ウィリアム・スタイナー

ウィリアム・スタイナーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 窓(1949)

    「孤児」のテッド・テズラフが1949年に監督したスリラーで、コーネル・ウーリッチの小説を「らせん階段(1946)」のメル・ディネリが脚色したもの。撮影はウィリアム・スタイナーの担当であるが、この映画は昨夏のベルギー映画祭で監督賞を得た。出演者はウォルト・ディズニー映画に主として出演しているボビー・ドリスコル少年をはじめ、「高原児」「影なき殺人」のアーサー・ケネデイ、バーバラ・ヘイル、「善人サム」のルース・ローマン、ポール・スチュワート、アンソニー・ロス等である。
  • 春宵巴里合戦

    ブロードウェイの人気スターの一人たるガートルード・ローレンス嬢が主演る映画で相手役を勤めるチャールズ・ラグルズ氏ウォーター・ヒートリー氏とともに舞台に名ある俳優である。「恋愛行進曲」の原作者の一人ジーン・マーキー氏が書卸したストーリーによって「ナイトクラブ」「ココナッツ」のロバート・フローリー氏が監督、「シャーロック・ホームズ(1929)」のウィリアム・スナイター氏が撮影したもの。尚、グラディス・デュ・ボア嬢、アーサー・トリーチャー氏、ジョセフ・キング氏等も出演している。
  • わがまま者

    「私の殺した男」「小間使(1931)」のナンシー・キャロルと「山猫酒場」「タッチ・ダウン」のリチャード・アーレンとが主演する映画で、マティール・ハウ・ファーナム作の小説「野生の美人」に基づいて、グラディス・アンガーとリリアン・デイとの共同脚色し、「貨物船と女」「時計の殺人」のエドワード・スローマンが監督し、「夜の天使」「貨物船と女」のウィリアム・スタイナーが撮影した。助演者は返り咲きのボーリン・フレデリックを始め、ジョン・ライテル、マーガロ・ギルモア、バーク・クラーク、ドロシー・スティックニー等である。
  • シャーロック・ホームズ(1929)

    「夢想の犯罪」「忘れられた顔(1928)」のクライヴ・ブルック氏が主役を勤める映画でアーリー・コナン・ドイル卿原作の短編にもとづいてバジル・ディーン氏と「嫉妬」「手紙」のギャレット・フォート氏とが脚色し、舞台劇方面で著名な監督者バジル・ディーンが監督をした。助演者は映画初出演の舞台俳優エィチ・リーブス・スミス氏、新進のベティー・ローフォード嬢、「レヴュー結婚」「底抜け騒ぎ」のフィリップス・ホームス氏、「忘れられた顔(1928)」のハリー・T・モーレイ氏、「北欧の海賊」のドナルド・クリスプ氏、チャールズ・ヘイ氏等である。
  • 猛将ハッチ

    バテーの連続映画でお馴染のチャールズ・ハッチソン氏がウィリアム・スタイナー氏と契約して作り出した特作品の第2回作品である。第一回の「吠ゆる激浪」Surging_Seasは日活が輸入した。ハッチスン氏は2役を演じ、相手役はエディス・ソーントン嬢である。
  • 喧嘩商会

    シュウォブ・アンド・マンデルとして名高いブロードウェイのプロデューサーたるローレンス・シュウォブとフランク・マンデルの映画進出作品で、原作はシュウォブ、B・G・デシルヴァとルイス・ゲンスラーがエドワード・ベッブル作の喜劇に基づいて合作したミュージック・プレイで、それをマンデルが自ら映画脚色し、「虹の男」「私のパパさん」のフレッド・ニューメイヤーが監督し、「河宿の夜」「シャーロック・ホームズ(1929)」のウィリアム・スタイナーが撮影したもの。出演者は「高等恋愛術」「ハニー」のスタンリー・スミス、「恋愛四重奏」のジンジャー・ロジャース、「恋愛四重奏」「河宿の夜」のチャールズ・ラグルズ、舞台俳優のフランク・モーガン、ニナ・オリヴェットその他舞台俳優が多勢助演している。
  • 女は嘘つき

    「虎御前」「河宿の夜」のホバート・ヘンリーの監督作品でジョン・ミーハンの原作から「喝采」「嫉妬」のギャレット・フォートが脚色し、ミーハン氏自信が台詞をつけ「シャーロック・ホームズ(1929)」のウィリアム・スタイナーが撮影したもの。主役を演ずるのは「新聞記者」、「ヴァージニアン(1929)」のウォルター・ヒューストン「壁の穴(1929)」のクローデット・コルベール、「春宵巴里合戦」のチャールズ・ラグルズの三人でほかにパトリシア・ディーアリング、トム・ブラウン、ベティー・ガード、等が出演している。
  • 当たって砕けろ(1933)

    「月の宮殿」のローレンス・シュウォブ監督作品で、「月の宮殿」の原作者モンテ・ブライスと共同監督した。原作は、両者が「妾の弱点」のバディー・デスルヴァと共作したブロードウェイで大当たりしたミュージカル・コメディー。出演は「419号室の女」「僕らの天下」のジェームズ・ダン、舞台でも同じ役を演じたジューン・ナイト、「友情の曲線」のチャールズ・バディー・ロジャース、「けだもの組合」のリリアン・ロス、「快走艇」のクリフ・エドワーズ、「七月の肌着」のリリアン・ボンド、「頓珍漢嫁探し」のドロシー・リー、ロバート・グレックラーなどで、撮影は「わがまま者」のウィリアム・スタイナーが担当。
  • 海上ジャズ大学

    ジョン・マクゴワン、ポール・ジェラード・ルミス、リチャード・ロジャース、ロレンツ・ハート4氏合作のミュージカル・プレイからジョン・マクゴワン及びジャック・カークランドが脚色し、ルイス・スティーヴンスが撮影台本を組み立て「令嬢暴力団」のヴィクター・シェルツィンゲルが監督した。主なる出演者は「令嬢暴力団」「青春倶楽部(1930)」のチャールズ・バディー・ロジャース、「ピストル娘」「レヴュー結婚」のヘレン・ケーン嬢、「ピストル娘」のヴィクター・ムーア、舞台でのマーガレット・ブリーンその他で、カメラは「喧嘩商会」「青春巴里合戦」のウィリアム・スタイナーが担任。
  • 彼の女

    「市街」「失われた抱擁」出演のゲイリー・クーパーと「陽気な中尉さん」「彼女の名誉」のクローデット・コルベールとが共演する映画で、デール・コリンズ作の小説に基づいて「小間使(1931)」「私の罪」のアデレード・ヒールブロンとメルヴィル・ベイカーが共同して脚色した「時計の殺人」「砲煙」のエドワード・スローマンが監督、「夜の天使」「喧嘩商会」のウィリアム・スタイナーが撮影した。助演者は「女秘書の秘密」のエヴリル・ハリス、「私の罪」のハリー・ダヴェンポート、「小間使(1931)」のシャーロット・ウィンタース、リチャード・スピロ、ジョーン・ブレア、ラクェル・ダヴィダらである。
  • 夜の天使(1931)

    「踊り子夫人」と同じくナンシー・キャロルとフレデリック・マーチが主演する映画で「悪魔の日曜日」「トレスパサー」のエドモンド・グールディングが原作脚色監督したもの。カメラは「海上ジャズ大学」「喧嘩商会」のウィリアム・スタイナーの担任である。助演者は「心を汚されし女」のフィービー・フォスター「愉快の相棒」「波乗り越えて」のアラン・ヘール「怪紳士」「シンガポール航路」のアリソン・スキップワース及びヒュバート・ドルースの面々である。
  • 河宿の夜

    「喝采」のヘレン・モーガン嬢が主演する映画で、「グレイト・ガッポ」「暗黒街」等の執筆者として有名なベン・ヘクト氏が自作のストーリーから脚色し台詞を書き「虎御前」「競売台」のホバート・ヘンリー氏が監督しウィリアム・スタイナー氏が撮影した。主演者のほかに「春宵巴里合戦」のチャールズ・ラグルズ氏、「サラアと其の子」のフラー・メリッシュ・ジュニア氏、「サンダーボルト(1929)」のフレッド・コーラー氏及びブロードウェイ・ナイト・クラブの人気者デュラント、クレイトン、ジャクソンの3人が出演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/2

サム・ワーシントン(1976)

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より

自費出版から世界的ベストセラーとなった『神の小屋』をサム・ワーシントン主演で映画化。家族とのキャンプ中に末娘が誘拐され、悲しみに突き落とされたマック。長い間、立ち直れずにいた彼の元に、“あの小屋へ来い”と書かれた奇妙な招待状が届く……。「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」のすみれが、本作でハリウッドデビュー。「ドリーム」のオクタヴィア・スペンサーが共演。メガホンを取ったのは、「エグザム」のスチュアート・ヘイゼルダイン。
ジェフ・ラウ(1952)

カンフーリーグ

「チャイニーズ・オデッセイ」のジェフ・ラウによるアクションコメディ。漫画家志望のインションは、会社の社長に恋の邪魔をされ、追い出されてしまう。彼が自身の処女作に登場するカンフーマスターたちに助けを請うと、彼らが現代にタイムスリップしてくる。出演は、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」のチウ・マンチェク、「スペシャルID 特殊身分」のアンディ・オン、「イップ・マン 継承」のチャン・クォックワン、「イップ・マン 誕生」のデニス・トー。シネマート新宿・心斎橋『のむコレ3』で上映。

大英雄

金輪国を舞台に、王位を狙う男女とそれを阻止しようとする一団との対峙をスピーディーに描く香港スターが共演したアクションコメディ。2013年7月下旬より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催される「王家衛(ウォン・カーウァイ)監督 スペシャル上映」にて広東語版をデジタル上映。

NEW今日命日の映画人 8/2

該当する人物がいません