ロイス・ゼルナー

ロイス・ゼルナーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 悪魔の防波堤

    ウァールド映画や「ユーコンの侠者」「巨巌の彼方」等に出演したジューン・エルヴィッジ嬢主演のメトロ映画である。「恋と名誉と服従」出演のクレア・ウィットネー嬢や「三銃士(1921)」出演のユージーン・パレット氏等も出演している。ユージーン・ウォルター氏のかつて当たりを取った同名の舞台劇をロイス・ゼルナー女史が脚色し、フレッド・シッテナム氏が監督した。
  • 富豪の心理

    エリザベス・クーパー女史作の小説によりロイス・ゼルナー女史が脚色し「不満の熱火」「富貴を茶にして」等と同じくF・ハーモン・ウェイト氏が監督したもので「オーバー・ザ・ヒル」等出演のメアリー・カー夫人「人獣の国」等出演のケネス・ハーラン氏及び新進のプリシラ・ボナー嬢の共演になるもので、ウィリアム・ハムフレイ氏、クレア・デュ・プレイ嬢等が助演している。
  • 離婚禁制

    「紐育の寵児」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリーのジウエル映画で、バーナード・マッコンヴィルの原作、ロイス・ゼルナーとフォード・ビーブの脚色、ジェス・ロビンスが監督をした。ペギーの対手には「肉に飢えたる野獣」「キスメット(1920)」等出演のエリノア・フェアー、「野に咲く花」等出演のロバート・エリス、「天地砕けよ」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のウィニフレッド・ブライソンが出演する。破れようとする両親の仲を幼児が仲直りさせるという家庭劇である。
  • 巌窟の奇縁

    チャールズ・W・ゴッダード氏及びポール・ディッキー氏共作の舞台劇をロイス・ゼリナー女史が脚色し、ジョージ・アーヴィング氏が監督した人情劇で、バート・ライテル氏の主演である。対手は新進のルシー・コットン嬢である。劇中ナポレオンだと信じている精神障害者に扮するフランク・カリアー氏のために喜劇味が大いに唆られるそうである。『ライテル氏の性格はこのような役には完全に適合したものではないが、彼の演技の巧妙さは非難の打ちどころのない出来である。見ていて愉快な映画である。』とはニュース誌の評。
  • 名家の秘密

    「小公子」「人生の焔」等の原作者なる英国閨秀作家フランセス・ホジスン・バーネット夫人の書いた小説 Editha's Burglar をロイス・ゼルナー女史が脚色したもので、監督は「女は曲者」「ベル・ボーイ」等と同じくウィリアム・A・サイター氏である。「紐育の寵児」「離婚禁制」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢の主演映画で、相手役は「女性の敵」「乗合馬車」等出演のグレディス・ヒューレット嬢、その他エドワード・アール氏、フランク・カリアー氏等が共演している。
  • 海棠の悩み

    「赤道直下」等を書いたチャールズ・ローグ氏の原作を、ロイス・ゼルナー嬢が脚色し「王様万歳」「田園詩人」等と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督したもので、キャサリン・マクドナルド嬢の主演相手は「フランス人形」等出演のオーヴィル・コルドウェル氏である。
  • 謎の結婚

    アーサー・ゼルナーと同氏夫人ロイスとの共作をガードナー・サリヴァンが脚色し、フレッド・ニブロが監督した人情劇で、ニブロ令閨エニッド・ベネットの主演。「二十三時間半」や「騒ぎと誇張」に出演したダグラス・マックリーンの共演である。そのほかヴォラ・ヴェイルやフィロ・マッカローも出演する。
  • 母よ恋し

    「虚栄地獄」と同じくフランク・デイジーとアグネス・クリスティン・ジョンストンの合作になったもので、ロイス・ゼルナーが脚色し、「虚栄地獄」「悪魔の花園」等と同じくルイ・ガスニエが監督した。主役は「誰が罪ぞ」「唖も語る」等出演のクレア・ウィンザー、「南海の情火」「人類の心」等出演のハウス・ピータース、「仮面の勇士」「悪魔の花園」等出演のガストン・グラス等で、その他ローズマリー・セビー、マートル・ステッドマン、ミルドレッド・ジューン等も共演している。ガスニエの発表した家庭劇シリーズの最初の作品である。
  • 彼の束縛された妻

    エミー・ウェーレン嬢とクレイトン・ヘール氏共演という変わった役割で、監督はフォックス社で昨年「紐育の眠れる間に」を作ったチャールズ・ブレイビン氏である。「可もなく不可もなき作品」とニュース誌は評している。
  • ビル・ヘンリー

    チャールズ・レイ氏主演の正喜劇でロイス・ゼルナー女史の原作で、監督は例によってジェローム・ストーム氏である。相手は今ユ社の花形エディス・ロバーツ嬢である。「有益にして興味ある」コメディー・ドラマとニュース誌は推賞している。
  • 結婚の市

    ジョージ・キッブ・ターナー氏の原作をロイス・ゼルナー氏が脚色し、「影に怖えて」「天空征服」等と同じくトム・フォーマン氏が監督した。主役は「征服されし女」「妻を信ぜよ」等主演のキャサリン・マクドナルド嬢で、対手は「倫敦への道」「風雲のゼンダ城」等出演のブライアント・ウォッシュバーン氏、それに監督のフォーマン氏も一役を承っている。貧窮に臨んだ母が美しき娘を金持ちに結婚させようとする事から起きる悲劇を扱っている。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/27

清水崇(1972)

ホムンクルス

山本英夫原作の同名コミックを実写映画化。記憶も感情も失くしたホームレスの名越の前に医学生・伊藤が現れ、第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開ける手術を受けることに。手術を受けた名越が右目を瞑って左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになる。出演は、「ヤクザと家族 The Family」の綾野剛、「カツベン!」の成田凌、「空に住む」の岸井ゆきの、「記憶の技法」の石井杏奈、「海難1890」の内野聖陽。監督は、「呪怨」シリーズの清水崇。

樹海村 じゅかいむら

2020年に大ヒットした「犬鳴村」に続く“恐怖の村”シリーズ第2弾。古くから人々を戦慄させてきた禍々しい呪いが、不気味で壮大な樹海の奥深くに封印されてから13年。響と鳴の姉妹の前に、“あれ”が出現。そして、樹海で行方不明者が続出する……。出演は「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈、「太陽の家」の山口まゆ。監督は「犬鳴村」に続き、清水崇が務める。
ドニー・イェン(1963)

燃えよデブゴン TOKYO MISSION

「るろうに剣心」などのアクション監督、谷垣健治が監督したドニー・イェン主演のアクション。ある事件がきっかけで閑職に異動させられ、婚約者とも別れた刑事のファーロンは、暴飲暴食がたたって“デブゴン”化。そんな彼が、日本で巨大な陰謀に立ち向かう。「カツベン!」の竹中直人、「孤狼の血」の丞威、「星屑の町」の渡辺哲、「事故物件 恐い間取り」のバービーらが共演。

追龍 ついりゅう

「イップ・マン」シリーズのドニー・イェンと「グレート・アドベンチャー」のアンディ・ラウが共演、香港警察と黒社会の関係を活写した実録犯罪ドラマ。1960年代。警察署長ロックに助けられたホーは、黒社会でのし上がり、ロックと友情を結んでいくが……。監督は、「ゴッド・ギャンブラー」シリーズのバリー・ウォンと、「コールド・ウォー」シリーズや「ラスト・シャンハイ」など数々の作品の撮影を手がけてきたジェイソン・クワン。汚職が蔓延し黒社会と繋がっている警察が市民を恐怖に陥れていた時代に実在した黒社会(香港マフィア)のボス、ン・シックホーと警察署長ルイ・ロックをモデルにしている。