ジョージ・バー・マッカッチョン

ジョージ・バー・マッカッチョンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • マイナー・ブラザース 史上最大の賭け

    財産相続のため、1カ月で3千万ドルを浪費しなくてはならない主人公をめぐるコメディ。ジョージ・バー・マッカッチョンの原作の5度目の映画化(2度目の21年作が「百万長者」として日本公開)。製作はローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァー。エグゼクティヴ・プロデューサーはジーン・レヴィ。監督は「48時間」のウォルター・ヒル。脚本はハーシェル・ワイングロッド、ティモシー・ハリス、撮影はリック・ウェイト、音楽はライ・クーダーが担当。出演はリチャード・プライヤー、ジョン・キャンデイほか。
  • 渚のたたかい

    ジョージ・バー・マッカッチョンの原作から「わらの女」のスタンリー・マンとクロード・ブルールが共同で脚色、「フレンチ・スタイルで」のロバート・パリッシュが監督した戦時挿話。撮影はウォルター・ウォッツが、音楽はエドガー・コスマが担当した。出演は「潜行」のクリフ・ロバートソン、イリナ・デミック、マリウス・ゴーリング、「危険な道」のスリム・ピケンズ、「ナバロンの要塞」のジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、「竜騎兵総攻撃」のブロデリック・クロフォード、「史上最大の作戦」のフランソワーズ・ロゼエほか。
  • 大丈夫ケリガン

    大正活映が輸入を中止して以来見ることを得なかったヴァイタグラフ映画の松竹輸入第一回提供映画である。ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作の小説を、グレアム・ベイカー氏が脚色し、「北方の名花」「汚れぬ花」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督としたもの主役は「幌馬車(1923)」のウォーレン・ケリガン氏、「汚れぬ花」のアリス・カルホーン嬢で、その他ワンダ・ホウリー嬢、デュポン嬢、パット・カマリー氏、キャスリーン・キイ嬢、バートラムグラスピー氏等のオール・スター・キャストである。
  • ブルースターの富

    ジョージ・バー・マッカッチョン原作の同名の小説をアーサー・ウッズが脚色し、「北国の雄叫」などと同じくジョセフ・ヘナベリーの監督によったもの。主役は先日来朝したデブ・ロスコー・アーバックルで、「我れ若し王者なりせば」「狐」などで出演のベティー・ロス・クラークが共演している。
  • 囚人

    「胡蝶の嘆き」を書いたジョージ・バー・マッカッチョン氏の原作を、「鬼を欺く男」「一国の風雲」等のジャック・コンウェイ氏が監督したもので、「一国の風雲」「日の出の勢」等出演のハーバート・ローリンソン氏が出演し、相手役は「剛膽の人」のアイリーン・パーシー嬢。其他ジューン・エルヴィッジ嬢、バートラム・グラスビー氏等が出演ている。
  • 憧れの国

    ジョージ・バー・マッカンチョン氏の小説の映画化で、アグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し、タルマッジ姉妹の映画を長らく監督していたシドニー・A・フランクリン氏が監督したものである。主役は「武士道華かなりし頃」「我が懐かしの紐育」「オランダ姫」等主演のマリオン・デイヴィース嬢で、「あれ」「明眸罪あり」のアントニオ・モレノ氏が相手役を演ずるほか、「猫とカナリア」のクレイトン・ヘール氏、「最後の警告」のロイ・ダルシー氏、「ローンウルフ」のポーレット・デュヴァル嬢、「四人の息子(1928)」のアルバート・グラン氏、等が助演として出演する。
  • 臆病者の家

    ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作、ウィリアム・C・ドウラン氏監督の人情劇で、主役は「冒険娘」主演のペギー・ハイランド嬢。その他ジャック・リヴィングストン氏、キャスリン・アダムス嬢、ブル・モンタナ氏等お馴染みの人々が出演している。
  • 不可解な娘

    ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作の“Green Fancy”を、ツリー・マーシャル氏夫人マリオン・フェアファックス女史が脚色し、セシル・B・ドミーユ氏の令弟ウィリアム・C・デミル氏が監督して、エセル・クレイトン嬢を主役として完成せる人と活劇で、嬢の対手は「憧憬れの都へ」出演のヘンリー・ウッドワード氏である。
  • 強敵一蹴

    ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作の同名の小説から脚色したもので監督はチャールース・レイ氏のパラマウント時代の作品を監督したジェローム・ストーム氏である。主役は新進のジョン・ギルバート氏で、ルース・クルフォード嬢が相手役に出演する。
  • 宇宙突破

    「無鉄砲時代」に続くレジナルド・デニー氏主演映画で原作はジョージ・バー・マッカッチョン氏の小説「エディスの夫」The Husbands of Edith、これをベアトリス・ヴァン女史とレイモンド・L・シュロック氏とが脚色し「女は曲者」「唖も語る」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督した。デニー氏の対手は「大速力王」の時と同じくローラ・ラ・プラント嬢で、その他エセル・グレイ・テリー嬢、リチャード・タッカー氏、リー・モーラン氏等が共演している。
  • 黄金洪水

    ジョージ・バー・マッカッチョン氏作の小説を映画化したものでハロルド・シューメイト氏とロイド・コリガン氏とが脚色し「極楽突進」「南北珍勇腕比べ」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。主役は「爪磨きの娘」「アルゼンチン情話」等主演のビービー・ダニエルス嬢で、対手役は「ジョアンの嘆き」「飛行郵便」等出演のワーナー・バクスター氏が勤め「当り狂言」「夫婦円満哲学」等出演のフォード・スターリング氏及びアンドレ・ド・ベランジェ氏が助演している。
  • 蝴蝶の男

    「ミッキー」「神の国へ」等で男ヴァンパイアーとしての手腕を示したルー・コディ氏が独立後第2回目の作品で、米国新進小説家ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作の小説から、ユ社で御馴染のアイダ・メイ・パーク女史が監督で撮影したものである。氏の対手は青春映画の花形久振りのルイズ・ラヴリー嬢である。夜会、野遊び、水泳等の美しい場面が次から次へ出て来る。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/1

ジェイソン・モモア(1979)

DUNE デューン 砂の惑星

アクアマン

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワンによる海中バトル・アクション。人間として育てられた海底王国アトランティスの末裔アクアマン。アトランティスが人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼は地上と海、どちらを守るのか……。出演は、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイソン・モモア、「リリーのすべて」のアンバー・ハード、「LION ライオン 25年目のただいま」のニコール・キッドマン。
ロバート・クレイ(1953)

チャック・ベリー ヘイル・ヘイル・ロックンロール

86年10月16日、セントルイスのフォックス・シアターで行なわれたチャック・ベリー“60歳バースデー・コンサート”の模様を中心に、インタヴュー、リハーサル風景などを盛り込んで“ロックンロールの王者”チャック・ベリーの姿を浮き彫りにするドキュメンタリー。製作はステファニー・ベネットとチャック・ベリー、監督は「ホワイトナイツ 白夜」のテイラー・ハックフォード、撮影は「プリック・アップ」のオリヴァー・ステイプルトン、音楽プロデュースはキース・リチャーズが担当。出演はメイン・バンドのベリーとリチャーズのほかに、ゲスト・ミュージシャンのエリック・クラプトン、リンダ・ロンシュタット、ジュリアン・レノン、コメンテイターのブルース・スプリングスティーンほか。

NEW今日命日の映画人 8/1

該当する人物がいません