アンナ・パキン アンナパキン

  • 出身地:カナダ ウィニペグ
  • 生年月日:1982/07/24

アンナ・パキンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • アイリッシュマン

    マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロが24年ぶりにタッグを組んだギャング映画。伝説的マフィア、ラッセル・バッファリーノに仕えた実在の殺し屋フランク・“アイリッシュマン”・シーランの目を通して、第二次世界大戦後のアメリカ裏社会を描く。共演は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のアル・パチーノ、「レイジング・ブル」のジョー・ペシ。Netflix での配信に先立ち、一部劇場で公開。
    95
    • かっこいい
  • アーロと少年

    「トイ・ストーリー」シリーズ等を生み出したディズニー/ピクサーによる冒険アニメ。見知らぬ土地に流された怖がりの恐竜アーロと、身体は小さいけど勇敢な人間の少年とが築く、種族や言葉を超えた友情を活写する。3D/2D同時公開。監督は、「カールじいさんの空飛ぶ家」と同時上映された短編「晴れ ときどき くもり」を手がけたピーター・ソーン。日本語吹替版には「歓喜の歌」の安田成美、テレビドラマ『孤独のグルメ』の松重豊、「小野寺の弟・小野寺の姉」の片桐はいり、「映画 怪物くん」の八嶋智人らが参加。同時上映は短編アニメ「ボクのスーパーチーム」。
    90
  • あの頃ペニー・レインと 特別編集版

    15歳の少年の視点から青春を描いた音楽映画。劇場公開版に38分の映像を加えた特別編集版。監督・脚本は、「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ。出演は、「幸せへのキセキ」のパトリック・フュジット。第73回アカデミー賞脚本賞、第58回ゴールデン・グローブ賞作品賞、助演女優賞(ケイト・ハドソン)受賞。
    80
  • スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション

    人気ホラーシリーズ「スクリーム」続編。前3部作から10年後に起こる連続殺人事件を、シリーズ特有の恐怖、スピード感に加え、前作をパロディにするユーモアで描く。監督は、シリーズ全てを手掛けるウェス・クレイヴン。出演は、「バレエ・カンパニー」のネーヴ・キャンベル、「スコーピオン」のコートニー・コックス。
    70
  • イカとクジラ

    思春期の子供たちの目線から、父と母の別居からばらばらになった一家を見つめる、家族の物語。監督は「彼女と僕のいた場所」のノア・バームバック。出演は、「グッドナイト&グッドラック」のジェフ・ダニエルズ、「ミスティック・リバー」のローラ・リニー、「ウェス・クレイヴン’s カースド」のジェス・アイゼンバーグ。2006年度アカデミー賞脚本賞ノミネート作品。
    80
  • X-MEN:ファイナル ディシジョン

    ミュータントパワーを持つ超人類X-MENと人類の闘いと共存をテーマにしたマーヴェル・コミックの大ヒット作『X-MEN』の、映画シリーズ最終作。ミュータントを人間に変える新薬「キュア」をめぐり、X-MENたちが究極の選択を迫られる。監督は、前2作を手がけたブライアン・シンガーに代わり「レッド・ドラゴン」のブレット・ラトナー。出演は、ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、ファムケ・ヤンセンなどレギュラー陣が続投する。
    80
  • 戦争のはじめかた

    冷戦終結間近、ドイツ駐留アメリカ陸軍基地を舞台に、規律の乱れた軍内部で巧みに立ち回る青年を描いたブラック・コメディ。ピューリッツァー賞フィクション部門にノミネートされたロバート・オコナーの小説『バッファロー・ソルジャーズ』を映画化。“なぜアメリカは戦争という同じ過ちを繰り返すのか”という問いを投げかける。主人公エルウッドには、ホアキン・フェニックス。
  • 25時(2002)

    25時間後に刑務所へ収監される男の一日を描いたドラマ。監督・製作は「サマー・オブ・サム」のスパイク・リー。脚本・原作は小説家のデイヴィッド・ベニオフ。撮影は「8Mile」のロドリーゴ・プリエト。音楽は「サマー・オブ・サム」「ニューヨーク最後の日々」のテレンス・ブランチャード。美術は「ボブ・クレイン/快楽を知ったTVスター」のジェイムズ・チンランド。編集は「サマー・オブ・サム」のバリー・アレグザンダー・ブラウン。衣裳は「セイブ・ザ・ラストダンス」のサンドラ・ヘルナンデス。出演は「ミニミニ大作戦」のエドワード・ノートン、「パンチドランク・ラブ」のフィリップ・シーモア・ホフマン、「ワンス・アンド・フォーエバー」のバリー・ペッパー、「メン・イン・ブラック2」のロザリオ・ドースン、「X―メン」シリーズのアンナ・パキン、「X―メン2」のブライアン・コックス、これが映画デビューのトニー・シラグサほか。2003年ラスベガス映画批評家協会賞最優秀音楽賞受賞。
  • X-MEN2

    超人的能力を持つミュータントたちの闘いを描くSFアクション第2弾。監督は、前作に引き続きブライアン・シンガー。パトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマン、ハリー・ベリー、アンナ・パキンら出演陣も再び顔を揃えた。
    80
  • ダークネス(2002)

    前作「ネイムレス/無名恐怖」で脚光を浴び、2000年、米Variety誌にて「最も才能のある監督10人(ヨーロッパ部門)」に選ばれたスペイン気鋭の若手監督作。父の療養のため静かな家に越してきた家族が、やがて家の内部で起る奇怪な現象にさいなまれる。
    50
  • あの頃ペニー・レインと

    ロック・ジャーナリズムに挑む少年ライターの姿を描いた作品。監督・製作・脚本は「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ。撮影は「シン・レッド・ライン」のジョン・トール。音楽はクロウの妻でもあるナンシー・ウィルソン。音楽監修は「プラクティカル・マジック」のダニー・ブラムソン。美術は「スチュワート・リトル」のクレイ・A・グリフィス。出演は「ハイロー・カントリー」のビリー・クラダップ、「ワンダー・ボーイズ」のフランシス・マクドーマンド、「200本のたばこ」のケイト・ハドソン、これがデビューとなるパトリック・フュジット、「ドグマ」のジェイソン・リー、「X-メン」のアンナ・パキン、「アメリカン・ヒストリーX」のファイルザ・バーク、「フローレス」のフィリップ・シーモア・ホフマンほか。
    80
  • 小説家を見つけたら

    秀才高校生と伝説の小説家の交流を描いた感動作。監督は「サイコ」のガス・ヴァン・サント。製作は「地上より何処かで」のローレンス・マークほか。脚本はマイク・リッチ。撮影は「天井桟敷のみだらな人々」のハリス・サヴィデス。衣裳は「リプリー」のアン・ロス。出演は「エントラップメント」のショーン・コネリー(製作も)、映画初出演のロブ・ブラウン、「スター・トレック 叛乱」のF・マーリー・エイブラハム、「X|メン」のアンナ・パキン、「シャフト」のバスタ・ライムスほか。
    90
  • X-MEN

    社会から疎外されたミュータントたちの葛藤と闘いを描くSFアクション。アメリカン・コミックスの同名メガヒット作を初めて映画化。監督は「ゴールデンボーイ」のブライアン・シンガー。脚本はデイヴィッド・ハンター。音楽は「アイアン・ジャイアント」のマイケル・ケイメン。出演はヒュー・ジャックマン、「スター・トレック」シリーズのパトリック・スチュアート、「ゴールデンボーイ」のイアン・マッケラン、「シーズ・オール・ザット」のアンナ・パキンほか。
    80
  • キャスティング・ディレクター

    悩めるキャスティング・ディレクターの姿を皮肉に描くドラマ。「カジュアリティーズ」のデイヴィッド・レイヴによる同名舞台劇の映画化で彼自身が脚本も担当。監督は『詐欺 イマジナリー・クライム』(V)のアンソニー・ドレイザン。撮影は「オータム・イン・ニューヨーク」のクー・チャンウェイ。音楽はデイヴィッド・ベアウォルド。出演は「シン・レッド・ライン」のショーン・ペン、「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー、「電話で抱きしめて」のメグ・ライアン、「シーズ・ソー・ラヴリー」のロビン・ライト・ペンほか。
  • アミスタッド

    19世紀半ばに実際に起こった事件をもとに、アメリカの奴隷制度にあらがった勇気ある人々の闘いを、重厚な映像で描き出した歴史ドラマ。監督は「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のスティーヴン・スピルバーグで、彼が設立したスタジオドリームワークスでの自身の第1回監督作品。製作総指揮は同社の社長でもある「メン・イン・ブラック」のウォルター・パークスとローリー・マクドナルド。「ファミリー・タイズ」などのTVシリーズを手がける製作のデビー・アレンが、10年以上も温めていた企画をスピルバーグのもとに持ち込んで実現した。脚本は『虚偽 シチズン・コーン』(V)のデイヴィッド・フランゾーニ。製作のコリン・ウィルソン、撮影のヤヌス・カミンスキー、音楽のジョン・ウィリアムス、美術のリック・カーターは、「ロスト・ワールド」に続いての参加。衣裳は「マルコムX」のルース・E・カーター。出演は「サバイビング ピカソ」のアンソニー・ホプキンス、「コンタクト」のマシュー・マコナヘイ、「セブン」のモーガン・フリーマン、「英国万歳!」のナイジェル・ホーソーン、「スターゲイト」のジャイモン・ハンスウ、「ブラス!」のピート・ポスルスウェイト、「ゲット・ショーティ」のデイヴィッド・ペイマー、「グッド・ウィル・ハンティング」のステラン・スカルスゲールド、「ピアノ・レッスン」のアンナ・パキンほか。
    80
  • グース

    実話に基づき、16羽の可愛いグース(カナダ)たちを連れて500 マイルの“渡り”に出た父娘の冒険の旅を描いたハートウォーミングな物語。カナダの彫刻家ビル・リッシュマンの同名の著書(邦訳・新潮社)を、「少年の黒い馬」「ネバー・クライ・ウルフ」と動物と人間の交流を描く手腕に定評のあるキャロル・バラードの監督で映画化。脚本はロバート・ロダットとヴィンス・マッキューイン、製作は「フランケンシュタイン」(94)のジョン・ヴィーチと「星に想いを」のキャロル・ボーム、エグゼクティヴ・プロデューサーも「星に想いを」のサンディ・ガリン。撮影は、監督とは「少年の黒い馬」以来のコンビとなる「ライトスタッフ」「チャンス」のカレブ・デシャネル、音楽は「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」のマーク・アイシャム、美術は「反撥」のシューマス・フラネリー、編集は「ドラキュラ」(93)のニコラス・C・スミス、衣裳は「13日の金曜日」シリーズのマリー・シルヴィー・デヴューが担当。主演は「ピアノ・レッスン」で弱冠11歳にしてアカデミー助演女優賞を受賞したアンナ・パキン、「スピード」のジェフ・ダニエルズ。共演は「トゥームストーン」のダナ・デラニーほか。
    90
  • ジェイン・エア

    自らの運命を切り開き、幾多の障害を乗り越えて幸せを掴み取った女性の姿を描く文芸メロドラマ。シャーロット・プロンテ女史の同名の名作長編小説、6度目の映画化。監督は「ロミオとジュリエット」「ハムレット」など文芸作品を数多く手掛けているフランコ・ゼフィレッリ。衣裳は「眺めのいい部屋」(アカデミー衣裳デザイン賞)のジェニー・ビーヴァンが担当。「小さな泥棒」「メルシー・ラ・ヴィ」のシャルロット・ゲンスブールがヒロインを演じ、「ピアノ・レッスン」の演技で11歳でアカデミー助演女優賞を受賞した名子アンナ・パキンがその幼年時代を演じる。共演は「ドクター」「スモーク」のウィリアム・ハート、「野生の夜に」ノマリア・シュナイダー、「ドライビングMISSデイジー」のジョーン・ブローライト、「フォー・ウェディング」のフィオナ・ショウ、「ハワーズ・エンド」のサミュエル・ウェスト、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名優ジョン・ウッド、スパーモデルのエル・マクファーソンほか。
    80
  • ピアノ・レッスン

    19世紀半ばのニュージーランドを舞台に、ひとりの女と2人の男が一台のピアノを媒介にして展開する、三角関係の愛のドラマ。「スウィーティー」「エンジェル・アット・マイ・テーブル」に続くニュージーランド出身の女流監督ジェーン・カンピオンの長編第3作。製作はジェーン・チャップマン、撮影は「エンジェル・アット・マイ・テーブル」のスチュアート・ドライバー。音楽は「髪結いの亭主」のマイケル・ナイマンで、演奏はミュンヘン・フィルハーモニック(ピアノ・ソロはホリー・ハンター)。美術は「幸せの向う側」のアンドリュー・マッカルパイン、編集は監督の前2作も手がけたヴェロニカ・ジネット、衣装はジャネット・パターソンが担当。主演は「ザ・ファーム 法律事務所」のホリー・ハンター、「ライジング・サン」のハーヴェイ・カイテル、「ジュラシック・パーク」のサム・ニール。共演はオーディションで選ばれた子役のアンナ・パキンほか。93年度カンヌ映画祭パルムドール賞(オーストラリア映画として、また女性監督として初)、最優秀主演女優賞(ハンター)受賞作。93年度アカデミー賞脚本賞、主演女優賞(ハンター)、助演女優賞(パキン)受賞。
    80
  • オーバー・ザ・ムーン

    家庭を大切に思いながらもひと夏の戯れに身を委ねる主婦の恋を描いたラブロマンスを“ミラマックス・フィルムズ・コレクション”として再リリース。パールはアポロの月面着陸の日、キャンプ場で魅力的な男性と出会う。ダイアン・レイン主演。【スタッフ&キャスト】監督・製作:トニー・ゴールドウィン 製作:ダスティン・ホフマン 脚本:パメラ・グレイ 撮影:アンソニー・リッチモンド 出演:ダイアン・レイン/ヴィゴ・モーテンセン/アンナ・パキン/リーヴ・シュライバー
  • マーガレット

    『ピアノ・レッスン』のアンナ・パキンと『ヒア アフター』のマット・デイモン共演によるヒューマンドラマ。悲惨な交通事故に関与し、真相を公にする決意をした少女を軸に、加害者と被害者、そしてその家族が、やがて希望を見出していく姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ケネス・ロナーガン 製作総指揮:アンソニー・ミンゲラ 製作:シドニー・ポラック 出演:アンナ・パキン/マット・デイモン/ジャン・レノ/マーク・ラファロ/キーラン・カルキン
    70
  • ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート

    『ワルキューレ』のブライアン・シンガー監督が製作を手掛けたホラー。1年の間でもっとも怖いハロウィンの夜を舞台に、凶悪な殺人鬼や白馬の王子様を探す乙女らが互いに絡み合う4編のストーリーが展開する。主演はオスカー女優、アンナ・パキン。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:マイケル・ドハティ 製作:ブライアン・シンガー 出演:アンナ・パキン/ブライアン・コックス
  • 選ばれる女にナル3つの方法

    ケイティ・ホームズ、イライジャ・ウッド、アダム・ブロディほか豪華キャスト共演で贈るラブコメディ。ハーバード大学の同窓生で青春時代を共にした7人が、リラとトムの結婚式に参加するため一堂に会する。しかし女子たちはローラを気遣う雰囲気で…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ガルト・ニーダーホッファー 出演:ケイティ・ホームズ/ジョシュ・デュアメル/アンナ・パキン/イライジャ・ウッド/マリン・アッカーマン/アダム・ブロディ

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?