ベシー・バリスケール

ベシー・バリスケールの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 縺れ糸

    バーリスケール嬢得意の家庭悲劇で、嬢の夫君ハワード・C・ヒックマン氏の監督になったもの、嬢の対手として「沈黙の秘密」出演のローズマリー・セビー嬢や、「グローリア物語」出演のヘンリー・コルカー氏その他ナイジェル・バリー氏や子役のベン・アレクサンダー君が出演している。
  • マイケルの結婚した女

    ヘンリー・コルカー氏が監督してベシー・バリスケール嬢を主役とし完成した家庭劇で、嬢の対手は最近度々紹介されるジャック・ホルト氏である。劇中嬢の熟練した水泳が見られるそうで興味深い筋である。
  • ノルマの飛躍

    バーリスケール嬢出演劇としては格別の奇もない劇でタマス・エッジロウ氏の原作、夫君ヒックマン氏の監督で、対手は「路傍の花」等と同じくメルボーン・マクドウェル氏と、新顔のアルバート・コルビー氏である。
  • 楽園の薔薇

    「盃の中」や「何夫人」よりも後で発売されたが、ベシー・バリスケール嬢がパラルタに入社後第一回の作品である。「嵐の里」や「嵐の国の女」の原作者グレイス・ミラー・ホワイト女史の原作で、監督はジェームズ・ヤング氏。バーリスケール嬢の対手は「愛国心」にハイド博士を演じたアーサー・アラート氏。嬢の夫君ハワード・ヒックマン氏が珍らしく老役を演じて居る。
  • 有名なサンズ夫人

    バーリスケール嬢の社界劇であるが筋に少しの新味もなくて格別面白くない--とはニュース誌の評。相手はフォレスト・スタンレー氏で、ウィリアム・クリスティー・キャバンヌ氏が監督である。
  • 彼女の値

    バーリスケール嬢出演劇としては珍らしい顔振れである。「医師と女」「幽愁」「愛の復活」等に出たアルバート・ロスコー氏、「囁きの合唱」のキャスリン・ウィリアムス嬢、その他ジョセフ・J・ダウリング氏、スタンホープ・ホイートクロフト氏、ヘンリー・コルカー氏等が出演している。監督は例の通りハワード・ヒックマン氏である。
  • 秘密(1933)

    「お転婆キキ(1931)」に次ぐメアリー・ピックフォード主演映画で、ルドルフ・ベジアとメイ・エジントンの合作の舞台劇に基づいてかつての無声作品と同一のスタッフ、フランセス・マリオン脚色、フランク・ボーゼージ監督、に成ったもの。なおマリオンの近業には「シナラ」「チャンプ(1931)」があり、ボーゼージには「戦場よさらば」「バッド・ガール」がある。ピックフォードを助けて、「永遠に微笑む」「婦人に御給仕」のレスリー・ハワードが共演するほか、「ミラクルマン(1932)」「海賊(1931)」のネッド・スパークス、「極楽特急」「地獄のサーカス」のC・オーブリー・スミス、モナ・マリス、アラン・シアーズ、ブランシュ・フレデリシ、ドリス・ロイド等が助演している。カメラは「シナラ」「御冗談でしョ」のレイ・ジューンの担当である。
  • ジョスリンの妻

    女流小説家として有名なキャスリーン・ノーリスの小説を脚色したもので、久しぶりのベシー・バリスケールの家庭劇である。ベッシーの夫君ハワード・ヒックマンが監督の任にあたっている。相手役はナイジェル・バリー、キャスリーン・カーカム、マーゲリット・ド・ラ・モットら。
  • 突進大飛行船

    「十三日の殺人」「海底二千尺」のロイ・ウィリアム・ニールが監督した映画で、「アリゾナ(1931)」の監督者ジョージ・B・サイツが原作し、「轟く凱歌」のアルバート・デモンドが脚色にあたった。撮影は「地獄に笑う者」のジョン・ステューマーの担当。主演は「キング・コング(1933)」「暗夜行路」のロバート・アームストロング、「新世紀」「鉄血士官校」のリチャード・クロムウェル、「幸運の悪魔」「熱血撮影隊」のドロシー・ウィルソンで、エドモンド・ブリーズ、ジェネヴァ・ミッチェル、ドロシー・レヴィア、ベシー・バリスケール等が助演している。
  • 破られし門

    「名金」の原作者として有名なエマーソン・ホウの原作をジャック・カニンガムが脚色し、「嫌な亭主役」などと同じくポール・スカードンが監督したもの。主役はロバートスンコール映画で度々紹介されたベシー・バリスケール。「悪魔の合鍵」などのユ社映画でおなじみのサム・ド・グラッス、マーゲリット・ド・ラ・モット、ジョセフ・キルゴアーらが出演する。
  • ジェラルディン・レアードの運

    キャスリーン・ノーリス女史の原作を「開拓の勇者」等の監督者エドワード・スローマン氏が監督したベシー・バリスケール嬢主演の社会劇で、嬢は2人の児の母として家庭を愛する婦人ジェラルディン・レアードに扮している。彼女の夫ディーンがポーラという女に迷い、劇作家たらんとしてニューヨークに走ってから、ジェラルディンも都に出で、女優として成功を博する。そしてディーンがついに失敗したところを、妻と我子に廻り会って再び昔の楽しい家庭を作るに至るという、嬢得意の家庭劇ともいうべき筋である、「女の一生」に出演したナイルス・ウェルチ氏が相手である。「血の力」や「黄泉の国へ」で観者の涙を催った名小役メアリー・ジェーン・アーヴィング嬢も出演する。
  • 眠れる心

    「運命の悪戯」「縺れ絲」等と同じくベシー・バリスケール嬢が夫君ハワード・ヒックマン氏監督の下に撮した社界劇で「運命の悪戯」に出演したフランク・ウィットソン氏や、「沈黙の男」「縁の旅」に出演したヴォラ・ヴェイル嬢が共演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/4

ダニエル・デイ・キム(1968)

ラーヤと龍の王国

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

ヘルボーイ(2019)

ギレルモ・デル・トロが二度映画化した人気アメコミを、原作者マイク・ミニョーラ製作総指揮の下、再映画化。超常現象調査防衛局の最強エージェント、ヘルボーイは、人類に復讐を誓う魔女ニムエに戦いを挑むが、ニムエの魔力により、世界滅亡の危機が訪れる。特殊メイクを駆使して主人公ヘルボーイに扮したのは、Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目のデヴィッド・ハーバー。共演は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック:チャプター2」のイアン・マクシェーン。監督を務めたのは、「ディセント」のニール・マーシャル。
檀れい(1971)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

累 かさね

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

NEW今日命日の映画人 8/4

該当する人物がいません