」のロサナ・パストール、「ベルエポック」のホルヘ・サンスほか。
  • ザ・クリーナー

    凄腕の殺し屋と彼に魅せられた女捜査官の姿をスタイリッシュに描くアクション。監督は新鋭グレッグ・ヴェイステインズ。脚本はアルフレッド・ガフ、マイルズ・ミラー、エリック・サルツゲイバー。撮影はジョン・ピーターズ。出演は「マイケル・コリンズ」のスティーヴン・レイ、『ウェインズ・ワールド2』(V)のヘザー・ロックリア、「ユージュアル・サスペクツ」のピーター・グリーンほか。
  • ライフ・イズ・スウィート

    俳優とのディスカッションでキャラクターを創造していくという独自の演出で知られる「秘密と嘘」のマイク・リー監督の91年作品。日本ではユーモアがイギリス的すぎてわかりにくいといった理由で、映画祭など特別上映のみだったが、ようやく劇場公開された。監督・脚本はリー。製作はサイモン・チャニング=ウィリアムズ。撮影はディック・ポープ。音楽はレイチェル・ポートマン。出演はマイク・リー夫人でもあるアリソン・ステッドマン、「リチャード三世」のジム・ブロードベント、ジェーン・ホロックス、「ネイキッド」のクレア・スキナー、「秘密と嘘」のティモシー・スポール、「ドラゴンハート」のデイヴィッド・シューリス、「マイケル・コリンズ」のスティーヴン・レイほか。91年タオルミナ映画祭グランプリ及び出演者全員への最優秀演技賞、91年全米映画批評家協会賞最優秀作品賞、主演女優賞、助演女優賞、91年LA映画批評家協会賞助演女優賞を受賞。
  • マイケル・コリンズ

    アイルランド独立運動の英雄マイケル・コリンズ(1890~1922)の半生を描いた歴史ドラマ。監督・脚本は自身もアイルランド出身である、「クライング・ゲーム」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン。製作のスティーヴン・ウーリー、共同製作のレドモンド・モリス、音楽のエリオット・ゴールデンサル(「ヒート」)、衣裳のサンディ・パウエル(「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」)は、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」に続きジョーダンと組んだ。撮影はジョーダンとは『殺人天使』(V、82)以来となる「セカンド・ベスト 父を探す旅」のクリス・メンゲス、美術は「嵐の中で輝いて」のアンソニー・プラット、編集は『殺人天使』「マイ・レフト・フット」のJ・パトリック・ダフネーと「オセロ」(95)のトニー・ローソンのコンビ。主演はジョーダン同様アイルランド出身の「判決前夜 ビフォア・アンド・アフター」のリーアム・ニーソン。共演は「ジキル&ハイド」のジュリア・ロバーツ、「月下の恋」のエイダン・クイン、「いつか晴れた日に」のアラン・リックマン、「ナッシング・パーソナル」のイアン・ハート、ジョーダンとは『殺人天使』以来5作で組む「プレタポルテ」のスティーヴン・レイ、『アクシデント』(V)のチャールズ・ダンスほか。
    80
  • ロシア52人虐殺犯 チカチーロ

    旧ソ連で実際に起きた連続殺人事件を基に、困難な状況下にもかかわらず、執念で真犯人を追いつめる捜査官の姿を描いた一編。テレビ映画用に製作されたが、日本では劇場公開された。原作はロバート・カレンのノンフィクション小説『子供たちは森に消えた』(邦訳・早川書房)。監督・脚本は「ミシシッピー・バーニング」「マイルズ・フロム・ホーム」などの脚本家出身で、本作が劇映画デビューとなるクリス・ジェロルモ。製作はティモシー・マークス、エグゼクティヴ・プロデューサーはマシュー・チャップマン、ローラ・ビックフォード、デイヴィッド・R・ジンスバーグ、撮影は「愛人 ラマン」のロベール・フレース、音楽は「あなたが寝てる間に…」のランディ・エデルマン、美術はジョゼフ・ロンヴァリ、編集はウィリアム・C・ゴールデンバーグがそれぞれ担当。主演は「クライング・ゲーム」のスティーヴン・レア。共演は「私に近い6人の他人」のドナルド・サザーランド、「ショーシャンクの空に」のジェフリー・デマンほか。また、「エクソシスト」などの名優マックス・フォン・シドーが特別出演。
  • プレタポルテ

    世界の最先端モードの殿堂、パリ・コレクションの会場を舞台に、ファッション業界内部とそれを取り巻くマスコミ周辺の狂騒ぶりを描いた1編。監督・製作は「ザ・プレイヤー」でハリウッドに復帰したロバート・アルトマン。彼が84年に初めてパリ・コレを訪れて以来想を練っていた企画で、「ナッシュビル」「ウエディング」「ショート・カッツ」などで発揮された、彼が得意とする限定された場所での群像劇のスタイルを取っている。いつものアルトマンらしいシニカルな味は後退し、オールスター映画にふさわしいにぎやかなタッチが特色。脚本はアルトマンとバーバラ・シュルガッセの共同、撮影は「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」など7本でも監督と組んだピエール・ミニョーとジャン・ルピーヌ、美術は監督の実子スティーブン・アルトマン。音楽は「シェルブールの雨傘」の巨匠ミシェル・ルグランがオリジナル・スコアを書き、ローリング・ストーンズ、ジャネット・ジャクソン、テレンス・トレント・ダービー、U2から日本のピチカート・ファイヴに至るまで、世界のアーティストたちの楽曲が全編に流れる。出演は「ショート・カッツ」のティム・ロビンスとジュリア・ロバーツ、「M★A★S★H(マッシュ)」のサリー・ケラーマンらアルトマン作品の常連組から、「クライング・ゲーム」のスティーヴン・レアとフォレスト・ウィテカー、「タンデム」のジャン・ロシュフォールとミシェル・ブラン、「ゲッタウェイ(1994)」のキム・ベイシンガー、「脱出(1944)」のローレン・バコール、「甘い生活」のアヌーク・エーメ、果ては「ひまわり」「昨日・今日・明日」を彷彿とさせる演技を見せるマルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンに至るまで、30人を超える新旧の国際的なオールスターが結集。94年のパリ・コレにカメラを持ち込み、ジャン・ポール・ゴルチエ、ソニア・リキエル、三宅一生らのデザイナー、ナオミ・キャンベル、クラウディア・シファーらのスーパーモデルが続々と実名で登場するのも話題に。
    70
  • インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

    吸血鬼に魅入られ、不老不死となった青年が遂げる数奇な運命を描いたホラー・ロマン。女性作家アン・ライスの代表作でカルト的な人気を誇る小説『夜明けのヴァンパイア』(早川書房)を、彼女自身の脚本で映画化。過去に何度も映画化が企画され、幾多の監督や俳優が候補に上ったが、いずれも実現しなかった。結局、「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダンが監督に決まったものの、主役のトム・クルーズに熱狂的な愛読者が反対運動を起こし、さらに原作者本人が彼の配役に不満の意を表明(完成品を見た彼女は後に発言を撤回し、『ヴァラエティ』紙の広告スペースを私費で買い取り、絶賛する文章を掲載した)。その上、撮影が開始されてからは、マロイ役のリヴァー・フェニックスが急逝するなど、数々の話題を提供した(完成作品は、リヴァーの思い出に捧げられている)。製作は、ジョーダンの初監督作『殺人天使』(V)以来、10年来のコンビを組んでいるスティーヴン・ウーリーと、ゲフィン・カンパニーの創立者デイヴィッド・ゲフィンの共同。撮影は「リバー・ランズ・スルー・イット」のフィリップ・ルースロ、美術はフェリーニ作品で知られる、「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のダンテ・フェレッティ、特殊メイクは「シザーハンズ」のスタン・ウィンストンが担当。音楽はオリジナル・スコアをエリオット・ゴールデンサルが書き、主題歌はガンズ&ローゼスがローリング・ストーンズの曲をカバーした『悪魔を憐れむ歌』。出演は「ザ・ファーム 法律事務所」のトム・クルーズ、「トゥルー・ロマンス」のブラッド・ピット、クリスチャン・スレイターほか。
    80
  • 愛に気づけば…

    恋愛・妊娠・未婚のままの出産を経て、愛と現実の間で揺れ動く女性の姿を描き、女性の自由な生き方をさわやかに、高らかにうたい上げたヒューマン・ラブ・ ストーリー。エヴァ・ウィングの小説Angie I Saysを、「迷子の大人たち」のトッド・グラフが脚色。女性ならではの繊細で優しい視点で、笑いと涙をブレンドさせた演出を見せた監督は、「ランブリング・ローズ」のマーサ・クーリッジ。製作はラリー・ブレズナーとパトリック・マコーミック、エクゼクティヴ・プロデューサーは「三銃士(1993)」のコンビ、ジョー・ロスとロジャー・バーンバウム。撮影は「ランブリング・ローズ」のジョニー・E・ジェンセン、音楽は「ルディ 涙のウイニング・ラン」「シャドー」「バッド・ガールズ」と、近年ますます好調の巨匠ジェリー・ゴールドスミス、美術は「インテリア」「ナチュラル」「フィッシャー・キング」で3度アカデミー賞にノミネートされたメル・ボーン。編集は、最新鋭の編集機エイヴィッド・メディア・コンポーザーの使い手であるスティーヴン・コーエンが担当。主演は当初、マドンナが予定されていたが、「スネーク・アイズ」の撮影でスケジュール調整ができず、「テルマ&ルイーズ」「プリティ・リーグ」のジーナ・デイヴィスに交代。出産経験のない彼女は、実際に病院で出産に立ち会い、産婦人科医から専門的な指導を受けるなど、作品に意欲的に臨んだ。共演は「クライング・ゲーム」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のスティーヴン・レア、「トゥルー・ロマンス」のジェームズ・ギャンドルフィーニ、男優ジョン・タトゥーロの従姉妹で「ロックンルージュ」のアイダ・タトゥーロほか。
  • クライング・ゲーム

    元IRA(アイルランド共和国軍)兵士と、彼が死に至らしめた男の恋人との、危険で甘美な恋を描いたサスペンスタッチのラヴストーリー。アメリカでは最初、ニューヨークで単館上映されたが、次第に話題となり拡大公開し、ヨーロッパ映画としては異例の大ヒットとなった。九二年度アカデミーオリジナル脚本賞受賞。監督・脚本は「スターダスト」のニール・ジョーダン。製作はスティーブン・ウーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはニック・パウエルと、ジョーダン作品でおなじみのコンビ。撮影は「エドワードII」のイアン・ウィルソン。音楽は「フィル・コリンズ in バスター」のアン・ダッドリーで、同名の主題歌は元カルチャー・クラブのボーイ・ジョージがそれぞれ担当。出演は「狼の血族」のスティーブン・レイと、本作が映画初出演のファッションモデルのジェイ・デイヴィッドソン。共演は「バード」のフォレスト・ウィテカー、「ダメージ」のミランダ・リチャードソン、「ヒア・マイ・ソング」のエイドリアン・ダンバーら。キネマ旬報ベストテン第四位。
  • 狼の血族

    中世の村に狼人間が徘徊する夢をみる少女。夢と現実を交錯して描くファンタジー。製作はスティーブン・ウーリーとクリス・ブラウン。エグゼキュティヴ・プロデューサーはスティーブン・ウーリーとニック・パウエル。監督は「エンジェル」(82)のニール・ジョーダン。アンジェラ・カーターの原案に基づいて彼女とジョーダンが脚色。撮影はブライアン・ロフタス、音楽はジョージ・フェントン、特殊メイクはクリストファー・タッカーが担当。出演はアンジェラ・ランズベリー、サラ・パターソンほか。テレンス・スタンプが特別出演している。
  • リベンジャー・スクワッド 宿命の荒野

    すべてを失った男の壮絶な復讐劇を描くリベンジアクション。圧制者に家族を殺された脱走兵・フィーニーは、権力者たちを血祭りに上げていく。彼を捕えるため、かつての仲間・ハナが派遣されるが…。『マトリックス』のヒューゴ・ウィーヴィングが出演。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・デイリー 脚本:P・J・ディロン 撮影:デクラン・クイン 音楽:ブライアン・バーン 出演:ヒューゴ・ウィーヴィング/ジェームズ・フレッシュヴィル/スティーヴン・レイ/フレディ・フォックス
  • レッド・イノセンス

    「ハイランダー」シリーズのクリストファー・ランバートが製作総指揮を務めるサスペンスミステリー。神父の“信者殺し”という事件を任された神父・ダニエル。調査を進める中で明らかになったのは、殺された信者の隠された性癖と謎の集会の存在だった。【スタッフ&キャスト】監督:ルーウィン・ウェブ 製作総指揮:クリストファー・ランバート 製作:ギャリー・ホウサム 脚本:ブラッド・ミルマン 出演:クリスチャン・スレーター/モーリー・パーカー/ゴードン・ピンセント/スティーブン・レイ
  • シューター:狙撃手

    首相候補暗殺計画の裏に潜む陰謀を描いたヒットマンアクション。兄に恨みを持つギャングの凄腕用心棒・ブーツと、ブーツへの復讐を目論む刑事・ダン。ある日、ブーツの兄・メイソン議員を狙う暗殺計画が浮上。ダンはブーツの動きを執拗に追うが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:マーカス・ウォーレン 製作:ジョン・ケアンズ 撮影:ロベルト・モリス 編集:デビッド・ヘッド 出演:ゲイリー・ストレッチ/ヴィニー・ジョーンズ/スティーヴン・レイ/エイドリアン・ポール
  • アルティメット・プレデター

    巨大怪鳥“シムロック”が襲い来るモンスターパニック。キャンピングカーでバカンスに出掛けたケイトたちは、ある村で起きた些細なトラブルが原因で、ひとりの老婆を死なせてしまう。以来、彼らは伝説の怪鳥“シムロック”に狙われるようになり…。【スタッフ&キャスト】監督:ヨハネス・ロバーツ 製作総指揮:ロバート・ハルミ・Jr 脚本:リック・サベール 撮影:ピーター・ロバートソン 出演:ケイシー・バーンフィールド/スティーヴン・レイ/ネッド・デネヒー/ディアムイド・ノイス
  • S.W.A.T. vs デビル

    アメリカの特殊部隊・S.W.A.T.がゾンビと戦いを繰り広げるアクションホラー。隔離された精神病棟で暴動が起き、鎮静のためにS.W.A.T.と交渉人・マガヒーが派遣される。しかし到着した彼らが目にしたのは、想像を絶する地獄のような光景だった。【スタッフ&キャスト】監督:トドール・チャプカノフ 製作:モシュ・ディアマント 脚本:クリス・マンシーニ 撮影:ロレンツォ・セナトーレ 出演:スティーヴン・レイ/ブルース・ペイン/スティーヴ・トゥーサント/フリスト・ショポフ
    30
  • ウルフマン 狼男伝説

    人々に襲い掛かる狼男の恐怖を描いたアクションホラー。小さな村に住むダニエルは、恐ろしい狼男の襲撃を目撃する。噂を聞き付けた賞金稼ぎやペテン師たちが村に集まり、ダニエルは謎めいたよそ者と狼男ハンターのチームに参加したいと申し出るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ルイス・モーノウ 製作:マイク・エリオット 撮影:フィリップ・ロバートソン 音楽:マイケル・ワンドマッチャー 出演:エド・クイン/スティーヴン・バウアー/スティーヴン・レイ/ガイ・ウィルソン
  • オン・エッジ 19歳のカルテ

    監督は「Once ダブリンの街角で」、「はじまりのうた」のジョン・カーニー。
  • ブッチャー・ボーイ

    「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア 」「マイケル・コリンズ」で知られるニール・ジョーダン監督によるホラー・コメディ。日本劇場未公開。
  • THE CLASH

    実際に起こった事件を元に、交通事故の加害者と被害者との生死を賭けたバトルを描くサスペンスアクション。酒とドラッグを煽り、車を走らせていた看護師のブランディはホームレスの男と衝突。男の体がフロントガラスに突っ込んだまま帰宅してしまう。【スタッフ&キャスト】監督・原作:スチュアート・ゴードン 製作総指揮:クリスチャン・アーノルド=ボイテル 撮影:デニス・マロニー 音楽:ボビー・ジョンストン 出演:ミーナ・スヴァーリ/スティーヴン・レイ/ラッセル・ホーンズビー/ルキヤ・バーナード
  • ブッチ・キャシディ 最後のガンマン

    実在の銀行強盗、ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドを描いた映画『明日に向って撃て!』のその後を描く西部劇アクション。死んだはずのブッチは、名前を変えてボリビアで静かな生活を送っていたが、終焉の地を求めて母国に帰る決心をする。【スタッフ&キャスト】監督:マテオ・ヒル 脚本:ミゲル・バローズ 撮影:ファン・A・ルイス・アンシア 美術:ファン・ペドロ・デ・ガスパー 出演:サム・シェパード/エドゥワルド・ノリエガ/スティーヴン・レイ
    90
  • ザ・スパイ(2009)

    『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』のギョーム・カネ主演によるスパイアクション。パリの空港で働くヴァンサンは、密かに働いた窃盗がバレて職場を追われてしまう。彼の下を仏保安局の諜報員が訪れ、罪を免除する代わりにある条件を突き付け…。【スタッフ&キャスト】製作:ミカエル・ジェンティル/ベルトラン・フェヴル 監督・脚本:ニコラス・サーダ 撮影:ステファーヌ・フォンテーヌ 出演:ギョーム・カネ/ジェラルディン・ペラス/スティーヴン・レイ/イポリット・ジラルド
  • イン・ドリームス 殺意の森

    二ール・ジョーダン監督によるサイコスリラー。人妻・クレアは、近所で起こった少女誘拐事件を機に事件を予知する白昼夢を見始める。ある日予知夢が告げた通りに、連続殺人犯に娘を誘拐された彼女は、錯乱状態に陥り現実と悪夢の境目が分からなくなり…。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/5

柴咲コウ(1981)

燃えよ剣

新選組副長・土方歳三を軸に激動の幕末を描いた司馬遼太郎による歴史小説を、「関ヶ原」の原田眞人監督・岡田准一主演のコンビで映画化。武州多摩のならず者だった土方は同志と共に京都に向かい、市中を警護する新選組を結成。しかし時代は倒幕へと傾き……。新選組局長近藤勇を鈴木亮平が、土方の思い人・お雪を柴咲コウが、新選組一番隊組長・沖田総司を山田涼介が演じる。また、衣装デザインを原田作品はじめ数々の日本映画・ドラマに携わってきた宮本まさ江が、ヘアー&メイクアップを「沈黙-サイレンス-」などハリウッドで活躍するノリコ・ワタナベが担当。

クルエラ

ディズニーアニメ「101匹わんちゃん」の悪役クルエラの誕生秘話を「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン主演で実写映画化。70年代のロンドンでデザイナーを目指す少女エステラ。カリスマ的デザイナー、バネロスとの出会いが彼女の運命を大きく変えていく。出演は、「ウォルト・ディズニーの約束」のエマ・トンプソン、「リチャード・ジュエル」のポール・ウォルター・ハウザー、「キングスマン」のマーク・ストロング。監督は、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のクレイグ・ギレスビー。
オリヴィア・ホルト(1997)

ステータス・アップデート

「ヘアスプレー」のアダム・シャンクマン監督が製作総指揮を務めた青春ドラマ。自分に自信のないカイルは学校になじめず、恋人もいない。そんなある日、不思議な男から、投稿したことが現実になるアプリ“ユニバース”がダウンロードされたスマホを渡される。出演は、ドラマ『オースティン&アリー』のロス・リンチ、ドラマ『やってないってば!』のオリヴィア・ホルト、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のコートニー・イートン、「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のロブ・リグル、「X-MEN」シリーズのファムケ・ヤンセン。監督は、「ミッドナイト・サン タイヨウのうた」のスコット・スピアー。

ディズニーネイチャー クマの親子の物語

ディズニーが贈るドキュメンタリーシリーズ。アラスカの厳しい環境で暮らすクマの親子に密着。監督は「アース」のアラステア・フォザーギルと「ディズニーネイチャー サバンナを生きる百獣の王」のキース・スコーリー。音楽は「ガンジー」のジョージ・フェントン。日本語ナレーションは「エイプリルフールズ」の小澤征悦。

NEW今日命日の映画人 8/5

マリリン・モンロー(1962)

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密

「ノックは無用」で注目され、「ナイアガラ」「紳士は金髪がお好き」で確固たる地位を築き、「お熱いのがお好き」では第17回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門主演女優賞を獲得したものの、36歳の若さでこの世を去った女優マリリン・モンロー。私的な文書をもとに、セックス・シンボルと謳われた自らのイメージを貫いた彼女の実像に迫るドキュメンタリー。監督はドキュメンタリーを数多く手がけてきたリズ・ガルバス。「キル・ビル」のユマ・サーマン、「フォーチュン・クッキー」のリンジー・ローハン、「アルバート氏の人生」のグレン・クローズ、「レスラー」のマリサ・トメイらが彼女の姿を浮き彫りにする。

モンタン、パリに抱かれた男。

戦後フランスを代表する大スターであり、91年に他界したイヴ・モンタンの伝記ドキュメンタリー。モンタンの自伝『Tu vois Je n'ai pas oubli氏x(名曲『枯葉』の一節。邦訳は『イヴ・モンタン ぼくの時代―パリに抱かれて』で、文藝春秋社刊)をもとに、この本の基になった60時間におよぶインタビュー・テープに遺されたモンタン自身の声と、出演映画、コンサートの記録、ニュースフィルムなど彼と直接/間接に関係するさまざまな映像を構成して、彼の70年の生涯を浮き彫りにしていく。監督はモンタンの盟友コスタ・ガヴラスの「Z」「告白」などに参加し、主にテレビで活躍するジャン・ラビブ。製作はミシェル・ロトマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはT・セラル。原作の自伝の共著者であるエルベ・アモンとパトリック・ロトマンが脚本を担当。モンタンとシモーヌ・シニョレの旧居などの追加映像の撮影はジャン・ジャック・フロリ、音楽構成はジャン・ルイ・ヴァレロ、編集はベルナール・ジョッセ、録音はヤニック・シュヴァリエがそれぞれ担当。使用されるモンタンの歌は『パリで』、『枯葉』などの代表作をはじめ、フランスの国民的愛唱歌『さくらんぼの実のなるころ』、恋人エディット・ピアフの持ち歌だった『君は誰にも似ていない』、それに『ルナ・パーク』、『ラ・ミレット』、『ベラ・チャオ』などなど。引用される映画は実質上のデビュー作であり、プレヴェール・コスマの『枯葉』と出会った映画でもある『夜の門』(V)、アメリカに進出しマリリン・モンローとの恋愛が話題になった「恋をしましょう」、名作メロドラマ「夕なぎ」、政治性の強い題材を節度をもって演じ、単なる歌う二枚目スターから脱皮して名優として深い尊敬を集めるに至った「戦争は終った」「告白」「Z」など、代表作の数々から、晩年の「想い出のマルセイユ」「愛と宿命の泉」「IP5-愛を探す旅人たち-」まで、ほかにも糟糠の妻シモーヌ・シニョレの「肉体の冠」や、マルセイユ時代のアメリカへの憧れを表す「マルクス一番乗り」、そして左翼政党の宣伝記録映画など多数。