ロイス・ウィルソン

ロイス・ウィルソンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 真夏の曲線美

    「嵐の青春」「愛の勝利(1939)」のロナルド・レーガン、「我等の生涯の最良の年」のヴァージニア・メイヨ、「ハリウッド宝船」のエディ・ブラッケンが主演する映画で、アレン・ボレツのストーリーをI・A・L・ダイアモンドが脚色し、英国から来て1941年にハリウッドの監督となったピーター・ゴッドフリーが監督し、カール・ガスリーが撮影した1949年作品。助演は「モロッコへの道」のドナ・ドレイクネ「聖メリーの鐘」のヘンリー・トラヴァース、サイレント映画スターで舞台にあったロイス・ウィルソン、フローレンス・ベイツ、ジェローム・コウアン等である。
  • 結婚は失敗か

    未封切の「ふるさとの家」等同様ジェームズ・クルーズ氏の監督作品で、オスカー・ブラメンソール氏グスタヴ・カデルベルグ氏合作の戯曲「開いた扉」 The Open Doorから取ったレオ・ディトリッヒスタイン氏の譚りに更にウォルター・ウッズ氏が映画脚色を行ったものである。ライラ・リー嬢ロイス・ウィルソン嬢ザス・ピッツ嬢・タリー・マーシャル氏アドルフ・マンジュウ氏ウォルター・ハイアース等の例によって素晴らしい顔振れである。
  • スミスまた来い

    ジョン・ブラックウッドの原作をE・メイソン・ホッパーが監督したジャック・ウォーレン・ケリガン主演の人情喜劇で、氏の相手にはロイス・ウィルソン、ウィリアム・コンクリンなどが出演する。
  • 汝こそ犯人

    ミルス・ヤングの原作を、マーガレット・ターンブル女史が脚色し、「偽山賊」などと同じくトーマス・ヘフロンが監督せるもの。主役は「暗中飛躍」「胸中探偵」など出演のロバート・ワーウィックで、相手は「珍婚旅行」「猛然奮起」など出演のロイス・ウィルソン。
  • 北緯三十六度

    エマーソン・ホウ氏の同名小説をジェームズ・シェリー・ハミルトン氏が脚色し「激闘の天地」「荒野の放浪者」等と同じくアーヴィン・ウィトラット氏が監督したもので「荒野の放浪者」「有閑階級」のジャック・ホルト氏が主演し「幌馬車」「懐しの谿」のロイス・ウィルソン嬢、「懦夫奮起せば」「干潮」のノア・ビアリー氏等も出演している西部開拓劇である。
  • 我家の誇り

    「お人好しの仙女」「風来坊」のフランク・モーガンが「黄金(1936)」「小都会の女」のビニー・バーンズを相手に主演する映画でアースュラ・パーロット作の小説を「模倣の人生」のウィリアム・ハールバットが脚色し、「フランダースの犬(1935)」「わがまま者」のエドワード・スローマンが監督にあたり、「お人好しの仙女」「第三階段」のノーバート・ブロディンが撮影した。助演者は「ますらを」のロイス・ウイルスン、「愛と光」のロバート・テイラー、「ジャバの東」のエリザベス・ヤング、「二つの顔(1935)」のアラン・ヘール、新人のルイズ・サティマー、「フランダースの犬」のヘレン・パーリッシュ、モーリス・マーフィーという顔ぶれである。
  • 爆走する悪魔

    「謎の真空管」「百米恋愛自由型」のエドモンド・ロウと「夫を殺すまで」「夜毎来る女」のウィン・ギブソンが主演する映画で、フランク・ミッチェル・デイジーが書卸した物語より「鉄窓と花束」「二十四時間」のルイス・ワイツェンコーンがP・J・ウルフソン及びアレン・リブキンと共同して脚色し、「爆笑世界行脚」「野蛮な紳士」のベンジャミン・ストロフが監督に当たり、「拳骨大売出し」「七万人の目撃者」のヘンリー・シャープが撮影している。助演者は「ブロンド・ヴィナス」「拳闘のキャグネー」のディッキー・ムーア、「母性」のロイス・ウィルソン、「歓呼の涯」のジミー・クリースン、「鉄窓の女」のアラン・ダインハート、ジョージ・ローズナー等である。
  • ニウ・ヨーク

    バーバラ・チャムバース、ベッキー・ガーディナーが特に執筆した物語をフォーレスト・ハルシイが脚色し「不良老年」と同じくルーサー・リードが監督したもので、主役は「サタンの嘆き」「猫の寝巻」「十誡(1923)」「マンハッタン狂乱」等出演のエステル・テイラー及び「駄法螺大当たり」「滅び行く民族」等出演のロイス・ウィルソンが演じ、ウィリアム・ポウエル、ノーマン・トレヴァー、リチャード・“スキーツ”・ギャラガーが共演する。
  • 沈黙の都

    「海の壮漢」「子煩悩」等同様パ社トーマス・ミーアン氏主演映画で、「海の壮漢」と同じくかつて俳優としても知られたトム・フォーマン氏が監督した。ジョン・モロッフ氏の小説 The Quarry からフランク・コンドン氏が脚色したもので、相手役はお馴染みのロイス・ウィルソン嬢。
  • 青春倶楽部(1926)

    H・A・デュスウシェット氏作の喜劇を映画化したもので、ルーサー・リード氏が改作しJ・クラークソン・ミラー氏が脚色し「女軍撃退」と同じくグレゴリー・ラ・カヴァ氏が監督した。主役は「蹴球王」「女軍撃退」等主演のリチャード・ディック氏で相手役は「駄法螺大当たり」「滅び行く民族」等出演のロイス・ウィルソン嬢が勤め、ジョセフ・キルゴアー氏、エドナ・メイ・オリヴァー嬢、ガンボート・スミス氏等が助演している。
  • ますらを

    「青空天国」「第三階級」のフランク・ボーゼージが監督製作した映画で、フェレンク・モルナール作の小説に基づいて「青空天国」のジョー・スワーリングが脚色したものである。出演者は紐育のラジオ放送で人気のあるジョージ・ブレイクストン少年で、「家なき少年群」のフランキー・ダーロ少年、「昨日」のジミー・バトラー少年、「トパーズ(1933)」のジャッキー・サール少年、「力と栄光」のラルフ・モーガン「母性」のロイス・ウィルソンのはか少年俳優ドナルド・ヘインズ、ボーディン・アンダースン等が共演している。撮影は「青空天国」「十三日の殺人」のジョセフ・オーガストの担当。
  • 女の知る事

    「悩める花」同様ロイス・ウィルソン嬢主演パ社ウィリアム・C・デミル氏作品でをる。「小牧師(1934)」等と同じくジェームズ・M・バリー卿の原作の戯曲で、オルガ・プリンツロー女史が脚色した。「愚か者の楽園」等のコンラッド・ネーゲル氏、ウィンター・ホール氏クレア・マクドウェル嬢チャールズ・オーグル氏等が出演している。
  • 笛吹きマローン

    「ペンロッド」「クラレンス」等を書いたブース・ターキントンの原作を「襤褸を飾って」等と同じくトム・ジェラティー氏の脚色、アルフレッド・E・グリーン氏の監督で作られたもので、主役は前二映画や「アラスカン」「女に安全な男」等出演のトマス・ミーアンシ、対手は「氷に閉ざされて」等出演のロイス・ウィルソン嬢である。その他老練なジョージ・フォーセット氏が重要な役を演じている。
  • 松の捕虜

    「嫌な亭主役」「凍れる怨」などの作者ケネス・B・クラークの原作を、「青年改造」「愛の白浪」そのほか多くのジャック・ウォーレン・ケリガン映画を監督したアーネスト・C・ワードが監督したもので、主役は例によってジャック・ウォーレン・ケリガンとロイス・ウィルソン。そのほかこれにはクレア・デュブレイも出演する。
  • 白日の下に

    特にパラマウント社からユ社がロイス・ウィルソン嬢を借り主演せしめたものである。「巴里の山猫」等の原作者ハーヴェイ・ゲイツ氏原作脚色、「情熱地獄」同様アーヴィング・カミングス氏の監督で、相手役にはユ社へ復帰のジャック・マルホール氏、「征服の力」等のラルフ・ルイス氏も活躍している。
  • 模範市民

    「子煩悩」「星の奇跡」等と等しくパ社トーマス・ミーアン氏主演映画である。米国の諧謔作家ジョージ・エイド氏が映画の為に作った最初の譚りを、氏及びウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「子煩悩」「君を思えば」等同様アルフレッド・グリーン氏が監督したものである。相手役は売出しのロイス・ウィルソン嬢、其他老巧な人々が多数出演している。
  • 青年改造

    「凍れる怨」と同じ作者ケニス・クラーク氏の原作を、「一ドル男」「愛の白浪」等と同じアーネスト・ワード氏が監督し、ウォーレン・ケリガン氏とロイス・ウィルソン嬢が共演した人情喜劇である。「喜劇と活気に満ちた筋で、一般向きの面白いもの」とニュース誌は評している。
  • ボーケール

    ヴァレンティノが長い間去っていた映画界へ復帰した第1回の作品で、ブース・ターキントン原著の小説及びターキントンとエヴェリン・グリーンリーフ・サザーランド合作の舞台劇に基づき、フォレスト・ハルシーが脚色し、「海底の大宮殿」「背中を掻いて頂戴」等と同じくシドニー・オルコットが監督した。ヴァレンティノの対手には、「刺激を追う女」「月の囁き」等主演のビービー・ダニエルス、「ベラ・ドンナ」等出演のロイス・ウィルソン、「霧の中の顔」「モリー・オー」等出演のローウェル・シャーマン、「不尽の熱火」等出演のドリス・ケニヨン等が出演する。
  • 真夏の狂乱

    ウィリアム・C・デミルの古い時代の監督作品である。原作はコスモ・ハミルトン原作の「彼の友と彼の妻」“His Friend and His Wifeを、オルガ・プリンツローが脚色したもので、主役にジャック・ホルト、コンラッド・ネーゲル、ロイス・ウィルソン、ライラ・リーの腕利きが共演している。ウィリアム・C・デミル一流の家庭問題劇である。
  • 駄法螺大当たり

    舞台劇として大成功を博したジョージ・ケリー氏の戯曲に基づいてピエール・コリングス氏が脚色し、「三日伯爵」「姫君と給仕」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督したもので、主役は「当たり狂言」「美女競艶」等主演のフォード・スターリング氏が演じ、対手役は「滅び行く民族」「轟く天地」等出演のロイス・ウィルソン嬢が勤めている他ルイズ・ブルックス嬢、クレア・マクドウェル嬢、グレゴリー・ケリー氏等が重要なる役を演じている。
  • 勝負の果

    ジョージ・エルウッド・ジェンクスの原作を、F・マッグルー・ウィリスが脚色し、ジェス・D・ハンプトンが監督した西部劇で時代は1849年頃である。ウォーレン・ケリガン氏とロイス・ウィルソンの共演になり、ジャック・リチャードソンらが敵役を承っている。
  • サラリーマン

    「力と栄光」「青空天国」のスペンサー・トレイシーが主演する映画で、ジョージ・ケリー作の舞台劇を「舗道の雨」「晩餐八時」のハーマン・J・マンキーウィッツが脚色し、「豚児売り出す」のチャールズ・F・ライズナーが監督に当たり、「第三の恋」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「第三の恋」「大陸非常線」のマッジ・エヴァンス、「世界大洪水」のロイス・ウィルソン「豪華船」のヘンリー・ウォズウォース、「晩餐八時」のグラント・ミッチェル、クララ・ブランディック等。
  • 男の誓

    リリアン・ベネット・トムンプソンの原作を、「或る愚者有りき」「巌窟王(1922)」等と同じくバーナード・マッコンヴィルが脚色、エメット・フリンが監督したもので、主役は「苦役二十年」「沈黙の価値」等と同じくウィリアム・ファーナムで、対手役にはパラマウントのスターなるロイス・ウィルソンが扮し、悪役として有名なロバート・マッキム、フレッド・コーラーも出演する。
  • 男子改造

    ジェームズ・クルーズが「駅馬車(1925)」「ホリウッド」に続いて監督製作した作品で、原作はハリー・レオン・ウィルソンの小説及び舞台劇に基づいたもの。ウィルスンはアメリカ著名の劇作家で、ウィルスンの「活動のマートン」は数年間舞台上で大当たりをとり、パラマウントが近く映画化する事に決定している。この映画の主役はパラマウントの俳優として初お目見えのエドワード・ホートン、「幌馬車」のアーネスト・トーレンスとロイス・ウィルソンの3人で、その他「ふるさとの家」出演のフリッツィ・リッジウェイ、「一時間六十仙」等出演のチャールズ・オーグル等老巧なところも大勢出演している。
  • 氷に閉ざされて

    オーウェン・デイヴィス氏原作の舞台劇に基づき、クララ・S・ベランジャー女史が脚色し、「返り咲く花」「グラムピー」等と同じくウィリアム・C・デミル氏が監督した。主役は「最後の一人迄(1923)」「懐しの谿」等と同じくリチャード・ディックス氏と、ロイス・ウィルソン嬢の2人で、その他新進のヴェラ・レイノルズ嬢が共演している。
  • 凍れる怨

    ケネス・B・クラーク氏の原作を、今ハムトン映画社の社長なるジェス・D・ハンプトン・氏が監督し、ジャック・ウォーレン・ケリガン氏が主役を演じた人情劇である。例によってロイス・ウィルソン嬢が対手で、ウィリアム・コンクリン氏やカッスン・ファーガソン氏も出演する。
  • 僕の自叙伝

    「僕の武勇伝」に次ぐジャッキー・クーパー主演映画で、モーリス・ラッフとデルマー・デイヴスとが共作した物語をデーヴスが脚色し、「進め女性軍」「青空狂騒曲」のチャールズ・F・ライズナーが監督に当り、「令嬢殺人事件」「蜃気楼の女」のオリヴァー・T・マーシュが撮影したもの。助演者は「マデロンの悲劇」「マタ・ハリ」のルイス・ストーン、「コンゴ」「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「母性」「爆走する悪魔」のロイス・ウィルソン、新進のジーン・パーカー、「国際盗賊ホテル」のローレンス・グラント、「極楽島満員」のデイヴィッド・ニュウエル、「ダドリー・ニコルズ」のモーリス・マーフィー等である。
  • ベラ・ドンナ

    ポーラ・ネグリがドイツからアメリカへ渡りパラマウント映画のスターとしての第1回作品で、「砂漠の人影」等を書いたロバート・ヒッチェンスの原作、かつてポーリン・フレデリック主演のもとに同社で製作され、大正9年3月19日電気館で「蛇毒」として封切りされたものと同一原作である。今度はウィーダ・ベルジェールが脚色し、「失うべからず」「キック・イン」等と同じくジョージ・フィッツモーリスが監督したもの。コンラッド・ネーゲル、コンウェイ・タールが対手役を演じその他ロイス・ウィルソンも共演する。
  • 母性

    チャールズ・ノーリス作の小説「種」に基づいて「猫は這い寄る」「飛び入り婿君」のグラディス・レーマンが脚色、台詞を書き、「囁きの小道」「恋人」のジョン・M・スタールが監督し、「嵐に咲く花」「高速度尖端娘」のジャクソン・J・ローズが撮影したものである。主なる出演者は「復活(1931)」「キング・オブ・ジャズ」のジョン・ボールズ、舞台から招へいされたジュヌヴィエーヴ・トバン、「世話女房」「或る男の一生」のロイス・ウィルソンで、助演者は「モンテカルロ」「ハニー」のザス・ピッツ「猫は這い寄る」「マダムX」のレイモンド・ハケット、舞台から来たベティ・デイヴィス「屠殺者(1930)」「令嬢暴力団」のリチャード・タッカー及び子役ディッキー・ムーアの面々。
  • 侠雄巴白浪

    ローン・ウルフ譚の作者として名高いルイ・ジョゼフ・ヴァンス氏の書いた是れもローン・ウルフ物を、同じくローン・ウルフ役者として知られているバート・ライテル氏が主演した映画。脚色は「恋に身を焼く」を監督したエドワード・H・グリフィス氏とドロシー・ホウェル女史との2人で、グリフィス氏自らが監督している。相手役は「ニューヨーク」「ある男の一生」等出演のロイス・ウィルソン嬢で、その他「ボー・ブラムメル」「スポーツ生活」等出演のポーレッド・デュヴァル嬢、ジェームズ・メイスン氏、ウィリアム・ヴィ・モング氏、アルフォンス・エティアー氏なども助演している。
  • 世界大洪水

    「頬は薔薇色」「赤道を泳ぐ女」のペギー・シャノン、「競馬天国」「曙」のシドニー・ブラックマー、「結婚二筋道」「僕の自叙伝」のロイス・ウィルソンが共演する映画で、S・ファウラー・ライトの原作を「散り行く花」のジョン・グッドリッチとウォーレン・ダフと共同して脚色し、フェリックス・E・フィーストが監督に当たり、「山に住む女」「近衛兵」のノーバート・ブロディンが撮影した。助演者は「雨」「犯罪都市(1931)」のマット・ムーア、「怒号する天地(1932)」のフレッド・コーラー、ラルフ・ハロルド、エドワード・ヴァン・スローン等である。
  • 熱沙の男

    「ミックスの再起」に次ぐトム・ミックス主演映画。ジャック・カニンガムが書き卸した脚本にアル・マーティンが台詞を付し、「勇敢白銀王」「青春の夢(1929)」のアルバート・S・ロージェルがメガフォンをとったもので「母性」のロイス・ウィルソン、「戦う商隊」のフレッド・コーラー、ッフォレスト・スタンレー、ウィラード・ロバートソン等が助演する。キャメラ担当は「野蛮な紳士」のダニエル・B・クラーク。
  • 世界の選手

    故ウォーレス・リード氏主演のパ社映画の一つで、かつてニューヨークで好評を取ったA・E・トーマス氏トーマス・ラウデン氏合作の舞台劇をJ・E・ナッシュ氏が脚色し、「大陸突破」等同様フィリップ・E・ローゼン氏が監督した。相手役はロイス・ウィルソン嬢。軽い喜劇めいた物。
  • 世界の寵児

    ブランシュ・メリル女史とポール・ショーフィールド氏とが合作した台本によって、「甘い親爺」「自動車恋愛」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、「荒み行く女性」「動員日一下」等出演のベン・ライオン氏と「滅び行く民族」「ベラ・ドンナ」等出演のロイス・ウィルソン嬢とが出演し「動員一下」「海の洗礼」等出演のブランシュ・スウィード嬢、ルシー・フォックス嬢、ウィルフレッド・ライテル氏等が助演している。
  • 屠殺者(1922)

    「苦闘十二年」の原作者アリス・デュアー・ミラー女史の原作を、デミル映画の殆ど総てを脚色したジェニー・マクファーソン女史が脚色し、最近「人間苦」「土曜日の夜」等が紹介されたセシル・B・デミル氏が監督したパラマンウト映画である。主役は「沈黙の都」「何故妻を代へる」等のトーマス・ミーアン氏で、相手役は「土曜日の夜」「ハートの1」等のリートリス・ジョーイ嬢、及び「沈黙の都」「悩める花」等のロイス・ウィルソン嬢、その他ジョージ・フォーセット氏、ジュリア・フェイ嬢、カッスン・ファーガソン氏、レイモンド・ハットン氏、チャールズ・オーグル氏等パ社老練俳優多数出演している。
  • 開放娘

    「マネキンの夢」「高速度尖端娘」と同じくウィリアム・ボーディン氏監督作品で、アーネスト・パスカル氏作の小説を「野球王」「青春狂想曲」のレイ・ハリス氏が脚色した。主演者は「医者の秘密」「情炎の美姫」のH・B・ワーナー氏、「世話女房」「ローンウルフ」のロイス・ウィルソン嬢、「ギャング・ワー」「寝巻」のオリーヴ・ボーデン嬢で、ハラム・クーリー氏、ジェームズ・フォード氏、キャスリン・ウィリアムス嬢、アイリーン・マニング嬢等が助演している。キャメラは「愛の曳綱」「闇の巷」のアーネスト・ホーラー氏担当。
  • 医師と女

    さすらいの人ケイはページ家の食客となった。彼の前身は少しも判らぬが卑しからぬその風采に人々からも愛されていた。彼はその家の娘シドニーの可憐な姿に誠の愛を抱いていたが、口にはそれと言い出し得ない。シドニーは自分の勤めている病院長のウイルソン博士に恋している。博士は技量は優れた人ではあるが、不品行な男で看護婦のカーロッタを愛する傍らシドニーの乙女心を弄んでいた。シドニーに激しく恋していたジョーは博士の不身持ちを憤ってある日博士を狙撃する。博士の傷は「エドワード式手術」に依らねば助かる見込みがないが、この手術を行ない得るのは当の博士と、発明者たるエドワード博士の2人より無い。エドワード博士は理論上正しいこの手術法が常に失敗するので責任を重じて姿を隠していたが、この時現われて手術を施し博士の命を救ける。エドワード博士とは誰あろう。シドニーに恋していたケイであった。カーロッタの自白によってすべてが解決し、シドニーは雄々しきケイの腕に抱かれた。
  • 幌馬車(1923)

    映画史上において本格西部劇の幕開けを告げた歴史的名作。大予算と3000人の出演者を使ったスペクタクルでありながら、アメリカのフロンティアスピリットを人間ドラマとしてしっかりと描いた作品。映画は記録的なヒットとなり、批評面でも『国民の創生』と並ぶアメリカ映画の二大傑作とまで呼ばれる好評を得た。そして翌年の『アイアン・ホース』をはじめとした良質西部劇が続々と生まれる、その道筋がこの映画のヒットで形作られることになった。第1回キネマ旬報ベストテン「娯楽的に優れた作品」部門の第1位。
  • 武侠一代

    「肉弾鬼中隊(1934)」「絢爛たる殺人」のヴィクター・マクラグレンが主演する映画で、フォード・ビーブが原作監督したもの。脚色にはプレスコット・チャップリンとトーマス・J・デューガンが当っている。助演者は「シスコ・キッド(1931)」「曠原の伊達男」のコンチタ・モンテネグロ、「国境飛行隊」のレジス・トゥーミー、「南方の騎士」のルース・ホール、「五十六番街の家」のウィリアム・ボイド、「轟く天地」のノア・ビアリー、「家なき少年群」のフランキー・ダーロ、「世界大洪水」のロイス・ウィルソン、タリー・マーシャル、ヘンリー・B・ウォルソール等で、撮影は「巨人ジョーンズ」のアーネスト・ホーラーとトム・カリガンの担当。
  • 懐しの谿

    [最後の一人迄(1923)」「荒野の放浪者」等と同じくゼーン・グレイの書いた小説で、これをドリス・シュローダーとエドフリッド・A・ビンガムが脚色し、「無法者の掟」「アンナの昇天」等と同じくヴィクター・フレミングが監督したもので、主役は「最後の一人迄(1923)」「椰子の葉蔭」等出演のリチャード・ディックス、「返り咲く花」等出演のロイス・ウィルソンで、「荒野の放浪者」のマージョリー・ドウ、「一時間六十仙」のリカルド・コルテス等が共演する。例によっての活劇である。
  • 最後の一人迄(1923)

    かつてウィリアム・ファーナムのフォックス映画の原作を数多く提供したので有名なゼーン・グレイの最近の小説を、ドリス・シュローダーが脚色し、「無法者の掟」「悪魔の眠る時」等と同じくヴィクター・フレミングが監督をした。主役は「爆音千里」「四つの顔の女」等出演のリチャード・ディックスと、「返り咲く花」等出演のロイス・ウィルソン。その他ノア・ビアリー、ロバート・エディソン、フランク・キャムポウ等の老練なところが共演している。
  • 何急ぐ?

    「旋風迅雷」「猛然奮起」と同じ原作者バイロン・モーガンの筆によった自動車活劇「河馬の行列」The Hippopotamus Paradeを脚色したもので、「旋風迅雷」と同じくサム・ウッド氏の監督である。主役は自動車劇には最も御得意のウォーレス・リード氏で、相手は「猛然奮起」の時と同じロイス・ウィルソン。
  • 返り咲く花

    A・E・トーマス原作の舞台劇をクララ・S・ベランジャーが脚色し、「世界の喝采」「嵐の散る花」等と同じくウィリアム・C・デミルの監督したもので、「キック・イン」「センチメンタル・トミー」のメイ・マカヴォイ、「真夏の狂乱」のロイス・ウィルソン及び「アダムス・リブ」のエリオット・デクスターの共演である。
  • 結婚解消記

    「女性に捧ぐ」「狼火」のフランク・ロイドが監督した映画で、「帰って来た恋人」等の原作者アーネスト・パスカルが、自作の小説を自ら脚色したものである。主役は「天才の妻」「猟奇ホテル」のビリー・ダヴで「歓呼の涯」「タッチダウン」のチャールズ・スターレット、「母性」のロイス・ウィルソン、「極楽特急」「月世界征服(1931)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「情熱のメキシコ」「疑惑晴れて」のメアリー・ダンカンが助演する。撮影は「六月十三日の夜」「歓呼の涯」のハリー・フィッシュベックが当たっている。
  • 世話女房

    最近フォックス社で「悲恋の楽聖」や「タイタニック」をものしたアラン・ドワン氏のファースト・ナショナル入社第1回監督作品で、アデレード・ヒールブロン女史が特に書卸した物語をJ・L・キャンベル氏が潤色しポーリン・フォーニー女史が脚色したもの。出演俳優は「沈黙(1926)」「ソレルとその子」のH・B・ワーナー氏、「暗黒街」「鉄條網」のクライヴ・ブルック氏、「青春倶楽部(1926)」「世界の篭児」のロイス・ウィルソン嬢及び「鴛蔦の歌」「痛ましの親心」のリリアン・タッシュマン嬢という好い顔触れで尚おポーレット・デュヴァル嬢も助演している。
  • 最善の男

    ジャック・ウォーレン・ケリガン氏主演の喜活劇で、対手は「愛の白浪」や「一ドル男」と同じくロイス・ウィルソン嬢、原作はグレイス・ルッツ女史、ハムプトン撮影所の所主なるジェス・D・ハンプトン氏自身の監督に成ったものである。
  • 輝く瞳

    「ベビイお目見得」「久遠の誓い」のシャーリー・テンプルが主演する映画で、「妾の弱点」「僕等の天下」のデヴィッド・バトラーが監督に当たったもの。原作もバトラーが「流れる青空」の脚色者エドウィン・パークと共同して書き下ろし、「ヤング・アメリカ」のウィリアム・コンセルマンが脚色した。主演のテンプルを助けて「ベビイお目見得」「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンを始め、「かぼちゃ太夫」のジュディス・アレン、「ますらを」のロイス・ウィルソン、「ジェニイの一生」のジェーン・ダーウェル、新子役ジェーン・ウィザース、チャールズ・セロン、ドロシー・クリスティー、セオドア・フォン・エルツ等が出演している。撮影は「水兵上陸」のアーサー・ミラーの担当。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/28

ジョン・デヴィッド・ワシントン(1984)

TENET テネット

「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督によるSFスリラー。ある男に、現在から未来に進むという時間のルールから脱出するミッションが課せられる。時間に隠された秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるミッションのキーワードは『TENET』だった。突如一大任務に巻き込まれた男を「ブラック・クランズマン」のジョン・デヴィッド・ワシントンが、相棒を「ハイ・ライフ」のロバート・パティンソンが演じる。

ブラック・クランズマン

鬼才スパイク・リー監督が手がけた第71回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKKに潜入捜査する顛末を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、デンゼル・ワシントンを父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン主演で映画化。共演は「パターソン」のアダム・ドライバー、「スパイダーマン:ホームカミング」のローラ・ハリアー、「アンダー・ザ・シルバー・レイク」のトファー・グレイス、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のアレック・ボールドウィン。音楽は「マルコムX」「25時」「セントアンナの奇跡」など、スパイク・リー作品を数多く手がけてきたテレンス・ブランチャード。
チョ・インソン(1981)

安市城 グレート・バトル

唐の侵略に立ち向かった高句麗の武将ヤン・マンチュンの戦いを描く歴史アクション。西暦645年。唐の太宗皇帝は20万を超える大軍を率いて高句麗への進撃を開始。各地で敗走が続く中、安市城城主ヤン・マンチュンは、わずか五千の兵と共に戦いを決意する。出演は「ザ・キング」のチョ・インソン、『ハベクの新婦』のナム・ジュヒョク、「スウィンダラーズ」のパク・ソンウン。

ザ・キング

韓国の賞レースを席巻したクライム・エンタテインメント。地方都市の新人検事テスは、ソウル中央地検のエリート部長ガンシクと出会う。他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだガンシクの正体を知ったテスは、悪の魅力に染まっていく。出演は、ドラマ『大丈夫、愛だ』のチョ・インソン、「アシュラ」のチョン・ウソン、「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ、ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のリュ・ジュンヨル。監督は、「観相師 かんそうし」のハン・ジェリム。第53回百想芸術大賞助演女優賞(キム・ソジン)、新人男優賞(リュ・ジュンヨル)受賞。第54回大鐘賞助演男優賞(ペ・ソンウ)、助演女優賞(キム・ソジン)、シナリオ賞、編集賞受賞。